アオアシ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アオアシ』とは、2015年より小林有吾が『週刊ビックコミックスピリッツ』にて連載開始されている漫画、および原作としたアニメ作品。Jリーグのユースチームに所属している高校生を題材としている。主人公は愛媛県の中学校でサッカーをしていた青井葦人。元プロサッカー選手の福田に認められ、Jリーグユースの門をたたく。プロになることにフォーカスしたユースチームでの生活、チームメイトとの価値観の違い、青春を描いている。主人公のポジションがサイドバックとなっており、攻撃のみならず守備面の描写も多い。

CV:虎島貴明
Aチーム所属のFW。スカウトからの入団。

オジェック 美濃(オジェック ミノ)

Aチーム所属のFW。ジュニアユースからの昇格。

清水 誠(シミズ マコト)

CV:粕谷大介
Aチーム所属のMF。入れ替えの際にBチームへ降格してたときもある。

長野 樹(ナガノ イツキ)

CV:手塚ヒロミチ
Aチーム所属のMF。ジュニアユースからの内部昇格。

菅原 顕人(スガワラ ケント)

Bチーム所属のMF。当初はAチームに所属していたが、降格となってしまった。

沼津 拓夢(ヌマヅ タクム)

ジュニアユース昇格組。Bチーム所属。

桑田 脩斗(クワタ シュウト)

ジュニアユースからの昇格組。Bチームに所属。

エスペリオンユース 3年生

義経 健太(ヨシツネ ケンタ)

CV:興津和幸
U-18代表でエスペリオンユースのエースストライカー兼主将。青森星蘭の試合の交錯にて怪我を負いBチームでのリハビリとなった。その際、葦人たちとともに試合に出場し圧巻の活躍を見せる。高校卒業後は、エスペリオンへ入団決定していることから、トップ練習の参加が多いため主将を阿久津へ任すこととなる。

志村 京(シムラ キョウ)

いかつい風貌であるが、性格は温和で太宰治を愛読書とする。日本人離れしたハムストリングスで俊敏性抜群の守備をする。高校卒業後は義経とともにエスペリオンへ加入内定済。

小早川 透士(コバヤカワ トウジ)

mikuri_16
mikuri_16
@mikuri_16

Related Articles関連記事

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

目次 - Contents