君の膵臓をたべたい(キミスイ)のネタバレ解説まとめ

20180418193003 0001 800x1134

『君の膵臓をたべたい』とは、2018年に公開されたアニメーション映画。
住野よる著の2015年の同名小説を原作とした作品であり、2017年には実写映画版が公開されている。スタッフは本作が初監督となる牛嶋新一郎が監督・脚本を担当。制作会社はスタジオヴォルン。
孤高な主人公の少年「僕」と膵臓の病で余命わずかの快活な少女の青春模様や、キャラクターの葛藤・成長が描かれる。劇中の経過時間は約4ヶ月ほどで、独特なタイトルの本当の意味が劇中終盤でようやく明かされる。

『君の膵臓をたべたい』の概要

『君の膵臓をたべたい』とは、2018年9月1日に公開されたアニメーション映画。略称はキミスイ。
住野よる著の2015年の同名小説を原作とした作品であり、2017年には実写映画版が公開されている。スタッフは本作が初監督となる牛嶋新一郎が監督・脚本を担当。アニメーション制作会社はスタジオヴォルン、配給はアニプレックス。
上映時間108分。

原作は住野よるのデビュー作であり、小説投稿サイト「小説家になろう」への投稿を経て2015年6月19日に双葉社から出版された。
その後、2016年にオーディオドラマ化、2017年に実写映画化が展開された。
本作の企画は原作の出版日よりも前から始まっている。2015年の小説出版前に、アニメーション販売・配給会社アニプレックス所属のプロデューサー柏田真一郎が、双葉社から送られてきたサンプル本の中であった本作を読んでアニメ化を決定した。

監督・脚本の牛嶋はTVシリーズの『ワンパンマン』で助監督 、『ALL OUT!!』で副監督の経験はあったが、監督は本作が初である。脚本会議には住野よるも参加しており、シナリオは牛嶋と住野の二人が中心となり制作された。
アレンジが成された実写版と異なり、本作はほとんど原作小説に忠実な内容となっている。

ストーリーは、孤高な主人公の少年「僕」と膵臓の病で余命わずかの快活な少女の青春模様や、キャラクターの葛藤・成長が描かれる。劇中の経過時間は約4ヶ月ほどで、独特なタイトルの本当の意味が劇中終盤でようやく明かされる。

劇中の舞台は、富山県高岡市をモデルとしている。時代設定は不明だが、劇中ではスマートフォンは登場せず、携帯電話が用いられている。

映画の入場者特典として、本編のその後を描いた書き下ろし小説『父と追憶の誰かに』が配布された。

『君の膵臓をたべたい』のあらすじ・ストーリー

オープニング/桜良の葬儀

Kimisui  1

雨が降る日に桜良の葬儀が行われた。
深く悲しむ恭子。

主人公の少年「僕」のモノローグから映画は幕を開ける。

8月19日、「僕」の高校のクラスメイトである山内桜良(やまうち さくら)が死んだ。桜良の葬儀の日は、生前の彼女には相応しくないほどの重苦しい天気が富山県高岡市を覆っていた。

葬儀では桜良の多くの友人が涙を流し別れを惜しんでいて、その中でも彼女の一番の親友だった恭子(きょうこ)の悲しみははかり知れないものだった。

 %e5%90%9b%e3%81%ae%e8%86%b5%e8%87%93%e3%82%92%e3%81%9f%e3%81%b9%e3%81%9f%e3%81%84 sumika%e4%b8%bb%e9%a1%8c%e6%ad%8c %e6%98%a5%e5%a4%8f%e7%a7%8b%e5%86%ac %e4%bb%98%e3%81%8d%e6%9c%ac%e4%ba%88%e5%91%8a%e7%b7%a8.mp4 000038329

家にこもって本を読むだけの生活を送る「僕」。

しかし「僕」は葬儀にも通夜にも出席せず、一日中家にこもっていた。家で生前に桜良から借りたまま返せなかった小説を読むだけで時間を過ごす。
やがて読むのをやめた「僕」は、ふと携帯電話を手に取る。送信履歴を見ると、桜良に最後に送ったメールのログが残っていた。文面はたった一言、「君の膵臓を食べたい」というものだった。そのメールを彼女が受け取っていたのかどうかはわからない。

図書室で彼女が語った言葉

%e5%8a%87%e5%a0%b4%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1 %e5%90%9b%e3%81%ae%e8%86%b5%e8%87%93%e3%82%92%e3%81%9f%e3%81%b9%e3%81%9f%e3%81%84 %e6%9c%ac%e4%ba%88%e5%91%8a 30%e7%a7%92ver. .mp4 000002710

「君の膵臓を食べたい!」と告げる桜良。

時は遡り、学校の図書室で、図書委員の「僕」と桜良は本の整理をしていた。
桜良は突然、昨日テレビで見た話題と称して同物同治について語り始めた。それは肝臓が悪ければレバーなどを食べるという民間療法の一種であり、彼女は「僕」に「君の膵臓を食べたい!」と言い出した。

桜良は膵臓の病を患っていて、余命僅かであり、それを知っているのは彼女の家族以外では「僕」だけだった。先の彼女の発言は、同物同治を理由に、膵臓が悪いなら膵臓を食べれば病気は治るのではないかと考えてのものだった。もちろん本気で実行するつもりなどない。だが、こんな話ができるのは「僕」だけだった。

4月/秘密を知った日

%e5%8a%87%e5%a0%b4%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1 %e5%90%9b%e3%81%ae%e8%86%b5%e8%87%93%e3%82%92%e3%81%9f%e3%81%b9%e3%81%9f%e3%81%84 %e7%ac%ac%e4%b8%89%e5%bc%be%e7%89%b9%e5%a0%b1.mp4 000009383

「共病文庫」と書かれた本を見つける「僕」。

更に遡り、4月22日。その日、「僕」は以前に受けた盲腸の手術の抜糸のために大きな病院に来ていた。施術は何事もなく終わったが、待ち時間で暇を持て余していると、待合室のソファに小さな文庫本が置かれているのを見つけた。誰かの忘れ物らしいそれを、なんの気なしに手に取ってみると、表紙には手書きで「共病文庫」と書かれていた。もちろんそんな出版レーベルは存在しない。
中のページを見てみると、そこには白紙のページに手書きで日記のような文章が綴られていた。その内容は「私は膵臓の病気でもうすぐ死んでしまう。この本に日々の行動や想いを書いていこうと思う」というものだった。

%e5%8a%87%e5%a0%b4%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1 %e5%90%9b%e3%81%ae%e8%86%b5%e8%87%93%e3%82%92%e3%81%9f%e3%81%b9%e3%81%9f%e3%81%84 sumika %e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%ac anime film.mp4 000036202

桜良との対面シーン。

その場に山内桜良が現れた。「僕」と桜良はクラスメイトだったが、お互いほとんど話したことがなく、桜良に至っては「僕」のフルネームすら知らないという程度の関係だった。
桜良は、「共病文庫」と書かれたその本は自分のものだと告げる。彼女の余命が僅かなのは本当らしかった。それを知った「僕」は「……ああ、そう」とだけ答えて本を返した。

Kimisui

病院からの帰り道をついてきて、「僕」と一緒に歩く桜良。

その反応に桜良は驚いたが、これがきっかけで何故か彼女は「僕」を気に入ってしまった。病院からの帰り道についてきた桜良は「僕」に気さくに話しかけ、自分が膵臓の病気だということは秘密にしておいてほしいと頼み込むが、「僕」は友達が1人もいないため、話す相手などいないと返した。
それを聞いた桜良は、「私が残りの人生で、一緒に遊んであげようか?」と提案するが、「僕」は丁重に断り、「君は自分の好きなように生きるべきだ」と告げ、別れた。

しかし、その後も学校で桜良は「僕」に声をかけてくるようになり、もともと「僕」1人だけが担当していた図書委員に立候補し、2人で委員の仕事を行うようになった。

図書室、一日の価値

それから時は流れて、桜良が「君の膵臓を食べたい」と口にした後のシーンに戻る。
残り少ない命を図書室の片づけなんかに使っていいのかと「僕」が尋ねると、桜良はいいに決まってると即答。
そして「死ぬまでにやりたいことなんて誰にでもあるけど、誰もがそれをやっているわけじゃない。君だってもしかしたら明日死ぬかもしれないのに。一日の価値は全部一緒なんだから、何をしたかの差なんかで私の今日の価値は変わらない」と、桜良ははっきりと自分の考えを述べる。
その言葉に「僕」はわずかながら感銘を受け、彼女への関心が高まった。

初めての外出

%e5%8a%87%e5%a0%b4%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1 %e5%90%9b%e3%81%ae%e8%86%b5%e8%87%93%e3%82%92%e3%81%9f%e3%81%b9%e3%81%9f%e3%81%84 sumika %e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%ac anime film.mp4 000081372

2人で焼肉を食べるシーン。

その日の放課後、ほとんど彼女に連れ出される形だったが、「僕」と桜良は2人で出かけた。
昼食に焼肉を食べに向かい、シビレ(牛の膵臓)を含めた様々なホルモン焼きを注文する桜良に、「僕」はこれも膵臓治療の一環かと尋ねるが、彼女は単純に内臓肉が好物だからだと応える。

お互いのことを何も知らないのに、何故こうやって2人で焼肉を食べているのか「僕」は不思議に思う。桜良が、何故友達を作らないのかと「僕」に問うと、「僕」は「足るを知る者は富む」という格言を持ち出す。それは「満足することを知っている者は、たとえ物質的には貧しくても精神的には豊かで、幸福である」という意味の言葉だった。
つまり、「僕」は他人と関わりがなく、一見 人間関係に恵まれていないが、自分の中では満足しているのだという。その理由は、「僕が人に興味がないし、僕自身も誰かに興味持たれるような人間じゃないから」と語った。
すると桜良は不機嫌になり、「私は君に興味あるよ。興味もない人を遊びに誘ったりしない。馬鹿にしないで」とむくれて告げた。

その後2人が街の商店街を散策していると、とある店の前でトラブルが起きた。自転車に乗ったガラの悪い2人組が老人の女性にぶつかり、その老人や店員に文句をつけていた。その商店街は自転車乗り入れ禁止であり、明らかに2人組の方が老人にぶつかってきたのだが、そのせいで服が汚れたと言いがかりをつけている。
「僕」は面倒ごとに関わりたくなく、別の道から行こうとするが、桜良はその2人組に向かっていき、「悪いのはあんた達でしょ!」と大声で抗議する。それが切っ掛けとなり周囲の者達も桜良に味方し始め、警察も駆け付けたことでトラブルは収まった。警察にうるさく聞かれると面倒なので、桜良は「僕」を引っ張ってその場を逃げ出した。無茶な行動をする桜良に「僕」は驚かされてばかりだった。

カフェ、桜が春に咲く理由

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents