アリー/ スター誕生(A Star Is Born)のネタバレ解説まとめ

『アリー/ スター誕生』とは、歌手に憧れる女性の成功と苦悩と愛を描いた、2018年公開のアメリカ映画。主演は、本作が初主演となるレディー・ガガ。監督は、俳優で本作でもジャックを演じるブラッドリー・クーパー。1937年の同名映画4度目のリメイク。劇中の音楽も高い評価を受け、サウンドトラックは全米1位を獲得。自信のないシンガーが才能を見出され、スターダムを駆け上がっていく。単なるシンデレラストーリーだけではなく、依存症や家族のあり方を含めた人の苦節や愛情という側面も深く描いた作品。

癌関連のチャリティパーティーで初めて出会ったガガとクーパーは、東海岸出身でイタリア系という似たルーツを持つことからも直ぐに意気投合。そのパーティーでガガはラヴィアンローズを歌い、その姿を見てクーパーは彼女に主演のオファーをしたという。翌日クーパーはガガ宅にやってきた。一緒に食事をした後、彼女の家でリラックスしたクーパーはガガと一緒に歌を歌いたいと言い、クーパーが希望した『ミッド・ナイト・スペシャル』をガガがピアノで演奏し歌い始めたところ、ガガはクーパーの歌唱力に驚いてピアノ演奏をやめて彼の顔をまじまじ見てしまったという。

そこでガガは、素晴らしい声を持つクーパーが本作のジャックにふさわしいと確信したと語っている。

エリオットの車のバックシーン

ジャックとボビーが車の中で和解をした後、ボビーが目に涙を浮かべ、車をバックさせながら立ち去るシーンがあるが、このシーンは偶然に撮影されたものだった。和解し、車を降りたジャックだったが、言い残したことを伝えるために再び車中に向き戻り、運転席のボビーに、「俺が崇めていたのは、父ではなく兄さんだ」と告げる。このセリフは、実はボビー役のエリオットに知らされておらず、シーンの撮影ではじめて聞かされたセリフで、ある意味アドリブ的であった。兄ボビーとしてそのセリフを受け取ったエリオットの目には涙が浮かび、そのまま撮影が続いていることも気づかずにエリオットが車をバックさせようとしたところ、後部座席のカメラがたまたまその表情のエリオットを捉えていた。現場では、もう1テイク撮ろうという話も出たが、クーパーは「これでいこう」と提案したという。本作にはそのようにしてできたシーンが他にもあるらしく、その自然な流れで行われた撮影で、まるでホームビデオで撮影されたプライベート映像を見ているようだという評価もある。

パフォーマンスシーンはライブ撮影

作品としての臨場感を出すために、本作のパフォーマンスシーンはすべて、実際の収録現場で歌った本物の声が使われている。これはレディー・ガガのアイデアだった。

『アリー/ スター誕生』の主題歌・挿入歌

Shallow(邦題 : シャロウ 〜『アリー/ スター誕生』 愛のうた)

スーパーの駐車場でアリーがジャックに、今書きかけ中の曲と言って聞かせた歌。後にジャックがアレンジし、コンサートのバックステージに招いたアリーに一緒に歌おうと持ちかけ、二人で初めて大観衆の前でデュエットをする。ここでShallowとは浅瀬の意だが、浅瀬から岸に向かって漕ぎ出すこれからの自分、はじまりを象徴する内容の曲となっている。

サウンドトラック12曲目。この曲はサウンドトラックからシングルカットされ、第9回ハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワードでオリジナル楽曲賞受賞、第76回ゴールデングローブ賞でも主題歌賞にノミネート。第61回グラミー賞では年間最優秀レコード賞、年間最優秀楽曲賞、ポップ・パフォーマンス賞、ビジュア・メディア楽曲賞の4部門でノミネート。

作詞作曲は、ガガ、DJ、シンガーソングライター、音楽プロデューサーのマーク・ロンソン、現在は解散しているUKバンド、ダーティ・プリティ・シングスのギター、アンソニー・ロッソマンド、アメリカ人シンガーで、スウェーデンのバンド、マイク・スノーのヴォーカル、アンドリュー・ワイヤット。

Black Eyes(ブラック・アイズ)

映画冒頭、ジャックがライブで演奏する楽曲。ブルースの要素も持ち合わせた、ロック風の力強い楽曲となっている。サウンドトラック2曲目に収録されている。作詞・クーパー、作曲・ネルソン。

La Vie En Rose(ラ・ヴィ・アン・ローズ)

フランスの有名シャンソン歌手、エディット・ピアフの代表曲。「ばら色の人生」という邦題でも知られ、多くのアーティストによって歌い継がれているだけでなく、この曲を題材に制作された映画も多く、世代を超えて受け継がれている楽曲のうちの一つ。カバーという形でアリーに扮したガガが劇中、ドラァグ・バーのショーの一環として歌う。エディット・ピアフ本人の作詞、作曲はフランスのミュージシャン、ルイギ。サウンドトラック5曲目に収録。

Maybe It's Time(メイビー・イッツ・タイム)

アリーと出会ったバー、ドラァグ・バー(ゲイ・バー)で店員たちに頼まれ披露した曲。その他にも劇中では数回演奏され、ジャックの持ち歌の中でも人気曲であることをうかがわせる。アコースティックギターのみで演奏された、フォーク風の楽曲となっている。ジャック自身の過去との葛藤が描かれた歌。サウンドトラック7曲目に収録されている。作詞作曲は、カントリー界を代表するシンガーソングライター、ジェイソン・イソベル。

Always remember us this way(邦題:オールウェイズ・リメンバー・アス・ディス・ウェイ 〜2人を忘れない)

li_sa
li_sa
@li_sa

目次 - Contents