懐かしい駄菓子が勢揃い!『だがしかし』第4話に登場した駄菓子まとめ

『だがしかし』では名前の通り懐かしい駄菓子が沢山登場します。
ここでは第4話に出てきた駄菓子を御紹介していきます!
第4話ではふ菓子がたくさん登場しています!

しきしまのふーちゃん

利きふ菓子にてココノツが最初に出した問題。
こちらは『しきしまのふーちゃん 』というふ菓子です。
敷島産業株式会社にて販売されています。
価格は一袋204円前後。
黒糖が惜しみなく使われており、とても美味しいです。

角ふ菓子

利きふ菓子にてほたるが出した問題。
こちらは『やおきん 角ふ菓子』というふ菓子です。
株式会社やおきんにて販売されています。
価格は一つ16円前後。
サクサクしていて、口にすると直ぐに溶けてしまいます。

二度がけふ菓子

利きふ菓子にてココノツが2回目に出した問題。
こちらは『二度がけふ菓子』というふ菓子です。
敷島産業株式会社にて販売されています。
価格は12本入りで一袋214円前後。
通常のふ菓子とは違って、少し小さいので食べやすいかと思います。

鍵屋のふ菓子

利きふ菓子にてほたるが2回目に出した問題。
こちらは『鍵屋のふ菓子』というふ菓子です。
鍵屋製菓にて販売されています。
価格は一袋15本入りで369円前後。
ふ菓子の仲でも少し高めの商品ですが、フルーティでとても美味しいです。

さくら棒

利きふ菓子にてココノツが最後に出した問題。
こちらは『さくら棒』というふ菓子です。
富士箱根湧水 おふやにて販売されています。
主に静岡県にて販売されているようです。
価格は一つで648円前後。
とても大きなふ菓子なので食べ応えがあり、一つ食べただけでもお腹いっぱいになります。

グリコ

ほたるがココノツとサヤ師の店まで走る際に取り出したお菓子。
こちらは『グリコ』というキャラメルです。
江崎グリコにて販売されています。
価格は一つで112円前後。
おまけのおもちゃも付いているので、何が入っているのかワクワクしてしまいますね。

まとめ

ここではだがしかし第4話に出てきた駄菓子をご紹介してきました。
いかがでしたでしょうか?
どれも懐かしくて美味しい駄菓子ばかりですね!
個人的にはやはりふ菓子が懐かしかったです。
色々なふ菓子を食べ比べをすることが筆者の楽しみでもありました。
来週はどんな駄菓子が出てくるのでしょうか?
とても楽しみですね♪

なつり
なつり
@natsuri0801

Related Articles関連記事

だがしかし(Dagashi Kashi)のネタバレ解説まとめ

「だがしかし」とは漫画家コトヤマによる少年漫画、及び2016年にfeel.で製作されたアニメーション作品。実際にある駄菓子を扱ったギャグコメディ。実家が駄菓子屋の主人公「鹿田ココノツ」は、父「鹿田ヨウ」に駄菓子屋を継ぐように言われるが、ココノツには漫画家になるという夢があった。そんなココノツの元へ、大手お菓子製造会社「枝垂カンパニー」の社長令嬢で美少女の「枝垂ほたる」が現れた。

Read Article

目次 - Contents