ゲッターロボ アーク(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゲッターロボ アーク』とは、石川賢が手がけたSF巨大ロボットバトル漫画であり『ゲッターロボ』シリーズの叙事『ゲッターロボ・サーガ』最終作。
正義のロボットだったはずのゲッターロボが、未来ではゲッターエンペラーとして宇宙を侵略する悪魔のようになってしまう予知があった。
なぜ、そのような未来が創られたのか。初代ゲッターパイロット流竜馬の子、流拓馬が現代での最新ゲッター「アーク」を駆って、その謎を解き明かす予定だったが、作者急逝により謎のまま未完となった。
2021年夏アニメ化。

『ゲッターロボ アーク』の概要

「アーク」は梵字が本来の表記となる(画像の青色文字「アーク」の背景となっている黒色の文字)。

『ゲッターロボ アーク』とは、石川賢が手がけたSF巨大ロボットバトル漫画であり『ゲッターロボ』シリーズの叙事『ゲッターロボ・サーガ』最終作。
双葉社アクションピザッツ増刊『スーパーロボットマガジン』にて初出、連載されていた。正確な漫画ジャンルとしては鉄人28号を祖とする系列の「巨大ロボットもの」に属する。

なお『ゲッターロボ』の世界を取り扱った作品は、多くの作家が手がけているが、原作者である石川が直接描いた原作版『ゲッターロボ』シリーズは特別に一大叙事詩として扱われており、それ以外は『ゲッターロボ・サーガ』の作品としてはカウントされない。そのため、本作は『ゲッターロボ・サーガ』最終作とされている。

物語は漫画版『ゲッターロボ號』から十余年後。ゲッターの初代パイロット「流竜馬」は真ゲッターロボと共に火星へ飛んで行方不明となったままだった。
竜馬と共にゲッターのパイロットとして戦った「神隼人」は健在だが、すでに歳を重ねており、また、かつて我が身を省みない戦闘に臨んで負った傷が原因で、もはやゲッターのパイロットを続けるのは不可能な身体になっていた。

そのため隼人はゲッターの研究開発者へ転身していた。
そして、ゲッターの開発者、故・早乙女博士の遺志を継いで、早乙女研究所の所長へ就任。恐竜帝国や百鬼帝国に続く新たな人類の敵「アンドロメダ流国」に対抗するため新型ゲッターの開発と、そのパイロット育成に心血を注いでいたのだ。

アンドロメダ流国は、かつて早乙女研究所の地下深くで進化の眠りについた「ゲッタードラゴン」を掘り起こし破壊しようとしている。しかし、かつてゲッタードラゴンが地下で眠りについた原因は、その動力源である「ゲッター線」の暴走によるものだった。
ゲッター線は、それを動力源とした機械にすら本来なかったはずの意志を植え付け、自己進化させてしまう、究極の「進化の力」なのだ。

地下で、そのゲッター線の繭に包まれて進化中のゲッタードラゴンは、いわばおびただしい量のゲッター線の塊であり、制御のできない進化段階でそのエネルギーが解放されてしまったら、地球は破滅してしまうかもしれなかった。なんとしてでも人類はアンドロメダ流国の目的を阻止しなければならないのだ。

だが、ゲッターは常人では「ちょっと動かしただけで、搭乗者がGに押しつぶされて死ぬ」ほどパイロットに超高負荷をかける戦闘メカのため、機体はともかくパイロットが育たない。何人かの人間が一応の適正テストは乗り越えてパイロットになっても、才能が不足していて実戦になると結局すぐに死んでしまう。
そして、なんとか生き残って、隼人の制作したゲッターをあてがわれたパイロット達も、人類の切り札にして早乙女博士の遺産「ゲッターロボアーク」だけは高性能すぎて、乗る事ができない(乗りこなせないのではなく、乗ったらGに耐えきれず死ぬので乗れない)。

そんな時、隼人の前に現れた青年が「流拓馬」だった。隼人はその姿に、どこか戦友・竜馬の若かった頃を重ねるのだったが、すぐに彼が竜馬の実の息子である事が発覚する。
なぜなら拓馬は、パイロット死亡により墜落したゲッターD2(機体はダメージ率40%程度だった)に近寄り、パイロットを引きずり出すと専用の耐圧服すらなしに操縦し始めてしまい、自ら竜馬の息子である事を宣言したからだ。そして拓馬は迫ってきていたアンドロメダ流国の兵器を撃退する。

こうして見事、ゲッターのパイロットとして資質を証明した拓馬は、ゲッターアークのパイロットとして認められ、ハ虫人類と人間の混血児「カムイ・ショウ」そして「山岸獏」と共に、ゲッターアークに乗り込みアンドロメダ流国との戦いに身を投じていく事になる。

その戦いの中でやがて拓馬、カムイ、獏の三人は、未来へ飛ぶ。
未来では、人類が造った正義のロボットだったはずのゲッターが、太陽系を埋め尽くすほどの大きさへ進化した「ゲッターエンペラー」として存在していた。ゲッターエンペラーは無尽蔵といえるほどの数のゲッター軍団を配下に従え、宇宙を侵略して回る悪鬼羅刹として存在しており、これはすなわちゲッターエンペラーを操る人類こそが、宇宙の悪魔として君臨している世界に他ならなかった。

そんな未来世界の出来事を知った後、現代に戻ったゲッターのパイロット達は葛藤する。
どうして悪夢のような未来に繋がってしまうのか、人類の進化は現代で止めねばならないのではないかと苦しみ、ハ虫人類と人間のハーフであるカムイに至っては、ゲッターを敵に回し、人間をせん滅するための戦いをはじめる。だが、それに対して拓馬はゲッターと共にある道を選び、カムイを倒す決意をする。

同士討ちの戦いの中、ついに地中で眠っていたゲッタードラゴンは、その力を地上へ吹き出しはじめるのだが、そこで石川の急逝により本作は未完のまま終わってしまった。

大器晩成タイプの漫画家だった石川の享年は58歳であり、晩年こそ画力・構成力が極限まで高まっていた時期だった。
特に「巨大な物体が動いて破壊活動を行う」絵を表現させれば、漫画界で石川の右に出る者はいない(その実力は「太陽系より大きいロボットが、惑星を握りつぶす」という短文にしただけでは、幼稚園児の思いつきだと一笑に付されるような設定を、見る者に心から納得させる迫力で描写できた)とされていた。

そんな石川の画力は、本作においてもいかんなく発揮され、巨大すぎるゲッターエンペラーが暴れる宇宙大戦争や、地下のゲッタードラゴンを破壊しようとするアンドロメダ流国の兵器群と戦うゲッター軍団を見事に描き出している。

さらに、本作は石川が晩年に構想した「自分のオリジナル漫画に登場する存在は、そのすべてが、ひとつのあまりにも巨大な敵である"時天空"を破壊するために作られた戦闘装置であり、そのためにいつか作品の垣根を越えて交わっていく」というアイデアの核の存在となるはずだった。

事実、石川の作品『セイテン大戦フリーダーバグ』に登場するメカが、ゲッターの敵として登場したりするなど「これから石川はその超絶画力で、どんな戦いを描いてくれるのか」と読者の期待が大きかっただけに、その絶筆が知られた時には、多くの業界関係者からファンまでが「もはや現世では石川ワールドの果てに待つ、戦いの結末を見る事はできない」と、嘆き悲しんだ。

2021年夏アニメ化。
アニメ化に際しては未完のままの原作をトレースするのか、オリジナルの展開がされるのか当初は公表されていなかった。
基本的な展開は原作を踏襲しつつ、未回収だった伏線を回収して「新たなゲッター」の物語を展開。原作を知る視聴者にとってもどう続くか分からないストーリーが繰り広げられ、長年ゲッターロボサーガを追い続けてきたファンから絶賛と喝采を寄せられることとなった。

『ゲッターロボ アーク』のあらすじ・ストーリー

第1章 天の鬼

カムイ一人の操縦で起動するゲッターアーク(コマ上下)。

漫画版『ゲッターロボ號』から十余年後。ゲッターの初代パイロット「流竜馬」は真ゲッターロボと共に火星へ飛んで行方不明となったままだった。
竜馬と共にゲッターのパイロットとして戦った「神隼人」は健在で、今はゲッター線を研究する早乙女研究所の所長を務めていた。しかしすでに歳を重ねており、かつて我が身を省みない戦闘に臨んで負った傷が原因で、もはやゲッターのパイロットを続けるのは不可能な身体になっている。

そんな隼人の前に現れたのが、二人の青年だった。一人は「山岸獏」。かつて真ゲッターに乗り、「ゲッターのエネルギー、ゲッター線を信じよ」という趣旨の言葉を遺して、竜馬と共に火星へ去っていった超能力少年メシア・タイールの弟だ。彼にもまた、弱いながら未来を予知する力がある。
そしてもう一人が「流拓馬」。初代ゲッターから真ゲッターまで、歴代のゲッターに乗って敵と戦い続けた「ゲッター線の申し子」たる、流竜馬の一人息子だ。

拓馬は、獏の予知能力でゲッターD2が墜落してくる夢の島(ゴミ山)に陣取っていた。果たして獏の予知は的中、機体は無事なままパイロットのみ死亡という状態のゲッターD2が文字通り「落っこちてきた」のだ。
二人はコクピットから死亡しているパイロットを引きずり出すと、そのまま乗り込んでゲッターD2を追い詰めていた敵と戦い出す。その様子は、早乙女研究から隼人もモニターしていた。
常人ならば耐圧服もなしに乗れば、コクピット内部でミンチになってしまうゲッターの機動に耐えきる拓馬と獏。

しかし、ゲッターはパイロットが三人揃わないとフルパワーを発揮できない兵器だ。そしてゲッターD2は、かつての真ゲッターや、現在の早乙女研究所の切り札「ゲッターアーク」に比べれば、ずいぶん性能の劣るゲッターである。
二人乗りのゲッターD2では、敵を倒しきる事ができない。このままでは、ゲッターD2の元のパイロットと同じ運命を辿る事になってしまうだろう。

隼人は拓馬と獏の救出命令を出した。早乙女研究所はただの研究施設ではなく、ゲッター線をエネルギー源とする戦闘用ロボ・ゲッターの開発と運用も担っているのだ。
まだ「カムイ・ショウ」しかパイロットのいないゲッターアークを出撃させ、ゲッターD2と同時に共通の必殺武器「ゲッタービーム」を叩き込む事で、敵を倒す事に成功した。

勝利を見届けた隼人は、カムイに命じ、拓馬と獏を早乙女研究所に、丁重にお連れ(という名の連行)させる。

第2章 運命(さだめ)の子ら

配下の軍団を指揮する諸葛孔明(画像奥の人物)

日本近海の上空で、台風18号が異常発達を遂げていた。そしてその台風の目の中には、巨大な敵の姿が見えた。

そんな中、拓馬と獏は早乙女研究所に連行される。二人がゲッターアークのパイロットになる事は、すでに隼人によって既定路線とされていた。
しかし、喧嘩早かった竜馬の血を受け継ぐ拓馬は、ハ虫人類と人間のハーフであるカムイ(ハ虫人類と人間は、竜馬が現役の時代に大戦争をした。勝ったのは人間である)の顔が気に入らないとして、さっそく殺し合いをはじめる。だが、そんな時に都合よく、台風の目の中から現れた巨大な敵が早乙女研究所を強襲。
共通の敵が出てきたくれたおかげで、拓馬とカムイは互いに矛先をそちらに移し、ひとまず争う事をやめる。

続いて、その巨大な敵を配下の軍団の一部として指揮する「諸葛孔明」が出現。その目的は、早乙女研究所の地下深くで進化を続けるゲッタードラゴンを破壊することである。
三国志の諸葛孔明とは無関係だが、特に深い理由はなしに古代中国人のような服装をしているこの男は「早乙女研究所、消滅!」と、配下に号令をかけるのだった。

第3章 アーク始動

早乙女研究所の攻撃システムを操る人間兵器・敷島博士(コマ下段、および中段左右)。

諸葛孔明配下の軍団に巨大な敵と、早乙女研究所およびゲッター軍団の戦闘がはじまった。

早乙女研究所はただの研究所でなく、武装山盛りの要塞でもある。諸葛孔明とその配下を倒すため、またゲッター軍団をサポートするため、高度一万メートルまで爆炎の広がるミサイルの大群をいきなり発射。
ゲッターアークはその爆発を駆け抜け、味方のゲッター軍団の援護射撃を受けながら巨大な敵と戦闘。肉迫したかと思えば、瞬時に敵の背後へ回る機動力を見せつけ、赤子の手をひねるかのように切り裂いてしまった。

残る諸葛孔明配下の軍団も、早乙女研究所とゲッター軍団の前に敗退。
一人追い詰められたかのように見える諸葛孔明だったが、それは諸葛孔明の本体ではなく、空間投影ホログラムのようなものだった。

諸葛孔明のホログラムは「この戦いは未来永劫まで続く聖なる戦いじゃ」と言い残し、かき消えていった。

第4章 謎の不可触領域

調査に小型武器が欲しいという拓馬(黒髪の人物)と、次々に超兵器を勧める敷島博士(白衣の人物)。

太平洋硫黄島沖120km。そこに「ゾーン」と呼ばれる、何者も立ち入る事ができない領域、すなわち不可触領域が確認された。
どうやら諸葛孔明をはじめとする敵は、ここから出現しているらしい。しかし、そこへ調査に向かった潜水艦は立ち入る事のできなかったゾーンに引きずり込まれ、そしてどこかの惑星上空にワープさせられ爆発してしまった。

同じ頃、日本では新たな敵「マザー」が出現。
人間と昆虫を掛け合わせたかのようなこの怪物は、次々と人間へ卵を産み付ける。卵を産み付けられた人間は、孵化した虫に身体と精神を乗っ取られて、マザーの兵隊虫として動くようになってしまう。
マザーとその兵隊虫が、調査のため街へ潜入した拓馬を襲撃。
拓馬は危うく殺されかけたが、救援に来たゲッターアークに助けられる。

第5章 蟲の日

他の所員が兵隊虫になっていく中、ただ一人、敵を殺しまくる隼人(二丁銃の人物)。ゲッターに乗れなくなったとはいえ、いざという時の戦闘力は健在である。

拓馬はゲッターアークに助けられたものの、マザーに浸食された街は見る見る内に兵隊虫だらけになってしまった。
しかし、マザーの捜索を続けていると、公民館を巣にしたのを最後にマザーは街から離れてしまっていた事が発覚。確かに兵隊虫だらけになったが、しかし街はまだ全滅ではなく、人間が抵抗できる状態だ。
「一体なぜこんな中途半端な事を」と訝しむ拓馬だったが、マザー本当の狙いはゲッターアークがいなくなった早乙女研究所だった。街を先に襲ったのは陽動だったのである。

早乙女研究所の所員たちがマザーの標的になり、次々と兵隊虫に変貌させられていってしまう。

拓馬を乗せ、急ぎ早乙女研究所に戻るゲッターアークだが、大半の所員が兵隊虫になってしまっていた早乙女研究所は、攻撃システムも彼らに乗っ取られていた。
ゲッターアークは攻撃システムから砲撃を受け、さらに兵隊虫が合体して出来上がった巨大兵隊虫にも襲われた事で危機に陥る。

第6章 地に眠るもの

地下で進化しているゲッタードラゴン(コマ上段)。時折意志があるかのように、目玉が浮かび、虚空をにらみつける。

気合で危機を脱した拓馬とゲッターアーク。
だが、早乙女研究所は兵隊虫だらけになってしまい、もはやゲッターアーク単体では為す術がない。
そこで、隼人は「地獄のカマのふたを開ける」事を、つまりは早乙女研究所のエネルギー源であるゲッター炉心の解放を決意。そうすれば超強力なゲッター線が研究所を中心に吹き出し、救う兵隊虫共を一網打尽にできるというのだ。

だが、マザーだけはゲッター線から待避できる隔離壁に守られた、早乙女研究所の第14区画にいる。せっかくゲッター炉心を解放しても、マザーを残したままにすれば元の木阿弥だ。
すでにゲッター炉心の解放カウントダウンは始まっている。残り10分でマザーを始末せねばならない。

ゲッターアークにマザー抹殺命令が下った。
パイロットの一人、カムイはゲッター線が苦手なハ虫人類と人間のハーフだから、抹殺がうまくいってもゲッター炉心解放の影響で死ぬかもしれない。だが、それでもゲッターが三人のパイロットを必要とするため、カムイは逃げなかった。

そして、マザーの妨害に遭いながらもなんとかゲッターアークはマザー抹殺に成功。ゲッター炉心が解放され、地下から吹き出すゲッター線によって兵隊虫共が滅びていく様を見つめるのだった。

だが、そんな彼らをよそに、早乙女研究所のさらなる地下深くでは、ゲッタードラゴンが今もなおゲッター線の繭に包まれ、進化を続けていた。

第7章 竜の末裔

カムイ一行の前に現れた、恐竜帝国の帝王ゴール3世(コマ下段)。じつはカムイとは腹違いの兄弟である。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

キューティーハニー(CUTIE HONEY)のネタバレ解説・考察まとめ

『キューティーハニー』は、漫画、テレビアニメ、オリジナルビデオアニメ、数回にわたる実写映画など、様々な媒体で製作されている、永井豪の代表作の一つである。セクシーシーンと臨場感あふれるアクションシーンが満載の、キューティーハニーと悪の組織・パンサークローとの戦いは、少年少女のみならず、幅広いファンを獲得した。

Read Article

デビルマン(DEVILMAN)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年公開の永井豪原作の『デビルマン』実写映画。PG-12指定作品。制作費10億円、CGと実写の融合だけではなく手描きのカットを差し込む実験的映画で、双子がデビルマン(アモン)とサタンを演じるとあって話題作となった。 「デビルマン」になった不動明が人間と敵対するデーモンを討伐するために立ち上がり、最後は世界の終末のような場所で持てる限りの力を使いサタンである了と最終決戦に臨む。

Read Article

Cutie Honey Universe(キューティーハニー)のネタバレ解説・考察まとめ

『Cutie Honey Universe』とは、永井豪原作で1973年にオリジナル版が放映された伝説のTVアニメーション「キューティーハニー」のリメイク版アニメの第4作である。 聖チャペル女学園に通う女子高生・如月ハニーが変身する愛の戦士、キューティーハニー。彼女は多彩な姿と能力を使い、空中元素固定装置を狙う邪悪な犯罪組織パンサークローと戦っている。 そんなハニーにパンサークローの首領・シスタージルは捜査官ジュネとして接近、頼もしい味方を装ってハニーと空中元素固定装置の秘密を探るのだった。

Read Article

デビルマン(DEVILMAN)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『デビルマン』とは、70年代にアニメの企画と並行して誕生した漫画作品で、原作者である永井豪の会心作の一つである。 悪魔を主人公にした斬新な設定と、ハードなアクション、そして後半のヨハネ黙示録を元にした終末観溢れるストーリーが話題を呼び、いくつもの派生作品が生まれた。 人、悪魔、そして神とは一体何か、本作の登場人物の言葉にその秘密が隠されている。

Read Article

Cutie Honey Universe(第1話『あなたは全てが完璧』)のあらすじと感想・考察まとめ

聖チャペル学園に通う女子高生・如月ハニー。その正体は犯罪組織パンサークローと戦う愛の戦士・キューティーハニー。パンサークローの怪人による宝石店襲撃に立ち向かうキューティーハニーと対パンサークロー組織の捜査官ジュネ。怪人を撃退したハニーだったが、突如現れたパンサークローの首領シスタージルに敗北。しかしジルはあえてハニーを見逃すのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第1話『あなたは全てが完璧』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第2話『あなたに出会えた事の心からの喜び』)のあらすじと感想・考察まとめ

キューティーハニーは如月猛博士が作り出した超人アンドロイドである。普通の女子高生として育てられたハニーだったが、空中元素固定装置を狙い如月博士を殺害した犯罪組織パンサークローとの戦いに身を投じることになった。PCIS捜査官の早見青児を殺害しようと狙うパンサークローだったが怪人はハニーに倒されるのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第2話『あなたに出会えた事の心からの喜び』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第3話『私はあなたにふさわしい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハニーの親友・夏子はジュネとデートをすることに。しかしジュネが夏子を連れていったデパートはパンサークローの誘拐拠点だった。夏子は怪人バットフライクローに襲撃されるが、邪魔するために後を追っていた直子により窮地を免れる。バットフライクローは駆けつけたハニーに倒されたが、夏子はジュネの行動に不信感を抱くのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第3話『私はあなたにふさわしい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第4話『無垢の美しさ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジュネの作戦でパンサークローの研究所の場所を調べるためわざと囚われて潜入したハニー。脱出には成功したがエネルギー切れで戦えなくなり、公園の銅像に変身して追跡を逃れる。しかし銅像となったハニーは通りがかりの団兵衛と順平からエッチないたずらを受ける。潜入作戦は発信機の故障で失敗、青児は作戦を主導したジュネに疑念を抱く。一方、タランチュラパンサーもジュネの正体を知ったのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第4話『無垢の美しさ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第5話『死ぬまで気持ちは変わりません』)のあらすじと感想・考察まとめ

箱浜市長とパンサークローの癒着という情報を入手したハニーと青児は、武器工場があるという無人島へ潜入する。そこには財界の大物として団兵衛たちも招待されていた。市長の正体は怪人アイアンサドーであり、武器商人たちに投資を持ちかけていた。証拠を掴んだハニーだったが、人質を取られ手酷く痛めつけられる。しかし団兵衛に窮地を救われたハニーは怪人を倒したのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第5話『死ぬまで気持ちは変わりません』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第6話『あなたの幸福を祈る』)のあらすじと感想・考察まとめ

シスタージルは聖チャペル学園壊滅作戦を開始した。無数の気球船により爆撃され学園は崩壊、生徒らが次々と死んでいく。森に逃げ込んだハニーたちの前にシスタージルが現れ、戦いを挑むハニーだったが全く歯が立たない。夏子と戦闘不能のハニーを追撃部隊から救ったのは直子だった。直子は爆弾を受け止めて壮絶な最期を遂げ、湖に逃れて生き延びたハニーは復讐を誓い血の涙を流すのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第6話『あなたの幸福を祈る』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第7話『あなただけに尽くします』)のあらすじと感想・考察まとめ

聖チャペル学園壊滅で行き場を失ったハニーと夏子は早見家に居候することになった。明るく振る舞うが深い心の傷を負っているハニーを見過ごせない夏子はジュネに会ったことでより彼女への疑惑を深める。しかし精神的に追い詰められたハニーは遂に夏子に自分がアンドロイドであると明かすのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第7話『あなただけに尽くします』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第8話『愛の誓い』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハニーの正体を知って以降気まずい夏子とハニー。そんな中、シスタージルは夏子の誘拐を命じる。しかしタランチュラパンサーは、ハニーのことで苦しむ夏子に自分を重ねてしまい誘拐せず帰してしまう。夏子はハニーをデートに誘い、気持ちを打ち明け今まで以上の絆を結ぶ。しかし夏子はジルに囚われてしまい、それを追うハニーは怪人と激突。しかしタランチュラパンサーは手負いのハニーを見逃すのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第8話『愛の誓い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第9話『この世界は二人だけ』)のあらすじと感想・考察まとめ

パンサークローはPCISに対し1時間ごとに人質を殺すという映像を送った。しかし、それはシスタージルの仕掛けたゲームだった。怪人が死ぬか夏子が死ぬかのゲームで、ハニーだけでなくタランチュラパンサーも心を磨り減らす。そんな中で夏子を助けてしまったタランチュラパンサーは善悪の葛藤の末に2人に分裂し、悪の心を持つ白いタランチュラによって夏子は命を落としたのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第9話『この世界は二人だけ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第10話『あなたの思いやり、励ましに感謝します』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏子を失ったハニーは、復讐心のままに怪人を倒し続けていた。心の荒んだハニーは青児の説得すら拒絶する。そんなハニーの前に黒いタランチュラとドラゴンパンサーが出現、パンサークローを離反した黒いタランチュラらは早見家に住むことになる。彼女の目的はハニーに夏子の想いを伝えることだった。夏子の想いにより吹っ切れたハニーは、パンサークローの本拠地を目指す。 今回は「Cutie Honey Universe」第10話『あなたの思いやり、励ましに感謝します』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第11話『あなたはあくまで私のもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

シスタージルの挑発を受けドラゴンパンサーと共にパンサークローの本拠地へ乗り込んだハニー。しかし、そこでジュネの正体がジルであることを知りハニーは戦意を喪失する。ドラゴンパンサーの喝で戦う意志を取り戻したハニーは彼女と力を合わせて最後の決戦に挑むのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第11話『あなたはあくまで私のもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第12話『あなたは希望を持ち帰る』)のあらすじと感想・考察まとめ

ドラゴンパンサーが戦死し、絶体絶命の危機を迎えたハニーを救ったのは、キューティーハニーに扮した青児たちの軍団だった。彼らの応援で自分が独りでないことを知ったハニーは、空中元素固定装置でキューティーハニー軍団を作り出し、愛の力でシスタージルに挑む。 今回は「Cutie Honey Universe」第12話『あなたは希望を持ち帰る』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents