ニコ・ロビン(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ニコ・ロビンとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。
主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の考古学者。ハナハナの実の能力者で、自由に身体の一部を咲かせる事ができる。
考古学の聖地『オハラ』の唯一の生き残り。8歳にして考古学者になり、ポーネグリフの解読を可能にした天才。現状、ポーネグリフを解読できる唯一の存在であり、物語の中で重要な役割を担っている。

ニコ・ロビンの概要

プロフィール・人物像

異名:悪魔の子
コードネーム:ミス・オールサンデー(バロックワークス副社長時代)
年齢:28歳 → 30歳
身長:188cm
3サイズ:B99(Iカップ)、W59、H89 → B100(Jカップ)、W60、H90
懸賞金:7900万ベリー(オハラ消滅後) → 8000万ベリー(エニエスロビー脱出後) → 1億3000万ベリー(ドフラミンゴ討伐後)
所属:オハラの考古学者 → 秘密犯罪会社バロックワークス副社長 → 麦わらの一味考古学者、麦わら大船団
所属船:ゴーイング・メリー号 → サウザンド・サニー号
悪魔の実:ハナハナの実(超人系)
出身地:西の海 オハラ
誕生日:2月6日(「ニ」コ・「ロ」ビン)
血液型:S型
夢:『空白の100年』の謎を解き明かすこと
好きな食べ物:サンドウィッチ、甘すぎないケーキ、コーヒーに合う物
嫌いな食べ物:ガム(のみこめないから)
得意料理:煮物、パエリア
好きな季節:春島の秋
イメージ動物:鶴
イメージナンバー:07、87(ハナハナ)
イメージカラー:紫
イメージマーク:周りに手が咲いている、紫の帽子をかぶったドクロ
イメージ国:ロシア
イメージ県:大阪府
イメージの花:カサブランカ
イメージ職業:客室乗務員
家族に例えると:母
ニオイ:花のニオイ
弱点:海(カナヅチ)
家族:ニコ・オルビア(母)

ルフィ率いる麦わらの一味の考古学者。
考古学の聖地『オハラ』の出身で、現状『歴史の本文(ポーネグリフ)』を読み解く事ができる唯一の人間。その為に世界政府から非常に危険視されている。世界政府が歴史から抹消した900年〜800年前の『空白の100年』の謎を解き明かす事を夢にしている。

容姿

ストレートの黒髪、筋が通った鼻、青い瞳が特徴で、整った顔立ちをしている。188cmという高身長で綺麗なプロポーションをしている。登場初期は褐色の肌だったが、物語が進む毎に色白になっていった。
初期の頃はハットやレザーの衣類を着用することが多かった。『新世界編』以降では、ウェーブがかかったロングヘアーをオールバックにし、バリエーション豊かな服を着るようになった。

性格

冷静沈着で、常識的な思考をしている。だが、過酷な人生を過ごしてきた事から物騒な発言をする事もある。
一時期はポーネグリフを解読する事だけが望みであった。『アラバスタ王国』のポーネグリフが自身が望んでいた物ではないと知った時には、生きることに疲れて命を絶とうとしていた。だが、ルフィに助けられて行動を共にする事になり、徐々にルフィ達を仲間として見るようになる。
『悪魔』として恐れられ、裏切りや迫害を受け続けた経験を持つロビンは、仲間として迎えてくれたルフィ達に大きな恩義を感じており、自分の命を捨ててでもルフィ達を守ろうとした事がある。『エニエス・ロビー』の一件の後では、ルフィ達を頼るようになり、「私には守ってくれる強い仲間がいるから。」と笑うシーンも見られた。

可愛いものが好きで、チョッパーの事を気に入っている。飴を持ち歩いており、それを時々チョッパーに与えているらしい。『パンクハザード』で人格が入れ替わってフランキーがチョッパーの肉体に入った時には、その言動や表情に不満を持ち「もう喋らないでほしい。二度と。」と辛辣な言葉を発していた。

天才であり、考古学の聖地『オハラ』の学者でも不可能だったポーネグリフの解読を子供ながらに可能にした。現状、ポーネグリフを読み解く事ができる唯一の人物で、非常に重要な役割を担っている。その為に世界政府から危険視されている。

ニコ・ロビンの能力・悪魔の実

悪魔の実:ハナハナの実

超人系の悪魔の実で、あらゆる場所から自分の身体の一部を咲かせる事ができる。
敵の人体から手を咲かせて、関節技を極めて戦う事が多い。また、自分の目を咲かせて偵察する事もできる。咲かせた部位はロビンと同じ力を持つ。一本だとただの女性の腕なので非力だが、何十本、何百本にもなると力が増す。『新世界編』以降では、咲かすことができる数が大幅に上昇しており、無数の手や足を咲かせて巨大な手足を作り出す事ができる。また、ロビンそのものを咲かせる事も可能になっている。

咲かせた部位が受けたダメージは、ロビン本体に還元される。

ニコ・ロビンの必殺技

ハナハナの実の能力を使って手や足を咲かせ、殴りつけたり、関節技を決める。技は『○○咲き(フルール)』という技名がつけられている事が多い。
『偉大なる航路編』で咲かせる事ができる手足の数はあまり多くなかったが、『新世界編』以降では咲かせられる手足の数が千を超えた。

renote.jp

ニコ・ロビンの来歴・活躍

過去

『オハラ』唯一の生き残りとなる

ポーネグリフの研究に興味を持ったロビンはクローバー博士に止められた

ロビンは西の海の『オハラ』という島に生まれた。
8歳のロビンはハナハナの実(あらゆるところから腕や足など、身体の一部を咲かす事ができる)を口にしており、それにより周囲の人物に気味悪がられていた。ロビンは嫌な言葉を投げかけられる事があったが、そんなロビンを守る両親はいなかった。ロビンは両親の親族の家に引き取られていたが、使用人のようにこき使われ、涙を流す事もあった。そんなロビンを受け入れてくれたのはオハラの考古学者たちであった。

ある日、ロビンが図書館兼、考古学研究所である『全知の樹』を訪れると、考古学者たちが「おめでとうロビーン!」と言って迎え入れた。ロビンは8歳にして博士号試験を満点で合格し、正式な考古学者を名乗る事を許されたのだった。オハラの考古学者・クローバー博士はロビンの頭を撫で「これ程の土地で考古学を学べる幸せを誇りに思い、この先もあらゆる文化の研究で世界に対し、貢献することを期待している。」と話した。ロビンは「博士!私は"空白の歴史"の謎を解き明かしたいの!歴史の本文(ポーネグリフ)を研究すれば、空白の100年に何が起こったかわかるんでしょ?」と話した。それを聞いたクローバー博士は驚き、「ぬおー!お前、なぜそんな事まで!歴史の本文(ポールグリフ)を解読しようとする行為は犯罪だと承知のハズだぞっ!」と話す。それに対し、ロビンは「だけど!みんな夜遅くに地下室で歴史の本文(ポーネグリフ)を研究してるじゃないっ!だから…ちゃんと考古学者になれたら、みんなの研究の仲間に入れて貰えると思って、私、頑張ったのに!」と今にも泣きそうな表情で答えた。ロビンはハナハナの実の能力により、クローバー博士達が地下でポーネグリフの研究をしているのを知っていたのだった。クローバー博士は神妙な面持ちで「確かに…学者と呼ばれる知識をお前は身につけたが…ロビン!お前はまだ子供だ!我々とて命掛けでやっている事なのだ…。800年前、これが世界の"法"となってから、現実に命を落とした学者達は星の数ほどおる…!いい機会だ。教えておくが…歴史上、古代文字の解読にこぎつけたのは唯一ここ『オハラ』だけだ。踏み込むところまで踏みこんだ我々はもう戻れない。『全智の樹』に誓え…!今度地下室に近づいたら、お前の研究所と図書館への出入りを禁ずる!いいな!」と告げた。それを聞いたロビンは涙ながらに全知の樹を去った。

五老星に仮説を放すクローバー博士

翌日、海岸を歩いていたロビンは、波打ち際に倒れている巨人を発見する。ロビンに声をかけられた巨人は大声を出してロビンを怖がらせようとするが、全くロビンは動じていなかった。巨人は自分の事を他の人物に知らせないように頼んだ。するとロビンは「わかった。言わないよ。だって私、あなたにそんなに興味ないもん。」と表情を変えずに言った。その子供とは思えない言動に巨人は「ぷーっデレシ!デレシシシ!デレシ!」と言って笑い出した。それを見たロビンは「…ふふっ。あはははははは。変な笑い方っ!」と言って笑った。巨人は「おめぇ、笑うとかわいいねェか。もっと笑った方がええど。」と言ってまた笑った。巨人は「ワシはサウロという名だ!ハグワール・D・サウロだ。」と名乗った。ロビンが「D?」と聞くと、サウロは「ああ…これはよく知らんでよ。ウチの家系はみんなくっついとるんでよ。」と話した。
サウロはハナハナの実の能力を知っても驚きもせず、「ワシはグランドラインにおった事があるで。すげェ能力者いっぱい見たでよ。便利そうだなー。」と言うだけだった。サウロは「楽しかったら笑うでよ。という事は笑ってたら楽しくなってくるわけだで。お前、チビのくせに色々苦しそうだで。笑ったらええでよ!苦しいときは笑ったらええ!」と教えた。ロビンはサウロを真似して「デレシ!」と笑い、それを見たサウロも笑った。
その後、ロビンは食料をサウロに持っていくなどして親交を深めた。

ある日、怪我が癒えたサウロは島を離れるとロビンに話した。するとロビンは寂しそうな顔を浮かべた。それを見たサウロはもう少しこの島に留まると話し、ロビンを喜ばせた。その時、ロビンは『母親に連れて行ってもらう為に考古学者になった事』『母親が「空白の百年」「ポーネグリフ」を研究している事』をサウロに話した。それを聞いたサウロは驚愕し、ロビンに母親の名を聞いた。ロビンが「オルビア」と答えると、サウロは倒れ込んだ。サウロは「…!じゃあ、まさか…ここは『オハラ』という島では!?うわあ!大変だで!…なんてこった!何てこったワシは…!『オハラ』に流れついとったのか!…こうしとる場合でねェ…!大変だこりゃあ…。ロビン!おめェ驚くだろうが…ワシの言う事よく聞け…!このオハラという土地に…今!海軍の軍艦が向かって来とるハズだで…!この島の学者達を消し去る為だ!」とロビンに話した。
サウロはオハラに流れ着く前は海軍中将であり、ロビンの母親であるニコ・オルビアを捕らえた人物であった。ポーネグリフを解析する者は世界転覆を企む罪人とされているが、サウロにはオルビアが悪人だとは思えなかった。その後、サウロはオハラの考古学者達を消す為の『バスターコール(中将5人、軍艦十隻を集結させて何もかも焼き払う掃討攻撃)』に参加する様に命を受ける。それに納得できなかったサウロは、オルビアを連れて海軍を脱走し、海軍の追跡を振り払う為に戦っていた。サウロは「今すぐ町に行って異変がねェか見てくるでよ!もしかしたらお前の母ちゃんも帰って来とるかもしれん!」とロビンに話した。

全知の樹へと辿り着いたロビンは、クローバー博士達に「私のお母さん…ここに来た?」と問う。ちょっと前にオルビアは全知の樹に来ていたが、オルビアがロビンに会うつもりがない事を知っていた学者達は知らないフリをした(オルビアはロビンを罪人の子にしない為に会うつもりがなかった)。
その時、オハラには世界政府の船が向かっていた。クローバー博士はロビンに考古学者である事を隠すように言った。
その後、世界政府の人間達が駆けつけ、考古学者たちは全員捕らえられた。そこに世界政府の諜報機関『CP9』の長官であるスパンダインがオルビアを連れて現れる。スパンダインは全知の樹の地下から、ポーネグリフとその研究資料が発見されたと報告を受け、考古学者全員の死刑を宣告した。クローバー博士は「死ぬ前に『五老星(世界政府の最高権力者である5人の老人)』と…世界のトップと話をさせろ!この考古学の聖地『オハラ』が長きに渡り研究を続け、夢半ばながら"空白の100年"に打ち立てた仮説を報告したい!」とスパンダインに告げた。

通話が繋がり、クローバー博士と五老星との会話が始まった。
クローバー博士は「過去の人々がなぜわざわざ硬石のテキストを使い、それを未来へ伝えようとしたのか…。砕けぬ石に歴史を刻んで世界中にバラまいた…。ただ紙や本に書き残してもそのメッセージは根絶やしにされると考えたからではないか!?つまり、これを残した者達には明らかに"敵"がいたという証拠じゃ!その者達が何らかの"敵"に敗れ、滅亡したと仮定するならば、"敵"はその後の歴史に生き残っておるはずじゃ。奇遇な事に…"空白の100年"が明けた今から800年前、その時ちょうど誕生したのが『世界政府』。"滅びた者達"の"敵"がもし現在の『世界政府』ならば、"空白の100年"とは世界政府の手によってもみ消された不都合な歴史とも考えられる…!遥か昔の文献と、発見したいくつかの"歴史の本文(ポーネグリフ)"を読み解く事で我々はやがて一つの国の存在に気づいた…。跡形もないが文献の上に浮かび上がったのはある巨大な王国の姿…!かつては巨大な力を誇った様だが、その国の情報は執拗なまでにかき消されておる。おそらく後に『世界政府』と名乗る連合国の前に敗北を悟った彼らはその思想を未来へと託そうと全ての真実を石に刻んだのじゃ。それこそ現代に残る"歴史の本文(ポーネグリフ)"…!"古代兵器"はたしかに世界を脅かす!…だが!それ以上に歴史と共に呼び起こされるその王国の"存在"と"思想"こそが、お前達『世界政府』にとっての脅威なのではないのか!」と話した。そして「その脅威が何なのかは解き明かさねばわからんが、すべての鍵をにぎるかつて栄えたその王国の名は…」と話した所で銃声が鳴り響いた。五老星は「『オハラ』は…知りすぎた…!」と呟いた。
その後、スパンダインはバスターコールを発動させた。

母と再会したロビン

離れた所から様子を伺っていたロビンはクローバー博士の元に駆けつけると、クローバー博士は「避難船へ急げロビン…!」と話した。その時、全知の樹が燃え始め、考古学者達は貴重な文献を守る為に火を消しに走った。スパンダム達はバスターコールから逃れる為にオルビアを連れて引き上げようとした。
オルビアの姿を見たロビンは「お母さんですか…?私の…お母さんですか!?」と呼びかけた。だが、オルビアは「いいえ。…ごめんなさいね。人違いだと…思いますよ…。」と言って立ち去ろうとした。ロビンはそれでも「私!ロビンです!大きくなったけど…私を覚えてませんか!?ずっと帰りを待ってました!本当に…お母さんじゃないんですか?いつか…私、手をつないでもらって、一緒に歩いてほしいから…。私!…一生懸命勉強して考古学者になれたの!"歴史の本文(ポーネグリフ)"も読めるよっ!?だから一緒にいさせてお母さん!もう…一人にしないでください!」と続けた。オルビアは涙を止められず、その場にうずくまった。その時、軍艦からオハラに向けた砲撃が始まった。

スパンダインは部下に「(ロビンの)顔をよく覚えとけ!島から出さねェ様にな!」と話し、逃げ出した。ロビンはオルビアの手を握り「こうしたかった…。ずっと…。」と言って涙を流した。オルビアはそんなロビンを抱きしめ、「頑張ってたくさん勉強したのね。誰にでもできる事じゃない…。すごいわロビン!」と言った。ロビンは号泣してオルビアの肩にしがみついた。その時、サウロが現れる。オルビアはサウロにロビンを逃がすように頼んだ。それを聞いたロビンが「お母さん!離れたくないよ!やっと会えたのに!…わたしもここにいるっ!」と言うと、オルビアは「ロビン、オハラの学者ならよく知ってる筈よ。"歴史"は…人の財産。あなた達がこれから生きる未来をきっと照らしてくれる。だけど過去から受け取った歴史は次の時代へ引き渡さなくちゃ消えていくの。オハラは歴史を暴きたいんじゃない。過去の声を受け止めて守りたかっただけ…!私達の研究はここで終わりになるけど、たとえこのオハラが滅びても、あなた達の生きる未来を!私達が諦めるわけにはいかないっ!」と話した。サウロは泣き叫ぶロビンを連れて行った。オルビアは「生きて!ロビン!」と叫んだ。

ロビンを逃して死亡したサウロ

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ゴール・D・ロジャーとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』を制覇して『海賊王』となった。処刑される事になるが、遺言で多くの人間を海へ駆り立て、『大海賊時代』を巻き起こした。主人公のルフィもその一人である。最後の島・ラフテルへとたどり着き、すべての謎を解き明かした重要人物である。

Read Article

白ひげ/エドワード・ニューゲート(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

エドワード・ニューゲート(通称:白ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 海賊王『ゴール・D・ロジャー』と渡り合った大海賊。『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。グラグラの実の能力者で『世界最強の男』と称されていた。 ロジャー、エース、おでんといった重要人物と大きく関わっている。『マリンフォード頂上戦争』の戦いで死亡した。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ナミとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の航海士。幼少から学んできた航海術と、身体で気候の変化を感じ取る才能で『偉大なる航路(グランドライン)』のデタラメな気候を乗り越える。 整った顔立ちと、魅力的なスタイルの持ち主。金には意地汚く、金銀財宝を目の前にすると、人が変わる。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

フランキー(本名:カティ・フラム)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の船大工。一味が乗っているサウザンド・サニー号を造った。 身体の前半分を機械化したサイボーグで、様々な兵器を内蔵している。義理人情に厚く、兄貴肌な性格である。自他ともに認める変態であり、下半身は必ずビキニパンツ一丁という格好をしている。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ゾロとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の三刀流の剣豪。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な剣術を用いて戦闘を行う。 黒い手ぬぐい、左目の傷、腹巻き、左耳のピアスが特徴。冷静沈着で、剣士としての誇りを持っている。一味の中では副船長のような立場にある。

Read Article

黒ひげ/マーシャル・ D・ティーチ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

マーシャル・ D・ティーチ(通称:黒ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 かつては大海賊・白ひげ海賊団の船員であり、今では『新世界』に皇帝のように君臨する海賊『四皇』の1人に数えられている。ルフィの義兄弟・エースが死ぬことになった原因を作った、ルフィ宿敵の相手である。作中で唯一、悪魔の実の能力を2つ所持している人物である。

Read Article

カイドウ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

カイドウとは、ONE PIECEに登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』の後半の海『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。『世界最強の生物』と呼ばれる人物である。 ワノ国将軍・黒炭オロチと手を組み、ワノ国を牛耳っている。強大な軍勢を築いて世界を巻き込む戦争を引き起こそうとしている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

ウソップ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ウソップとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の狙撃手。長く伸びたピノキオ鼻が特徴。 卓越した狙撃の腕前でパチンコを駆使して戦う。 臆病者で嘘つき。戦闘に関しては自信がなく、逃げ出そうとする事が多い。だが、仲間の為や誇りの為ならば身を切って戦おうとする一面もある。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

モンキー・D・ルフィとは、『ONE PIECE』の主人公であり、麦わらの一味の船長である。 左目の下の傷と、麦わら帽子が特徴。『ゴムゴムの実』を食べ、全身がゴムの『ゴム人間』になった。命を救ってくれた恩人・シャンクスに憧れ、海賊となった。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した『ひとつなぎの財宝(ワンピース)』を求めて海に出て、様々な冒険を繰り広げる。

Read Article

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

光月おでんとは、『ONE PIECE』に登場するワノ国の侍で、重要人物の一人である。 破天荒だが、その大きすぎる器に多くの者が惹かれている。作品で重要な意味を持つ『歴史の本文(ポーネグリフ)』を作った『光月家』に生まれ、四皇"白ひげ"ことエドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団、そして海賊王ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団に在籍した。ロジャーと共に『ラフテル』へと辿り着き、全ての真実を知った男である。

Read Article

トラファルガー・ロー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

トラファルガー・ロー(本名:トラファルガー・D・ワーテル・ロー)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。ルフィと同じく『最悪の世代』の1人であり、『ハートの海賊団』の船長である。『王下七武海』にもなっている。 『新世界編』では、ルフィ率いる麦わらの一味と同盟を組み、強敵たちと激戦を繰り広げる。ルフィと同じく『D』を名に持つ人物である。

Read Article

ビッグ・マム/シャーロット・リンリン(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

シャーロット・リンリン(通称:ビッグ・マム)とは、ONE PIECEに登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』の後半の海『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。お菓子の為なら一国を滅ぼしてしまう凶悪な人物。 85人の子供を出産しており、その子供達とビッグ・マム海賊団を結成している。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

トニートニー・チョッパーとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の船医。人間ではなく、『ヒトヒトの実』を食べて人間の能力を得たトナカイである。 医療大国である『ドラム王国』の出身。自分自身がすべての病気を治せる『万能薬』になる事を夢見ている。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ヴィンスモーク・サンジとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』のコック。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な脚技を用いて戦闘を行う。大の女好きであり、綺麗な女性に対してはたとえ敵であっても目をハートにして優しく接する。幼少の頃に極度の飢餓を経験した事から、食べ物を粗末にする事を決して許さない。全ての海の魚が集うとされる『オールブルー』を夢見ている。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

NEW

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフまとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

『ONE PIECE』色々と引っ張るキャラクター、ジンベエとその人生(随時更新)

次から次へと怒涛の展開続く『ONE PIECE』。初期は展開も早く、新しい仲間の加入も割合すんなり進んでいたと思います。しかし作品に人気が出るにあたって、容易に先が見えなくなってきました。そんな中、登場及び「仲間になるかどうか」等、色々と先延ばしにされている感のある(敢えてでしょうが)ジンベエというキャラについてまとめました。

Read Article

女体化したトラファルガ・ローだと?『ONE PIECE』フィギュアから新シリーズI.R.Oが発売!

大人気漫画の『ONE PIECE』からは、今まで多くのフィギュアが発売されてきました。特にナミやハンコックそしてロビンといった女性フィギュアは物凄い人気で、予約と同時に直ぐにも完売してしまうほど。そして再び『ONE PIECE』から魅力的な女性フィギュアが発売されるのですが、どうやら今回は男性キャラがセクシーな女性へと「女体化」したモノらしいのです!

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents