アオアシ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アオアシ』とは、2015年より小林有吾が『週刊ビックコミックスピリッツ』にて連載開始されている漫画、および原作としたアニメ作品。Jリーグのユースチームに所属している高校生を題材としている。主人公は愛媛県の中学校でサッカーをしていた青井葦人。元プロサッカー選手の福田に認められ、Jリーグユースの門をたたく。プロになることにフォーカスしたユースチームでの生活、チームメイトとの価値観の違い、青春を描いている。主人公のポジションがサイドバックとなっており、攻撃のみならず守備面の描写も多い。

『アオアシ』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

瞬の物語を描いた『アオアシ ブラザーフット』

喘息持ち故、サッカーをあきらめた葦人の兄、瞬。母親を支えるため、大学進学を目標に勉強の毎日だった。葦人が東京へ旅立った時から、もやもやがぬぐえなかった。そんな中、クラスの体育祭でアスリートクラスに瞬がいる特進クラスがサッカーを行っていた。あきらめていたが、アスリートクラスを翻弄。葦人があこがれたキック精度もさび付いていなかった。そんな中、紀子のもとに愛媛FCから練習要請が突然届く。大学進学が近づく中での練習参加に迷っていた瞬は、愛媛FCの試合を紀子と訪れる。試合は、愛媛FCが惨敗で動員も少なくまばらだ。そこで出会ったのは、同じ高校で愛媛FCのユースに入っていた大湖と出会う。試合の惨敗ぶりに申し訳ないと謝られるも、瞬はサポーターのやまない応援姿を見ていた。サッカーをもう一度やろうと練習参加へ飛び込むことを決めた。

愛媛FCとのコラボレーション

元々作者の小林有吾は愛媛出身で関係からJ2 愛媛FCをサポートするために10年以上スポンサーとして協賛している。スタジアム内の広告、またトレーニングウェア等にアオアシのイラストが記載されている。また、スピンオフ作品のアオアシ ブラザーフットで瞬がテスト入団するチームは愛媛FCをモチーフとなっている。実際に作品とのコラボグッズ等が販売されている。

福田達也のモデルは元プロサッカー選手の福田健二

香港で活躍された際の福田選手。

ユースチームの監督を務める福田は、元プロサッカー選手でエスペリオンでデビューをしている。その後、スペインの1部リーグ、メキシコ、パラグアイと渡りあるいている。
作者である小林有吾は、この福田について経歴のモデルとなった人がいることを明かしている。それは、愛媛FCでキャリア晩年を過ごして、20代にはメキシコ、スペイン、パラグアイ、香港でのプレーを経験している福田健二選手だ。
作者愛媛FCとアオアシのコラボの際は、現役時代の福田を描いたとき、福田健二選手が実際に愛媛FCでつけていた番号をつけている。
出身も同じ愛媛県でポジションもFWである。福田選手は、2015年に現役を引退されており、横浜FCのテクニカルディレクターとして活躍されている。

『アオアシ』の主題歌・挿入歌

第1クール

OP(オープニング):[Alexandros]「無心拍数」

TVアニメ『アオアシ』ノンクレジットオープニングムービー ♪[Alexandros]「無心拍数」

ED(エンディング):Rin 音「Blue Diary」

TVアニメ『アオアシ』ノンクレジットエンディングムービー ♪Rin 音「Blue Diary」

第2クール

OP(オープニング):Superfly「Presence」

TVアニメ『アオアシ』第2クールノンクレジットオープニングムービー ♪Superfly/「Presence」

ED(エンディング):神はサイコロを振らない「カラー・リリィの恋文」

TVアニメ『アオアシ』第2クールノンクレジットエンディングムービー ♪神はサイコロを振らない。/「カラー・リリィの恋文」

mikuri_16
mikuri_16
@mikuri_16

Related Articles関連記事

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

目次 - Contents