ID: INVADED(イド:インヴェイデッド)のネタバレ解説まとめ

『ID: INVADED』とはあおきえい監督による日本のSF・ミステリーアニメ作品。2020年1月から3月までTOKYO MX他で放送された。脚本はミステリー作家の舞城王太郎。舞台は凶悪犯罪が増加した現代日本。連続殺人犯の迅速な特定を目的とする組織・蔵は、ミヅハノメと呼ばれる特殊な発明を用い犯人の深層心理が生み出す仮想世界・イドを構築した。元刑事で現囚人の鳴瓢秋人は、名探偵・酒井戸となって、様々な殺人鬼の精神世界に潜るうちに彼らの裏で糸を引く黒幕、ジョン・ウォーカーの存在へ近付いていく。

対マン / 勝山 伝心(かつやま でんしん)

CV:杉田智和
1対1での殴り合いで相手を殺害することを好んだ連続殺人犯。格闘家含む6人をその手口で嬲り殺しており、犠牲者には秋人の愛娘・椋も含まれる。
広い豪邸に住む屈強な男で、「殴るのも殴られるのも好き」というマゾとサドが合わさった倒錯した性癖の持ち主。木記の夢に出入りしていた殺人犯の1人だが、夢の中の殺害では物足りず最後の被害者に彼女を選んだ。
第7話の3年前に独自の捜査で正体を割り出した秋人によって自宅に踏み込まれ射殺される。
イドの中のイドでも飛鳥井を拉致したが、秋人に決闘を挑まれて死亡する。

顔削ぎ / 園田 均(そのだ ひとし)

CV:上田燿司
被害者の顔をドリルで削ぐのを好む連続殺人犯。本編1話より前に秋人に自殺に追い込まれた被害者の1人。
ジョン・ウォーカーによって木記の夢に導かれ彼女の顔を削いで殺すうちに現実でも犯行を起こすようになったが、イドの中のイドに来た秋人にまたしても自殺を仕向けられる。

舌抜き

被害者の舌を抜くのを好む連続殺人犯でスーツ姿の女性。本編1話より前に秋人に自殺させられた被害者の1人。
イド内のイドでも秋人に始末された。

股裂き

被害者の股を裂くのを好む連続殺人犯。本編1話より前に秋人に自殺させられた被害者の1人。
イド内のイドでも秋人に自殺させられる。

腕捥ぎ

被害者の腕を捥ぐのを好む連続殺人犯で痩身の男性。本編1話より前に秋人に自殺させられた被害者の1人。
イド内のイドでも同じ末路を辿る。

一般人・その他

鳴瓢 椋(なりひさご むく)

CV:島袋美由利
秋人と綾子の娘。第1話の2年以上前に対マンに殺害された。秋人は娘を殺した対マンを射殺したのが原因で独房に収監された。事件当時は14歳の女子中学生で回想やイドの世界にのみ登場する。彼女の死に顔は対マンの激しい暴行のせいで、ほぼ原形を留めていなかった。
父親譲りの強い正義感の持ち主で、落雷の世界では母親を励まし、他の人を助ける為に行動する。生前の百貫とも面識があり、落雷の恐怖に負けず他者の救出に動く勇敢さを「生前と変わらない」と褒められた。

鳴瓢 綾子(なりひさご あやこ)

CV:遠藤綾
秋人の妻で椋の母。結婚から十数年が経過しても秋人をアキくんと呼ぶほど熱愛していた。
おっとりした家庭的な女性で心から夫と娘を愛していたが、椋の事件で心を病み、秋人の留守中に浴槽で手首を切って自殺する。椋と同じく回想とイドの世界にのみ登場する。
イドの中のイドでは最後まで夫の無事を祈り、彼に「必ず家に帰って来て」と懇願した。

白駒 二四男(しらこま にしお)

masami
masami
@masami

目次 - Contents