懐かしい駄菓子が勢揃い!『だがしかし』第6話に登場した駄菓子まとめ

『だがしかし』では名前の通り懐かしい駄菓子が沢山登場します。
ここでは第6話に出てきた駄菓子を御紹介していきます!
第6話では明治の駄菓子がたくさん登場!

くるくるぼーゼリー

くるくるぼーゼリーでちゃんばらごっこをしているほたる。
こちらは『くるくるぼーゼリー』というゼリーです。
東豊製菓株式会社にて発売されています
味の種類は、サイダー、クリームソーダ、グレープの3つ。
価格は一本20円前後。
サラサラしていて急いでいるときでもすぐに食べれるお菓子だと思います。

フエラムネ

フエラムネで豪華なネックレス作りをしているほたる。
こちらは『フエラムネ』というラムネです。
1960年よりコリス株式会社にて発売が開始されました。
価格はお一つ62円前後。
フエラムネを鳴らす、飽きたら食べる、おもちゃを使って遊ぶなど楽しめる要素が沢山ある商品です。

わたパチ

わたパチバカ食いアンド炭酸ジュースでの我慢大会!に挑むほたる。
こちらは『わたパチ』というわた菓子です。
株式会社 明治にて販売が開始されました。
価格はお一つ40円前後。
パチパチと鳴りながら口を襲う感覚が癖になります。

まけんグミ

豆くんが取り出した駄菓子。
こちらは『まけんグミ』というグミです。
1990年よりコリス杉本屋製菓株式会社にて販売が開始されました。
価格はお一つ30円前後。
グミを食べれるうえにじゃんけんも出来るなんて一石二鳥な気分になれますね。

まとめ

超ひもQ

ほたるが取り出した駄菓子。
こちらは『超ひもQ 』というグミです。
株式会社明治にて販売が開始されました。
お値段はお一つ60円前後。
最後まで噛み切らずに食べてみたいですよね…筆者は今のところ出来ていませんw

まとめ

ヨ―グレット

ココノツが自慢げに取り出した駄菓子。
こちらは『ヨーグレット』というラムネです。
株式会社明治にて販売が開始されました。
お値段は一箱126円前後。
歯ごたえがあって気軽に食べれる商品です。

まとめ

ここではだがしかし第6話に出てきた駄菓子をまとめてきました。
いかがでしたでしょうか?
今回は明治の駄菓子が多かったですね!
個人的にはヨーグレットが好きでしたね。
少し値段は高いですが、お小遣で頑張って買っていました。
最近はあまりこの商品を口にしていないので、久しぶりに買ってみようかと思います。
来週はどんな駄菓子が出てくるのでしょうね!
楽しみです♪

なつり
なつり
@natsuri0801

Related Articles関連記事

だがしかし(Dagashi Kashi)のネタバレ解説まとめ

「だがしかし」とは漫画家コトヤマによる少年漫画、及び2016年にfeel.で製作されたアニメーション作品。実際にある駄菓子を扱ったギャグコメディ。実家が駄菓子屋の主人公「鹿田ココノツ」は、父「鹿田ヨウ」に駄菓子屋を継ぐように言われるが、ココノツには漫画家になるという夢があった。そんなココノツの元へ、大手お菓子製造会社「枝垂カンパニー」の社長令嬢で美少女の「枝垂ほたる」が現れた。

Read Article

目次 - Contents