ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

33b26663643a61414e1f3017b19a5668

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。
「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。
今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

ニコ・ロビン(ONE PIECE)概要

海賊「麦わらの一味」の考古学者。
異名は「悪魔の子」。
出身地は「西の海(ウエストブルー)」にある考古学の聖地「オハラ」。
幼少の頃から、身体の一部をあらゆる場所から花のように咲かせることができる超人(パラミシア)系の悪魔の実「ハナハナの実」の能力者である。

2歳の頃に、オハラの考古学者である母ニコ・オルビアと別れてから、オルビアの弟一家と暮らしていたが、能力者であるが故に、その親戚や島民達から「妖怪」と忌み嫌われ、冷遇されていた。
ただし、クローバー博士をはじめとするオハラの考古学者たちは、ロビンを能力者だからと偏見の目で見ることなく接していた。そのため、ロビンは学者の集まる図書館に足繁く通い、8歳で博士号の試験に満点で合格し、考古学者となった。

オハラの考古学者達は、世界各地に置かれたキューブ状の石碑「歴史の本文(ポーネグリフ)」に刻まれている古代文字を解読する研究を行っていた。
「歴史の本文(ポーネグリフ)」は、800年前にワノ国の石工である光月一族の腕で作られた壊せぬ書物で、古代兵器や歴史が書かれた9つの「情報を持つ石」と「その石のありかを示す石」、そして最果ての島ラフテルへ導く4つの赤い石「ロードポーネグリフ」が存在する。
さらに、情報を持ついくつかの石は、それを繋げて読むことで初めて、「空白の100年」を埋める1つの文章となり、繋げて完成する今はまだ存在しないテキストが「真の歴史の本文(リオ・ポーネグリフ)」である。

世界政府は、「古代兵器復活の阻止」を名目として「歴史の本文(ポーネグリフ)」の探索や解読を法で固く禁じた。これを破った者は死刑に処される。
そして、オハラの考古学者たちが、「歴史の本文(ポーネグリフ)」の研究をしていることを嗅ぎつけた世界政府は、世界政府直下暗躍諜報機関「CP9」をオハラへ派遣し、海軍の大型軍艦10隻と、本部の中将5人を招集する命令「バスターコール」をオハラに発令させた。
国家や島を殲滅させるほどの軍事力で総攻撃を仕掛けられたオハラは、島民もろとも跡形もなく消された。
また、バスターコールの直前にオハラに戻ったロビンの母オルビアも、ロビンとの再会後まもなく消されてしまう。

ロビンは、オハラへのバスターコール参加命令に反発した元海軍本部中将であるサウロと、その意思を汲んだ、後の青雉である中将クザンの手により島から逃げ出した為、オハラ唯一の生き残りとなった。
そして、「歴史の本文(ポーネグリフ)」を解読できる危険性を考慮され、8歳にして7900万ベリーの懸賞金がかけられた。

「歴史の本文(ポーネグリフ)」を作った光月一族の現在の当主である光月おでんは、息子のモモの助に古代文字の読み書きを教える前に亡くなった為、ロビンが世界で唯一「歴史の本文(ポーネグリフ)」の解読を行える人物となった。

その後は、歴史上の「空白の100年」の謎を解き明かすという目的を抱きながら、20年間様々な裏組織に潜り込み 政府の追跡を逃れながら、「真の歴史の本文(リオ・ポーネグリフ)」を探し求めてきた。

ルフィ達麦わらの一味と出会った際は、敵対関係にあり、世界政府公認の海賊、王下七武海であったサー・クロコダイルが作った秘密犯罪会社「バロックワークス」で副社長を務めて「ミス・オールサンデー」と名乗っていた。

ロビンは、古代兵器プルトンを求めてアラバスタ王国を乗っ取ったクロコダイルの指示で、「歴史の本文(ポーネグリフ)」を解読する。
しかし、元々ロビンの目的は「歴史の本文(ポーネグリフ)」に記された「空白の100年」の歴史を知ることであり、クロコダイルに古代兵器の情報を渡すつもりは無かったことから、アラバスタ王国の歴史しか記されていないと嘘をついた。
そのことからロビンはクロコダイルから見限られた。そして自身が求める「空白の100年」の情報も記されていなかったことから生きる目的を失い、ロビンは自ら死を選ぼうとした。
ところが、ルフィに力ずくで助けられる。
ルフィ達麦わらの一味によってバロックワークスが崩壊した後、ロビンはメリー号に密航しアラバスタを脱出する。
そして、死を選ぼうとした自分を生かした責任をとらせることを口実に、仲間に入れることをルフィに要求し、麦わらの一味に加わわった。

20年もの長きに渡り裏組織で生きてきたためロビンは「信頼できる仲間は作らない」と決めていたが、航海を続ける中で段々とルフィ達に心を開いていく。
ロビンがCP9により、世界政府直轄の裁判所「エニエス・ロビー」へ連れ去られた時には、一味が現地まで乗り込みロビンを奪還するという一件があった。
その一件以降、ルフィ達が「本当の仲間」であり、自身も麦わらの一味の一員だと自覚している。

ロビンは、一味の中で最も情報や情勢に通じている、クールで頭脳明晰な美女である。
考古学の知識から、遺跡や遺骸の分析・調査能力も備えている。
常に冷静沈着で、的確で理性的な判断をする。
ただし、先人の残した歴史を粗末にする者に対しては怒りを露わにする。

常識人であるが、過酷な人生を送ってきたが故に不吉な発想をすることが多く、真顔で恐ろしい言動をしては仲間を戦慄させることがたまにある。
また、他人が酷い目に遭わされた際には「ひどいことするわ」と冷静なコメントをするのが定番である。

懸賞金は、7900万ベリー→8000万ベリー→1億3000万ベリーの順に上がっている。

ニコ・ロビンの技

超人(パラミシア)系の悪魔の実「ハナハナの実」の能力で、自身の身体の一部を対象に咲かせる。
この能力で咲かせた自身の手を駆使した関節技が得意で、混戦や集団戦において無類の強さを発揮する。
相手の攻撃を受け流したり、仲間をサポートするなど技の用途は多岐にわたる。
ただし、咲かせた身体の一部がダメージを受けると、本体もダメージを受けてしまう。また、直接相手に触れることが前提の技となるため、自然(ロギア)系の能力者や、触っただけで相手を無力化する能力者、姿の見えない相手など、触れることが難しい相手には分が悪い。
2年に及ぶ修行の末、大量の身体の一部を合体し巨大化させたり、近距離であれば分身を作り出すことも可能となった。

通常技

クラッチ

「○○咲き」との組み合わせで最も多く使われる技である。相手の体や足元に生やした手で体を拘束し、背骨を極める。固定させた状態で自ら押して極めることもある。

二輪咲き(ドスフルール)「グラップ」

448x328x9f360c5ab7736510df54c882

相手の身体に2本の手を咲かせ、男性の急所を強く握る技。
「ウォーターセブン編」でフランキーに使用した。

二本樹(ドス・マーノ)「クラッチ」

Images

相手の身体に2本の手を咲かせ、首の関節を極める技。トビウオライダーズと戦闘した際に使用された。

三輪咲き(トレスフルール)

Bbb4cc9f30032e1640fae7b8c040abb0 300x271

相手の身体に3本の手を咲かせる。
「アラバスタ編」にて、飛行するペルに使用し、落下させた。

五輪咲き(シンコフルール)

Images

5本の手を咲かせる技。
「空島編」で使用された。

五本樹(シンコ・マーノ)「スパンク」

Mig

5本の腕を生やし相手を突き飛ばす技。
「ドレスローザ編」で初めて使用された。

六輪咲き(セイスフルール)「クラッチ」

74fde58cc837b018a051c6ddc532a11d 300x300
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

フランキー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフまとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

『ONE PIECE』色々と引っ張るキャラクター、ジンベエとその人生(随時更新)

次から次へと怒涛の展開続く『ONE PIECE』。初期は展開も早く、新しい仲間の加入も割合すんなり進んでいたと思います。しかし作品に人気が出るにあたって、容易に先が見えなくなってきました。そんな中、登場及び「仲間になるかどうか」等、色々と先延ばしにされている感のある(敢えてでしょうが)ジンベエというキャラについてまとめました。

Read Article

女体化したトラファルガ・ローだと?『ONE PIECE』フィギュアから新シリーズI.R.Oが発売!

大人気漫画の『ONE PIECE』からは、今まで多くのフィギュアが発売されてきました。特にナミやハンコックそしてロビンといった女性フィギュアは物凄い人気で、予約と同時に直ぐにも完売してしまうほど。そして再び『ONE PIECE』から魅力的な女性フィギュアが発売されるのですが、どうやら今回は男性キャラがセクシーな女性へと「女体化」したモノらしいのです!

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents