ONE PIECE(ワンピース)の革命軍まとめ

『ONE PIECE』とは、尾田栄一郎による漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。海賊王を目指す少年・モンキー・D・ルフィが、ひと繋ぎの大秘宝ワンピースを求め仲間たちと冒険を繰り広げる。夢、冒険、バトルと少年漫画王道の要素に、差別や戦争といった社会問題を加えた独自の作風で世界的人気を得る。革命軍とは、『ONE PIECE』に登場する組織であり、800年に渡りこの世界を支配してきた世界政府の打倒を目的とする。直接の敵対関係である世界政府からは、海賊以上に危険視されている。

『ONE PIECE』の概要

『ONE PIECE』とは、尾田栄一郎による漫画、及びそれを原作とするアニメやゲームといったメディアミックス作品である。1997年より『週刊少年ジャンプ』にて連載開始。1999年フジテレビ系列でテレビアニメの放送が開始された。

富、名声、力。この世の全てを手に入れた男・海賊王ゴール・D・ロジャー(通称ゴールド・ロジャー)が遺したひと繋ぎの財宝ワンピースを巡り、世は大海賊時代を迎える。ゴムゴムの実を食べ、全身ゴム人間となった少年モンキー・D・ルフィは、海賊王を目指し海に出る。三本の刀を駆使する三刀流のロロノア・ゾロ、足技で戦うコックのサンジ、天才的な航海士のナミ、偉大なる海の戦士を目指すウソップ、悪魔の実を食べて人間の力を得たトナカイの船医トニートニー・チョッパー、考古学者のニコ・ロビン、サイボーグの船大工フランキー、ガイコツの音楽家ブルックといった個性あふれる仲間と共に、ルフィは旅を続ける。冒険の中で、幼い頃にルフィが憧れの海賊であるシャンクスから預かった麦わら帽子がトレードマークとなり、ルフィは「麦わらのルフィ」、仲間たちは「麦わらの一味」と呼ばれるようになる。

夢、冒険、仲間との絆や友情をテーマに、バトルやギャグ、感動を織り交ぜたメリハリのある作風が特徴。少年漫画の王道を行くストーリーだが単なるアドベンチャーロマンではなく、海軍や他の海賊との戦いを通して差別、戦争などの社会問題や正義と暴走した権力、語られない歴史や真実を織り込み描く。世界の神話やおとぎ話の要素も取り入れた独特の物語で、壮大なスケールも相まって世界で人気を博す。

壮大なスケールと、個性豊かなキャラクター、カナヅチになる代わりに人知を超えた能力を得られる悪魔の実(ゴムゴムの実は悪魔の実の一つ)を始めとするアイテム、緻密な設定や、物語の至る所に張り巡らされた伏線がストーリーを盛り上げており、『週刊少年ジャンプ』の看板作品と言える。

世界観

作中の世界は、偉大なる航路(グランドライン)と赤い土の大陸(レッドライン)が垂直に交わることで、世界の海が東西南北に分けられている。グランドラインは全ての島や海域の天候がでたらめに巡っており、快晴からいきなり嵐になることもザラである。航路上に点在する島は微量ながら磁力を帯びている為、通常のコンパスはあてにならず、何が起きるか予想もつかないので心身ともに過酷な航海を強いられる。グランドラインを航海する時は、次の島への磁気を示す記録指針(ログ・ポーズ)が必要になる。特定の島の時期を記録した永久指針(エターナル・ポーズ)も存在する。
歴史上、この海を完全に制したのは海賊王と呼ばれたゴール・D・ロジャーのみである。

グランドラインは、聖地と呼ばれるマリージョアを中間とし、前半と後半に分かれる。後半は「新世界」と呼ばれ、常に落雷に晒される島など常識を覆す島が複数存在する。前半以上に過酷な旅路となり多くの海賊が脱落する。その為、新世界で名を上げるものは皆かなりの実力者とういうことになる。
新世界には、ビブルカードを始め独自の文化や技術がある。ビブルカードとは、依頼人の爪のかけらを職人の下へ持っていくと作られる特殊な紙である。見た目にはただの紙だが、ちぎったかけらが依頼人の居場所に向かい動く性質を持つ。距離までは分からないが、特定の人物のいる方角を知る手がかりとして家族や仲間に分ける用途に使われる。水に入れても溶けず、火でも燃やせない。「命の紙」とも呼ばれ依頼人の生命力を表し、健康状態によって大きさが変わる性質を持つ。依頼人が死ぬと燃え尽きる。作中では、ルフィの義兄・ポートガス・D・エースビブルカードが、彼の命の危機に際して焦げたように小さくなり、エースの死で焼失した。

海賊、海軍の中には、人知を超えた力を得られる悪魔の実を食べた者(「悪魔の実の能力者」と称される)も多い。悪魔の実は自然系(ロギア)、超人系(パラミシア)、動物系(ゾオン系)に大別される。海の悪魔が宿っているとされ、悪魔の実を食べた者は海に嫌われてカナヅチになる。ここで言う「海」とは水のたまった場所全般を指し、風呂や淡水に浸かっただけで力が抜ける能力者の描写が存在する。
悪魔の実の他、戦闘手段としては覇気(はき)が使用される。武装色と見分色、覇王色の覇気があり、いずれも訓練次第で能力を上げることが可能。
武装色の覇気は、自身の体や武器に覇気を纏わせることで技や武器の威力効果を倍加させることができる他、物理攻撃を受け流せるロギア系能力者の体を実体としてとらえ、ダメージを与えられる。武装色の覇気使い同士がぶつかり合った時は、より力が高い方が競り勝つ。
見分色の覇気は、生まれつき或いは突発的に身につくもので、他者の心を読み取る、千里眼のような能力として描写される。鍛えれば、わずかな未来を予知することもできる。
武装色、見分色は共に誰でも訓練することで戦闘手段として使えるが、覇王色の覇気だけは限られた者が生まれながらに持つもので、鍛えることができない。意識の有無に限らず、威圧のみで他者を気絶させることができる能力である。相応の精神力があれば、覇王色の覇気に耐えることは可能。

この世界を牛耳るのは、世界政府と呼ばれる組織である。170もの加盟国を束ね、4年に1度各国の王をマリージョアに招いての世界会議(レヴェリー)が開かれる。世界中の王が一堂に会する為、少しのいざこざでも国際問題になりかねない。
800年前20人の王により、後に世界政府と呼ばれる組織が作られた。創造主とも称される20人の王の末裔は天竜人(またの名を世界貴族)といい、今なお神に等しい存在として崇められる。その一方、天竜人は先祖の偉業や血筋を笠にやりたい放題の権力を振りかざし、人間をはじめ多くの種族を奴隷として扱う。天竜人の奴隷は皆体に竜の蹴爪と呼ばれる焼き印を施される。この焼き印は人間以下の印と見られており、元奴隷の中には他者に決して見られないよう予防線を張る者もいる(女ヶ島を治めるハンコックは、「自分と妹たちの背中には他者を石化させるゴルゴンの目がある」と言って誰にも見せていない)。
天竜人を傷つけると、海軍大将が海兵を率いてやってくる為、彼らが現れた時は膝をついてやり過ごすのが最良の策とされている。

作中には多種多様な種族が登場する。多くは人間だが、腕の関節が一つ多い「手長族」、魚の特徴を持つ「人魚」や「魚人」(共に魚人島を拠点とする種族で、200年前までは魚類に分類されていた)、動物の特徴を持つ「ミンク族」の他、巨人族、小人族もいる。すべて人類に属すが、人間以外の種族は長らく差別を受け、奴隷として売られることも多い(現在、表向き奴隷売買は禁止されているが、「職業安定所」と称するオークション会場があり実質黙認されている)。特に魚人、人魚は顕著で、男性の魚人はその腕力から労働力、若い女性の人魚は観賞用として狙われる。
かつて、魚人の冒険家フィッシャー・タイガーがマリージョアに殴り込みをかけ、種族に関わらずすべての奴隷を解放した。この一件の後、大逆人として追われる身となったタイガーは、人魚や魚人で結成されたタイヨウの海賊団を結成。奴隷の体に押された焼き印を隠し、かつ元奴隷が誰であったか分からなくする為、クルーは全員体に太陽マークの焼き印を持つこととなった。

『ONE PIECE』の物語世界は、800年に渡り世界政府に牛耳られてきた。王下七武海(逮捕されない代わりに世界政府に協力をする、政府公認の大物海賊)、四皇(新世界に皇帝のごとく君臨する四名の大物海賊)、海軍本部という三大勢力により、この世界は表向き平和を保っていた。
ところが、ルフィたちが冒険の中で七武海を三名倒し、海軍の三大機関であるエニエス・ロビー、大監獄インペルダウン、海軍本部(マリンフォード)で暴れたことで世界の均衡は崩れ始める。また、海軍本部でのエース奪還に伴う海軍と白ひげ海賊団及び傘下の海賊と海軍の戦争(頂上戦争)で、最強の海賊白ひげが死亡。死の直前、白ひげが戦争の様子を世界中に配信される中大秘宝ワンピースの実在を口にしたことから均衡の崩壊は進み、ルフィは四皇に並ぶ存在として知られるようになる。
また、現在の世界の体制を破壊し、天竜人による支配を覆すことを目標とする組織・革命軍が活躍。いくつもの国がクーデターで倒されていた。本項では、世界を変える為に戦う革命軍について記す。

『ONE PIECE』の革命軍とは

革命軍軍隊長。

革命軍とは、『ONE PIECE』に登場する組織である。世界政府および海軍とは敵対関係にあり、その点では海賊と変わらないが、一般的な海賊とは違い、革命軍は自ら進んで世界政府と争おうとしている。真の目的は、世界政府を支配する特権階級・天竜人の打倒。

長らくグランドラインの白土の島バルディゴを本拠地にしていたが、そこが黒ひげ海賊団に壊滅させられた為、現在はカマバッカ王国に本部を置く。竜の船首を持った帆船ヴィント・グランマ号を持つ。革命軍のシンボルは、竜の首と「R」「A」の文字が書かれたマーク。

革命軍の思想は世界中で広がっており、クーデターや反乱などで多くの国を滅亡に追い込んでいる。世界政府は革命軍の影響を怖れ、黒幕である革命軍の本体とリーダーであるドラゴンを血眼になって探してきたが、片鱗さえ掴めていない。ドラゴン曰く「世界中に幹部がいる」。
世界政府に捕らえられた市民、囚人、奴隷たちの解放活動を主に行っており、解放された者が革命軍に加わることも多い。
サボ、コアラのような訳ありの子や、世界政府により身寄りを失った子供が加入した場合は下働きをしながらイナズマが座学を、くまやハンコック、イワンコフが戦闘技術を教える。
大まかな組織の構成は、総司令官のドラゴン、NO.2の参謀総長、各地域をまとめる軍隊長(東西南北の海と、グランドラインに一人ずつで計5人)と副隊長、その他の構成員から成る。

『ONE PIECE』の革命軍メンバーまとめ

総司令官と幹部

モンキー・D・ドラゴン

CV:柴田秀勝

革命家にして、革命軍の総司令官。ルフィの父でもあるが、ルフィからは長らく父親がいたことすら知られていなかった。出身は東の海(イーストブルー)のゴア王国。55歳。
世界政府を直接倒すことを目的にしており、世界各地でクーデターを起こしている。性格は冷静にして落ち着いており、ルフィとは似ていないが仲間からの強い信頼を得ている点や己の信念を貫く点など、共通点がある。革命軍の活動は戦争と割り切っており、勝利に浮かれることはない。
仲間にも自信の素姓を詮索させない性格で、長い付き合いのあるイワンコフですら、ルフィという息子がいることを知らなかった。ドラゴンの父・ガープは海軍中将で、立場としては敵対関係だが縁は切れておらず、何らかの方法で連絡を取り合っている模様。息子のルフィに関しては思うままに生きればいいと活躍を喜び、いつの日か再会することを望んでいる。風に吹かれる時、東を向く癖がある(イワンコフに指摘され初めて気付いた)。

12年前、故郷ゴア王国で「貴族に生まれて恥ずかしい」と言ったサボの必死の想いを汲み、国の汚点として燃やされていたグレイターミナルから人々を救出。いらない者を淘汰し、隔離するゴア王国を今の世界の縮図と称した。イワンコフ、くまと共に世界を変える為に決起。翌日、一人船出したサボが天竜人に狙撃された際サボを救出。記憶を失いながらも国に帰ることを拒否した彼を革命軍に加え、徹底的に鍛え上げた。
作中の8年前には、議題として取り上げられるほど危険視されるようになる。現在では知らぬ者がいない「世界最悪の罪人」として悪名を馳せている。

初登場は『ローグタウン編』。ルフィが海軍に囚われた際、その指揮を執っていたスモーカーを妨害。ルフィがグランドラインへ向かうのを見送った。この時、ルフィは顔を押さえつけられていたのでドラゴンの顔を見ていない。ルフィが初めて父・ドラゴンのことを知ったのは、ウォーターセブンで祖父のガープから聞かされてのことだった。
マリンフォードでの頂上戦争の際、当時の海軍元帥センゴクにより、ルフィとドラゴンの親子関係が暴露され、世界中に知れ渡った。頂上戦争の後は、白ひげの死に伴う時代の変化を感じ、近いうちに幹部を招集せんとした。

ドンキホーテファミリーの崩壊後、革命軍兵士のコアラに幹部たちの再招集を命じる。革命軍の本拠地・バルディゴが黒ひげ海賊団の襲撃で壊滅するがドラゴン本人は無事であり、本拠地をカマバッカ王国に移す。後に、世界会議が開かれた際、天竜人に宣戦布告をする為にサボたちをマリージョアに送り込む。世界会議閉幕後、世界経済新聞に載った何かの事件を告げる記事(現状不明)を読み、動揺しつつも事実確認を始める。

サボ

CV:古川徹

悪魔の実:メラメラの実
体が火になり、炎属性の技が使える。物理攻撃を受け流せる自然系(ロギア)種で、強い覇気使いでない限りダメージを負わせることはまず不可能である。元はエースの能力だったが、彼の死によりメラメラの実が復活していた(悪魔の実は、能力者が死なない限り同じ実が実ることはない)。
慣れないうちには意図せず火を出し物を燃やしてしまうこともあるが、訓練すれば焼くだけでなく、爆発させる、噴射するといった炎の属性を使いこなせるようになる。元の能力者・エースは戦闘の他ジェット噴射として海上を移動するのに使っていた。
コリーダコロシアムの優勝賞品として出品されており、ルフィはエースの能力を誰にも渡したくないと出場(元々、ルフィを捕らえるために用意された罠だった)。サボは地下でルフィと再会し、ルフィの変装であるルーシーを引き継ぎコロシアムの戦闘に参加。他の出場者を蹴散らし、メラメラの実を食べた。

革命軍参謀総長。22歳にしてNO.2を務める。ルフィの義兄。義兄弟の絆は深く、ルフィに危機が迫れば、世界中どこにいてもすぐに駆け付けると決意している。この決意は、10歳の時に受けた砲撃が元で記憶を失っており、義兄弟であるエースのことも忘れていた為、彼の死の際何もできなかったことへの哀しみからくる。

基本的な性格は気さくにして冷静。その一方で、感情任せに行動することもあれば、仲間との通信で自分の用件だけを伝えて切ってしまうこともしばしばで、仲間たちを悩ませてもいる。ひとの名前を正確に覚えず、妙なあだ名で呼ぶこともある。

ゴア王国の貴族の生まれだったが、両親を含めた貴族階級の考えについていけず、人生の全てを親により決められることに嫌気がさして5歳にして家出をする。少年時代からグレイターミナルと呼ばれる場所でポ-トガス・D・エースと共に将来海賊として独り立ちする為の資金を貯めていた。この頃の夢は、広い世界を見てそれを伝える本を書くことだった。18歳になったら本当の貴族と呼ばれる為17歳で船出をしようと考えていた。
3歳年下のルフィと出会ったのは10歳の時。海賊ポルシェーミに捕まったルフィを助け、ポルシェーミの一味から追われることになる。自ら申し出て、ルフィ、エースと共に彼らの養育をさせられていたダダン一家と共に暮らし始める。ルフィ、エースとの共同生活の中、彼らと兄弟杯を交わして義兄弟となった。
5歳の頃から、エースと共に荒くれ者や野獣相手に喧嘩をしていた為喧嘩の腕は非常に強く、ルフィはエース、サボには全く歯が立たなかった。

ある日、街に忍び込んだ際父に発見される。父の雇った海賊ブルージャムが、二度とサボに近づけないようにとルフィたちを殺そうとした為、「何でも言うことを聞くから二人を殺さないでほしい」と懇願。ルフィたちを守る為に家に戻るが、父が「サボが人生に失敗した時の保険」として養子にしていた義弟のステリーから「天竜人がこの国に来るから、国の汚点であるグレイターミナルはそこの住民もろとも焼き尽くされる」との情報を得て、阻止しようとした。街の貴族は皆、グレイターミナルが焼き払われることを知っており、国王により命じられたことを知ったサボは貴族に生まれたことを恥じた。その時遭遇したドラゴンに「俺は、貴族に生まれたことが恥ずかしい」と心情を打ち明ける。
折しも天竜人がやってくるその日に出港するが、海賊旗を掲げていたこと、「自分の船の前を横切った」との理由で天竜人に船ごと狙撃される。船は大破し、サボ自身も重傷を負うが、ドラゴンに救出されそのまま革命軍の船に乗ることとなった。顔の傷は、砲撃の際にできたもの。ルフィたちはこのことを知らず、サボは天竜人に撃たれて死んだと思っていた。

長らく記憶を失っていたが、革命軍の下で修行をし、NO.2の地位にまで上り詰める。エースの処刑時、自分が何者か、エースやルフィとの関係を全て思い出す。
ドレスローザで、メラメラの実を手に入れる為にルーシーを名乗りコロシアムに参加していたルフィと再会。ルフィの承諾を得て彼の代わりにルーシーを引き継ぎコロシアムに参戦。メラメラの実を手に入れた。
ドフラミンゴの討伐の後、ゾロたちに自分の過去を打ち明け、作っておいたルフィのビブルカードを渡し、自身もカードのかけらを持って一足先にドレスローザを後にした。

戦闘では、幼児期から武器として使っていた鉄パイプを使用。武装色の覇気を纏わせた「竜爪拳」なる拳法で戦う。竜爪拳はドラゴンから授かった武術で、金属をも卵のように握りつぶせる。メラメラの実の能力者になってからは、火の力が加わり威力が増した。

世界会議では、モーリー、リンドバーグ、カラスと共に天竜人への宣戦布告とくまの救出の為マリージョアに潜伏。世界会議の4日目には、海軍大将藤虎、緑牛と激突したと伝えられる。世界会議閉幕後は何らかの事件に関係しているらしいことが報じられた。現状、事件の詳細は語られていないが、サボに関する新聞記事を見た革命軍構成員は、焦りの表情を浮かべた。サボ自身は消息不明。

エンポリオ・イワンコフ

CV:いまむらのりお(438話ー452話) / 岩田光央(461話)

悪魔の実:ホルホルの実
性別、色素、体温、成長、テンションといったホルモンを自在に操り、肉体を内部から改造する(イワンコフ談)。治療効果もあるが、ホルモンを強制的に活性化させ、本来生きられた時間を削っての荒療治でもある。女性ホルモンや男性ホルモンを活性化させることでの性転換も可能。

またの名をオカマ王、或いは「奇跡の人」。Mr.2ボン・クレー(かつてルフィたちと敵対した組織・バロック・ワークスの一員。ボン・クレー自身は敵と知らず一味と接触し友情を築いた)が慕う人物。大監獄インペルダウンに収監されていたが、昔穴掘りの能力者(モーリー)が作った監獄内の空間でニューカマーランドなる楽園を築いた。監獄内部の資源を集めているため食糧をはじめ物資には困らず、古新聞や電伝虫の使用でニューカマーランドにいながら外部の情報を得ていた。
ルフィたちがエースを救うためにインペルダウンに来た際、ボン・クレーとルフィを保護。彼らを保護した理由は、ルフィが死にかけながらも「友達のボン・クレーを助けてほしい」と言った為である。猛毒により死にかけていたルフィに、10年分の寿命を使った荒療治を施した。
ルフィから「ボン・クレーはイワンコフをインペルダウンから逃がそうとしていた」と聞くが、ドラゴンが動く気配を見せない為、当初は脱獄をしないとルフィに言った。しかし、ルフィがドラゴンの息子であると知るや、兄であるエースもまたドラゴンの息子であり、ドラゴンがエース救出に来る可能性から脱獄を決意。ニューカマーランドの面々と共に脱獄した。
一人称は「ヴァターシ」。他者を「ヴァナタ」「○○ボーイ」と呼ぶ。語尾に「~ブル」をつけて話すなど癖が強い人物だが、戦闘力や判断能力は高い。カマバッカ王国では女王として崇められている。通称は「イワ様」。ルフィからは「イワちゃん」と呼ばれる。

モーリー

CV:三宅健太

悪魔の実:オシオシの実
あらゆる物を壊さずに押しのけることができる。かつて、この能力を利用してインペルダウンにニューカマーランドの下となる空間を作った。モーリーの武器である銛で地面を刺し、地面を粘土のように使って攻撃をしたり、地中を移動する他、地中に空間を作ることもできる。

革命軍「西軍」軍隊長。巨人族。160歳。
女子高生のようなオネエ口調で話す。イワンコフとは、性質上意気投合している。銛が武器。かつては凶悪な海賊で、100年前インペルダウンに収監されていた。悪魔の実の能力を利用して穴を掘り、人知れずに脱獄した経緯を持つ。
グランドライン上のルルシア王国の港町で、黒ひげ海賊団の襲撃の際、自身の能力で敵馬の足場を崩し他の軍隊長らと共に立ち上がった街の人々に勝機を与えた。
世界会議で、サボたちと共にマリージョアに潜入した。

ベロ・ベティ

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ヴィンスモーク・サンジとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』のコック。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な脚技を用いて戦闘を行う。大の女好きであり、綺麗な女性に対してはたとえ敵であっても目をハートにして優しく接する。幼少の頃に極度の飢餓を経験した事から、食べ物を粗末にする事を決して許さない。全ての海の魚が集うとされる『オールブルー』を夢見ている。

Read Article

黒ひげ/マーシャル・ D・ティーチ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

マーシャル・ D・ティーチ(通称:黒ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 かつては大海賊・白ひげ海賊団の船員であり、今では『新世界』に皇帝のように君臨する海賊『四皇』の1人に数えられている。ルフィの義兄弟・エースが死ぬことになった原因を作った、ルフィ宿敵の相手である。作中で唯一、悪魔の実の能力を2つ所持している人物である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

カイドウ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

カイドウとは、ONE PIECEに登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』の後半の海『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。『世界最強の生物』と呼ばれる人物である。 ワノ国将軍・黒炭オロチと手を組み、ワノ国を牛耳っている。強大な軍勢を築いて世界を巻き込む戦争を引き起こそうとしている。

Read Article

ウソップ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ウソップとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の狙撃手。長く伸びたピノキオ鼻が特徴。 卓越した狙撃の腕前でパチンコを駆使して戦う。 臆病者で嘘つき。戦闘に関しては自信がなく、逃げ出そうとする事が多い。だが、仲間の為や誇りの為ならば身を切って戦おうとする一面もある。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ブルックとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の音楽家。一度死んで『ヨミヨミの実』で蘇っている為、骸骨の姿をしている。 冗談が多く、女性にパンツを見せるようにせがむ事があるが、仲間との約束を大事にし、命を軽んじる者を許さない義理人情に厚い男である。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゾロとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の三刀流の剣豪。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な剣術を用いて戦闘を行う。 黒い手ぬぐい、左目の傷、腹巻き、左耳のピアスが特徴。冷静沈着で、剣士としての誇りを持っている。一味の中では副船長のような立場にある。

Read Article

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

光月おでんとは、『ONE PIECE』に登場するワノ国の侍で、重要人物の一人である。 破天荒だが、その大きすぎる器に多くの者が惹かれている。作品で重要な意味を持つ『歴史の本文(ポーネグリフ)』を作った『光月家』に生まれ、四皇"白ひげ"ことエドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団、そして海賊王ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団に在籍した。ロジャーと共に『ラフテル』へと辿り着き、全ての真実を知った男である。

Read Article

トラファルガー・ロー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

トラファルガー・ロー(本名:トラファルガー・D・ワーテル・ロー)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。ルフィと同じく『最悪の世代』の1人であり、『ハートの海賊団』の船長である。『王下七武海』にもなっている。 『新世界編』では、ルフィ率いる麦わらの一味と同盟を組み、強敵たちと激戦を繰り広げる。ルフィと同じく『D』を名に持つ人物である。

Read Article

ビッグ・マム/シャーロット・リンリン(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

シャーロット・リンリン(通称:ビッグ・マム)とは、ONE PIECEに登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』の後半の海『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。お菓子の為なら一国を滅ぼしてしまう凶悪な人物。 85人の子供を出産しており、その子供達とビッグ・マム海賊団を結成している。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

トニートニー・チョッパーとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の船医。人間ではなく、『ヒトヒトの実』を食べて人間の能力を得たトナカイである。 医療大国である『ドラム王国』の出身。自分自身がすべての病気を治せる『万能薬』になる事を夢見ている。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ニコ・ロビンとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の考古学者。ハナハナの実の能力者で、自由に身体の一部を咲かせる事ができる。 考古学の聖地『オハラ』の唯一の生き残り。8歳にして考古学者になり、ポーネグリフの解読を可能にした天才。現状、ポーネグリフを解読できる唯一の存在であり、物語の中で重要な役割を担っている。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

モンキー・D・ルフィとは、『ONE PIECE』の主人公であり、麦わらの一味の船長である。 左目の下の傷と、麦わら帽子が特徴。『ゴムゴムの実』を食べ、全身がゴムの『ゴム人間』になった。命を救ってくれた恩人・シャンクスに憧れ、海賊となった。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した『ひとつなぎの財宝(ワンピース)』を求めて海に出て、様々な冒険を繰り広げる。

Read Article

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゴール・D・ロジャーとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』を制覇して『海賊王』となった。処刑される事になるが、遺言で多くの人間を海へ駆り立て、『大海賊時代』を巻き起こした。主人公のルフィもその一人である。最後の島・ラフテルへとたどり着き、すべての謎を解き明かした重要人物である。

Read Article

白ひげ/エドワード・ニューゲート(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

エドワード・ニューゲート(通称:白ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 海賊王『ゴール・D・ロジャー』と渡り合った大海賊。『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。グラグラの実の能力者で『世界最強の男』と称されていた。 ロジャー、エース、おでんといった重要人物と大きく関わっている。『マリンフォード頂上戦争』の戦いで死亡した。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ナミとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の航海士。幼少から学んできた航海術と、身体で気候の変化を感じ取る才能で『偉大なる航路(グランドライン)』のデタラメな気候を乗り越える。 整った顔立ちと、魅力的なスタイルの持ち主。金には意地汚く、金銀財宝を目の前にすると、人が変わる。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

フランキー(本名:カティ・フラム)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の船大工。一味が乗っているサウザンド・サニー号を造った。 身体の前半分を機械化したサイボーグで、様々な兵器を内蔵している。義理人情に厚く、兄貴肌な性格である。自他ともに認める変態であり、下半身は必ずビキニパンツ一丁という格好をしている。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海賊船・軍艦・客船まとめ

『ONE PIECE』は1997年から『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始された、尾田栄一郎による海賊を題材とした海洋冒険漫画。 世界中の海を海賊が行き交い、様々に活躍する大海賊時代。主人公モンキー・D・ルフィは海賊王になることを夢見て故郷を飛び出し、仲間と共に大海原へと、冒険の旅へと臨んでいく。 舞台が海洋であるだけに、作中には数多くの海賊団、海軍、民間の船乗りが登場し、それぞれが個別に個性豊かな船舶を所有している。本記事では『ONE PIECE』に登場する多種多様な船舶を紹介していく。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

ジンベエ(ONE PIECE)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「週刊少年ジャンプ」で大人気連載中の海賊漫画「ONE PIECE」。 長い連載の中で、魅力的なキャラクターが多数登場しており、それらのキャラによる夢・絆・信念に基づくセリフは読者の心を震わせてきた。 今回は、その侠気ある性格から人気が高い「海峡のジンベエ」の名言について紹介する。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

NEW

ONE PIECE(ワンピース)の 悪魔の実一覧

悪魔の実は「海の悪魔の化身」と言われており、食べた者は特殊な能力が身に付く。人間はもちろん、トナカイなど、いかなる生物が食べても能力を得られる。悪魔の実には多くの種類が存在し、食べた事で得る能力も悪魔の実によって様々で、人間では得る事のできない能力が身に付き、戦闘に応用すれば絶大な力を発揮する。

Read Article

『ONE PIECE』色々と引っ張るキャラクター、ジンベエとその人生(随時更新)

次から次へと怒涛の展開続く『ONE PIECE』。初期は展開も早く、新しい仲間の加入も割合すんなり進んでいたと思います。しかし作品に人気が出るにあたって、容易に先が見えなくなってきました。そんな中、登場及び「仲間になるかどうか」等、色々と先延ばしにされている感のある(敢えてでしょうが)ジンベエというキャラについてまとめました。

Read Article

NEW

【ネタバレ】ワンピースの伏線・考察まとめ【ONE PIECE都市伝説】

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

女体化したトラファルガ・ローだと?『ONE PIECE』フィギュアから新シリーズI.R.Oが発売!

大人気漫画の『ONE PIECE』からは、今まで多くのフィギュアが発売されてきました。特にナミやハンコックそしてロビンといった女性フィギュアは物凄い人気で、予約と同時に直ぐにも完売してしまうほど。そして再び『ONE PIECE』から魅力的な女性フィギュアが発売されるのですが、どうやら今回は男性キャラがセクシーな女性へと「女体化」したモノらしいのです!

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents