帝一の國(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『帝一の國』とは古屋兎丸による日本の青春学園漫画である。時代は昭和を舞台としており、物語は主人公帝一が多くの政治家を輩出する超名門校、海帝高校に入学するシーンから始まる。帝一には海帝高校で生徒会長になるという野望があった。生徒会長になるために策略をめぐらし、狡猾なライバルたちと死闘を繰り広げる。主人公だけでなく、個性豊かなキャラクターたちも作品の魅力である。ただの青春漫画にとどまらず、政治漫画でもあり、コメディ漫画でもある作品。

弾のクラスの副ルーム長。もともとはルーム長になる予定だったが、寄付金の多さでルーム長を決めるやり方に疑問を抱いた担任の黒坂礼子により弾に取って代わられてしまう。

東郷菊馬(とうごうきくま)

CV:吉開清人、演:吉川純広(舞台)、演:野村修平(映画)
帝一の長年の宿敵。幼い頃、帝一をいじめていた。父の代から赤場家とは因縁があり、生徒会長になるため暗躍するも、最終的には副会長の座に収まった。

根津二四三(ねづにしぞう)

CV:蜂須賀智隆、演:谷戸亮太(舞台)、演:荻原利久(映画)
東郷菊馬の片腕。小学校のころから菊馬とは付き合いがあり、彼が悪事に手を染めることになっても付き従っていた。菊馬が帝一に投票した際も、それに倣っている。

石井桃太郎(いしいももたろう)

CV:浅利遼太
帝一と同じクラスの生徒。最初は、中学から優秀で一組のルーム長の最有力候補である帝一に媚び、副ルーム長の座を狙っていたが、帝一のすすめで放送委員会の副委員長となった。

森秀一郎(もりしゅういちろう)

帝一と同じ学年で五組のルーム長。金に異常なまでに執着を示し、光明のアイディアを盗み金儲けしようとするも、その実態はねずみ講に等しく、弟ともに警察に捕まった。

森秀二郎(もりしゅうじろう)

森秀一郎の弟。五組の副ルーム長である。兄とともに逮捕された。

一学年上

森園億人(もりぞのおくと)

演:大河元気(舞台)、演:千葉雄大(映画)
帝一が一年の時の生徒会長選挙で勝利し、生徒会長に就任。将棋を好み、大鷹弾ともそれをきっかけに親交をもつ。生徒会長に就任すると、それまでの慣習を破るため、生徒会長選の投票権を全校生徒に与えるなど、海帝高校の民主化に尽力した。

京田一郎(きょうだいちろう)

森園のクラスの副ルーム長。森園が生徒会長になると、生徒会書記に抜擢された。詩人であるため発言が婉曲的過ぎて、彼の言葉は森園にしか解釈することができない。

氷室ローランド(ひむろろーらんど)

演:冨森ジャスティン(舞台)、演:間宮正太郎(映画)
森園と戦った成都会長候補。中学時代は狂犬と呼ばれ恐れられていた。自分を絶対だと過信してしまうところがあり、その慢心が敗北を招いたが、選挙後は改心し、副会長として森園を支えた。

駒光彦(こまみつひこ)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents