SAKAMOTO DAYS(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『SAKAMOTO DAYS』とは、『週刊少年ジャンプ』において漫画家・鈴木裕斗が描くバトル・アクション漫画である。2020年から連載がスタートした。次にくるマンガ大賞2021」ではコミック部門では9位に入り、さらに特別賞U-NEXT賞を受賞している。
引退した伝説の殺し屋・坂本太郎が前と変わらぬ強さを武器に、家族と普通の日常を守っていく物語。主人公・坂本太郎のもとに様々な困難が舞い込んでくるが、圧倒的な強さで解決する爽快アクションストーリーでもある。

『SAKAMOTO DAYS』の概要

『SAKAMOTO DAYS』とは、『週刊少年ジャンプ』において漫画家・鈴木裕斗が描くバトル・アクション漫画である。2020年から連載がスタートした。「次にくるマンガ大賞2021」ではコミック部門では9位に入り、さらに特別賞U-NEXT賞を受賞している。

作者の鈴木裕斗は芸大・美大卒で2019年4月に『少年ジャンプ+』で『骸区』で読み切りデビューし漫画家となった。さらに2020年には自身が手掛けた読み切り『ロッカールーム』が『世にも奇妙な物語'20秋の特別編』において『コインランドリー』の題名でドラマ化されている。

元最強の殺し屋の主人公・坂本太郎(さかもとたろう)は殺し屋を引退し結婚し太り、今では一児のパパとして商店を営んでいた。しかしある日、懸賞金がかけられたのをきっかけに、自身を殺しにくる殺し屋とのトラブルに巻き込まれていく。そんな中、自分を殺しにきたエスパー・シンや中国の元マフィア・ルーと出会った。自分を殺しにくる殺し屋を返り討ちにしていくことを通し、自分の家族は死んでも守るという信念を貫き通すアクションストーリー。あるいは、家族や仲間とのコミカルなコミニケーションや坂本の太った見た目とのギャップのある動きで敵を倒していくコメディ漫画でもある。本作の前身でもある『SAKAMOTOー坂本ー』は『ジャンプGIGA』2020 WINTERに掲載された。

2021年11月時点では『SAKAMOTO DAYS』の単行本は4巻まで発行されている。

『SAKAMOTO DAYS』のVOMIC(ヴォミック)は2021年4月9日にジャンプチャンネルで公開された。VOMICとは漫画の絵にパンなどの画面効果を加え、声優が声をあてた動画をサイト内から配信すること。

『SAKAMOTO DAYS』のあらすじ・ストーリー

太った元伝説の殺し屋

殺し屋を引退して太った坂本太郎

すべての悪党に恐れられ、すべての殺し屋の憧れだった伝説の殺し屋・坂本太郎。彼はある日、恋をしたのだ。そして引退、結婚、出産そして坂本は太ったのである。そこに元部下で人の考えていることがわかる・エスパーのシンがやって来て、坂本に殺しの世界に戻って欲しいと頼む。なぜなら、シンは組織のボスから坂本を組織に戻すように説得してこいと言われやってきたからだ。しかし坂本はそれを断る。するとボスからシンに坂本を殺すように命令が下る。
殺し屋の組織を勝手に抜けた奴は、殺すというのが殺し屋の中のルールになっていたのだ。

銃を撃ったシンと飴で軌道をずらした坂本太郎

坂本を殺すことを決心したエスパーのシンは、坂本がいる店に入り不意打ちで坂本を狙い銃で撃つが、坂本は舐めていた飴で銃弾の軌道をずらす。思いもよらない行動にシンは戸惑うも、坂本は次々と攻撃してくる。シンはなんとか応戦する。しかし引退して太ったとは思えない動きの坂本の強烈な蹴りをくらい、気絶してしまう。

坂本を助ける代わりに自分がケジメをつけるというシンとそう思っていないボス

シンが目が覚ますと、手当された状態で坂本家に寝かされていた。そしてなぜか坂本家で食卓を囲んでいた。坂本の奥さん・葵の手料理に初めは毒が入っていることを疑うが、そんなことはなくとってもおいしかったのである。シンは殺し屋の仕事では味わったことのない感情になり、そして坂本はこの「なんてことない日常」を守るために殺し屋を辞めたのだろうと思う。
そしてシンはボスに坂本さんを見逃せないかと懇願しボスも一旦は認めるも、シンはボスの心を読み本当は認めていないことがわかり、組織と交戦し始めたのだ。

絶体絶命のシンとそれを助けにきた坂本太郎

エスパーのため初めは、優勢に立っていたシンだが次第に追い詰められていく、なんとか心を読みながら応戦するも、ついに足をうたれ3人に囲まれた絶体絶命の状態になった。その時になぜか坂本が助けにやってきたのだ。
引退して太っている体とは思えない動きで、初めに3人倒し、その後2人、また3人倒す。そしてシンは伝説の殺し屋の凄さを目の当たりにする事になる。なぜ坂本が場所がわかったのかというと、シンの銃に盗聴器を仕掛けそこから状況を伺っていたのだ。

店長の坂本太郎と一緒に働く事になったシン

助けてもらったシンは、この街を出ようという意向を坂本に伝えると、坂本商店のエプロンを投げられ時給800円残業手当ありと言われその後、坂本商店で坂本と一緒に働く事になったのである。

坂本と葵の過去

バスジャックをする犯罪者

シンがお店でバイト中、坂本の凄さを語っていると、「殺し」という言葉が坂本の妻・葵の耳に入った。坂本は致命傷は避けたというも葵は「家訓破ったら離婚だからね!リ・コ・ン」と腹をたて買い物に出かける。その帰りのバスで葵はバスジャックにあってしまう。ちょうど配達中にそれに気づいた坂本は運転していたシンに伝え、葵の乗るバスをバイクで追いかける。葵は必ずあの人(坂本)が助けてくれると余裕の表情を浮かべていた。

坂本太郎と約束をする葵

シンが坂本にミッション内容を「1. 人質の安全」「2. 人に殺し屋だとばれてはいけない」でいいかと確かめると、坂本が「3. 殺してはいけない」を付け加えた。すると5年前の回想になり、まだ殺し屋だった坂本と葵が描かれた。坂本は殺しでためた金で葵にプレゼントするも、葵はいらないと激怒した。そして「あなたが変わってくれないならあなたといられない」と言い高台から飛び降りる。すぐに坂本が助けに行き下が雪であったのも重なって無事だったが「私が死んだら悲しいと思ったでしょう?」と坂本に身をもって人を殺すことの罪深さを伝える。そして坂本は人を殺さないこと、これからは人を助ける人生にすることを約束した。

バスジャック犯を倒すシン

バスを止める坂本太郎

その回想を読み取ったシンは、了解しバイクからバスに侵入しバスジャック犯を倒す。しかし運転手の足とアクセルがチェーンで固定されており、バスを止めることができない。そこに現れたのが通行止めの看板を持った坂本だった。信じられない力でバスを止め無事、誰も殺さず人質を助け出すことができた。そして家訓である「喧嘩した時はごちそうを」で夫婦も仲直りした。そしてシンも坂本家の一員として坂本家家訓を守る事になったのだ。

新たな仲間「ルー」と肉まん

何者からか逃げてきたルー

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents