ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

36f3dc92bb18ce83a8c6bf845f7a8551883a8f3f hq

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

『ONE PIECE』の概要

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ、ゲームなどである。1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載開始。「ひとつなぎの大秘宝」ワンピースを巡り海賊として冒険をする主人公、麦わらのルフィことモンキー・D・ルフィとその仲間たちの活躍を軸に、他の海賊や海軍兵士たちとの戦いを通して様々な社会問題(人種、宗教、戦争など)を描く。時折神話やお伽噺などをモチーフにした島や国、キャラクターなども登場し、独特の世界観を構築している。各章には必ず裏テーマが存在しており、一見ファンタジーな様相を呈しながら不思議な現実味を持つ。

正義を謳う世界政府や、その直属の海軍には時に一般人を騙し、食い物にするような闇があり、悪とされながら自由に生きる海賊(大部分は悪党)を対比させることで一筋縄ではいかない不条理な世界を時に楽しげに、時にシビアに描き上げている。

物語のそこかしこには謎や伏線が巧みに張り巡らされており、その回収の仕方にも定評がある。作品の人気を上げている一因だが、やはり一番の人気要素は敵味方共に個性際立つキャラクターであろう。海兵、海賊、一般人いずれも強い個性だけでなくどこかに共感できる面を持っており、作品に入り込みやすい造りと言える。

『ONE PIECE』世界観・用語

20160627182232

海賊王ゴールド・ロジャー。本名はゴール・D・ロジャー。

すべての始まりは、富、名声、力とこの世の全てを手にした海賊王、ゴールド・ロジャーが処刑の際に言い放った言葉だった。「俺の財宝か?欲しけりゃくれてやる。探してみろ、この世の全てをそこに置いてきた」この一言で海賊が乱立し、群雄割拠の大海賊時代を迎える。名のある海賊の多くは海賊はこの世の全てとされる「一つなぎの大秘宝・ワンピース」を目指し、海賊王の称号を手に入れようとする。

800年前、20人の王により世界政府が誕生し今に至るが、それ以前の歴史には100年間の空白期間がある。この「空白の100年」についての調査は世界政府により違法とされる。

作中の海は、偉大なる航路(グランドライン)と赤い土の大地(レッドライン)が垂直に交わることで東西南北に分けられている。グランドラインは、航路上に点在する島が特殊な磁気を帯びている為通常のコンパスや航海術が通用しない。また気候も出鱈目であり、航海の最中気まぐれのように嵐が起きる。雪の降り積もる島(冬島)の隣が常夏の様相(夏島)ということもざらである。さらに海王類と呼ばれる巨大生物や、キャンディが降るなどのデタラメな現象に出くわすことがあり、相応の体力、精神力、航海術を要求される。

グランドラインの中間地点はマリージョア(地上)と、魚人島(海底)である。マリージョアには世界政府の関所がある為、お尋ね者の海賊たちは魚人島を通過する。
後半の海は「新世界」と呼ばれ四皇という四名の大物海賊が幅を利かせている。新世界を生き残る術は、四皇の傘下に入ることだとも言われる。海賊ながら海軍に(表向き)味方する王下七武海、四皇、そして世界政府直属の海軍が三大勢力としてこの世界に均衡をもたらしている。

麦わらの一味をメインにしたタイムライン

物語開始当時から現在までの間、作中では2年間が経過している。麦わらの一味の船長、ルフィの視点で一味の足跡をたどると、以下のようになる。

2年前

ゴア王国フーシャ村→オレンジの町→シロップ村→レストランバラティエ→ココヤシ村(アーロンパーク)→双子岬(グランドラインの入り口)→ウイスキーピーク→リトルガーデン→ドラム王国→アラバスタ王国→空島→ロングリングロングランド→ウォーターセブン→司法の島エニエスロビー→スリラーバーク→シャボンディ諸島→女ヶ島→大監獄インペルダウン→海軍本部マリンフォード。

双子岬以前の足跡をひっくるめて『東の海(イースト・ブルー)編』と呼ぶ。

この旅路の中で、麦わらの一味は大なり小なり大物海賊と渡り合っており、時には王下七武海とも関わることになる。
航海士のナミは魚人と呼ばれる魚の能力を持った人種のアーロン一味により10年間「海賊専門の泥棒」としての生活を送っていた。これは人間を下等種族と見なすアーロンが故郷のココヤシ村を支配した為である。ナミは当初8歳で義母のベルメールを殺されるが、アーロンから「1億ベリーを渡せば村から手を引く」と言われて泥棒家業に身を投じることとなった。ナミの海図を描く才能に目を付けていた為、アーロンには元々ナミを手放す気はなかった。その後ルフィによりナミは助けられる。
アーロンに関する話で、初めて王下七武海の名が本編に現れた。この時は麦わらの一味の剣士、ロロノア・ゾロの元舎弟のヨサク、ジョニーにより、「王下七武海のジンベエは東の海にアーロンを解き放った」と語られた。

20140813153251

グランドラインに入るとバロックワークスなる秘密組織と対峙することになるが、ここにはアラバスタ王国の姫、ネフェルタリ・ビビと家臣のイガラムがバロックワークスのボスを突き止める為に潜り込んでいた。目的はボスことクロコダイルによる陰謀の阻止。クロコダイルは王国を乗っ取って、王家が代々守って来た古代兵器プルトンの秘密を狙っていたのだった。クロコダイルは七武海で、グランドラインに入って初の大物として立ちはだかる。

クロコダイルを撃破した後、バロックワークスの一員でクロコダイルの秘書でもあったニコ・ロビンが一味に加わる。しかし、ロビンは空白の100年を調べていた学者たちの住むオハラ唯一の生き残りとして、8歳の頃から指名手配されており、何度も裏切り、裏切られた経緯もあって仲間や夢を持つことを半ば諦めてもいた。
それでも麦わらの一味の中で居心地の良さを覚えたロビンは、彼らを巻き込まないようウォーターセブンで一度決別。麦わらの一味を安全に逃がす代わりに自分が司法の島と呼ばれるエニエスロビーに向き、そこから大監獄の刑務所インペルダウンに送られる覚悟だった。
しかし、ルフィたちは世界政府の旗を攻撃。これが世界に喧嘩を売る大逆行為であることを承知で、ロビンを奪い返しに来た。この一件でプルトンの設計図を燃やし、共に戦った船大工のフランキーも含め、ロビンは一味に正式な仲間入りを果たす。

尚、麦わら一味がウォーターセブンに立ち寄ったのはシロップ村で譲られたゴーイング・メリー号の修繕の為だったが、メリー号は度重なる冒険や敵の攻撃にさらされて限界を超えており、ロビンの奪還後に船体が中破。麦わらの一味はメリー号を仲間として眠りにつかせ、フランキーの作った新たな船、サウザンド・サニー号を得た。

20170315

船長ルフィにより火が放たれて、メリー号は眠りについた。

その後、一味は七武器の一人、ゲッコー・モリアと戦うこととなる。一味は海上で、生きた骸骨(正確には一度死んで白骨化した状態で生き返った)ブルックと出会う。ブルックは影を持っておらず、「ある男に奪われた」とだけ言った。ブルックを気に入ったルフィは仲間に誘い、ブルックも一度はその誘いを受け入れるも、仲間入りを断る。ブルックの影を奪った者こそが、モリアであった。この戦いでルフィ、ゾロ、サンジ、ロビンと言った一味の強者が影を奪われている。
激闘の果てにモリアを倒し、影を奪い返すが、今度は別の七武海バーソロミュー・くまが現れる。
くまは麦わらの一味と接触する前のモリアに、クロコダイルの後任を告げに来ていたのだが、そのままスリラーバークにとどまってモリアと麦わらの一味の戦闘を見守っていた。モリアが倒れたことを報告したくまは、まだ疲れと傷の残るルフィの掃討を開始しようとするが、ゾロが自分の首をくれてやるからルフィを見逃すように嘆願。それを聞き入れたくまは、ニキュニキュの実の能力でルフィの体からダメージを抜き出してゾロに与え、ゾロを瀕死にする。このことはルフィは勿論、他の一味にも他言無用の事実となったが、サンジ、ロビン、ブルックのみが知ることとなった。

一味はブルックを仲間に加えてスリラーバークを後にする。人さらい屋にさらわれかけていた人魚のケイミーを偶然から救出した。その縁で、人さらい屋に捕まったと言うケイミーの友人であるはっちゃんを救いに行くが、はっちゃんはアーロンの部下だったタコの魚人であり、ナミにとっては因縁の相手だった。
アーロンたちと共に捕まったものの一人逃走に成功したはっちゃんは本来の人の良さで人助けを繰り返し、相手の好意から受け取った物を物々交換した果てに昔から夢だったたこ焼き屋を開業していた。

ナミの一件があるもののケイミーの頼みもあって救出に向かう。元々は人魚であるケイミーがさらわれる予定だったのを、はっちゃんが助けようとし、捕まったのだった。ナミははっちゃん自身は単体なら無害だとし、救出を承諾。ルフィたちはたこ焼きを振る舞われてはっちゃんやケイミーらと友人となる。
一味は魚人島に向かう前に、海底1万mにある魚人島へ辿り着く為に船をコーティングしてくれる職人を探すべくシャボンディ諸島へ到着。ルフィたちはそこで天竜人が横暴な権威を振りかざすのを目の当たりにする。ケイミーとはっちゃんは「自分たちはここでは人間と言うことにしておいてほしい」とした。ナミはロビンから、魚人や人魚が長いこと差別を受けてきたことを聞かされる。
ケイミーにも靴を履かせるが、靴が脱げた拍子に人さらい屋にひれを見られてしまい、ケイミーがさらわれてオークションに出されてしまう。ヒューマン・ショップの職員にかけ合っても話が通じず、オークションなら買い戻す形でケイミーを救おうと2億ベリー分の宝を用意。しかし、天竜人が5億ベリーを提示し、落札されかかる。この時はっちゃんが天竜人により銃撃を受け、ルフィの怒りが爆発。天竜人を殴りつけたことにより海軍大将が来ることとなった。尚、この時島にはルフィと同期で、1年に満たない内に懸賞金額が億を超えた11人の超新星と呼ばれるルーキーも集まっており、海軍としては大物を一気に捕まえるチャンスでもあった。
麦わらの一味はヒューマン・オークションでただの老人として売りに出されていたシルバーズ・レイリーと共に一旦身を隠す。レイリーはロジャーの右腕であり、封印された歴史やこの世界の闇を知る人物だった。麦わらの一味を気に入ったレイリーはロジャー海賊団の解散後コーティング職人をしており、サニー号のコーティングを買って出る。
一味は作業に集中してもらう為にバラバラに行動し、3日後に合流しようと決めるが、そこに現れたのがくまに似た姿の兵器、パシフィスタであった。パシフィスタは一味が総出でやっと倒せる戦力を持つ上、後から後から似た外見のものが現れる。遂には本物のくまが現れて、一味はくまの能力で別のそれぞれ方角へ飛ばされた。

ルフィは一人になった状態で、七武海のボア・ハンコックが治める女性だけの女ヶ島に飛ばされた。ハンコックは天竜人の奴隷だった経験を持ち、奴隷時代の経験から男を敵視。国への不法侵入を理由にルフィを処刑しようとするが、ルフィの懐深さに処刑を中止。恋心まで抱く。
ルフィは義兄のポートガス・D・エースが公開処刑されることを知る。ハンコックと共に大監獄インペルダウンに向かい、そこでクロコダイルと再会。エースの処刑は、彼が所属する白ひげ海賊団との戦争を意味するものであり、白ひげに恩を感じるジンベエは暴れて戦争への参加を拒否したため監獄に閉じ込められていた。七武海クラスと革命軍幹部を戦力に処刑地海軍本部へ向かったルフィは、図らずも白ひげ海賊団と共闘することになる(頂上戦争)。
この戦闘でエースはルフィを庇い死亡。ルフィは自分のせいでエースを死なせたことも含め大きな喪失感と挫折から精神が崩壊しかけるが、ジンベエや白ひげ海賊団の面々により守られて、突如現れたトラファルガー・ロー(超新星の一人)により治療を受ける。

Img 1

エース死亡シーン。

ルフィは気を失っていたが、目覚めるとエースの死や自分の弱さを痛感して暴れ回る。しかしジンベエの一喝で仲間を思い出した。そんなルフィに、レイリーは今集結して新世界へ向かうのは危険だとし、2年間の修行を勧める。
ルフィ、ジンベエ、レイリーの三人は海軍本部に向かい、海兵を蹴散らして死者への弔いをした。これらの行動は全てフェイクであり、実際にはこの行為が写真付きの新聞沙汰になることを見越して、ルフィの右腕に刻まれた「3D2Y」(3Dはバツ印で消されている)の文字を麦わらの一味に見せる為だった。この「3D2Y」は、「3日後ではなく2年後に会おう」との意味で、写真を見て意図を汲み取った一味は2年間の修行の果てにパワーアップを遂げる。

Mig

新聞の一面を飾った写真。

2年後(現在)

【2年後】
シャボンディ諸島(再集結)→魚人島→パンクハザード→ドレスローザ→ゾウ→トットランド。

アイテムと能力

一つなぎの大財宝(ワンピース)

物語のタイトルにもなっている財宝。作中の海賊たちの大部分はこのワンピースを手に入れることで海賊王の名称を得ることを目標にしている。歴史上、唯一海賊王と称されたロジャーが処刑寸前にこの財宝の存在を話し、大海賊時代を迎えさせるきっかけにもなった。ワンピースを手にすることは、この世の全てを手に入れるのと同じだともされる。
「財宝」と称されるが、名称や「この世の全てが手に入る」との噂があるのみで、具体的にどのような宝なのか、どこにあるのかといったことは様々な噂が飛び交っており、定かではないという。実在していないとの噂もあったが、頂上戦争の際白ひげが「ワンピースは実在する」「誰かが見つけた時に世界がひっくり返る」と言ったことから海賊たちが更に活気づいた。

ファンの間では物語初期から「仲間」「今までの冒険こそが宝」といった噂があったが作者の尾田氏はこれを否定。「ワンピースはちゃんと形があるもの」とコメントしている。プルトンを始めとする古代兵器や、それらにより世界の海が一つになるなど諸説ある。

電伝虫(でんでんむし)

0000

カタツムリに似た外見の生物。特殊な電波で仲間と交信しており、作中ではダイヤル、受話器を付けることで電話として機能。人間に飼われれば安全と生活が保障されるので、電伝虫は喜んで捕まるらしい。
受信、送信機能を利用してFAX、監視カメラ、盗聴器などの役割も果たせる。使用中は通話相手の表情を真似することが多い。通信が切れると眠る。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

フランキー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフまとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

『ONE PIECE』色々と引っ張るキャラクター、ジンベエとその人生(随時更新)

次から次へと怒涛の展開続く『ONE PIECE』。初期は展開も早く、新しい仲間の加入も割合すんなり進んでいたと思います。しかし作品に人気が出るにあたって、容易に先が見えなくなってきました。そんな中、登場及び「仲間になるかどうか」等、色々と先延ばしにされている感のある(敢えてでしょうが)ジンベエというキャラについてまとめました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

女体化したトラファルガ・ローだと?『ONE PIECE』フィギュアから新シリーズI.R.Oが発売!

大人気漫画の『ONE PIECE』からは、今まで多くのフィギュアが発売されてきました。特にナミやハンコックそしてロビンといった女性フィギュアは物凄い人気で、予約と同時に直ぐにも完売してしまうほど。そして再び『ONE PIECE』から魅力的な女性フィギュアが発売されるのですが、どうやら今回は男性キャラがセクシーな女性へと「女体化」したモノらしいのです!

Read Article

目次 - Contents