目次

  1. 前回
  2. 仮面ライダー龍騎
  3. 龍騎サバイブ
  4. 仮面ライダーナイト
  5. ナイトサバイブ
  6. 仮面ライダーシザース
  7. 仮面ライダーゾルダ
  8. 仮面ライダーライア
  9. 仮面ライダー王蛇
  10. 仮面ライダーガイ
  11. 仮面ライダータイガ
  12. 仮面ライダーインペラー
  13. 仮面ライダーベルデ
  14. 仮面ライダーファム
  15. 仮面ライダーリュウガ
  16. 仮面ライダーオーディン
  17. オルタナティブ

前回

RENOTE.JP

仮面ライダー龍騎

121128ryu ki thumb 630x349 61093

本作品の主役・龍騎です。
龍騎ライダーは仮面ライダーのパーツ、複眼・クラッシャー・触覚を意図的にバラバラに配置されていて、主役である龍騎はそのうちの複眼を備えています。
特徴はドラゴンのミラーモンスター・ドラグレッダーと契約したことによる赤い体。クウガも赤かったですが、ここまで全身真っ赤なのはゼクロス以来で、ゼクロスも朱色に近いことを考えると、ある意味初に近いのではないでしょうか。
アギトも竜モチーフでしたが、あちらが東洋の龍だったのと比べてこちらは西洋の竜。そのため西洋鎧のような顔をしています。

龍騎サバイブ

2013y03m22d 022643943 ab379

物語中盤・烈火のサバイブカードでパワーアップした姿。
ミラーモンスターがドラグレッダーからドラグランザーに変化し、平成ライダーでは珍しいメインウェポンが銃のライダーです。
主役は剣を使うことの多い中、これは貴重な特徴です。
しかし、その特徴的なデザインから人気は微妙なところです。

仮面ライダーナイト

B0300803 2142611

2号ライダー・仲間でありライバルでもある仮面ライダーナイト。コウモリのミラーモンスター・ダークウィングと契約したライダーです。
モチーフはコウモリで、仮面ライダーの特徴のクラッシャーを備えています。
龍騎と同じく西洋鎧がモチーフ。コウモリの羽根のように伸びるマスクが特徴的。
マントをつけた姿が目立ち、2号ライダーとして人気が高いです。

ナイトサバイブ

4519743

こちらは疾風のサバイブカードを使って進化したナイト。
ダークウィングがダークレイダーへと進化し、黒いイメージから青い鎧のお陰で青イメージへと変わりました。
武器も槍から剣へ、龍騎サバイブと違い頭部は色変更だけなのでかっこよさも持続しています。
ナイトは実質第二主人公でもあるので、サバイブ姿も含めて非常に人気が高いライダー。
意外な最終回に驚いた人も多いのでは。

仮面ライダーシザース

I320

仮面ライダーテレビシリーズ初・完全な敵ライダーがこの仮面ライダーシザースです。
単なる敵ライダーというのなら、洗脳された一号や初期ライダーマン、映画を含めればアギトのG4が先行しますが、テレビに限ればシザースが一番最初になります。
デザインモチーフなんと蟹。後にも先にも蟹モチーフはこいつだけ。後々同じ魚介類モチーフは出てきますが。
蟹というなんとも微妙なデザインが醸し出す通り、登場話数はなんと2話。普段の怪人ポジションがライダーになっただけです。
しかし、その小物っぷりや何とも言えないデザイン、死亡シーンのインパクトなどで、龍騎という作品のイメージを知らしめた重要な役割を持ちます。
そのためカルト的な人気はあります。

仮面ライダーゾルダ

Img 0

仮面ライダーゾルダは牛モチーフ。いわば三号ライダーであり、仮面ライダーのパーツの触覚を持ちます。
銃ライダーとして存分に遠距離武器を持ち、大火力な技を何発も放ちました。
登場話数も多く、最終局面まで強烈なキャラクターを発揮し続けました。
銃ライダーとしてはかなり早いシリーズで登場しましたが、後々のライダーより完全に遠距離特化。接近戦を滅多にしないという珍しいライダーです。

仮面ライダーライア

Img 4

エイがモチーフのライダー。仮面ライダーライア。周りが敵だらけの龍騎において、基本的に味方だったライダーです。
悲劇的な運命を持つキャラクターだったのと、デザインが正統派でかっこいいこともあって人気が高いライダーです。

仮面ライダー王蛇