目次

  1. 概要
  2. 仮面ライダーZXサイドの登場人物
  3. 村雨良/仮面ライダーZX(演:菅田俊)
  4. 一条ルミ(演:三宅友美子)
  5. 海堂肇(演:柄沢英二)
  6. 村雨しずか(演:ふくしまとしえ)
  7. 風見志郎/仮面ライダーV3(演:宮内洋)
  8. 結城丈二/ライダーマン(演:山口豪久)
  9. 沖一也/仮面ライダースーパー1(演:高杉俊价)
  10. バダンの登場人物
  11. 暗闇大使/サザングロス(演:潮健児)
  12. 三影英介/タイガーロイド(演:中屋敷鉄也)
  13. 大首領JUDO
  14. バダン総統(声:納谷悟朗『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』/関智一『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』)
  15. 仮面ライダーZXが登場した主な作品
  16. 『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』
  17. 『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』
  18. 『仮面ライダーSPIRITS』『新仮面ライダーSPIRITS』

概要

「仮面ライダーZX」は『仮面ライダー』シリーズにおける10番目の仮面ライダーの名称、また『テレビマガジン』『テレビランド』『冒険王』の各雑誌にて、1982年7月号~1984年8月号まで掲載されたグラビア企画の名称。

企画のきっかけは、1981年末に『仮面ライダー』シリーズのファンの集いに招かれた、原作者の石ノ森章太郎が「もう一度新たな仮面ライダーを創る」ことを公言したこと。
その後、シリーズのプロデューサーである平山亨のもとに『テレビマガジン』をはじめとした各雑誌から協賛の申し入れがあり、グラビア連載やコミカライズがスタートした。
主役となる映像作品としては、1984年1月に『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』がある。

平成になり、村枝賢一の漫画『仮面ライダーSPIRITS』において、9人の仮面ライダーが活躍した第1部終了後の「第2部 仮面ライダーZX Forget Memories」「第3部 仮面ライダーZX DRAGON ROAD」及び、雑誌移籍後の『新 仮面ライダーSPIRITS』において主役を務めることで格段に知名度や人気が増すこととなる。
2014年には映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』において、30年ぶりに菅田俊が映像作品で仮面ライダーZXへの変身も果たした。

仮面ライダーZXサイドの登場人物

村雨良/仮面ライダーZX(演:菅田俊)

%e6%9d%91%e9%9b%a8%e8%89%af 1980

1980年代の村雨良

%e6%9d%91%e9%9b%a8%e8%89%af 2010

2010年代の村雨良

%e6%9d%91%e9%9b%a8%e8%89%af spirits

仮面ライダーSPIRITSの村雨良

本編の主人公。小型飛行機の操縦免許を持つ青年で、ジャーナリストの姉・村雨しずかとともに、UFOの正体を探るためセスナを飛ばしていたところで「バダン」に拉致される。
その後、洗脳を受けてバダンの兵士として任務を優秀にこなしていたが、事故により記憶と自我を回復する。そしてバダンを脱走し、姉を殺した組織への復讐を誓う。
当初は復讐心のみで戦っていたが、9人の仮面ライダーたちと共闘する中で、復讐心を乗り越えることと、より大きな使命である、人類の自由と平和のために戦うことに気付く。そのときに村雨には「仮面ライダー10号」の称号が与えられた。


『仮面ライダーSPIRITS』においては、「ショッカー」~「ジンドグマ」といった、仮面ライダーたちと戦ってきた悪の組織を陰から操り、かつ人類の歴史に深くかかわってきたという「大首領JUDO」が、その魂を宿すための器としてバダンが造り上げた「パーフェクトサイボーグ」ボディの最後かつ最良の被験者という設定で登場。
それ以前は、記憶と自我を失い、バダンが命ずるままに、組織の強化兵士として多くの人を手にかけてきた過去をもつ。

失った記憶をよみがえらせてくれるという条件でバダンに従っていたが、バダンに拉致された伊藤博士に「記憶を奪ったのはバダン」という真実を教えられ、バダンを離れる。
その後、一条博士(一条ルミの父親)が作った「メモリーキューブ」の力で記憶を回復し、バダンを倒すことを決意する。後にJUDOとの一対一の対決を経て、メモリーキューブがなくともJUDOに対抗しうる精神力を身につけた(JUDO曰く「進化」)。
当初はバダンに対する復讐心のみで戦い、かつ自分の身体がJUDOの復活のために存在していることで戦いによる死を望んでいたが、仮面ライダーたちとの共闘あるいは真剣勝負を経て、「生き続け、償うために戦う」道を選び、仮面ライダー10号として目覚めた。

%e4%bb%ae%e9%9d%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bczx

村雨良が「変身!!」と叫んで、一定のポーズをとることによって仮面ライダーZXのボディとなる。
脳以外のほとんどの肉体をメカに置き換えた改造人間で、「パーフェクトサイボーグ」の異名を持つ。両足にはジェットエンジンが装備され、ベルトには虚像投影(ホログラフ)投影装置が仕込まれ、腕から特殊煙幕を放出するなど様々な機能をもっている。
手の甲に装備された鎖「マイクロチェーン」、肘から展開する「十字手裏剣」、左腿に隠された「電磁ナイフ」、両膝の「衝撃集中爆弾」など固定武装も豊富である。

必殺技は仮面ライダー伝統のキック技「ZXキック」。『仮面ライダーSPIRITS』では身体の捻りによって小規模な竜巻を起こして放つ「ZX穿孔キック」というバリエーションがある。また、仮面ライダー1号の必殺技「ライダーきりもみシュート」を一度くらっただけで体得するなど、学習能力も高い。
専用バイクの名前は「ヘルダイバー」。レーザー発射砲や飛行能力も備えた高性能マシンである。

一条ルミ(演:三宅友美子)

%e3%83%ab%e3%83%9f
%e3%83%ab%e3%83%9f spirits

仮面ライダーSPIRITSでのルミ

バダンによって父である一条博士を殺害された少女。良の身を案じている。

『仮面ライダーSPIRITS』では、記憶を失っていた時期の良に父を殺されたことから、良を恐れていたが、その父の研究こそがZXのボディを造り出し、良を苦しめてしまっていることを知ることで良と和解し、その後は数知れぬ戦いに赴く良を支える気丈な少女として登場している。

海堂肇(演:柄沢英二)

%e6%b5%b7%e5%a0%82%e5%8d%9a%e5%a3%ab

身寄りのないルミを引き取って親代わりになっている科学者。良とは昔からの知り合い。
『仮面ライダーSPIRITS』では、当初は診療所を開いていたがバダンにより全壊させられる。その後、一条博士の遺したデータからバダンの陰謀について知り、以降は良のサポートに徹する。

村雨しずか(演:ふくしまとしえ)

%e6%9d%91%e9%9b%a8%e3%81%97%e3%81%9a%e3%81%8b
%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%b9

仮面ライダーSPIRITSでの村雨しずか(アマテラス)

良の姉であるジャーナリスト。UFOの真実を確かめるべく良と取材を行っていた時にバダンに拉致され、良の目の前で処刑される。そのことへの復讐心が、当初の良の戦う原動力となっていた。

『仮面ライダーSPIRITS』では、ZXのボディの被験者として良以前に実験に用いられており、その過程で殺されたことになっている。そのためか、ZXのボディにはしずかの意識が宿っており、ことあるごとに良を励ますこととなった。
また、JUDOの意識との同調率がしずかを被験者にしたことで急激に上昇したことから、その資質を見込んだバダンが生み出した、指導者の器としてのパーフェクトサイボーグ「アマテラス」の母体にされている。

風見志郎/仮面ライダーV3(演:宮内洋)

%e9%a2%a8%e8%a6%8b%e5%bf%97%e9%83%8e
%e4%bb%ae%e9%9d%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bcv3