ID: INVADED(イド:インヴェイデッド)のネタバレ解説まとめ

『ID: INVADED』とはあおきえい監督による日本のSF・ミステリーアニメ作品。2020年1月から3月までTOKYO MX他で放送された。脚本はミステリー作家の舞城王太郎。舞台は凶悪犯罪が増加した現代日本。連続殺人犯の迅速な特定を目的とする組織・蔵は、ミヅハノメと呼ばれる特殊な発明を用い犯人の深層心理が生み出す仮想世界・イドを構築した。元刑事で現囚人の鳴瓢秋人は、名探偵・酒井戸となって、様々な殺人鬼の精神世界に潜るうちに彼らの裏で糸を引く黒幕、ジョン・ウォーカーの存在へ近付いていく。

CV:岩瀬周平
井戸端スタッフの一人で黒髪の青年。イド内における人物解析を担当。

国府 司郎(こくふ しろう)

CV:加藤渉
井戸端スタッフの一人で童顔でショートボブの青年。東郷の補佐役。
早瀬浦の死後に局長代理に就任、警視庁に配属される。

外務分析官

松岡 黒龍(まつおか こくりゅう)

CV: 西凜太朗
元ベテラン刑事の外務分析官で大柄な中年男性。新人の小春とコンビを組む。刑事時代は秋人・百貫の同僚だが、正義感が強すぎるが故に暴走しがちな秋人との相性は良くなく煙たがっていた様子。
小春の名探偵の素質を見抜き蔵に推薦するも、自分や仲間を危険に遭わせて顧みない彼女の精神性を危惧していた。
数田の関係者に聞きこみに行く際は写真の中で一番可愛い娘にしろと小春に軽口を叩くなど、イカツい外見に反しお茶目な一面もある。

西村 月丸(にしむら つきまる)

CV:落合福嗣
外務分析官で軽薄な口調の青年。現場にてワクムスビによる殺意の検出を担当。
墓掘りの捜査の際に醤油の醸造所の爆発に巻き込まれて死亡した。

犯罪者

花火師 / 冬川 浩二(ふゆかわ こうじ)

CV:平川大輔
連続爆弾テロ犯、通称花火師。爆破と同時に花火を炸裂させるのが名前の由来。
滝の世界のイドの持ち主であり、狙撃の恐怖に怯えて逃げ惑う群衆に自らも紛れ込んで楽しんでいた。元戦場カメラマンで大量死の魅力に取り憑かれていたが、秋人の心理操作と話術に追い込まれて自殺する。

大野 源平(おおの げんぺい)

CV:蓮岳大
連続殺人鬼・墓掘りの模倣犯。
炎上するビルの世界のイドの持ち主で、家族を焼き殺す現場を当時近所に住んでいた菊池桂子に目撃されたと思い込み、口封じに彼女を拉致して殺した。

墓掘り / 井波 七星(いなみ なほし)

CV:佐倉綾音
穏やかで家庭的な雰囲気の女性。27歳。
自分の通学電車が母親を轢き殺したトラウマから正常な感性が歪み、人間の傷や死を好むようになった。
被害者を拉致して閉所に生き埋めにし、酸欠や餓死で死んでいく様子を動画サイトに公開し、その死体が腐敗していく過程までも配信することから墓掘りと呼ばれる連続殺人事件の主犯。
中学高校の友人の数田遥を匿い、その犯行を教唆していた。卑小な見栄から自覚を避けてきたが、自分の異常な性癖を理解して死体を貢ぎ続けた数田を愛しており、殺意と好意を取り違えた彼が小春にキスをした時には、彼女に嫉妬の目を向けていた。
円環の世界のイドの持ち主。
逮捕後は富久田の対面の独房に収監されるが、ミヅハノメから出された木記の浸蝕を受けた先で小春と対峙し、警備員から奪った拳銃で殺害を図る。
富久田が庇ったせいで失敗し、数田のイドの浮島の世界へ逃げるも、彼へ本当の気持ちを伝える前にジョン・ウォーカーに刺し殺された。

墓掘り / 数田 遥(かずた はるか)

CV:小林親弘、田村睦心(少年期)
穴空きの被害者の1人。頭に穴を開けられたせいで愛情表現と殺意がすり替わる脳障害を患い、自分を追いかけてきた小春を殺そうとして間違いキスしている。
被害者を拉致して閉所に生き埋めにし、酸欠や餓死で死んでいく様子を動画サイトに公開し、その死体が腐敗していく過程までも配信することから墓掘りと呼ばれる連続殺人事件の実行犯。
中学時代からの友人で密かに思いを寄せていた井波の為に墓掘りの実行犯となり、人が死にゆく映像を送り続けていた。
井波の自宅に匿われていたが小春と松岡に踏み込まれ、最後は井波を庇って小春に襲いかかり命を落とす。

masami
masami
@masami

目次 - Contents