SAKAMOTO DAYS(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『SAKAMOTO DAYS』とは、『週刊少年ジャンプ』において漫画家・鈴木裕斗が描くバトル・アクション漫画である。2020年から連載がスタートした。次にくるマンガ大賞2021」ではコミック部門では9位に入り、さらに特別賞U-NEXT賞を受賞している。
引退した伝説の殺し屋・坂本太郎が前と変わらぬ強さを武器に、家族と普通の日常を守っていく物語。主人公・坂本太郎のもとに様々な困難が舞い込んでくるが、圧倒的な強さで解決する爽快アクションストーリーでもある。

坂本とシンは神肉まんをかいに中華街まで仕入れに来ていた。すると上から男たちに追われているルー・シャオタンが降ってきた。それによって潰れた神肉まん。とりあえず男たちからルーを助けると、さらに追手が来たので坂本達はとりあえずルーと一緒に逃げる事にした。追っていたのは中国マフィア弾商会の会長・王(ワン)の部下達、で目的はマフィア一家の娘・ルーが持っている中国の闇市場を支配できるものが入っている部屋の鍵である。そのために雇われたのがシリアルキラー兄弟のソンヒとバチョウ。殺戮に快楽を覚え、狙った獲物は確実に殺し、その首を持ち帰りスケッチをするという悪趣味な殺し屋だった。

一方、坂本はルーに肉まんを作れるかを聞き作ることを条件に助けることを決める。そこにやってきた殺し屋兄弟と全面対決となった。
殺し屋兄弟の2人がルーに対して、「お前の両親も無様に死んでったけな」とルーを煽った。ルーが煽りに乗り突進しようとするが、坂本に止められる。そして殺し屋がルーを殺そうとするも坂本が防いだ。殺し屋が坂本に「おいおい邪魔するなよ、せっかく両親に会わせてやろうと思ったのに」と言った後「何が大切かなんて、他人が決める事じゃない」と言い放つ。坂本たちは中華料理屋のフライパン、鍋、冷蔵庫などを使い殺し屋兄弟を倒した。
坂本たちは殺し屋兄弟を連れて王会長の元に向かい、ルーが王会長をボコボコにする。そして鍵のかかった部屋には金銀財宝やルー家の歴代当主の宝物が奉納されていた。ルーのお父さんの宝はお酒と「ルーが成人したら一緒に飲むお酒」という手紙だった。

肉まん担当となったルー

その後ルーは坂本商店の肉まん担当の店員となったのである。

懸賞金をかけられた坂本の身に危機が

南雲登場

坂本に化けていた南雲

シンとルーが坂本商店内で喧嘩をしていると、普段はあまり話さない坂本がペラペラと話し出した。シンとルーが驚いていると、入り口からもう1人坂本が入ってきた。坂本同士が腕試しのように戦い出したと思うと、元いた坂本の顔がパッと若い黒髪の男の顔に変わる。それは坂本の昔の同期で殺し屋の南雲だった。南雲は坂本に10億の懸賞金がかかっていることを伝えに来たのだった。そこへ早速、宅配ピザの店員に扮した殺し屋が坂本を殺しにやってきた。殺し屋は南雲を人質に取るも、逆に南雲に殺されかける。南雲は対殺し屋専門の殺し屋だから、坂本を殺すのには参加しないと言いその場から立ち去った。

隠しカメラに気づく坂本と仕掛けたどんでん会メンバー

先ほど宅配されたピザの箱に隠しカメラが隠されていた。仕掛けたのはどんでん会という殺し屋集団で、坂本をどう殺すかを話し合っていた。それに気づいた坂本は「もしこれ以上、付き纏うなら地獄を見せる」とどんでん会に忠告し、隠しカメラを銃で撃った。そこに葵と花が帰ってきて、明日は家族で遊園地に行く約束をしていたことを思い出す。殺し屋に狙われながらの遊園地になるのである。

今日は楽しい遊園地

坂本家で遊園地に遊びに行くもそこは坂本を狙いにきている殺し屋の、パレードだった。ルーとシンの助けもあって葵と花に気づかれずに過ごしていた。
しかし、そこに現れたのは、厄介な毒使いの殺し屋・タツだった。
タツはシンに殺し屋であることをバレぬように、何も考えずに坂本家とシン、ルーの乗るジェットコースターに乗り込んだ。出発する直前になんとかルーとシンがタツの正体に気付く。ジェットコースターは出発してしまったが、シンとタツはジェットコースターの安全バーを外してコースターから飛び出し、レーンの上で戦うことになる。シンの足に毒が塗ってあるナイフが擦り、目の前が歪んで見えるようになってしまった。そのままでは不利なので、シンはタツを捕まえジェットコースターのレーンから飛び降りる。シンは落ちる間にお客さん達の心を読み、目が見えなくても勝てそうな場所を選ぶ。シンが選んだ場所は子供がたくさん見ているショーの会場だった。シンは着ぐるみを被りタツとステージ上で戦い始める。すると目が見えないはずのシンの攻撃がタツに当たり始めた。観客席からショーを見ていた坂本がタツの動きを読み、シンに支持していたからだ。

このようにして毒使いの殺し屋・タツをシンと坂本が協力して倒した。その後シンの目はタツが持っていた解毒剤で無事に治る。しかし次の殺し屋として、どんでん会の超・武闘派コンビのボイルと帯黒が現れる。坂本たちはちょうどお化け屋敷で新人殺し屋が化けたお化けを対処している頃だった。すると回想でボイルは坂本の同期であることがわかる。バレンタインのチョコのことで坂本に恨みがあるらしい。坂本たちが大量の殺し屋おばけに手を焼いているとこに現れたボイルと帯黒は坂本と家族を切り離した。

VSボイル

右 ボイル 左 坂本

初めは劣勢の坂本であったがボイルのことを思い出した。エネルギーを大幅に消費することで痩せる体質の坂本は、痩せることで昔と同じ動きができ本気を出す事が可能になる。一方、坂本と逸れたルーとシンは帯黒と戦っていた。シンが捕まってしまい、黒帯に10秒に一回攻撃をルーが当てなくてはシンは殺されてします状況になった。ルーは酔いながらもなんとか攻撃を当てていくと、帯黒が「殺すつもりできなさい」と言う。しかしこれにルーは殺しは家訓で禁止されているからと言い殴りかけるも、途中で酔いが覚めルーの拳は寸止めとなった。なぜかそれに感動した帯黒は「アンタやるわね」とルーを認めてしまった。
坂本たちの方は「今はこの力を大切な人のために、使うと決めたんだ、それが今の俺の強さだ」と言い放ち倒す事になった。なんだかんだ言って仲良くなった坂本とボイルが懸賞金のことを話していると、葵にちょうど聞かれてしまった。
葵に坂本にどんでん会から懸賞金をかけられ殺し屋に狙われていると話すと、どんでん会と決着をつけて来なさいと言われ、ボスに会う事に決めた。

坂本を狙っていた組織とは

本部に潜入する坂本とシン

どんでん会本部に潜入するために、坂本達は情報を映画として売っている情報屋の元へ向かう。そしてその情報をもとにどんでん会本部へと侵入した。映画の情報通りボスはビルの最上階にいるため2階から窓をつたって行き、ボスの部屋に入るとそこには何故か南雲と大量の死体があった。話を聞くと南雲が来た時点でこの状態だったという。さらに最近、殺連(さつれん)に関わりの深い組織30社、その中のプロの殺し屋100人以上がこの数ヶ月で惨殺されていると言う話を聞く。殺連とは「日本殺し屋連盟」の略称。まず殺してもらいたい人を持つお客(クライアント)が殺連に殺しを依頼し、殺連が所属している殺し屋の適正を見て依頼の発注をかけるという、殺しの斡旋をする組織だ。

殺連の殺し屋を殺す犯人は必ず現場にバツ印を残すことからX(スラー)と呼ばれていた。そしてこの件に関して、ORDER(オーダー)が動いていると言う。ORDERとは殺連直属の特務部隊で殺し屋飼いの最高戦力、殺連が選定した危険性の高い殺し屋の抹殺を任務とする、殺し屋界の秩序を保つ存在。坂本も所属していたという。そして殺し屋殺しが始まった時期と、坂本に懸賞金がかけられた時期が同じという事実も伝えられた。

スナイパー・眞下平助登場

スナイパー・眞霜 平助 鳥・ピー助

ある日、坂本商店に「坂本はいるか?」と言い入ってきたのは殺し屋の眞霜平助(ましもへいすけ)。しかし平助は目の前にいる坂本が太っていたことから、本人であることに気づかなかった。
坂本とシンはボロボロになた商店の改装のために、優勝すれば賞金100万円が出る商店街のサバゲーに参加する予定だった。平助もお金がないため賞金欲しさにサバゲー大会に参加することになる。しかし二人以上での参加でないといけないため困っていた一人の平助。そこに偶然、坂本とシンにが来たため平助の頼みで同じチームに入ることになる。するとルーが口を滑らせ目の前にいる「坂本」が「伝説の元殺し屋の坂本」であることに気づき全面対決となったが、最後は坂本の投石にライフルを砕かれた。その後、坂本達は大会で優勝することができた。
平助は殺し屋界では、狙撃しかできないため「新人が仕事選ぶな」と近接の殺しにも参加させられ足手まといになり、バカにされてきた。そのため殺しの会社を辞めた。しかし最後に坂本に「ここまで凄腕のスナイパーとは戦ったのは初めてだ」と言われ涙してしまった。その後、坂本商店に残飯を貰いに来る関係になった。

シンの過去が明らかに

シンが育ったラボ、上は博物館になっている

坂本がいない間、シンとルーがエプロンの着間違いからルーが「お前といると心読まれる気がして落ち着かないヨ」と言い喧嘩に発展し、シンが出て行ってしまった。その間に、宇宙服を着た謎の男たちがルーをシンと勘違いして連れ去ってしまった。ルーが連れ去られた事に気づいた坂本とシンはルーを助けにバイクで向かった。謎の男たちの思考をシンが読むと、ラボの人間であることが分かったのである。ラボというのは地下科学研究施設、政府非公認の科学組織でシンが育った場所だ。しかし透明になれる能力を持つ男・勢羽(せば)に、道を阻まれ、ルーを助けることはできなかった。
その後、坂本たちはラボが地下に隠されている尾久旅科学博物館に乗り込む。地下のラボに行こうとすると、科学技術で侵入者を感知すると攻撃するクマとティラノサウルスの警備に手こずってしまう。
一方ルーは、口にスラーのマークであるXの縫い目があるボスらしき人物に引き渡され、牢に入れられる。その牢にはラボの所長もいた。所長いわく約一週間ほど前に武装集団に占拠され、従わなかったものはこの牢に閉じ込められているという。さらにシンにエスパーの力を与えたのも所長であることが分かった。所長の実験の薬品を間違えて飲んでしまったシン、成功ではあったが所長はシンの人生を変えてしまったと元に戻そうとしていた。しかしそれが気に食わなかったシンはラボを出て行ったのである。
それを知ったルーは仲直りするのが家訓として、脱出作戦を開始した。
一方坂本サイドもラボが占拠されたことを知り、殺し屋集団の幹部である白衣を着た男と戦っていた。相手は科学を利用し筋肉を増強する注射や神経を混乱させる注射を駆使する難敵だったが、シンと坂本が力を合わせて見事に倒した。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents