ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。
卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。
週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。
実写映画は2002年7月に劇場公開された。
アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

『ピンポン』の概要

神奈川県藤沢市が舞台に、卓球に取り組む男子高校生達の青春を描く。
弱小卓球部に所属する幼なじみのペコ(星野裕)とスマイル(月本誠)。
強敵達との出会い、周りの人達との関係が2人を人間として選手として成長させていく。
高校生ならではの葛藤や苦悩、選手としての挫折や努力を描いた青春物語。

漫画原作で実写映画、アニメに派生した数少ない作品であるとともに、どの媒体でも人気を博した稀有な作品で根強いファンが多い。

実写映画では試合シーンにフルCGが使用された事や原作者の松本大洋、卓球の技術指導をした平岡義博がそのまま役を演じたなどで話題を呼んだ。
アニメでは原作者の松本大洋が当時着想はしていたものの、作中では描けなかったエピソードやキャラクターが多数映像化されている
また当時では存在しなかった技術(チキータミュータカット)や回転式ペンなどが登場し現代版にアレンジされているところが多い。

『ピンポン』のあらすじ・ストーリー

天性の才能を持ちながらそれに自惚れているペコ(星野裕)と、卓球は強いが内気で無口決して笑わないスマイル(月本誠)。2人は片瀬高校卓球部に所属する高校1年生。また幼なじみであり小さい頃からオババが経営するタムラ卓球場で練習していた間柄である。

ある時、辻堂学園高校卓球部に中国からの留学生が来た事を知り、偵察に行く出向くペコとスマイル。そこで噂の留学生チャイナ(孔文革)出会い、ペコは試合をすることに。1点も取れずに敗北し、レベルの違いを思い知るペコ。うなだれるペコとともにその場を後にするスマイルであった。
時を同じくして片瀬高校に卓球の強豪校海王学園所属の高校No.1プレイヤードラゴン(風間竜一)が訪れる。彼はスマイルをスカウトする為に現れたのだが、顧問の小泉丈がスマイルはいないと伝える。小泉と会話後、ドラゴンは退散するが、去り際に彼(スマイル)が自分(ドラゴン)に勝つ確率は皆無だと言い放つ。

そして季節は夏、インターハイ予選が始まった。ペコとスマイルは順調に勝ち進み、準々決勝でペコは幼なじみであり海王学園でレギュラーを勝ち取ったアクマ(佐久間学)とスマイルはチャイナと対戦する。
スマイルは本来の実力を発揮しチャイナを追いつめるが、負けたら後のないチャイナの境遇を知ってしまい、そこからは手を抜いて負けてしまう。
一方ペコはアクマと対戦。ペコに勝つ為に海王学園で血のにじむ努力をした彼はペコを圧倒する。格下と罵っていたアクマに完膚なきまでに叩きのめされ敗北する。

季節は過ぎインターハイが終わり、来年に向けて小泉と二人三脚で練習に励むスマイル。アクマに負けた事により卓球から足をあらい堕落した日々を過ごすペコ。そんな時アクマがドラゴンが認めたスマイルに試合をするために片瀬高校に単独で乗り込んでくる。
練習を重ねたスマイルは圧倒的な力でアクマに勝利。「努力をしたのにどうして勝てない」と言うアクマに対して、「才能がないから」と言い放つ。その帰り負けたショックで荒れていたアクマは傷害事件を起こし、学校を退学となる。またスマイルがアクマに勝った事のショックからペコは完全に卓球を辞める事を決意しラケットを海に投げ捨てるのであった。

時は12月、卓球から遠ざかっているペコの元にアクマが訪れる。アクマはペコに卓球を続けろと伝えるが、ペコは自分に勝ったアクマをスマイルが倒した現実が全てだと言い放つ。しかし何も努力していない現実だろ言い返される。自分(アクマ)やスマイルはお前の才能に憧れていた、だからお前は卓球を続けろ、何より卓球が好きなんだろ?と叱咤激励する。その後、ペコはオババの元を訪れもう一度卓球を教えてくれと懇願する。

そして季節は夏、インターハイ予選が始まる。
ペコは1回戦を無事に勝ち、2回戦でチャイナと対戦する。猛特訓の末才能を開花させたペコはチャイナを圧倒、驚くチャイナにおかげで強くなったと伝え勝利する。その姿をスマイルは嬉しそうに見つめ、ドラゴンはペコの才能に注目する。

インターハイ出場を決める準々決勝、スマイルは問題なく勝利するが、ペコは猛特訓で膝を痛めた状態での試合だった為、勝ちはしたものの満身創痍の状態であった。そんなペコの次の相手はNo.1プレイヤーのドラゴン、膝を痛めた状態で勝てる相手ではなく周りからは辞退する事をすすめられる。しかし決勝でスマイルが待っている、自分が戦いたいからやる、と試合へと向かう。

ドラゴンとの準決勝、膝の痛みで存分に動けず、またもう特訓の末習得した技術が通用せず絶対絶命に陥るが、スマイルをこれ以上待たせるわけにはいかない、と集中しだし、ペコ本来のプレーを取り戻してドラゴンから1ゲームを奪う。
そこから徐々にドラゴンを追いつめていくが、ドラゴンもペコに感化され一進一退の攻防を続ける。そして迎えたペコのマッチゲーム、ドラゴンは自分の限界を知るが、清々しい表情でペコに語りかける。ペコもドラゴンを賞賛する言葉をいい、勝利を勝ち取った。
そして決勝戦、ペコとスマイルの念願の試合が始まる。

時が経ち、それぞれ大人になっていた。
タムラ卓球場で子供たちに卓球を教えるスマイル、オリンピック代表復帰を目指すドラゴン、子供に恵まれ仕事に励むアクマ、中国代表に復帰したチャイナ、そしてドイツで日本代表として試合を挑むペコ。
また熱い夏がやってくるとスマイルが呟き、物語は終幕する。

『ピンポン』の登場人物・キャラクター

星野裕(ほしの ゆたか)

CV:片山福十郎、幼少:西田光貴
片瀬高校1年生→2年生

右ペンホルダー 前陣速攻型
主人公。通称ペコ。類い稀な才能を持ち幼少時からタムラ卓球場で腕を磨き、大人顔負けの強さを誇っていた。
だが才能に溺れ、高校では卓球部の練習には真面目に参加せず、タムラ卓球場で、素人を相手に賭け卓球をする堕落した日々を過ごしていた。
その後、留学生のチャイナ、インターハイ予選で同じタムラ卓球場出身の格下と思っていたアクマに敗れ、卓球人生で初の挫折を味わい卓球から離れることに。その後、アクマからの叱咤激励と説得があり、卓球が大好きだった事を再認識し再び卓球を始める。タムラ卓球場のオババから猛特訓などを受け、返り咲きを果たす。
前陣速攻を活かすためのドライブ技術や裏面打法を身につける。準決勝の風間戦では回転式ペンを使用しさらに前陣速攻を活かすスタイルに変わる。決勝のスマイル戦は描かれていないが、オババの卓球場に1位の表彰台に立つペコと、2位の表彰台で笑うスマイルの写真がある。
最終話ではプロ入り、海外で活躍している描写が描かれている。
無類のお菓子やジュース好きで作中に味やマーケティングに持論を展開する場面がある。
夢はオリンピックで金メダル、赤城乳業(カルビー)のCMに出ることが夢と語っている。

月本誠(つきもと まこと)

CV:内山昂輝、幼少:里村洋
右シェークハンド カット主戦型
片瀬高校1年生→2年生

もう1人の主人公。通称スマイル。ペコと幼なじみでタムラ卓球場で幼い頃から卓球に打ち込んでいる。ペコの良き理解者。少年時代から引っ込み思案で友達がいなかったが、ペコが卓球に誘ってくれたことで救われている。それ以来ペコのことをヒーローと思っている。
ずば抜けた才能と実力を持ちながらそれを隠していたが、小泉やドラゴン、チャイナに見抜かれ注目を浴びるようになる。最初は嫌がっていたが小泉から猛特訓を受け、能力を開花させ、また人としても大きく成長していく。
ペコが再起をした際に「おかえり、ヒーロー」と呟くなどペコの才能を誰よりも信じていた様子が伺える。
最終話ではタムラ卓球場で子供達の指導を行っている。その際口調は今までとは違い、ポップなものへと変化している。
暇を見つけては鼻歌を歌いながら携帯ゲームに興じている。

孔文革(コン・ウェンガ)

CV:文曄星
右中国式ペンホルダー ドライブ主戦型

通称チャイナ。中国のジュニアユースのエリート選手だったが、敗れて日本に留学。エリート意識を持っている。
初見でスマイルの実力を見抜き、スマイルに興味を示す。
最初のインターハイ予選ではスマイルと対戦、追いつめられるが雇われ選手は敗北したら終わりという事をスマイルが知り、手を抜いたスマイルに辛勝する。その次の試合でドラゴンに敗れインターハイ出場を逃す。
当初傲慢であったが、スマイルとの対戦、ドラゴンに敗れた事を境にそういった態度はなくなり人間として成長する。チャイナのワンマンチームだったが、他のメンバーの指導にも熱を入れたり、日本語も覚えたりとチームメイトとの信頼を築くようになっていった。
2度目のインターハイ予選でペコと対戦、成長したペコに敗北するがその姿は晴れ晴れとしたものだった。
最終話では中国のオリンピック代表に復帰したと描写されていた。

風間竜一(かざま りゅういち)

CV:咲野俊介、幼少:坂口湧久
右シェークハンドオールラウンド
海王学園高校2年生→3年生

海王学園卓球部部長兼主将。通称ドラゴン。スキンヘッドで高校生離れした外見。
高校No1.プレイヤーで、インターハイでも2年連続個人優勝している。
非常にストイックな性格だが、王者ならではのプレッシャーを感じ試合の前に必ずトイレに籠るといった繊細な面も持ち合わせている。
勝つ事を全てと考えている姿勢や発言で周囲を困らせる事がしばしば見受けられる。
スマイルの実力に認めており、海王学園への転校を熱烈に勧誘するが結局は実らなかった。
3年時のインターハイ予選準決勝でペコと対戦、2ゲームを先取しペコを圧倒するが、覚醒したペコに徐々に押され最後は敗北する。
最終話ではオールバックになっており、オリンピックの代表から外れたと描かれている。

佐久間学(さくま まなぶ)

CV:木村昴、幼少:池澤巧貴
右ペンホルダー 前陣速攻型
海王学園高校1年生→退部

ペコとスマイルの幼馴染でタムラ卓球場出身。
ペコやスマイルを一方的にライバル視してはいるが、2人から相手にされていなかった。
ドラゴンに憧れて海王学園に入学する。ペコやスマイルとは違い生まれ持った才能が無かったため当初は期待されていなったが、血の滲むような努力の末実力をつけ見事レギュラーを獲得。その姿勢から顧問や部員からの信頼は厚い。
1年時のインターハイ予選でペコと対戦。自分のことを格下と見下していたペコを敗り、インターハイ出場を獲得。しかしインターハイでは努力が実らず敗退。またドラゴンがスマイルを海王へとスカウトしたいという考えを知り、憤りを感じ、部の戒律を破ってまでスマイルに試合を申し込む。結果は完敗。傷心した帰りに傷害事件を起こし卓球部を退部、高校を退学する事になる。
その後は堕落しているペコを叱咤激励、説得し再起を促す重要な役目を担う。ペコがチャイナに勝った事を喜び、またドラゴンの苦悩を知り涙するなど人間くさいところを見せる。
最終話では子供に恵まれ仕事に励む描写がされている。

オババ

CV:野沢雅子
タムラ卓球場を経営している。ペコ・スマイル・アクマを小学生の頃から指導してきた。
常にタバコを加えているヘビースモーカーで、口が悪くぶっきら棒な態度だが、ペコ達の良き理解者であり的確な発言やアドバイスをする。
ペコの再起を立役者であり、指導者として能力の高さが伺える。
若い頃は選手としても優秀だったが、膝の故障が原因で一線を退くと描写されている。
最終話でも相変わらずの咥え煙草、卓球場で子供達を指導している。

小泉丈(こいずみ じょう)

makoto9
makoto9
@makoto9

Related Articles関連記事

鉄コン筋クリート(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

鉄コン筋クリート(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

『鉄コン筋クリート』とは、1993年から1994年にかけ『ビッグコミックスピリッツ』にて連載された松本大洋による漫画作品。 2006年に劇場アニメ化され、松本大洋の出世作と言われている。 本作品はヤクザやチンピラ絡みの暴力沙汰が絶えない「宝町」という街を舞台に、孤児であるクロとシロが驚異的な身体能力と子供とは思えない破壊的な力を武器に強く逞しく生き抜く姿を描く。

Read Article

超時空要塞マクロス(MACROSS)のネタバレ解説・考察まとめ

超時空要塞マクロス(MACROSS)のネタバレ解説・考察まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

DEVILMAN crybaby(デビルマン クライベイビー)のネタバレ解説・考察まとめ

DEVILMAN crybaby(デビルマン クライベイビー)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEVILMAN crybaby』は、永井豪原作漫画「デビルマン」のアニメ化作品。監督は世界的にも有名な湯浅政明。 Netflix限定配信で、2018年1月5日より一挙配信。泣き虫な少年、不動明が悪魔の力を持つ人間、「デビルマン」となり、愛情、欲望の間で葛藤しながら世界のために戦う物語。ネット配信であることを生かした暴力的、性的な描写は、原作に忠実なダークな印象を鮮烈にした。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品。及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、大学生達の報われない片思いや芸術への想いが描かれている。

Read Article

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『四畳半神話大系』とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』とは、2012年10月からフジテレビ「ノイタミナ」にて第1期が放送された、Pruduction I.G制作のオリジナルテレビアニメの第3期。人間のあらゆる心理状態や性格傾向などが数値として計測可能な「シビュラシステム」の導入された東京を舞台に、厚生省管轄の警察組織「公安局」がシビュラシステムのもと治安維持活動に日々尽力する。登場人物達の葛藤やジレンマを追う群像劇や近未来的事件解決の物語は国内外からも厚い支持を受けている。

Read Article

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

石川雅之によって『イブニング』と『月刊モーニングtwo』にて連載された日本の漫画作品。『もやしもん(第1期)』、『もやしもん リターンズ(第2期)』としてテレビアニメが放送された。 細菌やウィルスを肉眼で目視でき、なおかつ菌と意思疎通までできる主人公、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)のその不思議な力ゆえに巻き起こるどたばた学園物語である。

Read Article

SUPERCAR(スーパーカー)の徹底解説まとめ

SUPERCAR(スーパーカー)の徹底解説まとめ

1997年にデビューし、同時期に登場したナンバーガール、くるりらとともに「'97の世代」と呼ばれ、90年代後半から00年中盤まで活躍したロックバンド・SUPERCAR。 シンプルな楽曲ながら、男女2人のツインボーカルで耳に残る楽曲を数多く残した。 2005年に惜しまれつつ解散してしまったが、後のバンドに多大な影響を残した。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品、及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、不器用な大学生達の報われない恋や自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いた青春群像劇

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップとは宇仁田ゆみによる日本の漫画作品。祥伝社「FEEL YOUNG」に2005年10月から2012年1月まで掲載。本編全9巻。番外編10巻。 2011年7月フジテレビ”ノイタミナ”にてアニメ放送。2011年8月に実写映画化。 祖父の葬儀で見知らぬ女の子に出会った独身30歳の男大吉と6歳の女の子りんの物語。

Read Article

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

エガオノダイカ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

エガオノダイカ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『エガオノダイカ』とはタツノコプロの創設55周年記念作品として制作されたオリジナルアニメ。 ソレイユ王国の王女ユウキ・ソレイユとグランディーガ帝国の軍人ステラ・シャイニングという対局的な人生を送って来た二人の主人公が出会うまでを描いている。 戦闘ロボットによる戦争ものという人気の高いテーマで期待も高かったが、主人公であるユウキとステラの活躍は数えるほどしかなく、戦争も消化不良のまま終わり、名作になる要素を持ちながら不発に終わった「惜しい」作品として話題になった。

Read Article

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2006年よりアスキー・メディアワークスより出版された有川浩の小説及びそれらを原作とする漫画、アニメ、実写化作品である。シリーズ作品であり、「図書館戦争」から始まる全4巻と外伝「別冊図書館戦争」全2巻で構成される。舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する法律が制定された架空の日本。主人公笠原郁は不当な検閲から本を守るため、表現の自由を守るため図書隊員として戦う。

Read Article

モノノ怪(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

モノノ怪(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「モノノ怪」とは、2006年にフジテレビのノイタミナで放送されたアニメ「怪 〜ayakashi〜」の中の「化猫」編をスピンオフし、「モノノ怪」というタイトルで2007年に同じくノイタミナで放送されたオリジナルアニメーション。シリーズディレクターは「中村健治」で、スタイリッシュな和製ホラー作品。 人間の情念に憑いたあやかしが「モノノ怪」となり、主人公「薬売り」が退魔の剣でモノノ怪を斬っていく。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説・考察まとめ

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説・考察まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説・考察まとめ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説・考察まとめ

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』とは、A-1 Pictures制作による恋愛やファンタジーを題材としたオリジナルテレビアニメ作品である。2011年4月から6月までフジテレビのノイタミナ枠でアニメが放送された。その後、漫画化、劇場化、実写ドラマ化されている。死んだはずの「本間 芽衣子(ほんま めいこ)」こと「めんま」が主人公の「宿海 仁太(やどみ じんた)」こと「じんたん」の前に現れる。めんまの死によってバラバラになってしまった幼馴染の5人の、過去の傷や葛藤を描いた物語である。

Read Article

ギルティクラウン(GUILTY CROWN)のネタバレ解説・考察まとめ

ギルティクラウン(GUILTY CROWN)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギルティクラウン』とは、制作会社プロダクションI.Gが手掛けたオリジナルアニメであり、フジテレビ系列「ノイタミナ」枠にて2クールアニメとして放送された。 物語前半は突如発生した未知のウイルス"アポカリプスウイルス"が蔓延した10年後の日本を舞台にした作品であり、主人公である桜満集がレジスタンスグループの一員として「王の能力」と共に世界と戦い、物語後半はアポカリプスウイルスの第二次パンデミック発生後からアポカリプスウイルスの消滅まで桜満集が「王の能力」と共に世界を救う構成となっている。

Read Article

いぬやしき(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

いぬやしき(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 「人を助けることで生を実感する男」と「人を殺すことで生を実感する男」の戦いが描かれる。

Read Article

さらざんまい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

さらざんまい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらざんまい』とは、『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』など、ヒット作を多数手がけてきた幾原邦彦が監督を務める、新作オリジナルTVアニメ。東京・浅草を舞台に、人と人との「繋がり」を描いた作品。2019年4月~6月まで、フジテレビノイタミナ他にて放送された。中学生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人は、謎のカッパ型生命体「ケッピ」と出会う。ケッピは、どんな望みでも叶えることが出来る「希望の皿」を生み出せる唯一の存在だった。希望の皿を手に入れて譲れない繋がりを守る為、3人はケッピの命令に従う。

Read Article

日本沈没2020(アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

日本沈没2020(アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『日本沈没2020』とは小松左京の小説『日本沈没』を原案としたNetflix配信のオリジナルアニメ作品、全10話。監督は湯浅政明。ジャンルはSFパニックで架空の2020年東京オリンピック終了後が舞台。日本で巨大地震が発生し、都市機能が崩壊する。未来のオリンピック選手として有望視されていた中学生の武藤歩は倒壊した東京を捨て、両親や弟とサバイバルしながら日本を旅する中で様々な人との出会いと別れを繰り返していくが、日本列島沈没はすぐそこまで近付いていた。

Read Article

夜ノヤッターマン(タツノコプロ)のネタバレ解説・考察まとめ

夜ノヤッターマン(タツノコプロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『夜ノヤッターマン』とはタツノコプロによって製作された、ヤッターマンを原作としたスピンオフアニメ作品。主人公であるレパードがエレパントゥスやヴォルトカッツェと共に新たなドロンボーとしてヤッターマンの支配するヤッターキングダムに立ち向かう物語となっている。ヤッターキングダムが支配しているデッカイドーを舞台にしている。

Read Article

ヤッターマン(タツノコプロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ヤッターマン(タツノコプロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『タイムボカンシリーズ』の人気を不動のものとした『ヤッターマン』。「主役」であるヤッターマン1号・2号と、「影の主役」ドロンボー一味とのドクロストンを巡っての数々の戦いは、自ら「マンネリ」と称しながらも高い人気を得て、多くの派生作品を生み出した。 「全国の女子高生の皆さん!」「おしおきだべぇ~」「ブタもおだてりゃ木に登る」など、この番組をきっかけとして広まったギャグも数えきれない。

Read Article

タイムボカン(タツノコプロ)のネタバレ解説・考察まとめ

タイムボカン(タツノコプロ)のネタバレ解説・考察まとめ

タツノコプロによるギャグアニメシリーズの記念すべき第一作目。ギャグだけでなくタイムトラベルというSF要素、三悪という憎めない悪役等で人気に火が付き、『ヤッターマン』などの後続作品を生み出すこととなったアニメです。2016年10月より、リメイク作『タイムボカン24』が放送。まさに時を超えて愛される作品。1975年10月から1976年12月まで放送されました。

Read Article

映像研には手を出すな!(大童澄瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

映像研には手を出すな!(大童澄瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

『映像研には手を出すな!』とは、大童澄瞳による日本の漫画及び、それを原作としたアニメ、ドラマ、映画作品。アニメ好きの女子高生3人が、部活動で様々なアニメ制作を手掛けていくというストーリー。アニメ制作を通じての3人の成長が見られ、映像制作の場面はアニメファンの心をくすぐるような話になっている。また、映像も空想と現実が入り混じり、独特の世界観を醸し出している。本編では、女子高生と戦車の戦い、ロボットと怪獣の戦い、異星人と地球人との交流がアニメ作品として描かれており、独特なタッチの映像となっている。

Read Article

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

恋は雨上がりのように(恋雨)のネタバレ解説・考察まとめ

恋は雨上がりのように(恋雨)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。 クールな女子高生・橘あきらはケガにより陸上競技を諦めた。気を落としていたあきらは、偶然入ったファミレスで優しく声をかけてくれる近藤正己と出会う。 17歳の少女と45歳のおじさんの恋愛を描く。

Read Article

きみと、波にのれたら(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

きみと、波にのれたら(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『きみと、波にのれたら』とは湯浅政明が監督を務め、2019年に公開されたラブロマンスアニメ映画。サーフィンが大好きな向水ひな子は、マンションで起こった火事をきっかけに消防士の雛罌粟港(ひなげしみなと)と知り合い、恋に落ちる。デートを重ね楽しく過ごす二人だったが、ある日港は海で溺れた人を助けようとして命を落としてしまう。海が見られなくなり、落ち込んだ日々を送るひな子だったが、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと水の中から突然港が現れた。

Read Article

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス(映画第1作)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス(映画第1作)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス(映画第1作)』とは、TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』の続編として作られた作品。劇場版は3部作構成となっており、それぞれ個々の視点で話が進み最後にすべて繋がっていく群像劇だ。アニメよりグロテスクなシーンは控えめだが、戦闘シーンは生々しく描写されているためR15。逃走犯の狡噛信也(こうがみしんや)を見つけた常守朱(つねもりあかね)は単独で異国の地へ向かう。そこで朱が目にしたのはシビュラシステムの悪用だった。

Read Article

四月は君の嘘(君嘘)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

四月は君の嘘(君嘘)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『四月は君の嘘』とは、新川直司のピアノを題材にした漫画作品。2011年から2015年まで『月間少年マガジン』にて連載された後、アニメ化、実写映画化、舞台化、ミュージカル化もされている人気作品だ。母の死をきっかけに、ピアノの音が聴こえなくなった元天才ピアニストの有馬公生。暗い日々を過ごす中、圧倒的な個性を持つヴァイオリニストの宮園かをりと出会い、再び音楽を通じて成長する物語である。音楽に情熱を注ぐ演奏家たちや彼らを支える周りの人の言葉は、心を動かされるものが多い。

Read Article

監視官 常守朱(PSYCHO-PASS サイコパス)のネタバレ解説・考察まとめ

監視官 常守朱(PSYCHO-PASS サイコパス)のネタバレ解説・考察まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、Production I.G制作による日本のアニメ。「監視官 常守朱」はフジテレビ「ノイタミナ」にて、2012年10月から2013年3月まで放送されたテレビアニメ第1期のコミック化。人間のあらゆる感情が数値化される「シビュラシステム」で計られた数値によってストレスの少ない社会となった日本の公安局の人々の活躍・苦悩を描く。

Read Article

目次 - Contents