IS(インフィニット・ストラトス)のネタバレ解説・考察まとめ

弓弦イズルによる日本のライトノベルをアニメ化。
第1期は、2011年1月から全12話が放送。第2期は、2013年10月から全12話放送。
監督は2008年放送の『マクロスF』でも監督を務めた菊地康仁。
女性にしか動かせないという新兵器「IS〈インフィニット・ストラトス〉」を男である一夏が動かしたことから、女性だらけのIS学園に入学。一夏のバトルと恋の日々が始まる。

セシリアの第3世代型IS。
射撃を主体とした機体。第3世代兵器「BT兵器」のデータをサンプリングするために開発された実験・試作機という意味合いが濃い。
ライフルとビットが主な装備だが、ミサイルも備えている。白式など接近戦を得意とする機体には相性が悪い。

[装備]
《スターライトmkⅢ》
六七口径特殊レーザーライフル。
《インターセプター》
近接ショートブレード。
《ブルー・ティアーズ》
機体名にもなっている主力武器。
射撃型特殊レーザービット4機+弾道型ミサイルビット2機で構成される。本体から離脱して、飛行・射撃が可能。
《ストライク・ガンナー》
ブルー・ティアーズを6基全て推進力に回すことで、高機動を実現する。

甲龍(こうりゅう)

鈴音の第3世代型IS。
燃費と安定性を第一に設計されたバランスの良い機体。
大型の青龍刀「双天牙月」による近接戦闘が得意なパワータイプと見られがちだが、龍咆による中距離攻撃も可能。
龍咆は目に見えないため、交わすのが困難。

[装備]
《双天牙月(そうてんがげつ)》
両端に刃を備えた翼形の青龍刀。
《龍咆(りゅうほう)》
空間自体に圧力をかけて砲身を生成、余剰で生じる衝撃を砲弾として撃ち出す。砲身も砲弾も眼に見えない。また、斜角がほぼ制限なしで撃てる。
《崩山(ほうざん)》
攻撃特化パッケージ。龍砲を機能増幅し、4門の熱殻拡散衝撃砲をもつ。不可視の砲弾から炎弾に変わる仕様。
《風(ふぇん)》
高機動パッケージ。大型スラスターの増設と龍咆を近距離用の拡散仕様へと変更する仕様。地域の特別イベント用に装備したもの。

ラファール・リヴァイヴ・カスタムII

シャルロットの第2世代型IS。
基本装備をいくつか外して、その上で拡張領域を倍にしてある。R-リヴァイヴのカスタム機。
コアを同期させることで、他機へのエネルギーバイパスを構築し、シールドエネルギーの受け渡しを行える。
他の専用機より1世代前の機体なため、支援に回ることが多い。

[装備]
《ブレッド・スライサー》
近接ブレード
《ヴェント》
五五口径アサルトライフル。
《ガルム》
六一口径アサルトカノン
《レイン・オブ・サタディ》
六二口径連装ショットガン
《灰色の鱗殻》
六九口径パイルバンカー
《デザート・フォックス×2》
五九口径重機関銃
《ガーデン・カーテン》
リヴァイブ専用防御パッケージ。実体シールドとエネルギーシールドを2枚ずつ装備。

シュヴァルツェア・レーゲン

ラウラの第3世代型IS。
近接から遠距離射撃までこなす万能型。
過去の戦闘を再現・実行するシステム「VTシステム(ヴァルキリー・トレース・システム)」が仕込まれており、損害が一定レベルに達すると発動する。
姉妹機に、黒ウサギ隊の副隊長が搭乗する『シュヴァルツェア・ツヴァイク』が存在する。

《大口径レールカノン》
対ISアーマー用特殊徹甲弾。
《パンツァー・カノニーア》
砲戦パッケージ。80口径レールカノン(ブリッツ)2門と物理シールド4枚から成る。
《慣性停止能力(AIC)》
第三世代型兵器 停止結界。相手を制止することが可能だが、高い集中力を必要とする。単機には有効だが、複数を相手では、制止対象以外からの横槍が入るとAICを維持できない。
《VTシステム(ヴァルキリー・トレース・システム)》
過去のIS世界大会『モンド・グロッソ』の戦闘データを再現・実行するシステム。損害レベルが一定上かつ、搭乗者の感情をキーに発動するように設定されていた。
「学年別トーナメント」で暴走後、取り除かれた。

霧纒の淑女(ミステリアス・レイディ)

楯無の第3世代型のIS。
装甲が少なく装着者の肌が多く露出されているが、ナノマシンで構成された水のヴェールで機体を覆うことで防御力を保っている。
水は攻撃にも転用可能で、相手ISの隙間から侵入して破壊できる。また、精巧な水の分身を作ることもでき、巻紙戦では分身を使って幻惑した。

[装備]
《アクア・クリスタル》
アクア・ナノマシンの製造プラント。水のヴェールをマントのように展開して、操縦者の体を包み込むことで相手攻撃を無効化できる。
水の形状は任意に変える事ができ、精巧な水の分身を作れる。
《蒼流旋(そうりゅうせん)》
アクア・ナノマシンによって超高周波振動する水を螺旋状に纏ったランス。四門のガトリングガンも装備。
《ラスティー・ネイル》
蛇腹剣。蒼流旋と同じように水を纏わせる事で切断力を上げる事が可能。
《清き激情(クリア・パッション)》
水蒸気爆発を誘発させる技。密閉空間に水を霧状に充満させ、一斉に熱に転換する事で対象物を爆破する。
《ミストルテインの槍》
通常時は防御用に装甲表面を覆っているアクア・ナノマシンを一点に集中、攻性成形することで強力な攻撃力とする一撃必殺の大技。
ただし、防御力が皆無と成るため、反撃されると大ダメージを負う。
《麗しきクリースナヤ》
ミステリアス・レイディの専用パッケージ。
パッケージと接続する事で、アクア・ナノマシンが高出力状態にできる。
ミストルテインの槍も連発する事が出来、ワンオフ・アビリティーの発動も可能になる。
《ワンオフ・アビリティー 沈む床(セックヴァベック)》
超広範囲の空間拘束結界。拘束力はシュヴァルツェア・レーゲンのAICより強力。

打鉄弐式(うちがねにしき)

簪の第3世代型IS。
日本の倉持技研が開発を進めていたが、白式の開発に人材を取られてしまい、永らく未完成だった。
一夏のタッグパートナーとなった事で、彼の人脈からIS学園整備科の協力を得て完成した。機体の稼動データには「ミステリアス・レイディ」「白式」のデータが流用されている。

[装備]
《山嵐(やまあらし)》
マルチロックオンシステムを備えた誘導ミサイル。ミサイルは計6基あり、内部に8発のミサイルを備えたポッドになっている。最大で48発の一斉射撃を行える。
《春雷(しゅんらい)》
速射荷電粒子砲2門。開発には白式のデータを使用している。
《夢現(ゆめうつつ)》
対複合装甲用超振動薙刀(なぎなた)

みどころ

揺れ動くヒロインの心

幼馴染を除くメインヒロインは、初めは一夏に敵対、または無関心だが、一夏の優しさに触れ、激しく好意を抱くようになる。
中でもラウラは、「お前は私の嫁にする。決定事項だ。異論は認めん」と宣言し、クラスメイトの前でキスをした。
ラブコメの王道を行く作品だけに、キャラの変貌ぶりは注目だ。

シャルロットとの共同生活

シャルロットは、男と偽って転校してきたため、一夏と同室となる。
微妙な年頃の男女の共同生活は危険がいっぱい。
「一夏のえっち…」はファンの間で名ゼリフとして語らている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

転生したらスライムだった件(転スラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『転生したらスライムだった件』とは、伏瀬(ふせ)が小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年から連載していた作品を書籍化し、アニメや漫画などのメディアにも展開している異世界ファンタジー。シリーズ総発行部数2500万部突破の人気作で、主人公のリムルをはじめとした仲間が悪逆な敵を倒していく爽快感が魅力である。スライムに転生した元サラリーマンが人と魔物が楽しく過ごせる国を作るべく仲間を増やして成り上がっていく姿が描かれている。

Read Article

転生したらスライムだった件(第1話『暴風竜ヴェルドラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

何ということない普通の人生を送っていた三上悟は、後輩とその恋人と共に焼肉店に向かう途中、刃物を持った通り魔に殺害されてしまう。謎の声を聞きながら暗闇から目覚めると、いつの間にかスライムになっていた。探索する中、スキル「無限牢獄」により封印されている暴風竜ヴェルドラと遭遇する。ヴェルドラと言葉を交わしていると、自分はこの世界では非常に珍しい「転生者」であると聞く。 今回は「転生したらスライムだった件」第1話『暴風竜ヴェルドラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

転生したらスライムだった件(第3話『ゴブリン村での戦い』)のあらすじと感想・考察まとめ

村の主となったリムルは牙狼族との戦いに勝利し、残った牙狼族はリムルに忠誠を誓った。牙狼族を配下に加えたリムルは、村の者全員に名付けをすることにする。その結果、ゴブリンと牙狼族は進化を遂げた。リムルは村を発展させるべく全員に役割を与える。だが、衣服と住居を作れる者がいなかった。リグルドからそういった技術を持つドワーフの存在を知ったリムルは、彼らの住むドワルゴンへ向かうことにした。 今回は「転生したらスライムだった件」第3話『ゴブリン村での戦い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

転生したらスライムだった件(第2話『ゴブリンたちとの出会い』)のあらすじと感想・考察まとめ

友達となった三上とヴェルドラは互いに名前を付けあい、三上はリムル=テンペストを、ヴェルドラはヴェルドラ=テンペストを名乗ることになった。リムルはヴェルドラの封印を解くため、捕食で胃袋に隔離することにする。洞窟を外へ出たリムルは、ゴブリンたちの群れに遭遇する。ゴブリンたちは牙狼族に襲撃され、危険な状況にあった。見かねたリムルは力を貸すことに決め、ゴブリンたちの主となった。 今回は「転生したらスライムだった件」第2話『ゴブリンたちとの出会い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

転生したらスライムだった件(第4話『ドワーフの王国にて』)のあらすじと感想・考察まとめ

ドワーフの職人を探しにドワルゴンへ訪れたリムルたち。入国前に騒動を起こして連行されてしまうものの、ケガをしたというドワーフに回復薬を提供したことで釈放される。そのお礼に鍛冶職人のカイジンを紹介してもらうが、ベスターの依頼を優先したいと断られてしまう。なんとしてもカイジンを迎え入れたいリムルは、スキルを活用して協力することにした。 今回は「転生したらスライムだった件」第4話『ドワーフの王国にて』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

転生したらスライムだった件(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『転生したらスライムだった件』とは、伏瀬による小説作品、およびそれを元にした漫画・アニメなどのメディアミックス作品である。 サラリーマンの三上悟は通り魔に刺殺されてしてしまい、気がつくとスライムとして異世界に転生していた。そこで出会った暴風竜ヴェルドラと友達となり、「リムル」の名前を付けてもらう。その後、ゴブリンの村を牙狼族から救ったことを契機に、さまざまな魔物たちがリムルの元へ集まるようになる。最弱のスライムによる最強の物語。

Read Article

ヤマノススメ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「コミック・アース・スター」にて2011年9月より連載している、しろ原作の漫画。 女子高生の登山をテーマにした作品で、2013年1月~3月までアニメ第1期、2014年7月~12月までアニメ第2期が放送された。 著者が登山好きなこともあり、作中では実在する山の名前や登山用語・アウトドア用語が沢山登場する。 物語の舞台となった埼玉県飯能市では、アニメ終了後も数々のイベントが開催されている。

Read Article

目次 - Contents