帝一の國(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『帝一の國』とは古屋兎丸による日本の青春学園漫画である。時代は昭和を舞台としており、物語は主人公帝一が多くの政治家を輩出する超名門校、海帝高校に入学するシーンから始まる。帝一には海帝高校で生徒会長になるという野望があった。生徒会長になるために策略をめぐらし、狡猾なライバルたちと死闘を繰り広げる。主人公だけでなく、個性豊かなキャラクターたちも作品の魅力である。ただの青春漫画にとどまらず、政治漫画でもあり、コメディ漫画でもある作品。

一年六組の副ルーム長。天照霊波救世教の信者である。

その他生徒

美山玉三郎(みやまたまさぶろう)

演:松本岳(映画)
演劇部に所属している生徒で、東郷に頼まれて女装して草壁を誘惑した。

嵐山善二郎(あらしやまぜんじろう)

堂山の先代の生徒会長。

跡部景吾(あとべけいご)

四十話にゲストキャラクターとして登場する。『テニスの王子様』のキャラクターで、登場はするもののセリフなどはない。

その他の人物

白鳥美美子(しらとりみみこ)

演:井上小百合、樋口日奈(舞台はダブルキャストであった)、演:永野芽郁(映画)、安藤美優(映画の幼少期)
帝一の恋人。中学から帝一と付き合っていたが、野心をむき出しにする帝一についていけず、また弾のことも気になっていたため別れた。その後、帝一と弾と不純異性交遊を疑われたが、二人から求婚されることに。弾にも惹かれていたが、絶望する帝一を支えることを決意。

赤羽譲介(あかばじょうすけ)

演:大堀こういち(舞台)、演:吉田鋼太郎(映画)
帝一の父親。通産省の官僚である。昔、東郷卯三郎に会長選で負けたことがあり、息子の帝一にはただならぬ期待をしている。

赤羽桜子(あかばさくらこ)

演:真飛聖(映画)
帝一の母。帝一のピアノ好きは彼女の影響である。父親と違い、帝一に海帝高校生徒会長になってほしいという希望はない。

赤羽夢子(あかばゆめこ)

CV:稲川英里、演:西谷星彩(映画)
帝一の妹。帝一のことは慕っている様子。

東郷卯三郎(とうごううさぶろう)

演:山路和弘(映画)
東郷菊馬の父。通産省事務官。帝一の父とは、学生時代から仲が悪い。

スティーブ・レッドフォード(すてぃーぶ・れっどふぉーど)

演:チャールズ・グラバー(映画)
氷室の父親で、あまりか自動車メーカーの日本支社長。帝一の父に失脚させられた過去があり、彼を憎んでいる。

野々宮幸四郎(ののみやこうしろう)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents