ID: INVADED(イド:インヴェイデッド)のネタバレ解説・考察まとめ

『ID: INVADED』とはあおきえい監督による日本のSF・ミステリーアニメ作品。2020年1月から3月までTOKYO MX他で放送された。脚本はミステリー作家の舞城王太郎。舞台は凶悪犯罪が増加した現代日本。連続殺人犯の迅速な特定を目的とする組織・蔵は、ミヅハノメと呼ばれる特殊な発明を用い犯人の深層心理が生み出す仮想世界・イドを構築した。元刑事で現囚人の鳴瓢秋人は、名探偵・酒井戸となって、様々な殺人鬼の精神世界に潜るうちに彼らの裏で糸を引く黒幕、ジョン・ウォーカーの存在へ近付いていく。

『ID: INVADED』の概要

『ID:INVADED』は『Fate/Zero』『アルドノア・ゼロ』等で有名なあおきえい監督による日本のテレビアニメ作品で2020年1月から3月までTOKYO MX他で全13回放送された。ジャンルはSFミステリー。脚本はミステリー作家としても有名な舞城王太郎が執筆した。
最初は他の脚本家にオファーする予定だったが話が上手くまとまらず、氏の大ファンだったプロデューサーの須田泰雄が、2015年12月に舞城王太郎へオファーした所企画が実現した。当初は『ALIEN THURSDAYYY』というタイトルで、木曜日の探偵が木星Zというシステムを使って犯人の殺意の世界にダイブする内容だった。キャラクターデザイン及びコミカライズは『ブラッドラッド』『ハマトラ』も担当した漫画家・小玉有起が手がける。
殺人鬼の内的世界であるイドと現実、両面同時進行で捜査を進め犯人を突き止める展開が毎回踏襲される。
イドは殺人鬼の歪な精神構造を反映した独特な世界観を持ち、バラバラにされて断面をさらした人体や家が白い空間に浮遊していたり、明けない夜の中、永遠に終わりがない円環の線路を先頭と最後尾が繋がった電車が走り続けていたりする。イドの世界に降り立った酒井戸は最初は記憶喪失の状態であるが、自身がカエルちゃんと呼ぶ少女の死体と出会うことがトリガーとなり、一見破綻したイドに法則性を見出し、合理的な推理を構築して殺人鬼の正体や居場所を割り出す名探偵の役割に覚醒する。
イドをサポートする井戸端や新人外務分析官の本堂町小春らと連携し、イドの謎を解明して異常な殺人鬼を追い詰めていく酒井戸。彼の正体は娘を殺した殺人鬼・対マンに復讐した事で刑事を罷免された独房の囚人、鳴瓢秋人だった。秋人は娘の仇である対マン含む数々の殺人鬼を教唆した疑いがかかる黒幕ジョン・ウォーカーを追うなかで、イドへのダイブに不可欠な装置・ミヅハノメの発足経緯と密接に関わるカエルの正体にも迫っていく。

『ID: INVADED』のあらすじ・ストーリー

異空間「イド」

突如として輪切りにされる青年の腕。

殺人犯の殺意からなる深層心理の空間「イド」に潜入した酒井戸(さかいど)は、突然身体が輪切りにされて思わず困惑し、絶叫する。しかし痛みもなく自分の意志で身体を戻せると気が付き、冷静になり周りを見渡した。そして白い服を着た黒髪の少女の死体を発見し、自分がこの少女「カエル」の死の謎を解く「名探偵」であることを思い出した。

被害者の頭にドリルで穴を空けるという異常思考から「穴空き」と呼ばれる殺人鬼の「イド」へ潜っていた酒井戸は、殺人鬼の記憶が残る部屋を捜索していた。
「イド」の中を観察していた現実世界の外務分析官・松岡黒龍(まつおかこくりゅう)と新人の本堂町小春(ほんどうまちこはる)は壁のカレンダーから手掛かりを掴み、藤田商店という店へと向かう。
彼らは「蔵」という組織の「井戸端」と呼ばれる「イド」の監視担当者であり、酒井戸は特殊装置「ミヅハノメ」で「イド」へ潜入するパイロットであった。

「イド」で捜索を続けていた酒井戸は七人の男女を見つける。「井戸端」の分析官・羽二重正宗(ふたばえまさむね)は、その中に顔がゆがんだ黒ずくめの男、ジョン・ウォーカーを発見し驚く。彼は度々連続殺人犯の「イド」に現れて殺人を唆す人物であった。

