Wakfu(ワクフ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

Wakfu(ワクフ)とはフランスのANKAMA社制作のアニメーションのことである。同名のMMO(オンラインゲーム)の世界観を元にオリジナルのストーリーが展開される。ショートムービーから漫画まで様々なスピンオフ作品が作られている。
2008年にフランスで第1期が放送、2017年7月23日にディズニーXDにて日本語吹き替え版の放送が決定した。

伝説のドラゴンであるグルガログランが、自身の身柄を狙って襲撃を仕掛けてきたノックスに向けて言った台詞。
第1期1話だけでなく、第1期17話で再び対峙した際にも同じ台詞を発する。

グルガログランは数百年を生きたドラゴンである。
見た目は老体ながら、そのパワーは山を粉砕するのもたやすい。
その力でもって叩きのめすという脅しと忠告を兼ねた敵意の台詞である。

悪魔の剣がお前たちへの透視を妨げていたようだ

ドラゴンは生き物の魂の正邪を見ただけで見抜く。その力によってアリベートに赤ん坊のユーゴを託すことを決めたのである。
トリストパンが邪悪の塊であるシュシュ(ルビラックス)の剣を持っていたことで誤認し、一行を邪悪なものだと判断したグルガログランは排除しようとする。
戦いの最中にルビラックスが封じられた剣が遠くにはじかれたおかげで一行の魂の有り様を正確に見抜くことができ、グルガログランの誤解だったと判明する。
誤認からの誤解であることを詫びるために言った台詞。

この時点ではまだトリストパンが力を認められていないと察したグルガログランは、この後、トリストパンに警告を残す。

お前が感動するのなら、グルガログランは失望する!

ノックスが展開した時間停止を打ち破ったことで、ノックスはグルガログランのドラゴンの力を素直に賞賛する。
だが、グルガログランにとって時間停止を破ることは大したことではない。この程度で感動するような相手の弱小さに、そんなものに秘宝「エリアキューブ」を奪われたのかと失望しそうになる。というようなシーンでグルガログランが言った台詞。

そしてグルガログランとノックスは激突するが、その戦いは山を砕き噴火を起こすほどの激しいものであった。
時間停止や魔法の力など使わず自分の身体能力のみで戦うグルガログランの姿は、ノックスだけでなく視聴者にも圧倒的な力を示した。
この戦いは「Wakfu」において屈指の名バトルシーンのひとつとなっている。

ノックスの名言・名セリフ

無限ともいえる私の切望を満たすワクフ

「ワクフ」とは生命のエネルギーのこと。
ノックスは「持ち主の力を無限に増幅させる」という「エリアキューブ」を稼働させるためにエネルギーとしてワクフを集めている。
そのあてとして、伝説のドラゴンであるグルガログランの持つワクフに目をつけた。
「その身体に宿るワクフはどれほどのものか…我が願いの成就も容易いであろう」と続けてこう言った。

我が時間停止

時間の魔術師「ゼロール」であるノックスは時間を自由に操ることができる。
通常のゼロールはせいぜい周囲の時間を遅らせ、ものの移動をゆっくりにする程度が限界だが、ノックスは「エリアキューブ」で強化されているため完全に時間を停止させることができる。

相手だけでなく、空を飛ぶ鳥や舞い散る葉、吹き飛ぶ土埃なども完全に動きを止める。その力は、一時的といえど伝説のドラゴンのグルガログランの動きを止めるほど。その中でノックスは自由に動き回り、時計の針をモチーフにした長剣を振るう。
ノックスはこの力に自信があるようで、作中で使用するたびに「我が時間停止」と自慢げに言う。第1期1話にて初披露した際にも長々と自慢話を繰り広げた。

すべての間違いは修正される

「我が願いが成就された時、すべての間違いは修正される」と、ノックスが登場するたびに口にする台詞。

ノックスの目的は時間遡行である。それがなされた時、時間は(ノックスの見積もりで200年ほど)巻き戻る。
「時間が巻き戻ることにより事象がなかったことになるため、今現在起きている事象は大したことではない」という意味合い。
そして何より、時間遡行を志すきっかけとなったあの日以前に戻り、発端である「エリアキューブ」との出会い、ひいては家族の喪失(=すべての間違い)を「修正する」のがこの台詞の本意。

御仁の友人がひどく落胆するであろうことを、我は悲しく思う

グルガログランの住処であるオマ島に乗り込んできたノックス。
グルガログランが狙われていることを知り、グルガログランの元へとすでに合流を果たしていたユーゴたちはノックスと対峙しようとする。だが、グルガログランはドラゴンの力で空間転移を行い、ユーゴたちをはるか遠くのフリゴスト島へ逃がす。
ここでノックスと決着をつけ、奪われた秘宝「エリアキューブ」を取り返すことを決めたグルガログランに向けてノックスが言った台詞。

「グルガログランの死の知らせを聞いたユーゴたちが悲しむことが悲しい」と、グルガログランが負けることを暗示しているところがノックスらしさである。

まるでケーキの上の苺のようだ

グルガログランのワクフを奪い損ねてしまったノックスは、サディダ王国にある「生命の木」に宿るワクフを狙うことにした。
そして偵察の機械兵器を飛ばし様子を見ていると、グルガログランのドフスを持ったユーゴとアダマイがサディダ王国にいることを知る。
「生命の木」と、小さいが強大なドラゴンであるアダマイ、そしてグルガログランのドフスと、3つの大きなワクフの塊が1箇所にあると判明し、思わずほくそ笑んだノックスが言った台詞。

「獲物が餌をぶら下げて飛び込んできた」というような意味である。
時間や時計に関わる言い回しを多数使うノックスにしては珍しく、どちらとも関係しない単語を用いた台詞。

アダマイの名言・名セリフ

僕たちは兄弟なんだ、世界で唯一の

死んでも肉体を卵にして転生するエリアトロープは親というものが存在しない。子供を残すこともないので「家族」がいない。
だが、エリアトロープの対の存在であるドラゴンだけは兄弟と同じ存在である、ということを説明するアダマイの台詞。

ユーゴの対の兄弟はアダマイ。ちなみに、同じドラゴンのグルガログランにも当然ながら兄弟が存在する。
多少誕生が早かったため、ユーゴの方が兄にあたる。
このことが判明して以降、ユーゴもアダマイのことを「僕の弟」と紹介するようになる。

その他サブキャラクターの名言・名セリフ

オグレストの混沌よ!

第1期1話にて。「オグレストの混沌」とはかつて世界を襲った大災害のこと。
快晴だった天気が急変し、突如暗雲が立ちこめる荒天となったためにオサモダスの女性が呟いた台詞。

第1期1話はグルガログランとノックスが相まみえるところからスタートであり、その激しい戦いを予知させる呟きとなっている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Wakfu(アニメ版ワクフ)のネタバレ解説・考察まとめ

「Wakfu(ワクフ)」とはフランスのANKAMA社制作のアニメーションのことである。同名のMMORPGと共通した世界観で、ポータルを使っての瞬間移動能力を持ったユーゴという少年が「本当の家族」を探すために様々な仲間に支えられながら旅をしていくストーリーとなっている。日本ではNetflixもしくはディズニーXDにて視聴することができる。

Read Article

Wakfu(ワクフ)のクラスまとめ

クラスとは、フランスのANKAMA社が提供するMMOやアニメで展開される「Wakfu(ワクフ)」やMMOの前作「Dofus(ドフス)」の種族のこと。 12の神のうちどれをどう信仰するかによって分けられており、信徒たちは自身が信仰する神に似た特徴的な格好をする。MMO版をプレイするプレイヤーたちも、キャラクター作成時にどれかのクラスを選択することになる。

Read Article

目次 - Contents