懐かしい駄菓子が勢揃い!『だがしかし』第3話に登場した駄菓子まとめ

『だがしかし』では名前の通り懐かしい駄菓子が沢山登場します。
ここでは第3話に出てきた駄菓子を御紹介していきます!
第3話ではオブラートも食べることが出来るあのお菓子が登場!

ブタメン

ほたるが暑い中ココノツの店で食べていた駄菓子。
こちらは『ブタメン』というミニカップラーメンです。
おやつカンパニーにて販売されています。
価格は一つ70円前後。
どの味もお手軽な値段とは思えないほど美味しく、ツルツルと食べれてしまいます。

くるくるぼーゼリー

ココノツがプールの中で見つけた駄菓子。
こちらは『くるくるぼーゼリー』というゼリーです。
東豊製菓株式会社にて発売されています
味の種類は、サイダー、クリームソーダ、グレープの3つ。
価格は一本20円前後。
サラサラしていて急いでいるときでもすぐに食べれるお菓子だと思います。

ボンタンアメ

遠藤がほたるに渡された駄菓子。
こちらは『ボンタンアメ』というキャンディーです。
1926年よりセイカ食品株式会社にて発売が開始されていました。
価格は一つ128円前後。
飴が包まれているオブラートも食べることが出来て得した気分になれますね。

セブンネオン

ほたるがサヤ師にオススメをしていた駄菓子。
こちらは『セブンネオン』というラムネです。
丸義製菓にて発売されています。
価格は一つ32円前後。
ほたるがご紹介していたセブンネオンの食べ方は少し難しい気がしますが、試してみたいですね!

ラムネ

アイキャッチにてサヤ師が持っている駄菓子。
こちらは『ラムネ』という名前の通りラムネです。
森永製菓 にて発売が開始されております。
価格は一つ71円前後。
こちらのラムネには可愛らしい顔が描かれているのでそれを眺めるのも楽しいですよね!

まとめ

ここではだがしかし第2話に出てきた駄菓子をご紹介してきました。
いかがでしたでしょうか?
どれも懐かしくて美味しい駄菓子ばかりですね!
個人的にはやはりブタメンが懐かしかったです。
少々値段は張りましたが、頑張って買って食べていた記憶があります。
来週はどんな駄菓子が出てくるのでしょうか?
とても楽しみですね♪

なつり
なつり
@natsuri0801

Related Articles関連記事

だがしかし(Dagashi Kashi)のネタバレ解説まとめ

「だがしかし」とは漫画家コトヤマによる少年漫画、及び2016年にfeel.で製作されたアニメーション作品。実際にある駄菓子を扱ったギャグコメディ。実家が駄菓子屋の主人公「鹿田ココノツ」は、父「鹿田ヨウ」に駄菓子屋を継ぐように言われるが、ココノツには漫画家になるという夢があった。そんなココノツの元へ、大手お菓子製造会社「枝垂カンパニー」の社長令嬢で美少女の「枝垂ほたる」が現れた。

Read Article

目次 - Contents