SAKAMOTO DAYS(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『SAKAMOTO DAYS』とは、『週刊少年ジャンプ』において漫画家・鈴木裕斗が描くバトル・アクション漫画である。2020年から連載がスタートした。次にくるマンガ大賞2021」ではコミック部門では9位に入り、さらに特別賞U-NEXT賞を受賞している。
引退した伝説の殺し屋・坂本太郎が前と変わらぬ強さを武器に、家族と普通の日常を守っていく物語。主人公・坂本太郎のもとに様々な困難が舞い込んでくるが、圧倒的な強さで解決する爽快アクションストーリーでもある。

王(ワン)会長

弾商会の会長。中国の闇市場を支配したいがためにマフィアである、ルーの親を皆殺しにした。そして殺し屋にルーの殺害とルーの持つ鍵を奪取するように頼む。

バチョウ

法外な値段と引き換えに、狙った獲物は確実に殺す。どちらも殺戮に快楽を覚えるシリアルキラー。殺した相手の首を持って帰って、部屋でスケッチをする趣味の変態。
王会長にルーの殺害を依頼される。

ソンヒ

法外な値段と引き換えに、狙った獲物は確実に殺す。どちらも殺戮に快楽を覚えるシリアルキラー。殺した相手の首を持って帰って、部屋でスケッチをする趣味の変態。
王会長にルーの殺害を依頼される。

殺連

タツ

坂本を殺しにきた殺し屋。毒を使い相手の視界を悪くする。坂本とシンの共闘によって倒される。その後、花ちゃんに優しくされ殺し屋をやっていることがバカらしくなる。

ボイル

坂本の同期の殺し屋、どんでん会の武闘派コンビとして帯黒と共に知られている。
どんな任務も完璧にこなし、女子からもチョコを貰う坂本に憧れていた。そんな坂本をはじめは逆恨みしていた。しかし戦っていく中で最後は坂本の強さに再度、憧れる事になる。

帯黒(おびぐろ)

坂本を殺しにきた殺し屋。どんでん会の超・武闘派コンビとしてボイルと共に知られている。遊園地ではシンとルーと対決し、武闘派ということだけあって、とてつもない強さを見せた。強い奴が好きなため、対決していたルーを認めていた。

南雲(なぐも)

第6話で突如出てくる南雲。坂本の同期の殺し屋で、坂本に懸賞金がかけられたことを坂本商店に伝えに来た。坂本の元バディということで心配してくれていることがわかる。坂本も所属していた『ORDER』に所属している。またどんでん会に潜入してきた時にも登場し、重要な情報を伝えてくれた。

神々廻(ししば)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents