【こち亀】こちら葛飾区亀有公園前派出所にまつわる都市伝説・豆知識まとめ

超個性的で破天荒な警察官両津勘吉と、大金持ちの後輩麗子や中川、両津でも頭が上がらない部長など個性的なキャラクターで人気の『こち亀』。コミックスはなんと200巻も発売されている大作である。そんなこち亀にまつわる都市伝説や豆知識をまとめてご紹介する。

出典: www.amazon.co.jp

両津勘吉

体重は71kg

血液型はB型

角刈り、大きな目、体毛が濃く、左右つながった極太の一本眉毛が特徴。
年中素足でサンダルを履いている。

両津勘吉の趣味

趣味は、ギャンブル全般(特に競馬、他にも競輪・競艇・パチンコ・賭け麻雀・totoくじなど)飲酒(ポリバケツ一杯分を一気飲み出来るほど)、サバイバルゲームやテレビゲーム、模型製作やスポーツ全般(特に野球・剣道。)と非常に多趣味なのだ。

「こち亀」の掲載順位がすごい!!

実はこち亀の掲載順位でジャンプの勢いがわかるらしい。
なぜかというと、ジャンプに掲載されている漫画に人気漫画が多いときは、こち亀の順位は下がってしまうそうだ。

しかし、一方で話題となる漫画が無い場合には、昔から愛されているこち亀の順位が上がるらしい。

出典: www.amazon.co.jp

実は連載のストックは数週間分保管している!?

なんと、こち亀の連載にはストックが数週間分保管しているらしい。
季節や時期に関係のない話が突然掲載されるのは、ストックの中から話を選んで掲載しているとのこと。

実は「こち亀」の最終回は決まっている!?

漫画は非常に長い間続いている「こち亀」ですが、実は漫画版の「こち亀」の最終回は既に決まっているらしい。

出典: www.amazon.co.jp

両津勘吉(両さん)がこれまでに稼いだ金額

両津勘吉がこれまでに稼いだ金額は1兆143億9022万円らしい。
今後も収益は増えていくだろう

出典: www.amazon.co.jp

両さん恐るべし

両津勘吉の借金総額

両津勘吉の借金総額は一兆7064億8516万円らしい。

【主なもの】

・ストラディバリウスのバイオリン 1億円

・軽飛行機でホテルに突っ込んで破壊 (一般的なビジネスホテルとして4億円)

・人工衛生(打ち上げ費用含む) 200億円(本体価格100億円、打ち上げ費用100億円)

・原子力空母 8000億円(ジェラル・R・フォードが約8000億)

・寺井の「人生送りバント号」 3000万

・国会議事堂 690億円(当時2573万円。現在の貨幣価値で計算)

・石油精製プラント 9000億円

・戦車 4億円(M1エイブラムスと仮定)

・飛行船 15億円

・自動販売機12台 216万円(中古価格で計算)

・通天閣警察署 24億円(木更津警察署の建設費用と同金額と仮定)

・葛飾署 24億円(同上)

出典: omocoro.jp

出典: momentum.ldblog.jp

ヒェェェェェーーー

両津勘吉の免許証

両津勘吉はすべての運転免許を持っているらしい。だから、バスもタクシーも運転できるんだとか。

両さんの資格の取得数がヤバい

xexeno50ma
xexeno50ma
@xexeno50ma

Related Articles関連記事

こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)のネタバレ解説・考察まとめ

『こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)』とは、秋本治による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』において1976年から2016年まで連載され、その後実写やアニメ、ゲームなどに展開されている。「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」として、ギネス世界記録にも認定されている。東京都葛飾区にある亀有公園前派出所に勤務する警察官の両津勘吉を主人公とし、その周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画。連載期間40年間で、一度も休載することなく連載され、2016年6月時点で累計発行部数は1億5650万部を記録している。

Read Article

《こち亀》両津勘吉VS小野小町!?アニメで繰り広げられた激戦と本人アイテムまとめ

《こち亀》こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」!約200巻の単行本もさることながら、ラサール石井さんが声優を担当するアニメも大人気で、今でもその面白さは健在です。そんな中、今回は永遠のライバル!?である両さんと小町の激戦・バトルのシーンをまとめてみました。本人グッズやアイテムなども番組で紹介されたので、その比較もご覧下さい。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents