帝一の國(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『帝一の國』とは古屋兎丸による日本の青春学園漫画である。時代は昭和を舞台としており、物語は主人公帝一が多くの政治家を輩出する超名門校、海帝高校に入学するシーンから始まる。帝一には海帝高校で生徒会長になるという野望があった。生徒会長になるために策略をめぐらし、狡猾なライバルたちと死闘を繰り広げる。主人公だけでなく、個性豊かなキャラクターたちも作品の魅力である。ただの青春漫画にとどまらず、政治漫画でもあり、コメディ漫画でもある作品。

裕次郎の父親であり、内閣総理大臣。

教師陣

川俣豊治(かわまたとよじ)

CV:最上嗣生、演:中村育二(映画)
帝一のクラスの担任。評議会顧問であり、彼が担任したクラスのルーム長が生徒会長になると噂される教師である。海帝高校の制度に賛成であり、それに反発する黒坂とは相性が悪い。

黒坂礼子(くろさかれいこ)

演:長内映里香(映画)
大鷹のクラスの担任。政治家の真似事のような生徒会長選に疑問に疑問を抱いており、寄付金をしていない大鷹をルーム長にするなど反発の意を示している。

黒岩五十六(くろいわいそろく)

演:千本松喜兵衛(映画)
海帝高校校長。非常に太っており、そのためか汗かき。いつもハンカチで顔を拭いている。海帝高校の現在の制度に賛成の立場である。

『帝一の國』の用語

海帝高校

前身は海軍兵学校であり、現在は多くの政治家を輩出する名門校となっている。中高一貫の男子校の高等部にあたる。

評議会

一、 二年生の各ルーム長・副ルーム長、各委員会の委員長・副委員長、各部活の部長で構成される。森園が改革するまで、このメンバーだけで生徒会長選が行われていた。

ルーム長

一年の時にルーム長に選ばれると必然的に三年間ルーム長になる。公にはされていないが、寄付金の多さで決まる。

東都大学

日本の最高学府。海帝高校生徒会長は、この大学への推薦入学が約束されている。

生徒会長選挙

海帝高校生徒会長を決める選挙。生徒会長になれば将来を約束されたも同然であるため、この座を巡って熾烈な争い代々繰り広げられてきた。森園が会長に就任した際、生徒会長を評議会メンバーだけでなく、全校生徒の投票で決めるよう改正された。

生徒会本部

生徒会長一名、副生徒会長二名、書記一名、会計一名で構成される生徒会の執行機関。

『帝一の國』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents