アリー/ スター誕生(A Star Is Born)のネタバレ解説まとめ

Ogp

『アリー/ スター誕生』とは、歌手に憧れる女性の成功と苦悩と愛を描いた、2018年公開のアメリカ映画。主演は、本作が初主演となるレディー・ガガ。監督は、俳優で本作でもジャックを演じるブラッドリー・クーパー。1937年の同名映画4度目のリメイク。劇中の音楽も高い評価を受け、サウンドトラックは全米1位を獲得。自信のないシンガーが才能を見出され、スターダムを駆け上がっていく。単なるシンデレラストーリーだけではなく、依存症や家族のあり方を含めた人の苦節や愛情という側面も深く描いた作品。

『アリー/ スター誕生』の概要

『アリー/ スター誕生』とは、2018年公開のアメリカ映画。自分に自信がなく、歌手という夢を諦め掛けていたヒロイン・アリーが、有名ミュージシャン・ジャックに才能を見出されスターダムを駆け上がっていく、というストーリー。アメリカを中心に、世界63カ国で上映された。

主演が世界的に有名なミュージシャン・レディー・ガガということで話題となった。本作が初主演。劇中で使用される楽曲の製作にも携わっている。また、レディー・ガガ扮するヒロイン・アリーの才能を見出すミュージシャンとして劇中に登場するジャックをブラッドリー・クーパーが演じているが、彼は本作で初監督を務め、脚本や製作にも関わっている。

人間個人としての夢への恐れ、葛藤、愛、成功、喪失だけでなく、アメリカで重要視されているショービジネスの世界の裏側、アルコールやドラッグの依存症という問題もストーリーに組み込まれていることで、人々の関心を引く映画となった。

10月5日アメリカでの公開初日、本作は全米3686館で公開され、公開初週末に4290万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった。ゴールデングローブ賞5部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、主題歌賞)、挿入歌はグラミー賞4部門(最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞等)にノミネート。ローリング・ストーン誌からは「この映画は力強い」、ニューヨーク・タイムズ紙からは「ゴージャスなハートブレイク」と称され、アメリカの映画批評サイトRottentomatoesで、400件以上のレビュー、 4.1/5の評価を得て、批評家からも、演出や主演2人(ガガとクーパー)の演技に関して高い評価を得ている。

劇中では、レディー・ガガも製作に携わった、アリーやジャックが歌う楽曲が重要な役割を果たし、音楽が主要な役割を果たしている作品となっている。楽曲もロックやカントリー、ポップといった様々な要素を含みながら、その完成度に高い評価を受け、サウンドトラックは全米アルバム・チャート3週連続1位、全英アルバム・チャート2週1位、世界83か国のiTuneで1位という驚異的な売り上げとなった。

『アリー/ スター誕生』のあらすじ・ストーリー

アリーとジャクソンの出会い

782f6bf848d102c36cd1207c39f30c45

ウェイトレスとして働くアリー

レストランでウェイトレスとして働いているアリーは、歌手になることを夢見ていた。しかし、挑戦したオーディションではいつも鼻が大きいと容姿をバカにされ、自身の歌唱力をまともに評価してもらえない失望感から、夢を諦めかけていた。

一方、有名カントリーミュージシャンとして音楽活動を続けていたジャクソン(愛称ジャック)。酒を飲むことを好み、その日も仕事終わりにどこか飲める場所を探していた。
そこでジャックがたどり着いた小さなバーには、夢を捨てきれずに小さなステージのショーで歌い続けるアリーの姿があった。

Ffd38d7e cce7 4eea aaeb fc89714b8162

バーで歌いながら、カウンターに寝そべり、ジャックを見るアリー

Original

バーカウンターに寝そべるアリーと目があうジャクソン

その日アリーが「ラヴィアンローズ」を歌い、その歌唱力に才能を感じ取ったジャックは、アリーを連れ出し、なぜ歌手を目指さないのかと問いただす。アリーは、みんなこの鼻を、容姿を良く思わなくて、失望している、それで自信がなくて売り込みができないという胸の内を吐露した。

それに対しジャックは、アリーのコンプレックスである鼻を「美しい」と形容し、アリーを励まそうとする。

Lead 720 405

スーパーの駐車場で話すアリーとジャック

その後たどり着いた深夜のスーパーの駐車場で、とりとめもなく話し続ける二人だったが、ジャックはぽつりぽつりと自身の複雑な生い立ちについて語り始める。アリゾナに生まれ、女たらしの父は18歳にも満たない女性を妊娠させた。その女性はジャックを生んだことで亡くなった。ジャックはアルコール中毒で女好きの父親に育てられ、その父親も13のときに亡くなった。年の離れた兄となんとか暮らしているが、未だにその父への屈折した思いがあると。アリーはその話聞き、彼に寄り添うような歌を歌い始める。

6 star is born

自分が制作中と言う曲をジャックの前で歌うアリー

未完成のその曲はアリーが自分で作ったもの。今のジャックに合うよう即興で変更を加え、それを歌ったのだった。
それを聞きジャックは、アリーの才能に対する見方は間違いではなかったと確信する。

ぜひアリーを自分のコンサートに招待したい。アリーに並々ならぬ興味を抱くジャックは申し出るが、アリーは仕事があるからと断り続ける。ジャックが自分を気に入ってくれたのかとか、もしかしたら歌える機会があるかもしれないという淡い期待がありながらも、それに手を出し失敗するのが怖いという気持ちもあるアリー。だが、仕事でいつも頭ごなしに怒鳴りつけてくる上司にいつも以上に腹を立てたアリーは、その場で仕事を辞め、ジャックのコンサートに行く決心をする。

アリー、ついにステージに立って歌う

Mv5bnti5mdu4odiwnl5bml5banbnxkftztgwnta2oda0njm . v1 sx1777 cr0 0 1777 744 al

ジャックに手を引かれ、初めて大観衆の前で「Shallow」を歌うアリー

ジャックはアリーをコンサートのバックステージに招待した。プライベート・ジェットでのコンサートへの招待、バックステージで鑑賞するコンサートに興奮と感激のアリーだったが、コンサートの真最中、ジャックは突然、友人を紹介しようと観客に言い出し、アリーをステージへ引っ張り出そうとする。

ジャックは、深夜のスーパーの駐車場でアリーが歌ったあの曲をアレンジし、アリーに一緒に歌おうと持ちかける。たがアリーは逡巡し、すぐに「yes」とは言わない。スモークが焚かれる中、ギターでイントロが奏でられ、ジャックがあの曲を歌いだす。それを聴きながら、バックステージで歌うことへの不安と期待の間で揺れていたアリーが、ついに意を決しステージに上がり、大観衆の前で堂々とその曲「Shallow」を歌い切った。

アリーの歌手としての生活がスタート

A star is born trailer

一緒にツアーを周り、熱唱するアリーとジャック

アリーの才能を信じたジャックと、その期待に応えたアリー。お互いを信じ合い成功したステージの後、二人の距離は急速に縮まる。ジャックは自分のツアーにアリーを同行させ、さらにステージ上で歌わせ、二人のパフォーマンスは動画サイトで多くの再生回数を記録し話題となる。

ジャックはアリーをツアーに同行させるため、初パフォーマンス後家に帰ったアリーを再び迎えに行く。コンサート場所となるジャックの故郷アリゾナに向かいながら、アリーとジャックは一度ジャックの父の墓参りをするため、墓のある父の農場がある場所に立ち寄るが、その農場はすでに売却されていたことを知る。売ったのはジャックの音楽活動を支える兄、ボビー。何も知らなかったジャックは、大切に思っていた農場を勝手に売られてしまった怒りをボビーに向かって爆発させる。だが、ボビーも、その話を持ちかけたときジャックが泥酔していてちゃんと聞いていなかったと反論。また、有名ミュージシャンとして世界を回るジャックにサポートとして付き添う中で、農場の管理などとてもできなかったとも。しかしジャックの怒りも収まらず、ボビーは辞めると言って、ジャックのチームから去った。

ジャックの兄ボビーがチームを去るという騒動がありながらも、ジャックとアリーはツアーを続け、信頼関係を確認し合いながら、恋人同士に。充実した時間を過ごす二人だったが、最終的にアリーに、インタースコープ社と言うレコード会社のマネージャー、レズという人物から、ソロ契約の話が舞い込む。ジャックとアリーはそこに一抹の不安を感じながらも、ジャックはアリーの成功のため彼女の背中を押す。

スターダムを駆け上がるアリーとアルコールに溺れていくジャック

03 lady gaga performance coachella 2017 billboard 1548

サタデー・ナイト・ライブ撮影用のライブパフォーマンスの様子。アメリカの音楽フェスで披露された。

その一方で、もともと父や幼少期のトラウマから難聴とアルコール依存症のあったジャックは、次第にひどくなる耳の状態からくるショービジネスへの不安で、酒に溺れるようになっていく。ジャックが引き入れた音楽とは違うジャンルへ進んで行きながら、歌手としてステップアップして行くアリー。それに対して酒に溺れ、さらには以前から手を出していたドラッグもやめられず、状態が悪化していくジャック。

そんな状態でなんとかステージに上がるジャックだったが、ソロライブのあるアリーと離れ、故郷メンフィスでサポートバンドとしてライブに出演後、泥酔し道端で眠り込んでしまい、旧友ジョージにそこを助けてもらう形で再会する。久々に会話を交わす二人だったが、ジョージはジャックの酒浸りの様子を心配し、また、アリーと一緒にいるジャックが穏やかに見えることから、アリーがそんなジャックに寄り添ってくれる存在なのではないか、そういう存在がジャックには必要だとジョージはジャックに助言。そして、そう寄り添ってくれる存在である家族がいる今の生活がとても気に入っていると、ジョージはジャックに語った。

そんな話をしたのち、ソロライブを成功させたアリーがジョージの家にいるジャックの元に来た。酒に酔いつぶれたり連絡をくれなかったりするジャックに、アリーはもう迎えに来ない、自分の尻拭いは自分でしてとつきつける。ジャックはアリーを失いたくないという気持ちを確認し、そして穏やかな家庭を持つ選択も悪くはないことをジョージに教えられる。意を決したジャックは、許可をもらってジョージのギターの弦を切り、その弦で即興で指輪を作ってアリーにプロポーズ。二人は結婚を決め、ジョージはすぐに式をあげようと親類を呼び集め、結婚パーティーが行われた。

V5bmjq0ntm1otyxmf5bml5banbnxkftztgwmjc1oda0njm . v1 sy1000 cr0 0 1499 1000 al

泥酔し、道端に倒れていたジャックを旧友ジョージが助ける

Star is born 18 2.w710.h473.2x

ついに結婚を決めたアリーとジャック

li_sa
li_sa
@li_sa

目次 - Contents