IS(インフィニット・ストラトス)のネタバレ解説・考察まとめ

弓弦イズルによる日本のライトノベルをアニメ化。
第1期は、2011年1月から全12話が放送。第2期は、2013年10月から全12話放送。
監督は2008年放送の『マクロスF』でも監督を務めた菊地康仁。
女性にしか動かせないという新兵器「IS〈インフィニット・ストラトス〉」を男である一夏が動かしたことから、女性だらけのIS学園に入学。一夏のバトルと恋の日々が始まる。

IS学園の1年1組に所属。
ドイツの代表候補生。
ドイツIS配備特殊部隊「シュヴァルツェ・ハーゼ(通称:黒ウサギ隊)」隊長。
右目は赤、左目は金のオッドアイを持ち、左目には眼帯をしている。
シャルロットと同時期にIS学園に転入してきた。
織斑千冬を師と仰いでおり、千冬が引退するきっかけとなった一夏を恨んでいた。
ラウラのISが暴走した際に、一夏に救われ、惚れてしまう。
一夏のことは「嫁」と呼んでいる。

更識 楯無(さらしき たてなし/ CV:斎藤千和)

IS学園2年生。
生徒会長。現役のロシア代表操縦者。
裏工作を実行する暗部に対する対暗部用暗部「更識家」の当主であり、17代目の楯無。「楯無」とは更識家当主が代々襲名する名前であり、彼女の本名は更識 刀奈(さらしき かたな)。
明瞭快活で文武両道、料理の腕もプロ並み。抜群のスタイルとカリスマをも併せ持つ。ただし編み物は苦手。

更識 簪(さらしき かんざし/ CV:三森すずこ)

IS学園の1年4組に所属。
更識楯無の妹。日本の代表候補生。
眼鏡は、視力矯正用ではなくIS用ディスプレイ。
趣味はアニメ鑑賞で、特に大好きなのがヒーローもの。
活発な姉と違い、内気で臆病な性格。

織斑 千冬(おりむら ちふゆ/ CV:豊口めぐみ)

IS学園1年1組の担任教師。一夏の姉。
元IS操縦者で日本代表も努めていた。
一夏に対し厳しい態度で接するが、実はかなりのブラコン。
IS開発者である篠ノ之束は友人であるが、一夏がISを起動できたのは束の計略と疑っている。

篠ノ之 束(しののの たばね/ CV:田村ゆかり)

篠ノ之箒の姉。天才科学者である。
ISの考案・開発までをほとんど1人でこなしている。 ISの技術はブラックボックスとなっている部分が多く、束だけが全てを握っている状態。
それ故、世界各国から狙われることになり、逃亡生活を続けている。

アイテム・メカ

IS(インフィニット・ストラトス)

正式名称「インフィニット・ストラトス」。操縦者の体を覆うパワードスーツ状の兵器である。
コアと呼ばれるパーツを中心に成り立っており、コア自身に独自の意識があるとされるが、その構造は完全なブラックボックスとなっており、詳細を知るのは開発者である篠ノ之束のみとされる。
彼女は新しいコアの製造を一切行っていないため、世界に存在するISは467機のみ。

ISは高い防御機能を備えており、シールドエネルギーによるバリアーや登場者の保護システム「絶対防御」であらゆる攻撃に対処できる。
搭乗者にダメージを与えることは難しく、ISの試合では、相手ISのシールドエネルギーをセロにすれば勝ちというルールになっている。
ISによっては、特殊能力『ワンオフ・アビリティー(単一仕様能力)』を発動できる機体もある。
IS登場以降、開発が続けられ、世界的には第3世代まで進化している。理由は不明だが、女性にしか起動出来ない。
従来の兵器を凌駕する圧倒的な性能から軍事転用が始まり、各国の抑止力の要がISに移っていった。

白式(びゃくしき)

一夏のために用意された専用機。
第3世代の機体に改良を加え、第4世代技術である「展開装甲」技術を武器に実装している機体。
元々は日本のIS企業が開発していた機体だが、開発が頓挫したものを束が引き継ぎ、完成させた。
機体コアには千冬の乗機だった「白騎士」のコアが使われている。

[装備]
《雪片弐型(ゆきひらにがた)》
高い威力を有する近接特化ブレード。使用するたびにシールドエネルギーを消費するため諸刃の剣でもある。
《雪羅(せつら)》
状況に応じて荷電粒子砲、エネルギー刃のクロー、零落白夜のシールドへ切り替え、4機のウィングスラスターによる《二段階瞬時加速》が可能。
《ワンオフ・アビリティー 零落白夜(れいらくびゃくや)》
対象のエネルギーを全てを無効化・消滅させる白式最大の攻撃能力。

紅椿(あかつばき)

箒の第4世代型IS。
白式の対となる存在で、エネルギーを消滅させる白式に対して増幅させる紅椿という立ち位置で、コンビ運用することが前提になっている。
代表候補生ではない箒が一年生の時点で専用機を持つことは本来無いが、束が箒のためだけに開発した。

[装備]
《雨月(あまつき)》
日本刀型ブレード。打突に合わせてエネルギー刃を放出する。
《空裂(からわれ)》
斬撃に合わせて帯状のエネルギーを放てる。振った範囲に自動展開する。
《穿千(うがち)》
両肩に2門装備した可変型ブラスター・ライフル。最大射程に優れた一点突破型の射撃装備。
《ワンオフ・アビリティー 絢爛舞踏(けんらんぶとう)》
最小のエネルギーをほぼ無制限に増大させる。IS同士のエネルギー補給(増幅)も接触だけで行うことができる。

ブルー・ティアーズ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

転生したらスライムだった件(転スラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『転生したらスライムだった件』とは、伏瀬(ふせ)が小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年から連載していた作品を書籍化し、アニメや漫画などのメディアにも展開している異世界ファンタジー。シリーズ総発行部数2500万部突破の人気作で、主人公のリムルをはじめとした仲間が悪逆な敵を倒していく爽快感が魅力である。スライムに転生した元サラリーマンが人と魔物が楽しく過ごせる国を作るべく仲間を増やして成り上がっていく姿が描かれている。

Read Article

転生したらスライムだった件(第1話『暴風竜ヴェルドラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

何ということない普通の人生を送っていた三上悟は、後輩とその恋人と共に焼肉店に向かう途中、刃物を持った通り魔に殺害されてしまう。謎の声を聞きながら暗闇から目覚めると、いつの間にかスライムになっていた。探索する中、スキル「無限牢獄」により封印されている暴風竜ヴェルドラと遭遇する。ヴェルドラと言葉を交わしていると、自分はこの世界では非常に珍しい「転生者」であると聞く。 今回は「転生したらスライムだった件」第1話『暴風竜ヴェルドラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

転生したらスライムだった件(第3話『ゴブリン村での戦い』)のあらすじと感想・考察まとめ

村の主となったリムルは牙狼族との戦いに勝利し、残った牙狼族はリムルに忠誠を誓った。牙狼族を配下に加えたリムルは、村の者全員に名付けをすることにする。その結果、ゴブリンと牙狼族は進化を遂げた。リムルは村を発展させるべく全員に役割を与える。だが、衣服と住居を作れる者がいなかった。リグルドからそういった技術を持つドワーフの存在を知ったリムルは、彼らの住むドワルゴンへ向かうことにした。 今回は「転生したらスライムだった件」第3話『ゴブリン村での戦い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

転生したらスライムだった件(第2話『ゴブリンたちとの出会い』)のあらすじと感想・考察まとめ

友達となった三上とヴェルドラは互いに名前を付けあい、三上はリムル=テンペストを、ヴェルドラはヴェルドラ=テンペストを名乗ることになった。リムルはヴェルドラの封印を解くため、捕食で胃袋に隔離することにする。洞窟を外へ出たリムルは、ゴブリンたちの群れに遭遇する。ゴブリンたちは牙狼族に襲撃され、危険な状況にあった。見かねたリムルは力を貸すことに決め、ゴブリンたちの主となった。 今回は「転生したらスライムだった件」第2話『ゴブリンたちとの出会い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

転生したらスライムだった件(第4話『ドワーフの王国にて』)のあらすじと感想・考察まとめ

ドワーフの職人を探しにドワルゴンへ訪れたリムルたち。入国前に騒動を起こして連行されてしまうものの、ケガをしたというドワーフに回復薬を提供したことで釈放される。そのお礼に鍛冶職人のカイジンを紹介してもらうが、ベスターの依頼を優先したいと断られてしまう。なんとしてもカイジンを迎え入れたいリムルは、スキルを活用して協力することにした。 今回は「転生したらスライムだった件」第4話『ドワーフの王国にて』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

転生したらスライムだった件(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『転生したらスライムだった件』とは、伏瀬による小説作品、およびそれを元にした漫画・アニメなどのメディアミックス作品である。 サラリーマンの三上悟は通り魔に刺殺されてしてしまい、気がつくとスライムとして異世界に転生していた。そこで出会った暴風竜ヴェルドラと友達となり、「リムル」の名前を付けてもらう。その後、ゴブリンの村を牙狼族から救ったことを契機に、さまざまな魔物たちがリムルの元へ集まるようになる。最弱のスライムによる最強の物語。

Read Article

ヤマノススメ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「コミック・アース・スター」にて2011年9月より連載している、しろ原作の漫画。 女子高生の登山をテーマにした作品で、2013年1月~3月までアニメ第1期、2014年7月~12月までアニメ第2期が放送された。 著者が登山好きなこともあり、作中では実在する山の名前や登山用語・アウトドア用語が沢山登場する。 物語の舞台となった埼玉県飯能市では、アニメ終了後も数々のイベントが開催されている。

Read Article

目次 - Contents