スカイ・クロラ The Sky Crawlers(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』とは、『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』で有名な押井守監督による作品である。声優陣に加瀬亮や菊地凛子、竹中直人を迎える。完全な平和が成立している時代。戦争はショーとして存在している。ショーは空でのみ繰り広げられ、殺し合いを成立させているのは年を取らない子供たち「キルドレ」である。彼らは毎日同じ日々を過ごす。戦争を仕事としてこなしながら、死なない限り、毎日同じ日々がやってくる。何かを変えたくても変えられない人々の日常。

レーダー基地要員に怒って疲れた草薙に代わり、草薙の愛車を運転する函南

レーダー基地で函南がレーダー基地要員に言った台詞。レーダー基地要員は草薙水素の態度を見て大人げないと言った。それに対して函南はこのように応じた。大人になったら死ねるわけではないので、わざわざ大人になる必要もない。大人と子供の差は明確ではないが、生と死の差は明確なものである。生と死の差が大きいならば、大人になることよりも生を維持すること、つまり生き抜くことの方が重要である。生き抜くためには大人になろうとする時間なんてもったいない。それよりも、生命力豊かで、好奇心と興味を充実させている子供のままの方が、より生きていると言えると。この台詞の中には、大人になった人間たちに対する疑問が投げかけられている。

「君は生きろ。何かを変えられるまで」

互いの存在を確かめ合う草薙水素と函南優一

物語の終盤、死にたいと語る草薙水素に対して函南が言った台詞。現状は、現状にいる本人だからこそ変えられる。しかし、人は無意識に現状を維持しようとする生き物である。そのように行動してしまう原因と現実がある。インターネットを含めた情報が溢れすぎている現在、人は何かを実行しようとするとき、次の結果が見えてしまっている。正確には、同じようなことを実行した他人のネガティブな結果が、画面や音声として表現されている。そこには成功した例もしっかりとあるのに、自然とネガティブな結果ばかりに意識がいってしまう。そのため、「何をやっても変わらない」、「何をやっても同じ」という感情に支配されていく。生きていくだけなら、それでもいいはずで、それは幸せなことでもある。そのことが解っていても、同じ現状と同じ毎日に対して不安になり、そして、終わらせたくなる。でも、終わらせることも、逃げることも、変えることも、どれも恐怖のかたまりにみえる。だから現状を維持する。それでも現状は生きている実感に欠けている。だから、終わらせようとする。だが、終わらせてしまうことは最も意味のないことである。だからこそ、生きていかなければいけない。何かを変えられる何かが起こるまで、何かを起こすまで。
とにかく、この作品を作った人間たちが最も伝えたかった言葉である。

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の見どころ

一番多い意見は、「一度観ただけでは退屈なだけの映画」である。しかし、その意見の人間も、「あれは何だったんだろう?」と、一つ一つのエピソードを思い出してしまう映画である。それらエピソードに対しての解釈は一つではない。その解釈が一つではないことこそが、この映画の一番の見どころである。どうしても、自分の耳で聴いたセリフに対して理由や疑問を考えてしまう。
最後の函南の台詞。字幕では「ティーチャーを殺す」となっている。しかし、英語をしっかり聞くと「I kill my father.」と聞こえる。直訳すると「僕は、僕の父親を殺す」である。草薙水素の娘、草薙瑞季の父親は、本編序盤の台詞をつなぎ合わせていくと、ティーチャーであると予想できる。しかし、最後に函南がティーチャーのことを「父親」と言っているのである。もし、これがこのままの意味だとすると、函南はティーチャーの息子ということになる。
キルドレは永遠に子供のままである。しかも、空戦で死なない限り生き続ける。函南の前任者がジンロウであったように、誰かが死んでも、名前が違うほぼ同じ人間が出現する。このループをずっと繰り返しているため、それぞれのキャラクターの年齢はあてにならない。そのため、時系列で「誰に何があったか」ということを正確に知ることは不可能である。誰と誰がどのタイミングで出会い、何があったのか。それは今生きている本人なのか、前任者なのか。それぞれのキャラクターが、覚えているはずの出来事を覚えていなかったりと、観ている側にとってのパズルのピースは無数に散りばめられている。それらを、視聴者自身で色々と組み合わせて考察できるのが一番の魅力である。

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

”こだわり”と思われる、劇中に登場するポルシェ912(草薙水素の愛車)と主役機体である散花(さんか)との共通点

草薙水素の愛車と同じ、空冷エンジンの水平対向4気筒のポルシェ912

草薙水素の愛車は小説では詳しい車種は明らかにされていないが、劇中に登場するのは空冷エンジンの水平対向4気筒のポルシェ912である。そして、類似のメカとして登場するのが函南や土岐野が駆るレシプロプロペラ機・散花である。双方の共通点は操縦者の後ろに空冷のエンジンがあること。制作側の意図にもみえるし、持ち主である草薙の趣味にもみえる。おそらく、司令官にされ、飛行機を操縦する機会が減ってしまった草薙の、実生活で少しでも操縦感覚を鈍らせないための選択であろう。小説で函南は、飛行機に乗っている時と同じぐらい気持ちがいいと評している。ポルシェ912は高性能型である911の廉価版として一般では位置付けられているが、水平対向6気筒の911より軽く、小回りが利く。函南が特異な操縦をしているように、散花も他に類を見ない圧倒的小回りが特徴である。ポルシェにそれを求めたかは定かではない。
小説のスカイクロラシリーズでは、ティーチャーがもともと函南や草薙の所属するロストック社という民間軍事会社の人間であったことが書かれている。ティーチャーはロストックを去り、ロストックにとっての戦争相手のラウテルン社に移る。その理由の一つとして、ロストックが、散花のような後ろにエンジンとプロペラがある、プッシャ式しか作らなくなったというのがある。ティーチャーの、機首に黒豹のマークがある機体はトラクタ式である。ティーチャーのテクニックはトラクタ式に特化しているらしい。

草薙水素(くさなぎすいと)と草薙素子(くさなぎもとこ)が似ているのは偶然

押井守監督の一番の代表作は「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」である。主人公の名前は「草薙素子(くさなぎもとこ)」である。「スカイ・クロラ」の主人公は「草薙水素(くさなぎすいと)」。素子(そし)と水素(すいそ)である。素子(もとこ)の由来は攻殻機動隊を観ると感じ取ることができる。インターネットの中、電子回路内で自分の分身である電子を自由に制御できる、まさに半導体素子の素子(そし)である。水素(すいと)の意味は、ある意見ではキルドレの最初のモデルというのがある。原子番号1番、誕生(製造)1番のキルドレ、水素という意味である。
多くの意見と推察があるが、この二つのキャラクターの名前が似ているのは偶然である。攻殻機動隊の上映時期は、スカイ・クロラの出版のずっと後であり、監督の押井氏もスカイ・クロラの小説は映像化の話が来る前までは、読んだことがないと発言しているからだ。

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の主題歌・挿入歌

主題歌:絢香『今夜も星に抱かれて…』

作詞:絢香 / 作曲:絢香、西尾芳彦 / 編曲:塩谷哲

挿入歌:CHAKA『Sail Away』

作詞:坂本美雨 / 作曲・編曲:川井憲次

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の予告編動画

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

人狼 JIN-ROH(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『人狼 JIN-ROH』とは、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の押井守が原作・脚本を担当し、「ももへの手紙」の沖浦啓之が監督した1999年制作の長編アニメ。治安部隊の青年が反政府ゲリラだった女性と出会い、愛と使命の狭間で苦悩する、人間ドラマに重点を置いた作品。実写とみまがう、きめ細かい演出と映像表現が光り、世界の国際映画祭でも注目を浴びたアニメーション。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説・考察まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

機動警察パトレイバー(PATLABOR)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動警察パトレイバー(The Mobile Police PATLABOR)』とは、原案ゆうきまさみ、原作ヘッドギアによる、アニメを基本にしたメディアミックス作品。近未来、レイバーなる巨大ロボットが普及した世界での警察ドラマを描く。 リアルな世界描写が売りになった作品であり、特に警察組織の内情をつぶさに書き出した事で、アニメ業界以外の創作界隈にも大きな影響を与えた。 『踊る大捜査線』が本作をモチーフにした実写ドラマであった事も有名である。

Read Article

目次 - Contents