帝一の國(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『帝一の國』とは古屋兎丸による日本の青春学園漫画である。時代は昭和を舞台としており、物語は主人公帝一が多くの政治家を輩出する超名門校、海帝高校に入学するシーンから始まる。帝一には海帝高校で生徒会長になるという野望があった。生徒会長になるために策略をめぐらし、狡猾なライバルたちと死闘を繰り広げる。主人公だけでなく、個性豊かなキャラクターたちも作品の魅力である。ただの青春漫画にとどまらず、政治漫画でもあり、コメディ漫画でもある作品。

演:佐藤流司(舞台)
海帝愚連隊を率いる一年生。過去に夢島をフッたことがある。氷室を尊敬していたため、高校に上がってみたらおとなしい氷室に失望。はじめは東郷に言いくるめられ傘下に下っていたが、のちに帝一に合流した。

宮瀬陣介

久我信士のクラスの副ルーム長。久我とは不良仲間である。

夢島玲(ゆめしまれい)

演:佐藤永典(舞台)
女の子のような見た目の学園のアイドル。久我にフラれた過去がある。そのため久我と仲が悪かったが、帝一の計らいにより仲を戻す。

佐久間大吾(さくまだいご)

夢島怜のクラスの副ルーム長。夢島に近づく男から彼を守っている。夢島とは中学時代からの付き合いである。

羽生慎之介(はにゅうしんのすけ)

演:原嶋元久(舞台)
一年四組ルーム長。冷静沈着な天才な将棋棋士。将棋で鍛えられた「読み」の才能を持ち、大鷹が会長になる未来を当てた。

古川善

羽生慎之介のクラスの副ルーム長。羽生とは反対に運動ができ、活発。

成田瑠琉可(なりたるるか)

演:細貝圭(舞台)
一年五組ルーム長。世界的に有名なファッションデザイナーの息子であり、本人も奇抜な衣装を好む。夢島怜のことを嫌っており、彼が帝一側についたことにより、成田は東郷側についた。

光家吾郎(みついえごろう)

一年五組の副ルーム長。将来は成田の考えた衣装でバンド活動をすることを夢見ていたが、八百屋の息子である自分には半ば諦めていた。成田の力で商店街をオシャレに変えることで、違った形ではあるが夢を実現させている。

高天原蒜山(たかまがはらひるぜん)

一年六組ルーム長。宗教団体、天照霊波救世教の教祖を親に持つ。宗教の力で日本を支配するという野望を持っている。手始めとして東郷を入信して、海帝高校の生徒会長の座を狙うが、最終的に自分の悪事がばれ失敗している。

永福吉祥(えいふくきっしょう)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents