目次

  1. あらすじ
  2. 仮面ライダーサイドの登場人物
  3. 本郷猛/仮面ライダー1号(演:藤岡弘、)
  4. 天空寺タケル/仮面ライダーゴースト(演:西銘駿)
  5. 深海マコト/仮面ライダースペクター(演:山本涼介)
  6. 月村アカリ(演:大沢ひかる)
  7. 山ノ内御成(演:柳喬之)
  8. 仙人(演:竹中直人)
  9. 立花真由(演:岡本夏美)
  10. 立花藤兵衛(演:小林昭二、故人)
  11. ショッカー軍団構成員
  12. 地獄大使(演:大杉漣)
  13. 毒トカゲ男
  14. シオマネキング
  15. ガニコウモル
  16. ノバショッカー
  17. ウルガ(演:阿部力)
  18. バッファル(演:武田幸三)
  19. イーグラ(演:長澤奈央)
  20. 藤岡弘、らしい展開の数々
  21. シリーズファンに働きかける様々な演出
  22. 本郷と立花藤兵衛の絆
  23. 平成第二期仮面ライダーたちの力を借りるゴースト&スペクター
  24. 地獄大使の活躍
  25. 映画と関連するエピソード
  26. 『伝説!ライダーの魂』「第7章」
  27. 『仮面ライダー バトライド・ウォー 創生』
  28. 『仮面ライダー1号』の名シーン編集動画

あらすじ

人々の自由と平和を守るために戦い続けてきた男、本郷猛/仮面ライダー1号。しかし彼の身体は、1971年から2016年までの永年の戦いを経て、すでに限界を迎えようとしていた。

その頃の日本では、歴史に名を遺した英雄の力を宿した「眼魂(アイコン)」で変身する天空寺タケル/仮面ライダーゴーストが、幽霊型怪人・眼魔から人々を守るために戦っていた。
町で起こった混乱に対処すべく変身した彼が見たのは、眼魔ではない謎の怪人たち。彼らは世界征服を狙って再び活動を開始したショッカーだった。
ゴーストとショッカー怪人たちが戦うその前に、ショッカーから離反し、世界の経済を牛耳って実権を握ろうとする組織・ノバショッカーも現れ、混戦の末に双方の組織は一時撤退する。

ショッカーの狙いとは、強大な力を持つアレクサンダーの眼魂だった。それを宿す少女、立花真由を危機から救った本郷。そこでタケルと共闘した本郷は、彼に戦う意味を問う。
その一方で、ノバショッカーは日本のエネルギーを一手に独占し、人々を窮乏に追い込んだうえで、政府と接触して支配権を握らんとしていた。ノバショッカーの圧倒的な力の前に、タケルは本郷の力を借りようとするが、「戦いから身を引き、真由に寄り添う」という約束を理由に彼は拒絶する。

そんな彼らの前に、本郷の宿敵だった地獄大使が復活し、ショッカー軍団を率いて現れた。
彼らは真由を拉致し、アレクサンダー眼魂を復活させるが、三つ巴の戦いの末、眼魂はノバショッカーのものとなり、さらに戦いの中で本郷の生命機能は停止してしまう。

本郷の弔いを行っている最中、ノバショッカーのリーダー・ウルガはアレクサンダー眼魂によって暴走し、無差別に人々を襲う。圧倒的な力になすすべもない仮面ライダーゴーストと、深海マコト/仮面ライダースペクター。彼らの前に現れたのは、奇跡的に復活した本郷だった。
雄々しく変身を遂げた仮面ライダー1号たちは、ノバショッカーに最後の戦いを挑む!

仮面ライダーサイドの登場人物

本郷猛/仮面ライダー1号(演:藤岡弘、)

%e6%9c%ac%e9%83%b7%e7%8c%9b
%e3%83%8d%e3%82%aa%ef%bc%91%e5%8f%b7

1971年、その優秀な頭脳と身体能力を見込まれ、ショッカーに肉体を改造される。しかし、恩師である緑川博士によって脳改造を免れたのち、その後45年にわたって様々な悪と戦い続けている英雄。
強靭な肉体から放たれる「ライダーキック」「ライダーパンチ」は敵の改造人間に致命的なダメージを与え、多くの怪人を一撃で葬ってきた。
しかし、その身体は長年の酷使によって限界を迎えようとしている。

本作での仮面ライダー1号のデザインは、1972年~2015年にわたって登場してきた「新1号」とは異なり、人造筋肉が鎧のように盛り上がった力強さと、オリジナル『仮面ライダー』で藤岡が怪我から復帰した際の、「桜島1号」とファンから呼ばれるカラーリングが採用されており、一部からは「ネオ1号」と呼ばれている。

天空寺タケル/仮面ライダーゴースト(演:西銘駿)

%e5%a4%a9%e7%a9%ba%e5%af%ba%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%83%ab
%e3%82%aa%e3%83%ac%e9%ad%82

私設組織「不可思議現象研究所」に所属するゴーストハンターとして、人々を守るべく、眼魔と戦う青年。
仮面ライダーゴーストになる前に一度生命を落としているが、仙人によって仮初めの命を与えられる。

人懐こさを持った青年だが、芯は強く、生命を弄ぶものに対しては強い怒りを見せる。

戦闘時は、眼魂によって様々な偉人や英雄の力を借りることで特殊能力を使いこなすことが可能。本作では基本形態の「オレ魂」、強化形態の「闘魂ブースト魂」、弓矢による攻撃を得意とする「闘魂ロビン魂」、後述する「レジェンドライダー魂」に変身している。

決め台詞は「命、燃やすぜ!!」

深海マコト/仮面ライダースペクター(演:山本涼介)

%e6%b7%b1%e6%b5%b7%e3%83%9e%e3%82%b3%e3%83%88
%e4%bb%ae%e9%9d%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc

仮面ライダーゴーストとともに、仮面ライダースペクターとして眼魔と戦う青年。
かつては他者を切り捨ててまでも眼魂を回収しようとし、タケルと敵対していたが、彼に妹・カノンの魂を救われたことで心を入れ替え、共闘することとなる。
タケルからは「マコト兄ちゃん」と慕われており、クールな戦い方が特徴。

月村アカリ(演:大沢ひかる)

%e6%9c%88%e6%9d%91%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%aa

タケルの幼馴染。いわゆる「理系女子」であり、全ての物事に対して科学的法則を見出そうとする性格。
その知識を生かし、本作では教育実習生として城南大学附属高校に潜入している。
面倒見のいい性格で、立花真由の境遇にも同情を示す。

山ノ内御成(演:柳喬之)

55d2f935471bf8002b

タケルの父に代わって、天空寺の住職代理を務める青年。
一人称が「拙僧」、目の前の相手に「殿」をつけるなど、古風な口調が特徴。
要所要所でタケルたちをしっかりとサポートする一方で、どこか抜けたところもある。

仙人(演:竹中直人)

%e4%bb%99%e4%ba%ba %e3%82%b4%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88