君の膵臓をたべたい(キミスイ)のネタバレ解説・考察まとめ

『君の膵臓をたべたい』とは、2018年に公開されたアニメーション映画。
住野よる著の2015年の同名小説を原作とした作品であり、2017年には実写映画版が公開されている。スタッフは本作が初監督となる牛嶋新一郎が監督・脚本を担当。制作会社はスタジオヴォルン。
孤高な主人公の少年「僕」と膵臓の病で余命わずかの快活な少女の青春模様や、キャラクターの葛藤・成長が描かれる。劇中の経過時間は約4ヶ月ほどで、独特なタイトルの本当の意味が劇中終盤でようやく明かされる。

コラボレーション企画

本作の公開を記念して、劇中でも登場した複数のメーカーや店舗とのコラボ企画が実施された。

セレッソ大阪

大阪府の大阪市、堺市を本拠地とするプロサッカーチーム。
セレッソとはスペイン語で「桜」という意味であり、本作でも桜がキーワードの一つのなっていることからタイアップ企画された。

2018年8月25日のヤンマースタジアム長居でのセレッソ大阪vs.サンフレッチェ広島の試合で、本作とのコラボデザインチケットの販売、本作のフォトパネル設置などが実施された。

ユニクロ・UTme!

utme.uniqlo.com

アパレルメーカーのユニクロによる、オリジナルTシャツを製作するスマートフォンアプリおよび通販サイト。本作をもとに製作された特別デザイン商品が発売されている。

劇中でユニクロ キャナルシティ博多店が登場したことから企画された。

スイーツパラダイス

序盤で桜良と「僕」がスイーツバイキングへ行くシーンがあるが、ここで登場する店舗は実在のデザートバイキングチェーン店「Sweets Paradise(スイーツパラダイス)」(原作では「デザートパラダイス」というパロディ名)。

コラボメニューや限定オリジナル特典の「名場面コースター」などが実施された。

実写版公開の際にもコラボ企画は行われた。

納涼花火高岡会場

2018年8月4日に開催された「第67回北日本新聞 納涼花火高岡会場」で本作とのコラボポスターが掲示された。
本作の部隊が富山県高岡市であることと、劇中でも花火のシーンが描かれたことから。

企画・製作

出典: www.pixiv.net

イラストレーターのloundrawによる原作小説の装丁イラスト。

本作の企画はアニプレックスと双葉社により2015年5月(原作の刊行の前月)に始まった。
アニメーション制作を担当したスタジオヴォルンは2014年に設立された新しいスタジオで、劇場アニメーション作品は本作が初。

監督の牛嶋新一郎も助監督や副監督の経験はあったが、監督は本作が初である。本作のプロデューサーにしてスタジオヴォルンの代表取締役の三田圭志により選ばれた。

牛嶋は本作の制作にあたって重視したことは原作小説のイラストを担当したイラストレーター・loundrawの絵柄や雰囲気を踏襲すること、リアルな作風に努め、変に奇をてらった作りにはしないことだったと語っている。キャストに関しては主役の2人の対比を強調することを重視したと語っている(例として、主人公の春樹は原作ではセリフが多いが、本作ではかなり少なくなっている)。

『父と追憶の誰かに』

本作の映画入場者特典として、原作者の住野よるによる本編のその後を描いた書下ろし小説『父と追憶の誰かに』が配布された。

本作の後日談が描かれる。

『君の膵臓をたべたい』の興行成績

9月1日~2日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)では10位からスタート。全国173スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員数8万7206人・興行収入1億699万円を記録。

公開6週間で、興行収入は約2億2000万円となっている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

からくりサーカス(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『からくりサーカス』とは、藤田和日郎による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品である。 莫大な遺産を相続したばかりに親族から命を狙われ不気味な人形たちから逃げていた少年・才賀勝。生来のお節介から縁もゆかりもない勝と関わり、己自身のために戦うことを決意する拳法家・加藤鳴海。勝を守ることを使命とする美しい人形使い・しろがね。彼らに迫る不気味な人形・自動人形、勝の親族に雇われた敵の人形使いとその人形。繰り広げられる人形同士の戦い。偶然と必然から出会った三人の数奇な運命のサーカスが幕を上げる。

Read Article

からくりサーカス(第1話『開幕ベル』)のあらすじと感想・考察まとめ

親族から命を狙われる少年勝は、大きくて強そうな熊の着ぐるみを着た青年鳴海に助けを求める。勝の一番近くにあるサーカスには、彼を守ってくれる『しろがね』がいるという祖父の言葉を信じてしろがねを探す勝。謎の人形に襲われ窮地に陥った彼らの前に颯爽と舞い降りた美少女人形使いしろがね。道化師型操り人形『あるるかん』を駆使して謎の人形を破壊するも、すぐに次なる刺客が現れる。 今回は「からくりサーカス」第1話『開幕ベル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents