アオアシ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アオアシ』とは、2015年より小林有吾が『週刊ビックコミックスピリッツ』にて連載開始されている漫画、および原作としたアニメ作品。Jリーグのユースチームに所属している高校生を題材としている。主人公は愛媛県の中学校でサッカーをしていた青井葦人。元プロサッカー選手の福田に認められ、Jリーグユースの門をたたく。プロになることにフォーカスしたユースチームでの生活、チームメイトとの価値観の違い、青春を描いている。主人公のポジションがサイドバックとなっており、攻撃のみならず守備面の描写も多い。

CV:小野友樹
東京武蔵野ユースの3年生で主将。小さい頃から武蔵野に所属し、エスペリオンと闘い敗北を重ねてきた。エスペリオンとの勝負は、消極的になってしまう。

佐竹 晃司(サタケ コウジ)

CV:前野智昭
東京武蔵野ユースの監督。ジュニアユースの時の橘を指導してきた経験も持つ。

三上(ミカミ)

MF。金田に次ぐチーム2位の得点数を誇る。

塩巻(シオマキ)

金田とコンビを組み、攻撃をけん引していく。

東京VANSユース

辰巳 樹里(タツミ ジュリ)

東京VANSのMF。来季よりトップチーム昇格予定。酒井とともにサイド攻撃の中軸を担う。VAMSから青森星蘭へ羽田が何も言わずに向かってしまったことから気にかけていた。

酒井 玄斗(サカイ ゲント)

東京VANS のMFで左サイドから攻撃を作っていく。来季よりトップチームへ加入予定。

宝生 和彦(ホウショウ カズヒコ)

東京VANSの監督。

青森星蘭高校

北野 連(キタノ レン)

高校一年生ながら、U-18の司令塔に君臨している。また、Jリーグ鹿島の内定を勝ち取っている。成宮監督には、監督キャリアの最後に贈り物が届いたといわれるほど才能が評価されている。コートを俯瞰で見ることができ、針を通すようなパスで勝利をもたらす。

槇村 嬰人(マキムラ エイト)

mikuri_16
mikuri_16
@mikuri_16

Related Articles関連記事

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

目次 - Contents