ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』とは、2008年に公開された、クライブ・ステープル・ルイスの児童文学シリーズ『ナルニア国ものがたり』の2作品目『カスピアン王子の角笛』を実写化したファンタジー映画である。かつてナルニア国で王・王女と称えられたペベンシー4兄妹。千年以上の時が経ったナルニアはテルマール人によって支配されていた。テルマール人のカスピアン王子はぺべンシー兄妹を呼び戻す。再び平和を取り戻そうと戦う兄妹たちの成長と、カスピアン王子の活躍が見どころだ。

『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』の概要

『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛(映画)』とは、2008年に公開された、クライブ・ステープル・ルイスの児童文学シリーズ『ナルニア国ものがたり』の2作品目『カスピアン王子の角笛』を実写化したファンタジー映画である。興行収入は30億円までに達した。ナルニアの国民は動物か、半人半獣の不思議な外見をしておりファンタジーの世界を楽しむことができる映画となっている。ナルニアの創始者であるアスランは魔法で自然の精を操ることができ、映画の中では水の精を登場させるシーンもある。戦闘シーンも迫力があり、最初から最後まで楽しむことができる作品である。

『ナルニア国物語』シリーズの主人公であるぺベンシー兄妹は、現代とはかけ離れたナルニアの王・女王である。第1章ではナルニアを100年以上支配していた白い魔女を倒し、王・女王として称えられた。しかし、その後ナルニアは人間のテルマール人によって再び支配されてしまう。ある日、そのテルマール人を支配していた王が弟のミレースによって殺される。王の後継者は王の息子であるカスピアン王子であったが、ミレースに男の子が生まれるとその子が王の座につくことに決まった。ミレースは実の子を持つとカスピアン王子が邪魔になり、暗殺を決める。カスピアン王子はミレースが暴走し、テルマール人を厳しく支配することを恐れそれを阻止しようとする。
しかし、まずは仲間を集める必要があった。城で一番ナルニアのことをよく知るコルネリウス博士から「ナルニアの王・女王が支配を阻止することを助けてくれる」と教えられる。博士から4人を呼び出すことができる角笛を渡され、角笛を吹いてぺベンシー兄妹を呼び戻した。

再びナルニアに呼び戻されたぺベンシー兄妹は、テルマール人からナルニアを取り戻し、平和を取り戻すために再び戦う。この戦いの中で4人が大人としての自立性の大切さを学び、成長過程が見られるところも作品の見どころである。

『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』のあらすじ・ストーリー

カスピアン王子の暗殺

ぺベンシー兄妹がナルニアに平和を取り戻してから、1000年以上の月日が経っていた。
その間にナルニアは新たにテルマール人によって支配されていた。テルマール人のミラースは、自分が国王になりたいがために王である実の兄を殺した。王位はミラースの甥にあたるカスピアン王子が継ぐことになっていた。しかしミラースと女王の間に男の子が生まれた為、実の息子を王にすることが可能になった。

ミラースは国を支配する為、カスピアン王子を暗殺しようとする。それを知ったコルネリウス博士は、王子に知らせて彼を森へ逃がした。その際ナルニアのかつての王と女王を呼び戻すことができる角笛を渡した。
カスピアン王子は急いで森へ逃げ込んだが、敵に追われて囲まれてしまう。そして逃げ場がなくなり咄嗟に角笛を吹いたのだった。

1年ぶりのナルニア

地下鉄にいたはずが急にナルニアの世界に来て、4人はワクワクする。(左からエドマンド、ピーター、スーザン、ルーシー)

ぺベンシー兄妹は地下鉄で電車を待っていた。すると突如地下鉄構内に強い風が吹き、電車の目の前に見覚えのある海の景色が浮かび上がる。その景色はナルニアのケア・パラベル近くにある海だった。
カスピアン王子が角笛を吹いたことで、4人はナルニアへ呼び戻されたのだった。

4人が海で水遊びをしていると、遠くに大きな廃墟を見つけた。それはかつてのケア・パラベル城だった。全く手入れをされていない様子から、しばらくの間だれも出入りしていないことに気付く。4人は「何かおかしい」と思い廃墟になった原因を見つける為、城の中を探索し始めた。

しばらくすると城の地下に4つの箱が置いてあるのを見つけた。中には以前白い魔女と戦う際にサンタクロースからもらった武器が入っていた。4人はそれを手に取り城の外に出た。

滅びたはずのナルニア

カスピアン王子が角笛を吹いた後、ミラース軍は去って行った。王子は意識を失いその場に倒れ込んでしまった。
ミラース軍は森から出る時、滅ぼしたはずのナルニアの民であるトランプキンを見つける。そして彼を連れ去りミラースに引き渡すと、トランプキンを始末するよう命じられた。

ぺベンシ―兄妹がケア・パラベル周辺を探索していると、ミラースの家来がトランプキンを海へ落とそうとしているところを発見する。スーザンは持っていた矢を家来に向け「離して!」と叫ぶが、トランプキンは海に落とされてしまった。スーザンが家来と対峙している間にピーターが海へ飛び込み、トランプキンを陸へ上げた。
トランプキンに4人がかつてのナルニアの王と女王であることを名乗ると、信じられない様子を見せた。しかしトランプキンは4人を信じ、ナルニアを救ってくれることを願った。

カスピアン王子が目を覚ますと見慣れない天井が目に入った。そこはナルニアの民であるアナグマとニカブリクの家だった。2人は森で見つけた王子を助けて連れてきたのだった。
カスピアン王子は「何者なんだ?」と2人に聞いた。ナルニアの民は動物や半人半獣であることをコルネリウス博士から聞かされていたが、ナルニアは滅びたと思っていた。半信半疑で「もしかしてナルニアか?」と聞くと、ニカブリクに「生きていて悪かったな」と言われた。

アナグマも王子が森で倒れていたことが気になり、「どうして森に?」と質問した。王子は「叔父のミラースに実の子が生まれた為、邪魔な自分を暗殺しようとしている」と事情を話した。王子は追手が来る前に逃げようとしたが、アナグマが「待て。俺たちを救ってくれないと」と引き止めた。王子は角笛でナルニアの王と女王を呼び戻したことを伝えた。

ミラースの反撃

ミラースは家来にナルニアの女王の矢が刺さっていたことを知り、ナルニアの王と女王が戻ってきたのではないかと疑い始める。そして逃げたカスピアン王子が、ナルニアの王・女王と手を組んで反撃してくることを恐れた。ミラースはぺベンシー兄妹とカスピアン王子を見つけ出すよう兵士に命じた。

ミラースはかつてのナルニアをよく知るコルネリウス博士を呼び出し、角笛でナルニアの王と女王が呼び戻されたのか問いかけた。博士は「昔話をすることはあなたが禁じたはずだ」と言葉を濁す。それが気に食わなかったミラースは博士を監禁した。

仲間集め

カスピアン王子はぺベンシー兄妹4人をナルニアの基地に案内する。(左からルーシー、ピーター、カスピアン王子、スーザン、エドマンド)

ぺベンシー兄妹とトランプキンはナルニアの民を探しに行くことにした。川をボートで移動している時、ルーシーは「どうしてアスランは侵略を許したの?」とトランプキンに聞いた。トランプキンは「アスラン?逃げたのさ」と答えた。テルマール人によって侵略されてから1000年以上経つが、一度も姿を現さなかったアスランは信頼を失っていた。

カスピアン王子はニカブリクとアナグマと一緒に、ナルニアの民とナルニアの王・女王を探す旅に出た。森を歩いていると追手がいることに気付く。敵軍と戦おうとしたところ、ナルニアの民に助けられた。木の陰から他のナルニアの民が出て来ると、「私たちは角笛で呼び出された」と話してくれた。

カスピアン王子は、テルマール人を倒してナルニアに平和を取り戻そうとしていた。王子は「私が王につけばナルニアと和平を結べる。この角笛が君たちと私を結びつけたのだ」とナルニアの民に説明し、協力を求めた。
そしてカスピアン王子とナルニアの民は、ナルニアの王・女王を一緒に探し始めるのだった。

ぺベンシー兄妹とトランプキンが森を散策していた時、ルーシーが突然「アスラン!」と叫んだ。しかしすぐに視界から消えてしまった。
夜になり、ぺベンシー兄妹とトランプキンは野宿することにした。眠りについたルーシーは、夢の中でアスランと会っていた。それが正夢になることを期待して森の中を探索し始める。その様子を見たピーターは心配し、後ろからこっそり追いかけた。

突然木の陰から誰かが飛び出してきた。ピーターは剣で一騎打ちを始めたが、気づくと他の兵士にも囲まれていた。その騒ぎにエドマンド、スーザン、トランプキンも気づいてその場に駆け付け、茂みに隠れていたルーシーも出てきた。初めて4人兄弟を目にしたカスピアン王子は「ナルニアの王と女王か?」と気付いた。他のナルニア兵士も4人に気付くと、ナルニアへ戻ってきてくれたことに感謝した。

ミラースが反撃の準備をし、カスピアン王子とぺベンシー兄妹に近づいてきていた。ピーターは「アスランを待っている時間はない」と言い、ミラースの城に侵入して攻撃する計画をした。作戦会議はかつてアスランが魔女によって殺された石舞台のある墓で行われた。そしてここがナルニア軍の新しい基地となった。

作戦の失敗

作戦はミラースの城にこっそりと忍び込み、戦いの準備が万全でないうちに一気に攻めるというもの。最初にカスピアン王子とスーザン、ピーターが城に忍び込み、他の兵士は門の外に待機させる。見張りの兵士を気絶させた後、まずは監禁されている博士を助ける。そしてカスピアン王子の合図で門の外にいる兵士を呼び込み、攻めるはずだった。

しかしカスピアン王子が博士を助けに行くと、博士から王子の父はミラースによって殺されたと告げられる。真実を知りたいと思った王子は、直接ミラースのいる寝室に向かった。本来なら博士を助けた後に門を開ける合図をする予定だったが、それが遅れたことでミラースの兵士に気付かれてしまった。すぐに門を開けてナルニアの兵士に攻めさせたが、もう遅かった。ピーターが退散の合図を出すも、ミラースに勘付かれ門を閉められてしまう。

ピーター、スーザン、エドマンドはなんとか門から出ることができたが、ナルニアの兵士が何人か取り残されてしまった。彼らはミラースの兵士によって後ろから矢で射られて亡くなった。
ピーターは「君が作戦通りにしていれば仲間は無事だった!」とカスピアン王子を責めた。

敵軍の襲撃

待てど暮らせど一向にアスランは現れなかった。アスランの力なしではミラースに勝てないことは、誰もが分かっていた。そこで、ナルニア軍は新たに作戦を立てた。
ミラースに一騎打ちを申し込んで時間を稼いでいる隙に、ルーシーとスーザンにアスランを探しに行ってもらうという内容だった。ミラースとの一騎打ちはピーターが担当することになった。

ルーシーとスーザンはアスランを探しに森へ入ったが、後ろから敵軍が追ってきていることに気付いた。スーザンは残って1人で敵と対峙することにした。しかし敵が向かってくるスピードに間に合わず、尻もちをついてしまう。
絶体絶命だと覚悟したその時、カスピアン王子が現れ命拾いをした。2人で残りの敵軍を倒した後、一騎打ちが行われているナルニアの基地に戻った。

ミラースの死

ピーターとミラースの一騎打ちが始まった。初めは接戦だったが、年齢が上のミラースの方が体力の消耗が早かった。ピーターはそんなミラースの隙をついて攻撃した。そしてカスピアン王子にとどめをさしてもらうべく、剣を手渡した。しかし王子はミラースを殺さなかった。王子は「俺はあんたとは違う。生かしてやろう。だがナルニアは彼らに返す」と条件を告げた。

戦争はナルニアが勝利したかと思われたが、家来の1人であるソぺスピアン卿がミラースを抱えるふりをして刺し殺した。ソぺスピアン卿はミラースが死んだことをナルニア軍のせいにし、「やつらが王を殺した!」と叫んだ。王が殺されたと知ったミラース軍はナルニア軍に攻撃をしかけてきた。

ナルニア軍よりもミラース軍の方が武器や兵士の数が多かった為、ナルニアの兵士は倒され基地も壊されてしまう。しかしアスランが助けに来てくれることを信じて戦い続けていた。

アスランとの再会

森で追手から襲われそうになったルーシー(右)を、アスラン(左)が助けてくれた。

アスランを捜索中のルーシーに敵が近づいてきていた。追いつかれ襲われそうになった時、陰からアスランが姿を現した。ルーシーは「なぜこの前みたいに助けに来てくれなかったの?」と聞いた。アスランは「同じことは2度とは起きないのだよ」と伝えた。奇跡が起こることばかりを期待するのではなく、努力する大切さを知ってほしかったのだ。

ルーシーとアスランは急いで基地に向かう。アスランは森の精に力を借りた。すると突然木の幹が浮き上がって歩き出し、ミラースの兵士に攻撃し始めた。
ソぺスピアン卿はナルニアに対抗できないことを悟り、「川におびき寄せろ!」と指示をした。基地の近くにある川にナルニア軍をおびき寄せ、その川を崩して溺れさせようとしたのだ。

lagrange01785
lagrange01785
@lagrange01785

Related Articles関連記事

シュレック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シュレック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック』は、2001年に公開されたアメリカのフルCGのアニメーション映画である。ジャンルはファンタジー、アドベンチャー、コメディに分類される。公開年にはアカデミー長編アニメ賞を受賞した。大人向けに制作された作品で、ユニークなセリフが数多く盛り込まれている所が魅力の1つである。 ある日、シュレックという怪物が人里離れた沼で平凡に暮らしている所に、おとぎ話の主人公達が押し寄せてきた。自分が再び平凡に暮らせるよう、ロバのドンキーと共にフィオナ姫を探す旅に出たのであった。

Read Article

シュレック2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シュレック2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック2』は、2004年のアメリカ合衆国のファンタジー、アドベンチャー、コメディ映画。2001年に公開された『シュレック』の続編。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、アニー賞にノミネートされたが、受賞は逃す結果となった。 本作で新しく登場する長ぐつをはいたネコの、殺し屋モードと甘えモードのなんとも言えないギャップが、本作の魅力の1つである。 幸せな結婚生活を送っていたシュレックとフィオナ姫は遠い遠い国から結婚を祝う舞踏会の招待状が届いた。そこで2人は、様々な困難に立ち向かう事となる。

Read Article

フライト・ゲーム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

フライト・ゲーム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『フライト・ゲーム』とは、2014年に公開されたアメリカのサスペンスアクション映画である。航空保安官としての任務でニューヨーク発ロンドン行きの飛行機に搭乗したビルは、何者かから機内で20分後に人を殺すというメッセージを携帯電話に受信する。ビルは周囲の協力を得ながら事件解決に向けて動くが、徐々に彼自身がハイジャック犯なのではないかと周囲から疑われてしまう。監督はジャウマ・コレット=セラが務め、主演したリーアム・ニーソンとは2度目のタッグとなった。共演はジュリアン・ムーアら。

Read Article

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』とは、2005年にアメリカで公開されたファンタジー映画である。クライブ・ステープルス・ルイスの『ナルニア国物語』を原作としている。本作品はシリーズの第1作目である『ライオンと魔女』を実写映画化した。ある日ルーシーが衣装たんすの中にナルニアを見つける。そこは白い魔女によって支配されていた国だった。ナルニアの民に頼まれたたことをきっかけに、4人は白い魔女と戦う。戦いに奮闘する過程で、4人の兄弟愛もはぐくまれるところがこの作品の魅力の1つである。

Read Article

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』とは2010年にアメリカで公開された、クライブ・ステープル・ルイスによる児童文学作品『ナルニア国物語』を実写映画化した第3弾である。エドマンドとルーシーは東の島の付近で行方不明になったテルマール人の7卿を探すため、ナルニアに呼び寄せられた。東の島付近には不思議な魔法がかかっていた。それを解くために必要な7本の剣を探しすため、ぺベンシー兄妹は旅に出る。エドマンド、ルーシーが戦う過程でひと回り大人になってナルニアを去るところが見どころである。

Read Article

目次 - Contents