ID: INVADED(イド:インヴェイデッド)のネタバレ解説まとめ

『ID: INVADED』とはあおきえい監督による日本のSF・ミステリーアニメ作品。2020年1月から3月までTOKYO MX他で放送された。脚本はミステリー作家の舞城王太郎。舞台は凶悪犯罪が増加した現代日本。連続殺人犯の迅速な特定を目的とする組織・蔵は、ミヅハノメと呼ばれる特殊な発明を用い犯人の深層心理が生み出す仮想世界・イドを構築した。元刑事で現囚人の鳴瓢秋人は、名探偵・酒井戸となって、様々な殺人鬼の精神世界に潜るうちに彼らの裏で糸を引く黒幕、ジョン・ウォーカーの存在へ近付いていく。

早瀬浦によってミヅハノメから出されたカエルは、自身の能力で周囲に干渉し、次々と悪夢を見せていく。

周囲の異変に混乱する井戸端スタッフ。コックピットから起き上がった秋人・小春・富久田のもとに早瀬浦が訪れる。早瀬浦の正体がジョン・ウォーカーだと知った秋人は激昂するが、有無を言わせず早瀬浦が発砲する。腹部を撃たれて呻く秋人の眼前で、早瀬浦は自らの腹を撃ち自殺。早瀬浦は多くの人間を教唆してきた犯罪者だが、実際に手を下した事は一度もなく、故にイドへ行くには自分を殺す必要があったのだった。瀕死の状態でコックピットに搭乗した早瀬浦は現実の肉体を捨て、イドの世界へ逃亡する。
秋人と小春は早瀬浦を追ってイドへダイブし、富久田も応援を要請される。しかし富久田が三台目のコックピットを占領した早瀬浦の死体をどかすのを嫌がってぐずぐずしているうちに、木記の浸蝕を受けて卒倒する。

殺人鬼改め名探偵としてイドに降り立ったジョン・ウォーカー。

イドに降り立った早瀬浦改めジョン・ウォーカーの前にカエルの死体がある。早瀬浦は自分が名探偵であり、同時にカエル殺しの犯人であると思い出して哄笑する。
カエルはジョン・ウォーカーの危険性を察知し、イド嵐を起こして彼を閉じ込めようとしたが、本体の早瀬浦が既に死んでいる為にイドは更新されず嵐も起きなかった。ジョン・ウォーカーは木記の中に繰り返し入り続けた為に彼女と無意識をほぼ共有しており、彼女が取りこんだ殺人者のみならず、この世すべての殺人者のイドすら渡り歩くことができた。
酒井戸と聖井戸はジョン・ウォーカーと対峙する。早瀬浦のイドには無数のデスマスクがあり、これを被ればその顔の持ち主である殺人者のイドへワープできた。逃げたジョン・ウォーカーを追い、酒井戸と聖井戸もワープする。

見知らぬ草原のイドへ飛ばされた井戸端スタッフ。

一方井戸端スタッフも木記の干渉を受け、見知らぬ草原のイドへ飛ばされていた。若鹿はここへ来る前にモニターした、南の廊下を歩いていた木記こそが、ミヅハノメの正体だと看破する。ならば彼女の出現と同時にスタッフが次々倒れ、自分たちがイドへ飛ばされたのも筋が通る。
即ち自分たちも集団昏睡しており、今は夢の中にいるのだと指摘する若鹿。その時、向こうから巨石が猛スピードで転がってくる。押し潰されないよう必死に逃げる井戸端スタッフ。
早瀬浦がジョン・ウォーカーと判明し、釈放された百貫は松岡と車に乗っていた。井戸端スタッフと連絡がとれないことを不審がった百貫は、モニターに木記を捉え、彼女がミヅハノメの正体だと見抜く。
事態を収拾するには木記をミヅハノメの装置の中に戻すしかない。殺人者のイドを複数取り込み、自身の悪夢を無差別にばらまく木記は、もはやミヅハノメの中にしか居場所がないのかもしれないと百貫は苦悩する。
酒井戸と聖井戸が次に飛ばされたのは小春のイドであり、ジョン・ウォーカーはその事実を指摘し、イド嵐に聖井戸を巻き込む。同じく小春のイドに飛ばされていた井波は、その場に居合わせた警備員の拳銃を奪って射殺する。
イド嵐に巻き込まれて絶体絶命の聖井戸を救ったのは、昏睡後に飛ばされてきた富久田だった。
小春と切り離されて砂漠の世界へ戻された酒井戸は、そこで懐かしい妻子と出会い、自分が鳴瓢秋人であり、ジョン・ウォーカーが絶対倒さねばいけない宿敵である事実を思い出す。
百貫と松岡は木記が収容されていた病院に向かい、白駒二四男が開発し、集団昏睡事件の際に使用されたヘルメットを押収する。木記はこの装置の実験体にされていたのだ。

タッグを組む聖井戸と富久田。

イド嵐に巻き込まれて早瀬浦のイドに放り出された聖井戸と富久田は、ここから脱出する為にタッグを組む。富久田にとってはこの世界の成り行きなどどうでもいいが、頭の穴がある自分こそ本物だと言いきる、小春の殺意は気に入っていた。続いて聖井戸は7という数字についてどう思うか聞き、7という数字自体は好きだが7を好きな奴は嫌いだ、自惚れていると富久田は話す。その人物評は己を神になぞらえて7人の殺人鬼を操った、ジョン・ウォーカーの本質を的確に突いていた。

早瀬浦のイドに飛ばされた井波は、恋敵の小春に拳銃を発砲する。

小春を庇って撃たれる富久田。井波は数田とキスし、彼と通じ合っているように見えた小春の事がどうしても許せずこの機に乗じて復讐を企てたのだ。

小春から見た富久田は、穴がない整った顔に見えた。

小春は死に際の富久田にある秘密を打ち明ける。小春は富久田に穴を開けられてから欠けてたり抜けてたりバラバラになってるものが整って見えるようになり、彼女の目から見た富久田の穴は綺麗に塞がれていた。
井波は「お互いの男を殺したのだからイーブン」と言い、数田のデスマスクを被って浮島のイドへ飛ぶ。そこには相変わらず上半身だけになった数田が突端に掴まって、風に揺さぶられていた。数田との再会に感無量の井波だが、背中からジョン・ウォーカーに刺し貫かれ、数田に手をさしのべたまま息を引き取る。
富久田の死を看取った聖井戸のもとに酒井戸がやってきて、2人はジョン・ウォーカーとの最後の対決に臨む。

FILE:13『CHANNELED II』

ジョン・ウォーカーは様々なイドを渡り歩き、そこで苦しむ蔵の人々を観察する。
巨大な胎児が血の海に蹲るイドに現れたジョン・ウォーカーに、酒井戸が全力で殴りかかる。

誰とも知れない殺人者のイドで対決するジョン・ウォーカーと酒井戸。

出会い頭に落下の勢いに任せ殴りかかった酒井戸の奇襲は失敗し、彼の声に反応した胎児が覚醒して暴れはじめる。血の海では鮫が遊泳していた。同じ殺人者同士仲良くしないかと提案するジョン・ウォーカーを断固拒絶し、クズ野郎と唾棄する秋人。その時、鮫に乗って水面下に潜んだ聖井戸の奇襲が成功する。だがジョン・ウォーカーは頭部を欠損しても生きており、すぐさま復元される。既に早瀬浦の精神はイドと同化し、その為ミヅハノメが自動的に修復を行うのだった。
百貫は病院から回収したヘルメットを装着し、外で待機する松岡と連携をとって蔵の本部ビルへ突入する。このヘルメットがあれば木記の能力にもある程度耐えられる。

草原の世界に飛ばされた東郷は巨石が音に反応しているのに気付き、若鹿を抱き締めて教える。

草原のイドに飛ばされた井戸端スタッフは次第に環境に順応し、巨石の躱し方も様になってきた。東郷は巨石が音に反応して襲ってくるのを見抜き、極力音を出すなと皆に警告する。
酒井戸と聖井戸、ジョン・ウォーカーは富久田のイドへ飛ぶ。ジョン・ウォーカーを抱き締めて墜落した酒井戸だが、落下の寸前にジョン・ウォーカーが抜けだし、酒井戸1人が衝撃を被る。ジョン・ウォーカーは富久田のイドなのに彼の姿が見ないのを気にし、伏兵として潜んでいるのではと疑うが、酒井戸と聖井戸は笑ってとぼけ、自分たちが名探偵であるのを忘れるなと挑発する。
聖井戸は早瀬浦が対マン・股裂き・顔削ぎ・舌抜き・墓堀り・腕捥ぎ・穴空き、7人の殺人鬼を作ったあとに自殺する予定だったと告げるが、ジョン・ウォーカーは8人目として追い込みを作ったと酒井戸を指さす。殺人鬼の弱みを掴んで自殺に追い込む酒井戸=秋人は、ジョン・ウォーカーの計画の総仕上げだったのだ。
しかし聖井戸は秋人は連続殺人犯にあらず連続殺人教唆犯だと訂正し、自分で死ぬ勇気のない早瀬浦が追い込んでもらう為に作りあげたのだと告発する。神を騙るジョン・ウォーカーは、自分をただの臆病者扱いする聖井戸の無礼さに激昂するが、その時酒井戸が前もって放っていた、手首のロケットパンチが直撃する。
さらに聖井戸はジョン・ウォーカーがふんぞり返った椅子を指さし、頭に穴を開けてからバラバラの物が認識できず、常に正しい姿で映る自分の目には、それがミヅハノメのコックピットに見えると明かす。
穴井戸は自分のイドにコックピットを持ちこんでいた。知らずに腰掛けてしまったジョン・ウォーカーの前で、聖井戸は分解され、自分の近くに浮遊していた操作盤の投入ボタンを押す。ジョン・ウォーカーはイドの中のイド、即ちドグマに堕ち、二度と他の殺人者の世界に干渉できなくなった。
一方百貫は精神干渉の負荷に耐えながら階段を上っていた。こうしている今も木記の能力は増大し、悪夢が浸蝕する領域は拡大する一方だった。

自分に会いに来た百貫に笑顔を向ける木記。

漸く最上階に辿り着いた百貫は、儚げな笑顔で自分を迎えた木記に銃口を向ける。
目覚めた木記に悪意はなかった。彼女自身は能力を制御できず、他の人を巻き込んでしまった事を心から哀しんでいた。百貫はそんな彼女に同情し、誰もいないどこか遠くへ逃げてそこで静かに暮らす選択肢を提示するが、それが叶わぬ夢だと2人ともわかっていた。
木記の能力はどんどん強くなり、最近では遠い外国の見知らぬ人まで夢に入って来るらしい。木記は殺してくれと百貫に縋り、それを否む百貫の前で自殺を企てるが、彼から奪った拳銃には最初から弾が入ってなかった。百貫は警官であるからして、犯罪者でも殺人者でもない、生まれ持った能力に苦しめられているだけのか弱い女性を殺せないと断言する。結局誰も自分を殺してくれない優しい現実に絶望した木記は、大人しくミヅハノメの中に戻ることにする。そうすれば少なくとも捜査に貢献できる、誰かを救えるのだ。

希望を捨てるなと木記に叫ぶ百貫。

百貫に付き添われた木記は、再びミヅハノメと同化する事を選び、装置内に満たされた暗い水へと入っていく。彼女はこの水に包まれ、自我が溶け出すほど深い眠りに就くのだ。
木記の背に追い縋った百貫は必ずあなたを救ってくれる人が現れる、その時まで希望を捨てるなと絶叫する。

一瞬見た予知夢で、木記=カエルは自分を助けにきた酒井戸と出会っていた。

その時、木記は目を覚ました状態で予知夢を見る。酒井戸が自分を助けに来て、自分は生きたカエルとして彼と出会うのだった。あるいは願望が生んだただの幻覚かもしれないが、その予知夢を救済の未来と信じた木記は、百貫の言葉に笑顔で頷く。
木記がミヅハノメの戻った事で蔵の職員や井戸端スタッフは目覚め、酒井戸と聖井戸も排出される。すぐ医療班が駆け付け治療を受けるが、富久田は手遅れだった。彼の死を看取った小春は1粒涙を流し、秋人はもういない家族とイドの中のイドで交わした、ちゃんと家に帰るという約束を噛み締める。今は無理でもいずれその目的を果たすことが、秋人が生きていく上での新しい目標となった。

masami
masami
@masami

目次 - Contents