スカイ・クロラ The Sky Crawlers(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』とは、『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』で有名な押井守監督による作品である。声優陣に加瀬亮や菊地凛子、竹中直人を迎える。完全な平和が成立している時代。戦争はショーとして存在している。ショーは空でのみ繰り広げられ、殺し合いを成立させているのは年を取らない子供たち「キルドレ」である。彼らは毎日同じ日々を過ごす。戦争を仕事としてこなしながら、死なない限り、毎日同じ日々がやってくる。何かを変えたくても変えられない人々の日常。

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』は日本テレビ開局55周年記念作品である。そのためなのか日本テレビアナウンサーである、西尾 由佳理(にしお ゆかり)が声優を務めるバスガイドが一瞬登場する。

マスター(ますたー)

土岐野が函南に紹介した行きつけの店、ダイナーの店主。押井守監督のアニメ映画作品には、必ずと言っていいほど竹中直人が声優を務めるキャラクターが登場する。マスターもその一人である。

ユリ(ゆり)

ダイナーの女将。函南に気を付けてと告げるが、「何に?」と返されたことで複雑な表情を浮かべる。女将が心から気を付けてと発言しているのに対し、函南は気を付けたところで死ぬときは死ぬという程度の認識であり、両者の感覚の違いを表している。女将にとって、キルドレたちに死というものが日常化していることが悲しいのかもしれない。

キルドレの子供(きるどれのこども)

草薙瑞季(くさなぎみずき)

世間的には、草薙瑞季は草薙水素の妹とされている。実際には草薙水素の娘である。草薙水素もそれを認めるような発言をしている。娘だとしたら、だれ父親なのかということを函南は気にしている。瑞季は現時点で草薙水素より体系も含めて年下だが、水素は瑞季が自分よりも大人になることを想像して恐れているようにも見える。瑞季自身はそれらのことを気にしていない様子で、自由奔放に過ごしている。

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の用語

キルドレ

キルドレとは、永遠に年を取らず、思春期の子供の姿で生き続ける人間のこと。劇中では、もともと新薬の名前であったことが語られている。どこで生まれどこから来ているのか、キルドレたち自身も分かっておらず、劇中でもはっきりとは語られてはいない。自分の姿形が変わらないことと、今より以前の記憶が希薄なことから、同じような日常が永遠に続くと考え、不安定になる者も多いようである。ほとんどのキルドレが民間軍事会社に入り、毎日同じように飛行機に乗り戦っている。

戦争法人 / 戦争請負会社 / 民間軍事会社

ショーとしての戦争を運営しているのが民間軍事会社である。現実世界の民間軍事会社と違い、国や武装勢力などの組織に、兵士と兵器を派遣する企業ではない。スカイクロラの世界では国同士の戦争や紛争は存在しない。完全な平和が成立している世界とされているが、殺し合いをする道具が揃っており、草薙の「戦争はどんな時代でも、完全に消滅したことはない。それは人間にとってその現実味がいつでも重要だったから―。」という台詞から、以前は戦争があったと推測できる。プロ野球の試合のように、人々は戦争のショーについて日常的に会話をしている。
劇中では民間軍事会社としてラウテルン社とロストック社が登場する。函南たちが所属するのはロストック社である。実際この二つの会社だけなのかは明らかではない。この二つの民間軍事会社に所属し、戦っているのはキルドレたちである。ショーとしての戦争に一般人は参加していない。ロストック社とラウテルン社の役割はショーとしての戦争を終わらせないことにある。そのために、何度でも出現するキルドレを使っている。一般人が犠牲にならない戦争をして、兵器を生産し経済と雇用を回転させる。草薙が語った戦争の現実味を維持するのが民間軍事会社の目的である。一般人は民間軍事会社とキルドレが、戦争を構成していることが当たり前と認識している。戦っている者のなかで、キルドレではない大人なのはティーチャーだけだとされている。そのティーチャーも、この戦争の現実味を維持するためのものだと草薙は言っている。実力が突出したキルドレが、二つの会社のバランスを崩すことがないように、絶対に倒せない「大人」が必要になる。それがティーチャーである。
戦場は空に限定され、一般住居などには被害が及ばないように配慮されているようにみえる。しかし、大規模な戦闘は、より多くの人に見せるためなのか、本編では都市の近くで繰り広げられている。小説のシリーズ内では、草薙とティーチャーの一騎打ちが大都市で行われた。このようにキルドレと兵器と戦闘空域をショーとして提供するのが民間軍事会社である。

プッシャ式とトラクタ式

飛行機は前進することで翼の上下に気圧の差を発生させ、それによる上向きに働く力、揚力で空を飛んでいる。前進するための力が強ければ速度が上がり、翼上下の気圧の差は大きくなり、その差によって揚力も大きくなる。つまり、推進力が重要である。前進させる力が強ければ強いほど、高く速く飛ぶことができる。プッシャ式とトラクタ式はその推進器の場所が名前になっている。プッシャ式は後ろに推進器があり機体を押し出すように前進する。トラクタ式は推進器が機体を引っ張るように前進する。どちらの形式も、設計者や整備士、そしてパイロットにとっても一長一短がある。特にパイロットは、技量が上がるほど使いたい技や戦法が増えていき、それらにあった形式を選択したくなる。ティーチャーはトラクタ式が好みであり、草薙と函南はプッシャ式派である。

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』に登場する兵器

ロストック社の機体

ロストック社はショーである戦争を請け負っている企業の一つ。現実世界ではPMCと言われる民間軍事請負企業(Private Military Company) の一つと言える。スカイクロラの世界では完全な平和が成立しており、その中で戦争はエンターテインメントとして存在している。エンターテインメントとするために兵士の中に民間人はおらず、函南たちのように造られた兵士、キルドレが戦っている。ロストック社は戦闘機を開発している企業であり、自社の戦闘機とキルドレを引き合わせ、戦う社員として登用している。
ロストック社の機体思想を最も明確に表している機体が散花である。散花は機体バランスが崩れてしまうことを覚悟しつつ、ギリギリまで軽量化して機動性を獲得している。
つまり、ロストック社の機体思想はパワーよりも軽さである。

散香(さんか)

散花の設定図面

函南と草薙、土岐野たちの愛機。名前の通り、花が散るようにヒラヒラと小回りが利く。函南はこの性能を活かして、わざと失速させ急速に機首を上向きにして、そのまま反転させ、後方の敵機を攻撃するという戦法を取っている。映画の製作スタッフが言うには、デザインの段階で小回りが利いてしっかり飛ぶということを意識したら、太平洋戦争末期に日本海軍が開発した震電に似てしまったという。

染赤(そめあか)

染赤の設定図面

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

人狼 JIN-ROH(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『人狼 JIN-ROH』とは、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の押井守が原作・脚本を担当し、「ももへの手紙」の沖浦啓之が監督した1999年制作の長編アニメ。治安部隊の青年が反政府ゲリラだった女性と出会い、愛と使命の狭間で苦悩する、人間ドラマに重点を置いた作品。実写とみまがう、きめ細かい演出と映像表現が光り、世界の国際映画祭でも注目を浴びたアニメーション。

Read Article

機動警察パトレイバー(PATLABOR)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動警察パトレイバー(The Mobile Police PATLABOR)』とは、原案ゆうきまさみ、原作ヘッドギアによる、アニメを基本にしたメディアミックス作品。近未来、レイバーなる巨大ロボットが普及した世界での警察ドラマを描く。 リアルな世界描写が売りになった作品であり、特に警察組織の内情をつぶさに書き出した事で、アニメ業界以外の創作界隈にも大きな影響を与えた。 『踊る大捜査線』が本作をモチーフにした実写ドラマであった事も有名である。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説・考察まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents