シュレック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック』は、2001年に公開されたアメリカのフルCGのアニメーション映画である。ジャンルはファンタジー、アドベンチャー、コメディに分類される。公開年にはアカデミー長編アニメ賞を受賞した。大人向けに制作された作品で、ユニークなセリフが数多く盛り込まれている所が魅力の1つである。
ある日、シュレックという怪物が人里離れた沼で平凡に暮らしている所に、おとぎ話の主人公達が押し寄せてきた。自分が再び平凡に暮らせるよう、ロバのドンキーと共にフィオナ姫を探す旅に出たのであった。

『シュレック』の概要

『シュレック』は、2001年に公開されたアメリカのフルCGのアニメーション映画である。ジャンルはファンタジー、アドベンチャー、コメディに分類される。監督はアンドリュー・アダムソンが務めた。公開年にはアカデミー長編アニメ賞を受賞している。本作の続編として、2004年には『シュレック2』、2007年には『シュレック3』、2010年には『シュレック フォーエバー』が公開された。また、スピンオフに『長ぐつをはいたネコ』が制作されている。2004年11月12日に金曜ロードショーで地上波放送された。『シュレック』シリーズは、アニメシリーズ世界興行成績No.1としてギネス記録に認定されている。

人里離れた沼に人の骨をすり潰しパンにして食べてしまうと怖れられるシュレックという怪物が暮らしていた。だが、シュレックは実は優しい心の持ち主であった。ある日、邪悪な領主ファークアード卿に追放されたおとぎ話の主人公達がシュレックの住む沼に大勢押し寄せてきたのである。この状況に困ったシュレックは、元通りの平穏な生活を取り戻す為に、ファークアード卿と交渉し取引を行う。おとぎ話の主人公達を引き取ってもらう為に、火を吹くドラゴンに囚われたフィオナ姫を助ける旅に出る事となった。そして、旅の途中でフィオナ姫に隠された秘密を知る事となる。

大人向けに作られた本作からは、人を見た目で判断してはいけないという教訓や友達の在り方について学ぶ事ができる。

『シュレック』のあらすじ・ストーリー

狂わされた日常

シュレックが白雪姫をテーブルからどけようとしているシーン。左からシュレック、白雪姫、7人の小人。

人里離れた沼のほとりの小さな小屋に、見た目は醜いが心優しいシュレックという緑色の怪物が住んでいた。国の人々は醜い見た目のシュレックを恐れており、火の付いた棒を持って退治しに向かった。だが、いざシュレックが現れると恐怖で立ちすくんでしまう。そしてシュレックの「ここで逃げんと話にならへんよ」という言葉を合図に、人々は一目散に逃げていった。その際、人々はおとぎ話の主人公を捕まえた人には賞金を出すというビラを落としていき、シュレックはそのビラに目を通した。くだらないと判断したシュレックはそのビラを再び地面に投げ捨てたのであった。

翌朝、領主のファークアード卿の企みによって国ではおとぎ話の主人公達が次々と捕らえられていた。おとぎ話の主人公達と一緒に生活をしていた人達は、賞金欲しさに彼らを引き渡したのである。列を作って人々は並び、順番に兵士の前でおとぎ話の主人公である事を証明し、認めてもらっては賞金を貰って帰って行った。その列の中に、ロバのドンキーも並んでいた。ドンキーはお喋りが大好きで、普段はずっと話続けているのだが、兵士の手に渡らない様にわざと兵士の前では無言で喋る事ができないロバの振りをした。飼い主から早く喋るようせかされていた時、ドンキーの頭上にティンカーベルが落ちてきて妖精の粉が降りかかった。するとたちまちドンキーは空を舞い、実は自分は話せる事を打ち明けそのまま逃げ去ろうとした。しかし、妖精の粉の効果は短時間しか持たず、すぐに地面に落っこちてしまった。ドンキーは兵士達に捕まらない様慌てて森の奥深くへと走って行った。少し進んだ所でシュレックと出会い、ドンキーを追いかけて来た兵士達を追っ払ってもらった。飼い主を失ったドンキーは、知り合ったばかりのシュレックに付いて行く事にした。シュレックは、ドンキーのお喋り加減にうんざりし、追っ払おうとしたがドンキーがどこまでも付いて来るので自分の家まで案内をする事にした。ただし、家の中に入る事は許さず、外で一晩過ごすよう命令したのであった。

やっと1人の時間を取り戻したシュレックは、夕食を取る事にした。夕食を食べていると、家の中に動く影やネズミを見付けた。どこから忍び込んだのかわからないネズミを捕まえると、次は食卓の場に白雪姫と7人の小人が現れた。なんと、家の中に忍び込んでいたキャラクターは他にもおり、シュレックのベッドには狼男が寝ていたのである。家の中に勝手に入られた事が不愉快だったシュレックは、狼男を外へ放り投げた。その後、シュレックは外を覗き込んで驚いた。外には国中のおとぎ話の主人公達がシュレックの住む沼地に追放され、テントを張ったり焚火を囲んで団欒したりと、ここで暮らす準備をしていたのである。こうなった原因は何かとおとぎ話の主人公達に尋ねると、ファークアード卿の企みによりここに追放された事が発覚した。元の平凡な暮らしを取り戻したいシュレックは、ドンキーと共にファークアード卿の元へ向かい、おとぎ話の主人公達を元の居場所に戻すよう交渉しに行く事を決意したのであった。

ファークアード卿との取引

ファークアード卿が考え事をしているシーン。左からファークアード卿、魔法の鏡。

シュレックとドンキーが旅に出た頃、お城では背も人間の器も小さいファークアード卿が、魔法の鏡に王様になる方法を尋ねていた。魔法の鏡は「プリンセスと結婚すれば王様になれる」と答えた。ファークアード卿は、魔法の鏡が薦める3人のプリンセスの中から、火を吐く凶暴なドラゴンの守る塔に閉じ込められているフィオナ姫を選んだ。フィオナ姫に一目惚れをしたファークアード卿は、魔法の鏡が話そうとしたフィオナ姫を助けに行く際の夜の注意事項に聞く耳も立てず、フィオナ姫を助けに行く準備を始めた。

ファークアード卿がいるお城に着いたシュレックとドンキーは、ファークアード卿が演説している広場へと侵入した。ファークアード卿は、自分が危険な目に遭わないよう、自分の代わりにお城の騎士達にフィオナ姫を助けに行ってもらおうと企んでいたのである。シュレックは、騎士達の間を割り込んで、ファークアード卿におとぎ話の主人公達を元いた場所に戻すよう交渉を始めた。いきなり現れたシュレックをこの場から排除しようと、ファークアード卿は城の騎士達に「その怪物を倒した者を栄えある優勝者とする。かかれ」と命令をした。だが、騎士達の努力も虚しく、シュレックはドンキーと力を合わせて城の騎士達をあっという間に倒してしまったのである。シュレックの強さに圧倒されたファークアード卿は、フィオナ姫を助け出す役割をシュレックに託す事にした。そして、フィオナ姫を助け出した暁には、シュレックの住む沼からおとぎ話の主人公達を追い出す事を約束した。

シュレックとドンキーは、フィオナ姫を助ける旅に出た。旅の途中、ドンキーはシュレックに話しかけ続けた。最初はドンキーをあしらいまともな返事をしなかったシュレックだったが、会話をし続けているうちに少しずつドンキーに心を開いていき、自分の事も話し始めた。シュレックは怪物は世間が思うよりも複雑である事を打ち明けた。ドンキーが「どの辺が?」と尋ねると、「怪物が似ているのは玉葱」、「玉葱は何枚にも剝ける。俺も心の奥まで何枚もある」とドンキーに説明した。

