スカイ・クロラ The Sky Crawlers(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』とは、『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』で有名な押井守監督による作品である。声優陣に加瀬亮や菊地凛子、竹中直人を迎える。完全な平和が成立している時代。戦争はショーとして存在している。ショーは空でのみ繰り広げられ、殺し合いを成立させているのは年を取らない子供たち「キルドレ」である。彼らは毎日同じ日々を過ごす。戦争を仕事としてこなしながら、死なない限り、毎日同じ日々がやってくる。何かを変えたくても変えられない人々の日常。

映画に登場しておらず、四つのエンジンをプッシャ式で搭載する珍しいタイプの飛行艇。三尾翼をもち戦闘機の支援を目的として開発された。

ラウテルン社の機体

ラウテルン社もロストック社と同じの民間軍事請負企業である。函南たちの所属する会社がロストック社であるため多くは語られていないが、自社開発の戦闘機をキルドレと組み合わせて兵士として使っている。しかし、ティーチャーが所属するのはラウテルン社であり、ティーチャーは普通の大人である。なぜティーチャーがキルドレたちに混ざって戦闘機のパイロットをしているのかわからないが、ティーチャーはロストック社からラウテルン社に移った。その理由はラウテルン社製の機体の方がティーチャーの好みだったためである。ラウテルン社の機体はロストック社が軽量をうたい文句にしているのに対し巨大エンジンによる大パワーを売りにしている。

スカイリイ J2

トラクタ式のティーチャーの愛機。最も現実に存在しそうな戦闘機のデザインをしている。逆ガル翼という機体正面から見たときにWの形に見える翼をもつ。W型の翼によって、大型のエンジンを搭載でき、原動機と翼が地面から近いためメンテナンス性に優れる。作中の飛行機はターボがはっきりと確認できるように付いており、大きな出力を持つエンジンであることが分かる。小説版でティーチャーはロストック社がトラクタ式の飛行機を作らなくなったことが同社を去る理由の一つだと述べている。ティーチャーはわざと機体を失速(ストール)させて向きを変える技術を多用する。劇中でも三ツ矢がティーチャーのストールターンについて説明する描写がある。このストールターンはトラクタ式の方がやりやすいとされている。

レインボウ

函南と土岐野が初めて一緒に出撃したときに遭遇する機体。プッシャ式で双発の迎撃用戦闘機で海上空母の短い滑走路を想定しており、非常に軽量な機体である。

フォーチュン

函南たちが所属する基地を空爆した大型爆撃機。エンジンは左右の主翼に搭載している双発式であり、爆撃機であるもののロストック社の鈴城(スズシロ)よりも高い機動性をもつ。

フィジョン

ロストック社の清影(せいえい)と同様にプッシュプル式の推進器を持つ汎用戦闘機。戦闘機として支援機として攻撃として多数の汎用性をもつ。

インシデント

機体先端中央にコクピットがあるが、その後ろに胴体部分はない。コックピットの左右から主翼が伸びており、その主翼の途中にそれぞれに胴体がついている双発双胴とよばれる構造をもつ。トラクタ式の戦闘機が2機合体したかのような設計により、高い機動性と攻撃力を両立している。

バイス

インシデントによく似た機体でH型の尾翼を持つ。インシデントよりは軽量級の機体だが機種に機銃5門を備えており、軽さを活かした対地攻撃も得意としている。

チューリップ

ラウテルン社の特徴は大きなパワーをもつエンジンによる攻撃力と機動力である。しかし、チューリップは軽量な液冷エンジンを一機搭載したライトウェイトな機体であり、運動性能に着眼しているラウテルン社としては珍しい戦闘機である。

クロアサン

ロストック社の填鷲(てんが)によく似た攻撃機で機体全体が翼に見える全翼である。左右の翼端にはボールターレットと呼ばれる上下左右回転できる旋回銃塔がある。

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「気を付けて」「何に?」

ダイナーへ向かう函南優一、いつ間にか行くことが習慣になった

函南がダイナーで敵機に気づき、基地に報告して戻ろうとした際、店の女将に「気を付けて」と言われたのに対し、函南が「何に?」と返答した。確かに実生活でも、何に気を付けたらいいのか分からない。逆に、過剰に気を付けることで、行動が制限され動けなくなってしまうこともある。動かなければ死ぬことはないかもしれない。でも、それは生きているとは言えない。また、気を付けたところで死を含めた何かを防げるわけではなく、何かが起こるときは起こるのだ。

「でも、明日死ぬかもしれない人間が、大人になる必要なんてあるんですか?」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

人狼 JIN-ROH(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『人狼 JIN-ROH』とは、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の押井守が原作・脚本を担当し、「ももへの手紙」の沖浦啓之が監督した1999年制作の長編アニメ。治安部隊の青年が反政府ゲリラだった女性と出会い、愛と使命の狭間で苦悩する、人間ドラマに重点を置いた作品。実写とみまがう、きめ細かい演出と映像表現が光り、世界の国際映画祭でも注目を浴びたアニメーション。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説・考察まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

機動警察パトレイバー(PATLABOR)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動警察パトレイバー(The Mobile Police PATLABOR)』とは、原案ゆうきまさみ、原作ヘッドギアによる、アニメを基本にしたメディアミックス作品。近未来、レイバーなる巨大ロボットが普及した世界での警察ドラマを描く。 リアルな世界描写が売りになった作品であり、特に警察組織の内情をつぶさに書き出した事で、アニメ業界以外の創作界隈にも大きな影響を与えた。 『踊る大捜査線』が本作をモチーフにした実写ドラマであった事も有名である。

Read Article

目次 - Contents