【こち亀】あまり知られていないこちら葛飾亀有公園前派出所の裏設定・都市伝説集

秋本治の伝説的な長寿作品『こちら葛飾亀有公園前派出所』。今回はあまり知られていないこち亀の裏設定・都市伝説・トリビア・小ネタをお届けしていきます。知っているようで意外と知らない裏話をお楽しみください。

連載のストックは常に15話ほどある

出典: 2cham.net

様々な時事問題や流行の話題を盛り込んである点も、こち亀の魅力になります。

そんなこち亀の連載にはストックが常に15話ほどあるらしく、季節や時期に関係ない話が突然掲載されるのは、ストックの中から話を掲載されているかららしいです。

両津勘吉が稼いだ金額と借金の額

主人公・両津勘吉は、様々な方法によってお金設けをします。そんな両津勘吉が現在までに稼いだ金額は186億8119万8000円といわれています。

もちろん、多くの場合がその話のラストで消えてしまうのですが、資産としてダイヤやルノワールの絵を所有しています。

それに対して、負債総額は1兆3399億9189万円になります。一番大きな負債額は、部長に譲ってもらった宝くじの1兆円の贈与税4500億円です。

稼ぐ才能だけではなく借金の才能もある点が、両津勘吉の魅力かもしれません。

こち亀の掲載順位

出典: matome.naver.jp

なんと、こち亀の掲載順位でジャンプの勢いが分かると言われています。

これは、ジャンプに掲載されている漫画に人気漫画が多い時はこち亀はランキングが下がる一方、誌面に話題となる漫画がない場合は、昔から人気のあるこち亀のランキングがアップし、昔ながらのこち亀をジャンプがプッシュされるからなのだとか。

a_holly_anna
a_holly_anna
@a_holly_anna

Related Articles関連記事

こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)のネタバレ解説・考察まとめ

『こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)』とは、秋本治による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』において1976年から2016年まで連載され、その後実写やアニメ、ゲームなどに展開されている。「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」として、ギネス世界記録にも認定されている。東京都葛飾区にある亀有公園前派出所に勤務する警察官の両津勘吉を主人公とし、その周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画。連載期間40年間で、一度も休載することなく連載され、2016年6月時点で累計発行部数は1億5650万部を記録している。

Read Article

《こち亀》両津勘吉VS小野小町!?アニメで繰り広げられた激戦と本人アイテムまとめ

《こち亀》こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」!約200巻の単行本もさることながら、ラサール石井さんが声優を担当するアニメも大人気で、今でもその面白さは健在です。そんな中、今回は永遠のライバル!?である両さんと小町の激戦・バトルのシーンをまとめてみました。本人グッズやアイテムなども番組で紹介されたので、その比較もご覧下さい。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents