信長協奏曲(信コン)のネタバレ解説・考察まとめ

『信長協奏曲』は2009年から『ゲッサン』(小学館)で石井あゆみが連載中の歴史漫画であり、第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。2014年からはフジテレビ開局55周年プロジェクトとしてアニメ・実写ドラマ・実写映画化を果たしている。勉強が苦手な普通の高校生サブローが、川沿いで足を滑らせて戦国時代にタイムスリップしてしまうところから物語は始まる。そこで出会ったサブローに瓜二つの織田信長に頼まれて、身代わりとして乱世を生きていくことになってしまう。

デート

出典: sp.comics.mecha.cc

木に登ってデートを楽しむ二人と、下で護衛する家臣。左からサブロー、帰蝶、池田恒興。

親しい女性を城の外に連れ出すことをさして使われている。サブローが帰蝶を連れて出かける際に主に使われるが、お市の時もある。信長と親しい大名には、織田家に伝わる奇妙な風習とされている。

あいださん

「あ」がつくことしか覚えていないサブローと暗殺の犯人について考える明智光秀。

サブローが信長暗殺の首謀者の名前を思い出すことができずに、「あ」がつくという理由で「あいださん」と呼ぶ。作中では何度も暗殺について思い出そうとしているが、教科書は燃えて無くなってしまっている。

ブラコン

出典: girlschannel.net

自分を実の兄と信じて「好き」だと伝えるお市と複雑な心境のサブロー。

「兄上が一番好き」と豪語するお市にサブローが呆れて使っている言葉。家臣にも浸透して、兄を慕う竹中重矩や羽柴秀長も自身を「ブラコン」と言っている。

『信長協奏曲』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

サブロー「信長は、天下を取る男だぞ。」

出典: www.agex.co.jp

サブローが本物の信長と入れ替わって間も無い頃、デートに出かけたサブローの護衛として付き添っていた池田恒興は突然斬りかかる。今までの品行方正な信長の面影など微塵もないサブローに、嫌気がさしたのだ。しかし、持ち前の運動神経の良さでかわしたサブローに、「信長は、天下を取る男だぞ」と告げられた恒興は自身の行いを大いに反省する。聡明な昔の主君とは違う感情の読めない飄々としたサブローの言動は、単純だが不思議な説得力を感じるシーンでもある。

お市「その身に、織田と浅井の血が流れていることを、誇りに思って生きよ。」

織田と浅井の戦いが織田の勝利に終わり、お市は一度は夫である長政との死を覚悟したが長政の優しさから織田に引き渡された。燃え盛る小谷城で自害した長政と過ごしてきた幸せな日々を思い出し、まだ小さな娘たちに「その身に、織田と浅井の血が流れていることを、誇りに思って生きよ」と静かに語った。お市は兄・信長が大好きだと長政にも伝えるほどであったが、戦国武将の妻として夫と共にありたいと思う姿はどこまでも凛としていて内面の強さも感じることができる場面である。

森可成「息子どもの誇りでありたい。」

織田と浅井の戦いの最中、宇佐山城で浅井の攻撃を食い止めるしか道がなかった。この城を任されていた森可成は、信長の小姓として安土においてきた四人の息子を思い、「息子どもの誇りでありたい。」と籠城ではなく出陣を選ぶ。反織田を掲げる僧兵の加わった敵軍にわずかな手勢で応戦するが、可成はこの戦場に散ることとなる。

『信長協奏曲』の裏話・トリビア/エピソード・逸話

制作のきっかけは作者・石井あゆみの歴史好き

『信長協奏曲』が連載されている『ゲッサン』の担当編集者は、17歳で新人大賞に応募してきた石井とこの時初めて出会う。その後様々なジャンルの漫画を彼女に描かせてみたが、どれもしっくりこなかった。趣味が野球と歴史だったことから、歴史小説をいくつか読ませたところ「織田信長と高杉晋作が良かった」と言われて歴史物を描いてもらうことになった。感想を聞く際に、信長の感性や言動が現代人みたいだと2人で盛り上がったことも『信長協奏曲』制作に大きく関わっている。

アニメ版ではロトスコープとCG技術を採用

ロトスコープは実写で動きの撮影をした後に、その映像を画にトレースしていく方法である。アニメの監督を務めた富士川祐輔は、滑らかに動くよく見るロトスコープではなく「手描きのモーションキャプチャ」と言い換えている。あくまで映像は作画のベース素材として使うため、『信長協奏曲』でしかみられない新鮮なキャラクターたちの動きに仕上がっている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents