魔法科高校の劣等生の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『魔法科高校の劣等生』とは、佐島勤(さとうつとむ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。
魔法師が職業として存在する架空の近未来の地球が舞台で、日本の魔法師育成機関の一つである「国立魔法大学付属第一高校」に、入試トップの司波深雪が優秀者の集まりである「一科生」として、兄の司波達也が補欠の集まりとして揶揄される「二科生」として入学する所から物語は始まる。
二つのクラスの間には能力差から生じる絶対的差別が存在し、その中からは数々の名言が生まれている。

『魔法科高校の劣等生』の概要

『魔法科高校の劣等生』とは、佐島勤(さとうつとむ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。
原作者である佐島勤の手により書かれたライトノベルの『魔法科高校の劣等生』は、2011年7月より電撃文庫から出版され、同氏の商業デビュー作となった作品である。
アニメ『魔法科高校の劣等生』の制作は、1973年「エースをねらえ!」など数々の名作を世に送り出した老舗である「マッドハウス」が手掛け、監督は『咲-Saki-』で総監督をした小野学(おのまなぶ)が務めた。
作中に登場する魔法師とは正式名称「魔法技能士」の略称で、魔法を扱える者達の総称であり、魔法が職業技能の一部として認知されている架空の近未来の地球が舞台となっている。
その世界における日本の魔法師育成機関の一つの「国立魔法大学付属第一高校」に、入試の成績がトップであった司波深雪(しば みゆき)が優秀なエリートの集まりの「一科生」として、兄の司波達也(しばたつや)が補欠の集まりと揶揄される「二科生」として入学する所から物語は始まる。
学校が定めた入試課題の成績により分けられた二つのクラスの間には、一科生クラスのみに指導教員がつき、制服に刺繍されたエンブレムに関しても、一科生には学校のシンボルである八枚花弁が施され、二科生には刺繍が無いなど、目に見える形の差別が存在した。エンブレムを持つ自分達の事を「ブルーム(花冠)」と呼び、二科生の事を「ウィード(雑草)」と呼び、蔑む一科生。
その様な学校に入学した司波兄妹であったが、学校の規範では測る事が出来ない達也の圧倒的魔法センスと、他の追随を許さない魔法力を持った深雪が、兄妹愛以上の愛情を以って、差別に満ちた学校内の固定観念を打破して行く。
既成概念に囚われない司波兄妹の姿に刺激を受け、徐々に改善して行く一科生と二科生の関係。
しかし、長きに渡り差別の歴史を繰り返して来た一科生と二科生の関係改善は容易でなく、ぶつかり合う二つのクラスの生徒達からは、様々な名言が生まれている。

『魔法科高校の劣等生』の名言・名セリフ

何故お兄様が補欠なのですか!? 入試はトップだったじゃないですか!

第一話から深雪のセリフ。
司波兄妹は国立魔法大学付属第一高校に合格したものの、筆記の成績がトップであった筈の達也は補欠と称される「二科生」クラスになる。
上記名言は納得がいかない深雪から出た一言であるが、達也は「魔法高校はペーパーテストより魔法実技が優先される」と宥める。
学校の運営自体が、差別の温床を生んでいる事を感じさせるセリフである。

お兄様、早速デートですか?

第一話から深雪のセリフ。
入学式で講堂に集まる達也を含めた第一高校の生徒達。
そんな中、新入生代表として壇上で挨拶する深雪。
深雪の晴れ舞台を客席から見守る達也であったが、隣に座った女子生徒二人に声を掛けられる。
同じ「二科生」クラスになる千葉エリカ(ちばえりか)と柴田美月(しばたみづき)と知る達也。
式が終わり次第帰れる日であったが、エリカと美月に教室の下見に誘われる。
上記名言は、達也が深雪との待ち合わせを理由に断る最中、三人の下に姿を現した深雪が、達也に言った嫉妬から出た一言。
深雪の達也に対する兄妹以上の愛情を感じさせるセリフである。
この一言以降、エリカ達は司波兄妹の兄弟愛以上の愛情表現を、度々目撃する事となる。

怒る事が出来ない俺の代わりにお前が怒ってくれるから、俺は救われているんだ。

第二話から達也のセリフ。
生徒会会長の七草真由美(さえぐさまゆみ)と、風紀委員長である渡辺摩利(わたなべまり)に、一科生と二科生の諍いを治めた実力を買われ、風紀委員に指名される達也。
しかし副会長の服部刑部少丞範蔵(はっとりぎょうぶしょうじょうはんぞう)は、学校の顔である一科生のみで構成された役員の中に二科生が入る事に納得出来ず、深雪の前で達也を見下した発言をする。
怒った深雪は、学校の基準では測れない達也の魔法師としての実力を服部に語るが、逆に「身内びいきで目を曇らせてはいけない」とたしなめられてしまう。
そんな中、達也は深雪の汚名を晴らす為、服部に生徒会役員立ち合いの模擬試合を申し込む。
感情的な発言が引き金で、達也に一科生との試合をさせてしまった事を後悔する深雪であったが、達也は上記名言で慰めた。
二科生でありながら、一科生と渡り合う事が出来る実力を持つ達也。
彼がその代価として、肉体的な物か、精神的な物かは定かではないが、何かを支払い大きなチカラを得ている事を示唆する一言である。
後に劇中のモノローグで、魔法を行使する為の魔法演算領域のスペースを確保する代償として、感情の大半を消去されている事が徐々に語られて行く。

多変数化は、処理速度としても、演算規模としても、干渉強度としても、この学校では評価されない項目ですからね

第三話から達也のセリフ。
服部が深雪に発した「身内びいきで目を曇らせてはいけない」との言葉を撤回させ、深雪の目が曇っていない事を証明する為に、生徒会立ち合いの下で服部と模擬試合をする達也。
生徒会会長真由美による試合開始の合図と同時に達也は服部の背後に回り込み、気絶させる魔法攻撃を行って戦闘不能状態にし、勝利する。
一瞬のうちに達也の圧勝で終った試合に、服部を戦闘不能にした過程の解説を求める真由美達、生徒会役員。
しかし達也の口から語られた魔法の使用方法は一年生のしかも二科生の生徒が行えるような魔法術式ではなく、何故その様な技量を持った達也が二科生に割り振られてしまったのか疑問を呈する真由美達に、達也は上記名言の様に答えた。
真由美達に学校側の持つ見識の狭さを痛感させ、補欠と揶揄される二科生の中には、学校の基準では測れない才能を持った生徒達がいる事を、改めて認識させた一言である。

ここは君にとっても居心地の悪くない場所だと思うよ

第三話から風紀委員長 摩利のセリフ。
達也が、生徒会立ち合いの正式な模擬試合で服部に勝った事で、生徒会役員内から異論は出ず、心置きなく達也を風紀委員の一人に任命する摩利。
早速風紀委員の部屋へ達也を連れて行き、仕事について説明するさ中、風紀委員で三年一科生の辰巳鋼太郎(たつみこうたろう)と二年一科生の沢木碧(さわきみどり)が定期巡回を終え戻って来る。
達也を二人に紹介する摩利であったが、達也の制服にエンブレムが無い事から二科生と知った辰巳は怪訝な顔をする。
辰巳と沢木の微妙な空気に、風紀委員にも差別がある事を感じる達也。
しかし二人は、達也が服部を倒した話を摩利から聞いた途端に態度が一変し、「腕が立つ人間は大歓迎だ」と自ら自己紹介し、好意的に迎い入れる。
一科生である二人が、差別的目線で達也を見ていたのではなく、単に実力を憂慮していただけであった事に驚く達也。
そんな達也に摩利は、自身が予てより学校内にはびこる一科生と二科生の間の差別意識について改善したいと思っていた事と、風紀委員のメンバーには差別意識の薄い一科生を厳選して任命している事を伝える。
入学初日から根深い差別意識を目の当たりにして来た達也が意外そうな顔をすると、摩利は上記名言で話を締め括った。
学校が定めた基準においての差別が横行する学校内で、一科生と二科生のクラス分けに関係なく、個人の力量を見てくれている人間が複数いる事を、達也が改めて知った一言である。

魔法の成績が最優先される、それだけで決められるのは間違ってると思わない? 魔法がうまく使えないからって私の剣まで否定されるのは耐えられない

第四話から壬生 紗耶香(みぶさやか)のセリフ。
二年の「二科生」クラスで剣道部に所属する紗耶香は、中等部剣道大会の女子部で全国二位を取った事がある実力の持ち主。
そんな彼女は、二科生である達也が風紀委員として、学校内の規則に反し、魔法を校内で不正に使った剣術部一科生達を取り押さえる姿を目の当たりにし、剣道部へ勧誘する。
しかしそれは達也を部員として勧誘したのではなかった。その真意は、二科生の有志を集めて団体を作り、学校側に待遇改善を訴え出る為の構成メンバーの一人としてであった。
しかし達也は即答で断った。団体を作る理由を紗耶香に尋ねると、上記名言の様に答えた。
「二科生」クラスの生徒が、学校と「一科生」クラスに抱く不満の根深さが感じられる一言である。

何人たりとも、俺とお前の今の生活を壊させやしない

第四話から達也のセリフ。
紗耶香の勧誘を断り、風紀委員として学内における魔法の不正使用を取締り続ける達也であったが、騒動の現場に駆け付ける途中、魔法による狙撃を受ける。
難なくかわす達也は狙撃犯を追う中、犯人の手首に、特定のテロリスト集団が身に付けるリストバンドがあるのを目撃する。
テロリスト集団の名は「エガリテ」と言い、世界各国で魔法師排斥運動を行う反魔法組織「ブランシュ」の下部組織である。
学校内に魔法師排斥運動を行うテロリスト集団の一員が紛れ込んでいるとなれば、深雪も無関係ではいられないと判断した達也は、狙撃を受けた事や、学校内にテロリストの構成員が紛れ込んでいる事と、その背後にある組織など、包み隠さず話した。
不安を滲ませる深雪であったが、達也は上記名言で深雪の心を落ち着かせた。
国際的なテロリストに狙われているにもかかわらず、動じる様子も見せない達也。
それ程のチカラを達也と深雪が持っている表れではあるが、名言は、そんな二人の高校生活を脅かす存在がいる事を匂わせる一言であり、学校生活が破綻すると、二人だけの日常生活も破綻する事を連想させ、二人が魔法を職業とする為に入学した普通の学生ではない事を示唆するセリフでもある。
物語りが進む中で、深雪が日本国内屈指の魔法師集団である十師族(じゅっしぞく)の中でも最強と謳われる、四葉家(よつばけ)の次期頭首候補である事が徐々に明らかになって行き、達也は物語の終盤、武装テロリスト集団が横浜の町を襲撃した時に日本の国防陸軍から召集を受け、仲間達に軍人であった事を知られる。

ardbeg001s0
ardbeg001s0
@ardbeg001s0

Related Articles関連記事

魔法科高校の劣等生(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法科高校の劣等生(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法科高校の劣等生』とは2008年より佐島勤がWebサイト「小説家になろう」で掲載しているライトノベル、およびそれを原作とした漫画やアニメ作品である。魔法科高校を舞台に繰り広げられる異色の青春学園ストーリー。魔法に関する技術と知識、さらに類い稀な格闘センスを持つ主人公が、不当な評価を受けつつも、愛する妹や仲間達とたくましく成長していく姿が描かれている。原作のシリーズ累計発行部数は2000万部を超える人気作である 。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

IS(インフィニット・ストラトス)のネタバレ解説・考察まとめ

IS(インフィニット・ストラトス)のネタバレ解説・考察まとめ

弓弦イズルによる日本のライトノベルをアニメ化。 第1期は、2011年1月から全12話が放送。第2期は、2013年10月から全12話放送。 監督は2008年放送の『マクロスF』でも監督を務めた菊地康仁。 女性にしか動かせないという新兵器「IS〈インフィニット・ストラトス〉」を男である一夏が動かしたことから、女性だらけのIS学園に入学。一夏のバトルと恋の日々が始まる。

Read Article

ブルーロック(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ブルーロック(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブルーロック』とは2018年より、金城宗幸(原作)とノ村優介(作画)が『週刊少年マガジン』で連載している漫画。「最強のエゴイスト」という名にふさわしいストライカーを1名誕生させるため始まった「ブルーロック(青い監獄)」プロジェクト。そこに集められた300人の高校生が生き残りをかけてサッカーでバトルを繰り広げていく。脱落=選手生命の終わりを意味しており、今までなかったデスゲームの要素が加わった新しいスポーツ漫画となっており、ハラハラした展開から目が離せない。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

ヤマノススメ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ヤマノススメ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「コミック・アース・スター」にて2011年9月より連載している、しろ原作の漫画。 女子高生の登山をテーマにした作品で、2013年1月~3月までアニメ第1期、2014年7月~12月までアニメ第2期が放送された。 著者が登山好きなこともあり、作中では実在する山の名前や登山用語・アウトドア用語が沢山登場する。 物語の舞台となった埼玉県飯能市では、アニメ終了後も数々のイベントが開催されている。

Read Article

転生したらスライムだった件(転スラ)のネタバレ解説・考察まとめ

転生したらスライムだった件(転スラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『転生したらスライムだった件』とは、伏瀬(ふせ)が小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年から連載していた作品を書籍化し、アニメや漫画などのメディアにも展開している異世界ファンタジー。シリーズ総発行部数2500万部突破の人気作で、主人公のリムルをはじめとした仲間が悪逆な敵を倒していく爽快感が魅力である。スライムに転生した元サラリーマンが人と魔物が楽しく過ごせる国を作るべく仲間を増やして成り上がっていく姿が描かれている。

Read Article

思わず見とれてしまう「美男美女」の兄妹キャラまとめ!

思わず見とれてしまう「美男美女」の兄妹キャラまとめ!

「人は顔じゃない」と言いますが、何だかんだ言ってみんな美形の人には惹かれてしまうものですヽ(゜´A`゜)ノ。その悲しい現実が顕著に現れるのが、美形ぞろいのキャラクターが溢れる2次元の世界。という事で今回は、アニメにおける美男美女の「兄妹(姉弟)達」に迫っていきたいと思います!若干気色悪く感じる文面もあるかと思いますが、その点ご了承ください(´д`)ww

Read Article

魔法科高校の劣等生のアニメキャプチャー画像まとめ

魔法科高校の劣等生のアニメキャプチャー画像まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。主人公の司波達也は非常に偏った魔法技能から一般的な評価としては劣等生とされており、妹である深雪は多種類の高度な魔法を駆使できることなどから優等生とされている。

Read Article

司波達也・深雪、同級生の解説まとめ【魔法科高校の劣等生】

司波達也・深雪、同級生の解説まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。主人公の司波達也とヒロインの深雪の同級生には特徴的な魔法技能を持つものが多い。また達也たちと行動を共にすることが多く、学内のみならず学外でも活躍している。

Read Article

司波深雪の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

司波深雪の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。深雪は非の打ち所がない美貌の持ち主で、兄の達也のことを慕っている少女だ。それを隠すこともしないため、周囲からは重度のブラコンという認識をされている。

Read Article

七草真由美の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

七草真由美の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。七草真由美は達也たちの2学年上の先輩で、十師族「七草家」の長女だ。小柄ではあるが、バストとヒップは平均的な身長の同世代の平均的な数値と変わらないトランジスターグラマーである。

Read Article

司波達也・深雪の先輩たち最強世代の登場人物・キャラクターまとめ【魔法科高校の劣等生】

司波達也・深雪の先輩たち最強世代の登場人物・キャラクターまとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。その時の3年生、達也・深雪の二年先輩には十師族の七草真由美、十文字克人や百家の支流・渡辺摩利などの実力者が数多く、作中では「最強世代」と呼ばれていた。

Read Article

魔法科高校の劣等生の第一高校風紀委員まとめ

魔法科高校の劣等生の第一高校風紀委員まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。魔法科高校である第一高校の風紀委員会は生徒会と同じく学内で魔法をアシストするCADの携帯が認められている組織だ。主人公の達也も風紀委員会に所属することになる。

Read Article

司波深雪のかわいいイラスト・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

司波深雪のかわいいイラスト・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。深雪は同級生から上級生まで、男女問わずに認める「校内一の美少女」であり、作中でも人気が高い。当の深雪は兄の達也に心酔している。

Read Article

光井ほのかの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

光井ほのかの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。ほのかは深雪のクラスメイトであり、魔法に関して深雪に次ぐ学年総合2位の実力を持つ。「光井」というのは光波振動系に特化した適性を持つ、「光のエレメンツ」のことである。

Read Article

魔法科高校の劣等生のイラスト画像・壁紙・動画集

魔法科高校の劣等生のイラスト画像・壁紙・動画集

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。達也は現代の魔法力の評価ではぎりぎり赤点を免れるといった程度の力しかないが、自由に扱える「分解」と「再成」という魔法、知識や体術を駆使しして学校という枠組みを越えた場所で活躍を見せていく。

Read Article

魔法科高校の劣等生のかわいい登場人物・キャラクターまとめ

魔法科高校の劣等生のかわいい登場人物・キャラクターまとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。作中ではヒロインの深雪を筆頭に多くのかわいいキャラクターが登場する。それは、魔法資質が高い人間ほど骨格が左右対称となる傾向にあるとされることも無関係ではないだろう。

Read Article

千葉エリカの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

千葉エリカの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。エリカは達也・深雪の友達で、1年時のクラスメイトである。「剣の魔法師」の二つ名を持つ百家本流の一つ「千葉家」の次女であるが、父親が愛人に産ませた娘であるため、父親をはじめ家族仲はあまり良くない。

Read Article

渡辺摩利の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

渡辺摩利の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。摩利は達也や深雪の二年先輩にあたる人物で、達也を風紀委員に推した張本人である。また渡辺綱の末裔ともされる「渡辺家」の出身で、同家の中でも一人だけ飛び抜けた魔法の才能を持つ。

Read Article

柴田美月のかわいいイラスト・画像を集めてみた【魔法科高校の劣等生】

柴田美月のかわいいイラスト・画像を集めてみた【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。達也の同級生である美月は魔法師の家庭の生まれではないが、隔世遺伝で魔法の素質が発現した少女である。「霊子放射光過敏症」という症状を緩和するために常に眼鏡をかけている。

Read Article

魔法科高校の劣等生の第一高校生徒会役員まとめ

魔法科高校の劣等生の第一高校生徒会役員まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。成績優秀者の中から選ばれる生徒会役員は魔法を補助するCADの携帯が認められており、第一高校に首席で入学した深雪も入ることとなる。

Read Article

魔法科高校の劣等生の主題歌・挿入歌まとめ【OP・ED】

魔法科高校の劣等生の主題歌・挿入歌まとめ【OP・ED】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。アニメの第1期は2014年4月から放送され、その主題歌にはLiSAやGARNiDELiA、ELISA、安田レイといった人気アーティストが起用された。

Read Article

千葉エリカのかわいいイラスト・画像を集めてみた【魔法科高校の劣等生】

千葉エリカのかわいいイラスト・画像を集めてみた【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。エリカはドイツ人の祖父を母方に持つクォーターで、「剣の魔法師」の二つ名を持つ千葉家の次女である。純粋な剣術の技量は千葉家の中でも上位にあり、門下生である渡辺摩利をも上回る。

Read Article

目次 - Contents