目次

  1. 冒頭~序盤
  2. 序盤~中盤
  3. 終盤
  4. ラスト
  5. 賛否両論

冒頭~序盤

Maxresdefault

やはり主演というだけあって、まず画面に映るのはこの本郷猛。
御年70の藤岡弘、氏の貫禄により、かつての本郷猛よりも勇ましく、逞しくなった本郷猛の活躍と、そして一抹の不安が描写されます。

そして見どころはやはり、この映画のために新たにデザインされた新しい仮面ライダー1号。
ベルトも一新し、ライダー……変身! の掛け声のあとに登場する1号は、その太ましいほどの肉体でショッカーを撃退します。

Rider1 resize

最新の仮面ライダーである仮面ライダーゴーストも登場し、そのデザインがかなりマッシブなところもあり、ここまで太くなったのではと思います。
ただ、この肉体から繰り出されるパンチやキックには、無言の説得力が存在しますね。

アクターは力強さと言えばこの人、の岡元次郎さん。
ぴったりの人選だと思いますね。

序盤~中盤

002

本郷猛の活躍のあとに描かれるのは、今回の敵であるショッカーから分裂したノバショッカーの登場シーン。
仮面ライダーゴースト=天空寺タケルとその仲間たちが駆けつけると、なんとショッカー同士が戦っている。
しかも、その中で翻弄される少女の姿が……というのが序盤。
その少女、立花藤兵衛の孫・立花真由がこの作品のキーパーソンとなります。

66efe9d1gw1f0m6bi95mhj20hs0bv76x 560x374

そして中盤でも本郷猛は大活躍。
敵幹部にも負けじと戦闘。迫力のアクションと、この巨体から繰り出されるライダーキックによって敵幹部を撃破します。

その後は本郷猛と立花真由、そして天空寺タケルとの交流が描かれ、さらにはノバショッカーの策略により日本が危機に陥ります。
天空寺タケルは仮面ライダーゴーストとして、ノバショッカーの企みを阻止するべく果敢に挑戦しますが、強力な攻撃によって敗退。
立花真由を守るため、半ば隠居のように暮らしていた本郷猛に協力を頼みますが……

2016y03m28d 182501301

そこに旧ショッカーが急襲。
ショッカーに狙われる立花真由はさらわれ、さらに本郷猛は絶不調。

45年間戦い続けてきた苦しみを我慢して戦う仮面ライダー1号ですが……立花真由の身体に秘められた力を敵に奪われ、力をつけたノバショッカーの幹部に敗北、なんと、本郷猛は死亡してしまいます……。

%e4%bb%ae%e9%9d%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc1%e5%8f%b7 3

悲しみに暮れる天空寺タケルや立花真由。
仇を撃つために戦う天空寺タケル、亡骸の前で泣き崩れる立花真由。
遺体を燃やし、本郷猛遂に散る――かと思われたその時、死んだはずの本郷猛のベルトが展開、炎が巻き起こす熱風を吸収し、まさしく不死鳥のように仮面ライダー1号は蘇ったのです。

なぜ生き返ることが出来たか、その理由は詳しくは語られませんが、答えは簡単です。
「この世に悪があるかぎり、仮面ライダーは死なん!」

終盤

203562

そしてラストバトル。
敵の力に大ピンチに陥る仮面ライダーゴーストとスペクター。
しかし、そこに復活した本郷猛が、新たなマシン、ネオサイクロン号に乗って登場!

News header kamenrider1 201602 02

おやっさん、立花藤兵衛が残した最強のライダーマシンに乗って、本郷猛はまたもや変身! ノバショッカーを撃破するため、なんとあの地獄大使と一時共闘する熱い展開で戦います。
もちろんゴーストとスペクターもまだまだ戦います!

Img chara

奮闘する仮面ライダー1号、しかし、仮面ライダーゴーストやスペクターも負けはしません。
過去のライダー、ライダーアイコンを使ってノバショッカーを撃破します。
この時、過去作のBGMが流れて非常に盛り上がります。詳しい活躍は是非ご覧ください。

Gallery013055 3

残る敵は一人。強大な力を持つ最後の敵に、三人の仮面ライダーが立ち向かいます。
地獄大使の力によって生まれた隙に、ゴーストとスペクターがダブルライダーキック!
怯んだ敵に、一号が止めのライダージャンプ! そしてライダーキック!
見事ノバショッカーの企みは阻止され、日本には平和が訪れました。

ラスト