フィオナ姫にかけられた呪い

フィオナ姫が自分を助けに来る騎士を待っているシーン。

ようやく2人はフィオナ姫が囚われている塔の場所まで辿り着いた。崖を登っていると、近くから硫黄の匂いがしてきた。それもそのはず、崖を登り切って辺りを見渡すと、塔は火山噴火口の中央に位置しており、塔はマグマの海に囲まれていたのである。塔に忍び込む方法はただ1つ。崖から塔の入り口に繋がる吊り橋を渡るしかなかった。ドンキーは目の前の状況に怖がり吊り橋を渡る事を躊躇ったが、シュレックに「ちょっとずつ進めば大丈夫」、「下は絶対に見ない」と助言を受け塔に向かう決意をした。途中で足場が1つ落ち、下を見てしまったドンキーはもうこれ以上進むのは無理だと後ろを向いて引き返そうとするが、シュレックは足止めをした。シュレックは吊り橋をわざと揺らし、ドンキーが後ろにどんどん進むよう仕掛けた。作戦は成功し、ドンキーは気付かぬうちに塔の入り口前に到着していたのだった。

塔の中に入り、シュレックとドンキーは二手に分かれてフィオナ姫を探す事にした。シュレックは塔の中で見付けた以前騎士がフィオナ姫を助けに来た際落としたであろうヘルメットを被った。そして、昔読んだ絵本にお姫様は階段を上った1番上の部屋にいると書かれていた事をドンキーに話し、ドンキーを階段の方へ探索しに行かせた。ところが、階段の所には火を吹くドラゴンがおり、ドンキーは「ドラゴンだー!」と叫びシュレックに助けを求め一目散に走って逃げた。シュレックはドラゴンの尻尾を掴み投げ飛ばそうとしたが、シュレックの怪力パワーは通用せず、シュレックの方が投げ飛ばされてしまった。ドラゴンは標的をドンキーに定め襲おうとした瞬間、命の危機を感じたドンキーは咄嗟にドラゴンを口説き始めた。「歯の手入れ行き届いてるね」「その笑顔感動もん」など、ドンキーの言葉巧みなセリフ達に心を射抜かれたドラゴンは、ドンキーを気に入り自分の巣に連れ去ってしまったのだった。

ドラゴンに投げ飛ばされたシュレックが目を覚ますと、そこはフィオナ姫が眠る部屋だった。ベッドで眠るフィオナ姫に近付くと肩を揺さぶり「起きろ」と声をかけた。フィオナ姫はこんな起こし方ではなく、もっとロマンティックな演出が良いと訴えたが、シュレックは時間が無いからとフィオナ姫の手を握り走って階段を下りて行った。下まで辿り着き、フィオナ姫は感謝の印にとハンカチをシュレックに渡した。シュレックは顔を拭きハンカチを戻すと、真っ黒になったハンカチを見てフィオナ姫は驚いた。次の瞬間、ドラゴンの鳴き声が響き渡って来た。フィオナ姫が想像していたのは、ドラゴンを倒した騎士が自分を助けに来るという物語であった為、まだドラゴンが生きている事が信じられなかった。シュレックはドラゴンの元へ向かっている途中で、これまでフィオナ姫が想像していた通りにしてきた騎士達は皆ドラゴンに焼き殺された事を説明した。出口とは逆方向にシュレックが進んでいくので、フィオナ姫はうんざりしていた。

シュレックがドラゴンのいる部屋を覗くと、そこにはドラゴンとドラゴンの尻尾にくるまれたドンキーの姿があった。なんと、ドンキーはドラゴンに口説かれていたのだった。シュレックはドラゴンの意識がドンキーに向いているうちに、天井に吊るされているチェーンを使って下に降りた。そして、ドラゴンが目を瞑ってドンキーにキスしようとしたタイミングで、ドンキーをドラゴンの尻尾から救出する事に成功したのであった。シュレックが使用したチェーンは輪っか状のライトに繋がっており、シュレックがチェーンから手を離したタイミングで輪っかがドラゴンの首にすっぽりとはまった。
ドラゴンはシュレックに良い所を邪魔された事に腹を立て、火を吹いて叫んだ。急いでシュレックはドンキーを担ぎ、フィオナ姫の所まで走った。そして、緊急事態である事をフィオナ姫に説明し、フィオナ姫も担いで塔の外まで逃げたのだった。ドラゴンの首に繋がったチェーンが外の柱に上手く巻きつくように逃げまどい、3人は吊り橋を渡る事に成功した。ドラゴンも負けじと追いかけてきたが、チェーンが柱に絡まってしまい、吊り橋を渡る事はできなかった。

3人はひと段落したところで、無事に生還できた喜びを噛み締め合った。フィオナ姫はヘルメットをか被っているシュレックの正体を見たいとお願いしたのだが、シュレックの正体が怪物である事に絶望した。シュレックは自分がフィオナ姫を助けたくて来たのではなく、ファークアード卿の命令によってここまで来た旨を話した。勇敢な騎士に直接助けてもらいたいフィオナ姫は、ファークアード卿が助けに来るまでここを動かないと言い放ったが、シュレックはそんな事はお構いなしにフィオナ姫を担いでファークアード卿の城へと向かったのであった。

3人が森に着いた頃には日が暮れていたので、フィオナ姫は慌てて野宿をしようと提案した。シュレックは渋々野宿する為の場所を探した。野宿できそうな洞穴を見付けここはどうかと提案すると、フィオナ姫はすぐに入り口を塞げるような木の板を見付けて来ては、「じゃあね殿方。先に休ませて頂くわ」と洞穴に1人閉じこもってしまった。洞穴の中に入る事ができないシュレックとドンキーは、洞穴の前で焚火を囲み、語り合う事にした。語り合う中で、シュレックは自分が世間を嫌っているのではなく、世間の方が俺を嫌っているという悩みを口にした。その会話を聞いていたフィオナ姫は、自分はシュレックを見た目で判断し誤解していたと悟った。醜い見た目とは裏腹に優しい心を持っているシュレックに対する嫌な思いが、少しずつ恋心に変わっていくのであった。

朝になり森を進んで行くと、美人な女性と喧嘩が大好きなロビンフッドとその一味が襲って来た。彼らがシュレックを倒そうとした瞬間、フィオナ姫はカンフー技を繰り広げ1人で倒してしまった。一難は去り、更に森を進もうとした時、フィオナ姫はシュレックのお尻に矢が刺さっているのを発見する。痛みを気にしてお尻の矢を抜かれるのを嫌がるシュレックと、手当をする為に矢を抜きたいフィオナ姫は格闘していた。シュレックは仰向けになって矢を抜かれないよう抵抗したが、フィオナ姫はバランスを崩しシュレックの上に倒れ込んだ。見つめ合った2人は、お互いが意識し合っているのを感じる。矢を抜いてもらい、3人は再び森を歩き始めた。やっと、ファークアード卿の城が見える所まで来たのだが、もっとシュレックと一緒にいたいフィオナ姫はもう一泊野宿する事を提案した。シュレックも賛成し、夕食の準備を始めた。食事中に良い雰囲気になった2人だったが、ドンキーに空気を邪魔されてしまう。日が暮れて来た事に気が付いたフィオナ姫は近くの洞窟の中に「おやすみ」と入って行ってしまった。

夜になり、ドンキーはフィオナ姫のシュレックに対する恋心が気になり、フィオナ姫のいる洞窟に忍び込んだ。だが、そこにいたのはシュレックのような怪物の姿をしたフィオナ姫であった。フィオナ姫は幼い頃に魔女に呪いをかけられ、昼は人間の姿、夜は怪物の姿という2つの姿を持って生きてきたのであった。運命の人と口づけを交わす事で呪いは解け、真実の姿を手に入れる事ができるのだ。ドンキーはファークアード卿ではなく、シュレックと結婚する事を提案するが、フィオナ姫は「不気味な怪物を好きになる人はいない」とその提案を拒んだ。こともあろうか、そのセリフの部分だけを外にいたシュレックは聞いてしまい、自分の事を嫌っているのだと勘違いしてしまった。その事を知らないフィオナ姫は、シュレックにも真実を打ち明けようと外に出た。その瞬間、朝日が昇りフィオナ姫は元の美しい姿に戻った。シュレックの元に歩み寄り真実を話そうとしたのだが、勘違いしているシュレックは怒って「不気味な怪物を好きになる人はいない」と言い放った。そして、森までやって来たファークアード卿を紹介した。シュレックは夜が明ける前にファークアード卿を呼びに行っていたのである。ファークアード卿はフィオナ姫と今日中に結婚式を挙げるべく、城にフィオナ姫を連れて帰っていった。2人はお互いに勘違いをしたまま、離れ離れになってしまったのであった。

結ばれた2人の想い

フィオナ姫が真実の姿に変身するシーン。左からシュレック、フィオナ姫。

フィオナ姫の秘密を知らないシュレックは、フィオナ姫から嫌われていると誤解したまま沼に帰ろうとした。ドンキーはシュレックが勘違いしている事を伝えたが、シュレックは「俺に付いて来るな」、「俺は1人で生きていく」と言い張り、1人で沼に帰って行ってしまった。

フィオナ姫は、呪いを解く為にファークアード卿との結婚を決意したものの、シュレックはの事を忘れられず落ち込んでいた。シュレックもまた、本心はフィオナ姫の事を考えており、1人落ち込んでいた。ドンキーはというと、川沿いに水を飲みに来ていた。ふと隣を見ると、岩陰にドラゴンが泣いているのを発見した。ドラゴンはドンキーの事を想って泣いていたのである。ドンキーはドラゴンに歩み寄り、2人は気持ちを通わせたのであった。

皆がすれ違ったままではだめだ、シュレックの誤解を解こうと気持ちに踏ん切りを付けたドンキーは、シュレックの家の前までやって来た。木の枝を集め、シュレックの家の前に境界線を作った。シュレックは木の枝をよけ、「あっちへ行け」と言ったが、中々引こうとしないドンキー。いつもは悪口を言われっぱなしのドンキーだが、今回は強気に言い返した。そして、フィオナ姫はシュレックの事を愛している事実を伝えた。そこで初めてシュレックは自分がフィオナ姫から嫌われている訳では無いという事を知ったのである。シュレックは誤解して酷い態度を取った事をドンキーに誤り、2人は仲直りしたのであった。改めてフィオナ姫に自分の気持ちを伝えに行こうと決心したシュレックだったが、今からでは結婚式に間に合わないと慌てふためいた。ドンキーはシュレックに協力すべく、口笛でドラゴンを呼び寄せた。シュレックはドラゴンに乗っていけば結婚式に間に合うと大喜びし、ドンキーと共にドラゴンの背中に乗った。

3人がファークアード卿の城に着いたのは夕暮れ時で、既にフィオナ姫とファークアード卿の結婚式が始まっていた。式場の外でシュレックはドンキーを上に放り投げ、窓ガラス越しに中の様子を確認した。なんとフィオナ姫とファークアード卿は誓いのキスをする寸前まで式が進んでいた。シュレックは誓いのキスをする前に式を中断させようと、急いで式場のドアを開けた。フィオナ姫の元に急いで駆け寄り、自分の気持ちを打ち明けようとしたが、緊張して上手く話す事ができない。その様子を見て、ファークアード卿は怪物の分際で恋心を抱いている事を笑い者にした。だが、フィオナ姫はシュレックの事を笑い者にはしなかった。むしろ、気持ちを打ち明けに来てくれた事を嬉しく感じていた。フィオナ姫は自分も呪いの事を打ち明ける事を決意した。ちょうど日が落ち、フィオナ姫は怪物の姿に変身した。シュレックは変身したフィオナ姫を見て全てを悟った。
2人の気持ちが通じ合い、良い雰囲気になったと思った次の瞬間、予期せぬ事態に腹を立てたファークアード卿は2人を捕らえるよう兵士達に命じた。2人は身動きが取れなくなってしまい、命の危機にさらされた。シュレックはこの状況を打破すべく、兵士を力尽くで振り払い、口笛を鳴らしてドラゴンを呼んだ。ドラゴンはすぐに挙式場に現れ、窓ガラスを割ってドンキーと共に進入してきた。そして、ドラゴンはファークアード卿を飲み込んでしまったのである。

ファークアード卿がいなくなり、シュレックとフィオナ姫の間に再び良い雰囲気が訪れた。シュレックはフィオナ姫と向き合い「君を愛してる」と告白をした。フィオナ姫は「私もよ」と返事をし、2人は誓いのキスをした。運命の相手と誓いのキスをしたフィオナ姫は、呪いが解け真実の姿を手に入れた。フィオナ姫の真実の姿は、怪物の姿であった。フィオナ姫は自分の見た目を気にしていたが、シュレックは「綺麗だよ」と声をかけ、もう一度キスをした。

こうして、シュレックとフィオナ姫はいつまでも幸せに暮らしたのであった。

『シュレック』の登場人物・キャラクター

主人公

シュレック

CV:マイク・マイヤーズ/吹き替え版:浜田雅功

身を隠すようにひっそりと人里離れた沼で暮らしている緑色の怪物。身長は2.1mで、頑丈な身体と強力なパワーを持つ。思いやりがある優しい性格だが、見た目が醜く怖い、汚い、臭いと人間達から思われ距離を置かれている。旅の途中でフィオナ姫に恋をする。
字幕では標準語だが吹き替えでは浜田が関西出身であることからか、関西訛りで話す。

フィオナ姫

CV:キャメロン・ディアス/吹き替え版:藤原紀香

遠い遠い国のお姫様で、ドラゴンの住む呪われた塔に囚われている。幼い頃に魔女に呪いをかけられ、昼は人間の姿、夜は怪物の姿という2つの姿を持っている。困難な旅を通してシュレックの魂の美しさに恋に落ちる。上品で心の美しい女性だが、カンフーをつかえるというギャップの持ち主。

ドンキー

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シュレック2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック2』は、2004年のアメリカ合衆国のファンタジー、アドベンチャー、コメディ映画。2001年に公開された『シュレック』の続編。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、アニー賞にノミネートされたが、受賞は逃す結果となった。 本作で新しく登場する長ぐつをはいたネコの、殺し屋モードと甘えモードのなんとも言えないギャップが、本作の魅力の1つである。 幸せな結婚生活を送っていたシュレックとフィオナ姫は遠い遠い国から結婚を祝う舞踏会の招待状が届いた。そこで2人は、様々な困難に立ち向かう事となる。

Read Article

シュレック3(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック3』は、2007年5月18日に公開されたアメリカ合衆国で製作されたファンタジー映画、アドベンチャー映画、コメディ映画である。フルCGで作られたアニメーション映画である。2008年にピープルズ・チョイス・アワード ファミリー映画賞、キッズ・チョイス・アワード アニメ映画声優賞を受賞している。おとぎ話の悪役達の意外な一面が見所である。ハロルド国王が亡くなり、遠い遠い国の王位を決めなければならなくなった。正しき後継者に王位を引き継ぐ為に、シュレックは仲間と共に立ち向かう。

Read Article

シュレック フォーエバー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック フォーエバー』は、2010年に公開されたアメリカ合衆国でフルCGで制作された子供向けコメディ映画。『シュレック』シリーズ最後の作品であり、初の3D映画となっている。ランプルスティルスキンと契約を交わし、違う世界に飛ばされたシュレックは、24時間以内に運命の人とキスをしなければ永遠に消えてしまう事になってしまった。元の世界に戻る為、フィオナ姫を探す旅に出る。シュレックのいた世界と飛ばされた先の世界では、キャラクター達の性格も異なっており、今までの作品とは違った楽しさがある。

Read Article

長ぐつをはいたネコ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『長ぐつをはいたネコ』は、2011年に公開されたドリームワークス・アニメーション製作によるコンピュータアニメーション映画である。ジャンルはアドベンチャー、アクション、コメディ、ファンタジー映画に分類される。長ぐつをはいたネコとキティの真剣さの中に面白さが混ぜ込まれているダンス対決は魅力の1つである。長ぐつをはいたネコは幼少期にハンプティ・アレクサンダー・ダンプティと魔法の豆を探していた。中々見つからない為もう諦めていたが、魔法の豆が実際に存在する事を知る。そして、魔法の種を探す旅に出たのだった。

Read Article

『シュレック』「常識」や「お約束」をぶち壊す爽快感

「ドリームワークス」制作のアニメ、『シュレック』。元々は絵本なんですが、内容を膨らませ、しかも皮肉をてんこ盛りにして主役のシュレックに関西弁を喋らせるなど、「突き抜けた」感があります。爽快さを覚えるほどに「絵本」や「物語」のお約束、常識をぶち破ってくれたり、パロディしてくれたり。もうどこまでも行っちゃって!といった感じです。

Read Article

目次 - Contents