ID: INVADED(イド:インヴェイデッド)のネタバレ解説まとめ

『ID: INVADED』とはあおきえい監督による日本のSF・ミステリーアニメ作品。2020年1月から3月までTOKYO MX他で放送された。脚本はミステリー作家の舞城王太郎。舞台は凶悪犯罪が増加した現代日本。連続殺人犯の迅速な特定を目的とする組織・蔵は、ミヅハノメと呼ばれる特殊な発明を用い犯人の深層心理が生み出す仮想世界・イドを構築した。元刑事で現囚人の鳴瓢秋人は、名探偵・酒井戸となって、様々な殺人鬼の精神世界に潜るうちに彼らの裏で糸を引く黒幕、ジョン・ウォーカーの存在へ近付いていく。

CV:宮本侑芽
名探偵がイドで対面する長い黒髪と白いワンピース姿の少女。常に死体として現れる。名探偵は彼女の死体と出会うことがトリガーとなって、自分の名前と役割を思い出す。
彼女の死因はそのイドの殺人鬼の犯行動機や心情と密接にリンクし、その謎を解き明かす事が名探偵に求められる。登場次点で既に死んでいるため会話は不可能だが、遺書やダイイングメッセージでヒントを残してくれる。
酒井戸=秋人からはカエルちゃん、聖井戸=小春にはカエルさん、穴井戸=富久田にはカエルくん、裏井戸=早瀬浦=ジョン・ウォーカーにはカエルと呼び捨てにされている。
原則として探偵の味方であり、彼女の死体のそばを離れなければ安全。井戸端スタッフがイドの座標を特定する目印にもなる。
名前の由来は井の中の蛙大海を知らずの諺から。

飛鳥井 木記(あすかい きき)

CV:宮本侑芽
カエルと瓜二つの女性。24歳。秋人が砂漠の世界のミヅハノメに搭乗した先のイドの中のイドで遭遇する。
秋人の勝山伝心殺害と同時に百貴に保護された、対マンの最後の被害者。しかし病院から失踪し、以降は消息不明だった。
小学生の頃から不登校で高校は退学、以後は施設で暮らし画家になるが情緒不安定で自殺未遂を繰り返す。同級生は非常に聡明で優しく気遣いができる子と証言していた。
自分の記憶や体験、さらには想像までもが他人に届く特殊体質を早瀬浦や白駒に利用されミヅハノメの実験体にされた。
ジョン・ウォーカーによって夢に次々と殺人鬼を引きこまれ、毎晩のように惨たらしい殺され方をしたせいで衰弱し、自身の死だけを望むようになっていった薄幸の女性。
ミヅハノメの中には昏睡状態の木記が封印されており、他者の意識を浸蝕して対象に追体験させる彼女の能力こそが、イドの構築に不可欠と考えられる。

早瀬浦 宅彦(はやせうら たくひこ)/ジョン・ウォーカー

ジョン・ウォーカーとなった早瀬浦の姿。

CV:村治学
連続殺人犯を捜査する特殊組織・蔵の局長。白い口髭を蓄えた老人で威厳ある物腰と温和な喋り方が特徴。
実質上の蔵のトップだったが、その正体は連続殺人教唆犯ジョン・ウォーカー。木記の能力を介して数多くの殺人犯と夢で接触し、木記を殺すように仕向けていた。股裂き・顔削ぎ・舌抜き・墓掘り・腕捥ぎ・穴空き・対マン、そして総仕上げの追い込み=秋人を作りあげた黒幕。7という数字に強いこだわりを持ち、殺人鬼の数も7人、被害者の数も7人までと決めていた。
彼なりの正義感にのっとって蔵の権威を強化する為に行動し、ミヅハノメに搭乗した状態で自殺する事で、イドの世界に精神を移植した。イドにおける名探偵としての名前は裏井戸。
最後は自らを追ってきた酒井戸と聖井戸、及び穴井戸が仕組んだ罠にハマり、イドの中のイドに落とされて永遠に封じられた。

井戸端

百貴 船太郎(ももき ふねたろう)

CV:細谷佳正
井戸端の室長でスタッフを束ねる存在。秋人の元同僚であり、彼からはさん付けで呼ばれ信頼されている。
対マンの最後の被害者となった木記を保護した人物であり、入院中の彼女をたびたび見舞っていた。
秋人の妻子とも面識があり、対マン事件をきっかけに自暴自棄に生きる秋人を気にかけていた。ミヅハノメから出されて能力が暴走した木記を処理に行くが、最初から銃には弾が入っておらず、彼女を助けようとした本音が窺える。

東郷 紗利奈(とうごう さりな)

CV:ブリドカットセーラ恵美
井戸端スタッフの一人で百貫に次ぐ指導力を誇る、堂々たる立ち居振る舞いの女性で全般解析を担当。百貴とは親しい間柄だった。巨乳。

若鹿 一雄(わかしか かずお)

CV:榎木淳弥
井戸端スタッフの一人。ヘアバンドを髪を上げた陽気な青年でイド内で得た情報の推理を担当。ミステリー小説好き。落雷の世界の升目の数字が円周率をもとにしていると見抜くなど、見かけによらず頭脳明晰。

白岳 仙之介(しらたけ せんのすけ)

CV:近藤隆
井戸端スタッフの一人で眼鏡が似合う理知的な青年。イドの場所や時代を解析する。

羽二重 正宗(はぶたえ まさむね)

masami
masami
@masami

目次 - Contents