アオアシ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アオアシ』とは、2015年より小林有吾が『週刊ビックコミックスピリッツ』にて連載開始されている漫画、および原作としたアニメ作品。Jリーグのユースチームに所属している高校生を題材としている。主人公は愛媛県の中学校でサッカーをしていた青井葦人。元プロサッカー選手の福田に認められ、Jリーグユースの門をたたく。プロになることにフォーカスしたユースチームでの生活、チームメイトとの価値観の違い、青春を描いている。主人公のポジションがサイドバックとなっており、攻撃のみならず守備面の描写も多い。

CV:松浦義之
柏大商業高校戦後に怪我から復帰した左サイドバック。同じポジションの葦人には、サイドバックながらDFラインのコントロールをしている点を驚かれた。
チーム事情によっては、中盤も対応可能なユーティリティープレーヤー。大学進学が決まりかけていたが、プレミアリーグ最終戦を前にJ2山形からオファーが届く。
悩んだ末、福田の助言を受け練習参加を決める。

山田 豊(ヤマダ ユタカ)

ジュニアユースからの内部昇格組。また、義経、高杉とともにU-18日本代表に選出されている。青森星蘭戦にて右サイドバックに先発し攻守の要として活躍した。来期よりトップチームへ内定。

馬場 昌徳(ババ マサノリ)

ジュニアユースからの内部昇格組。Aチーム所属。青森星蘭戦では、北野にマンマークをし守備面で活躍をした。

一色 勝頼(イッシキ カツヨリ)

Aチームに所属するDF。葦人のコンバートの際には懐疑的な意見を出していた。今後は、海外でのプレーを予定。

藤宮 姫央(フジミヤ キオ)

Bチーム所属。9月をもって引退。

斎藤 丈範(サイトウ タケノリ)

Bチームに所属するMF。9月ごろに引退予定。

中川 好秀(ナカガワ ヨシヒデ)

Bチームに所属するMF。9月ごろに引退予定。

エスペリオン ユース関係者

福田 達也(フクダ タツヤ)

CV:小林親弘
エスペリオンのユース監督。元プロ選手で、エスペリオンの出身でかつてはスペインの1部リーグでも活躍した実績の持ち主。しかし怪我により引退を余儀なくされる。その後、指導者としてエスペリオンに戻ってくる。自分の作り上げたクラブを世界一にするという野望を掲げて、ユースチームを担当。無精髭とサンダルがトレードマークの飄々とした人物だが、指導者としては一流。ユースの選手にとっては憧れの的。多くの選手が尊敬の念を持っている。

一条 花(イチジョウ ハナ)

CV:河瀬茉希
福田監督の血の繋がっていない妹。兄に強い憧れを抱き、葦人たちユースをサポートする少女。セレクションのときに葦人と出会い、彼の「世界で最初のファン」になったのだった。スポーツ医学の医師を目指していて栄養学にも明るく、葦人や栗林たちの献立の手伝いを任されている。葦人と花の二人の友情か恋愛か揺れていく。

海堂 杏里(カイドウ アンリ)

mikuri_16
mikuri_16
@mikuri_16

Related Articles関連記事

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

目次 - Contents