現実世界での捜査

松岡と小春は「穴空き」こと富久田保津(ふくだたもつ)の家に急行した。中にはドリルで頭に穴を空けられた被害者がいたため、保護して救急車に収容した。一方松岡は「穴空き」とみられるフードを被った人物を確保したが、実は確保されたのは被害者で、被害者に成りすましていた富久田は同乗していた小春を拉致し救急車で逃走した。
その後富久田に拘束された小春は、頭に穴を空けられそうになり自殺覚悟でドリルに突っ込み持っていた殺意に反応する装置「ワクムスビ」で自分の「イド」を発生させ「井戸端」に逆探知を成功させ救出される。

酒井戸とは鳴瓢秋人(なりひさごあきひと)という元刑事のことだった。「井戸端」の室長である百貴船太郎(ももきふねたろう)は現役時代のパートナーだった。
秋人はある事件で三年前に娘の椋(むく)を亡くしていて、妻の綾子(あやこ)も後追い自殺で失っていた。

一方、「蔵」の局長・早瀬浦宅彦(はやせうらたくひこ)と東郷紗利奈(とうごうさりな)は「ミヅハノメ」やジョン・ウォーカーという謎の存在と「カエル」の正体について今後も調査が必要だと話し合っていた。

新たな事件

秋人は独房に入れられ連続殺人鬼「対マン」に殴り殺された娘の椋を救えなかった悪夢を見る日々を送っていた。

そんな時新たな事件が発生し、酒井戸は爆弾魔「花火師」の「イド」に潜入した。そこで「カエル」は胸を撃たれて死んでいた。この「イド」は滝に囲まれた高い塔で、滝から発砲された男女が逃げ惑っていた。羽二重の解析によると、彼らは中東で起きた爆破テロの犠牲者でその中の一人が「花火師」本人だった。「イド」の群衆に「花火師」が紛れていたことから、現実世界でも現場にいると推測されフリーカメラマンの犯人が逮捕された。
逮捕された「花火師」は、野次馬が率先して悲惨な事件現場をスマホで撮影する姿を撮った写真を眺め、これが現実だと言うのだった。薄っぺらく空っぽな人間の本質を暴いてやったと喚いていた。
収監された独房で「花火師」は、向かいの秋人に「自分もお前もお前の娘の命も平等に価値がない」と暴言を吐き、激怒した秋人に心理操作されて自殺へ追い込まれた。

次に酒井戸は拉致された女子高校生の菊池桂子を救出するため「墓掘り」の「イド」に潜入した。「墓掘り」は被害者を拉致監禁し窒息死や餓死させ、それを動画配信する殺人鬼だった。「カエル」は火の気のない部屋で焼死していた。桂子は「イド」では10歳の少女の姿をしていた。燃えさかるビルから桂子を救うため、酒井戸は何度も「イド」で死んでまた戻ることを繰り返しギリギリのところで救出に成功した。
被害者を殺害する手口の違いと「井戸端」の解析から、今回は「墓掘り」の模倣犯だと判明する。
模倣犯の大野源平(おおのげんぺい)は、家族を焼死させた現場を隣に住んでいた当時10歳の桂子に目撃されたと思い、口封じのために彼女を拉致監禁したのだった。

現実世界で小春と松岡は大野の自宅に向かい大野を逮捕し、桂子の救出に向かったが動画配信映像は大野が配信日をいじっていたためリアルタイムの映像ではなく、彼女は数日前に死亡してしまっていた。
現実世界に戻ってきた秋人は百喜から、犯人逮捕と被害者の死亡を聞かされた。秋人は「イド」で見た桂子のあどけない笑顔を思い出し、犯人に対する殺意が心の底から湧き上がってくるのだった。

2人の殺人者

「墓掘り」の模倣犯の逮捕現場で、行方不明になっていた「穴空き」の被害者・数田遥(かずたはるか)にキスをされた小春は、本物の「墓掘り」・数田が模倣犯を確認しに来たのではないかと推測する。殺意感知器「ワクムスビ」で数田の殺意を確認した小春は、数田は頭の傷のせいで殺意と愛情がすり替わってしまうと解析した。それで数田は殺すつもりの小春にキスをしてしまったのだった。

酒井戸が潜入した数田の「イド」にある島の屋敷で「カエル」は刺殺されていた。その屋敷に無重力状態にもかかわらず下の方に広がっていた「カエル」の血と床の隙間に女性がお化けから隠れていると言って横たわっていた。「井戸端」は、その女性が「墓掘り」の被害者の顔を合わせた顔であると分析した。この女性は数田の同級生で井波七星(いなみなほし)といい、数田は彼女を顔を変えてお化けという警察から守っていたのだった。
数田は「イド」に現れたジョン・ウォーカーに杖で串刺しにされてしまった。

現実の世界では井波の家を松岡と小春が訪れていた。
リビングで、彼女は数田の家に13歳と14歳の時に2回遊びに行ったことがあると話した。続いて数田の交際関係を聞くと、付き合っている人はいないと即答した。個人的な付き合いはほとんどしていないと話していたにもかからわず、交際について即答するのはおかしいと小春は思った。
ちょうどその時電話対応で席を立っていた松岡が、数田の実家に急行していた西村月丸(にしむらつきまる)と警官隊が実家にある醤油の醸造所で火災に巻き込まれたと知らせてきた。
すぐ駆け付けたい松岡を引き止め、もう少しだけと粘り、人の死ぬところや怪我をするところを見るのが好きなんですねと踏み込む小春。続けざまに立ち上がり、実は数田遥とキスしてしまったのだとあっけらかんと暴露する。刹那井波の表情が豹変、腰を浮かせかけた彼女に小春は拳銃を突き付ける。
実は井波こそが墓掘りの主犯で、数田は彼女の指示通りに動く実行犯にすぎなかった。数田にとっての被害者は人の血や怪我、死にゆくところを見るのが好きな井波への貢ぎ物だった。
二階に隠れて様子をうかがっていた数田が包丁をもって襲い掛かってきた。小春は数田に発砲するが頭の穴から弾がすり抜け、押し倒されてしまった。もみ合ううちに手元に転がっていた包丁で小春は数田の胸を深々と刺した。その時小春への殺意が愛情とすり替わり数田は小春にキスをしたのだった。その様子を見た井波は嫉妬で顔を歪めた。

一方、数田の実家の醸造所で、被害の救出にあたっていた西村は火災に巻き込まれて死亡してしまう。

「墓掘り」事件解決後、「井戸端」ではジョン・ウォーカーは何者でどうやって「イド」に出没するのか議論されてた。「ミヅハノメ」の試作品があるのではないかという意見もあったが、開発者の白駒二四男(しらこまにしお)は行方不明で詳細は分からず、ジョン・ウォーカーがターゲットにする殺人犯の選定方法も謎だった。

井波の「イド」である通学電車の世界に潜入していた酒井戸は、串刺しになって死んでいる「カエル」を発見する。続いて調査をしているとジョン・ウォーカーの暗い姿が窓ガラスに映った。
「イド」の中で酒井戸は、救えなかった娘を「カエル」に重ねなんとか救いたいと願っていた。
一方、優れた推理力と行動力で「名探偵」に選ばれた小春も、犯人への殺害願望や実際に殺害してしまったこと、同僚の西村を犠牲にし松岡に決別されたことなど複雑な思いを抱えて、大野の自宅地下室で独り佇んでいた。

秋人の「イド」

秋人の自殺教唆はジョン・ウォーカーがからんでいるのか調査することになり、小春が初仕事として、秋人の「イド」に潜入することになった。松岡は秋人が「対マン」こと勝山伝心(かつやまでんしん)を射殺した自宅で秋人の殺意を検出した。

秋人の雷の世界の「イド」に潜入した小春=「聖井戸御代」(ひじりいどみよ)は黒焦げになった「カエル」と手錠で繋がれていた。そこには雷を避けて逃げる人々と秋人の妻子がいた。聖井戸は秋人によって手錠をかけられた理由から雷の落ちる法則を見つけ、綾子と椋に安全に移動する方法を伝える。
その後調査を続けた聖井戸は「ミヅハノメ」に似た装置を発見し、コックピットに乗り込んだ。そこには飛鳥井木記(あすかいきき)という「対マン」最後の被害者の名前があった。

その時、現実世界では百貴がジョン・ウォーカーだという証拠と逮捕状をもった早瀬浦と捜査官がやってきた。

二人の名探偵

木記失踪の夜、彼女がいた病院では謎の看護婦集団昏睡事件が起こっていた。

百貴の逮捕後「井戸端」は「飛鳥井木記」を重要人物として調査していた。彼女は不幸な人生を送り「対マン」に拉致され、その後保護された病院で看護婦集団昏睡事件が発生した日に失踪していた。

「ミヅハノメ」に似た装置のコックピットに乗り込み昏睡状態の聖井戸を救出するため、富久田=穴井戸(あないど)と酒井戸が協力し「イド」に潜入することになった。
灼熱の太陽が燦燦と輝く砂漠の世界の百貴の「イド」で二人は捜査を開始する。過酷な環境の中で頭がぼうっとなってしまった酒井戸だが、穴井戸に救われパートナーのことを評価しなおした。捜査を続けるうちに二人は「作動中」と書かれたコックピットを見つける。

一方、現実世界では自分の「イド」に酒井戸と穴井戸が潜入していることを知った百貴が「全部罠だ。二人をすぐ出せ」と暴れていた。

「イド」の中の「イド」

砂漠で見つけたコックピットに乗り込んだ酒井戸は「イド」の中の「イド」で記憶を持ったまま秋人になっていた。そこでは死んだはずの妻子と共に食卓を囲む平和な日々が過ぎていった。
秋人は娘の殺人事件が起こる前に「対マン」と対決しギリギリのところで勝利した。そこで「対マン」に拉致監禁されていた飛鳥井木記を保護する。木記は秋人に自分には映像や記憶を相手に流す特殊能力があり、初めに夢に出てきたジョン・ウォーカーが次々と他の殺人鬼を夢に誘ったと説明した。「イド」の「カエル」は飛鳥井木記だった。秋人は木記の眠りを妨げる殺人鬼たちを許せず全員殺すと約束する。
その後、木記の入院先で集団昏睡事件が発生し、病室に入った看護婦が次々に気を失い木記は行方不明になった。その病院で木記は体質のせいで白駒の研究の実験道具になっていた。

そのさなか小春が秋人の前に現れここは偽物の世界だと告げる。秋人が自覚したとたん世界が崩れ始め、戻れないと悟った彼は慌てて妻子に電話し「きっと帰る」と約束した。

「砂漠の世界」に戻った酒井戸は、なぜだか分からなかったが幸福感と虚しさの入り混じる感情にぼんやり涙を流していた。
そうしているうちに、穴井戸が脳の傷のため「ミヅハノメ」のリセット機能が正常に作動せず「イド」に潜入しても入る前の記憶があることを告白してきた。そして秋人の独房に貼ってある家族写真と同じものを見せ、酒井戸が鳴瓢秋人で元刑事の殺人犯であることを告げてきた。
無理矢理記憶を呼び戻された酒井戸は突然砂嵐に巻き込まれた。実は砂漠の世界は雷の世界の成れの果てで、そこは秋人自身の「イド」だった。自分の「イド」で自分を思い出すと自己防衛で「イド」嵐を引き起こすのだった。

ジョン・ウォーカーの正体

穴井戸=富久田は全ての数を数えてしまう数唱障害を患い気を病んで頭に穴を空けていた。それが原因で脳を傷つけ数えるのを止めることが出来ていたが、穴井戸になって「イド」に潜入すると穴が塞がって数唱障害が復活してしまうので死にたいと思っていた。それで酒井戸の怒りをかって殺してもらうために彼を嵌めたのだった。
しかし酒井戸は、これはジョン・ウォーカーが邪魔な穴井戸を抹殺するために酒井戸を利用した罠だったと推測し穴井戸を許し協力し合うことにした。
その後彼らは、内部犯と思われるジョン・ウォーカーがモニターを見れない間にコックピットを探し出し聖井戸を砂漠の世界に戻すことに成功した。

「イド」の中の「イド」で内部犯行犯ジョン・ウォーカーの正体を探っていた聖井戸は、そこで富久田に会い彼が頭に穴を空けた日に夢の中でジョン・ウォーカーと会っていたことを聞き出した。それは昼の時間帯で「蔵」の人間に該当者は見当たらなかったが、時差で昼と夜が逆転するという富久田のアドバイスから海外出張者が有力となり、当時ニューヨーク研修に参加していた早瀬浦を特定した。砂漠の世界に戻った聖井戸は早瀬浦がジョン・ウォーカーだと報告した。

自分の正体がばれたと察知した早瀬浦は「ミヅハノメ」を停止し飛鳥井木記を放出した。

最後の戦い

小春から見た富久田は、穴がない整った顔に見えた。

dsukedyc
dsukedyc
@dsukedyc

目次 - Contents