うみべの女の子(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『うみべの女の子』とは、『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)にて2009年から2013年にかけて連載された浅野いにおによる成人向け恋愛漫画作品である。本作は、田舎で暮らす中学生たちの性や葛藤を描いている。憧れの先輩にフラれた中学2年生の女の子・小梅は、その腹いせに同級生・磯辺と初体験を済ませてしまう。はじめは自分に好意を抱いている磯辺を利用していた小梅だったが、1枚の写真をきっかけに2人の立場は逆転していく。

小梅と共に三崎に呼び出された少女。小梅と同い年で男になれた様子はなかったが、三崎の友達・湯ノ原に体を許してしまう。

鈴木摩理(演:円井わん)

三崎の連れの女。三崎と遊んでいたところを磯辺に襲撃される。

土井洋文(演:西洋亮)

三崎の友達。

大津克俊(演:平井亜門)

高校に進学した小梅の彼氏。趣味や容姿がどことなく磯辺に似ている。小梅を一途に愛しているが、小梅の中学時代のことは知らない。

磯辺の兄

磯辺の3つ上の兄。兄弟仲は良好だった。生まれつき足が悪く、いじめられていた。引きこもってブログの運営をしていたが、ある日パソコン内に遺書を残したのち自殺によって命を落とす。

磯辺の父(演:村上淳)

ゲーム会社のディレクターをしている。息子を大切に思っているが、仕事が忙しいうえに長距離通勤のため、家に帰ってこないことが多い。

『うみべの女の子』の用語

うみべの女の子

磯辺が小梅に貸したSDカードに入っていた写真の女の子。写真を一目見て彼女に惹かれた磯辺が名付けた。

はっぴいえんど

細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂によって結成された日本のロックバンド。日本語ロック史の草創期に活動したグループである。代表曲の『風をあつめて』は、本作のほかにもアメリカ映画『ロスト・イン・トランスレーション』や、日本映画『おと・な・り』に使用されている。

『うみべの女の子』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

磯辺「…俺が嫌いなのは、そういう自分勝手な欲求を満たすために他人の内面に土足で踏み込んでくる奴。自分の腹黒さに無自覚で平然と生きてられる奴が世の中多すぎるから、俺等は生きてるだけで息が苦しいってことをお前は一瞬でも想像したことある?」

小梅の頬をつかみ問い詰める磯辺。

嫉妬心から「うみべの女の子」の写真を削除してしまった小梅は、それ以来磯辺に距離を置かれていると気づく。磯辺からのキスも告白も拒んでいた小梅が、いつのまにか磯辺を求めるようになっていたのだ。磯辺はそんな小梅を「…俺が嫌いなのは、そういう自分勝手な欲求を満たすために他人の内面に土足で踏み込んでくる奴。自分の腹黒さに無自覚で平然と生きてられる奴が世の中多すぎるから、俺等は生きてるだけで息が苦しいってことをお前は一瞬でも想像したことある?」と突き放す。小梅よりも兄の死にとらわれるようになっていた磯辺のこのセリフは、小梅にあてたようで、兄をいじめていた者たちへの言葉でもあるのだ。

小梅「してもしても何か足りない気がするのは、なんでだと思う?」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

おやすみプンプン(浅野いにお)のネタバレ解説・考察まとめ

『おやすみプンプン』とは、2007年~2013年に『週刊ヤングサンデー』(~2008年)及び『ビッグコミックスピリッツ』(~2013年)に連載された浅野いにおによる漫画である。少し内気で自意識過剰、どこにでもいる普通の少年「プンプン」が転校してきた同い年の少女・田中愛子に一目惚れするところから、彼女との関係を軸に彼らの人生が導かれるように破綻していく様が叙情的、かつ実験的な手法とともに描かれる。

Read Article

ソラニン(浅野いにお)のネタバレ解説・考察まとめ

浅野いにおによる青年漫画、及びそれを原作とした映画。「週刊ヤングサンデー」にて2005~2006年まで連載。2010年に実写映画化された。退屈なOL生活を送る社会人2年目の芽衣子と、音楽への夢を持ちつつも踏み出すことができないままフリーター生活を続ける恋人種田。二人が夢に向かって歩き出すところから、挫折、そして種田との死別を経て、芽衣子が新たな一歩を踏み出すまでが描かれる。

Read Article

高嶺と花(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『高嶺と花』とは、白泉社発行の少女漫画雑誌である『花とゆめ』に掲載されていて、師走ゆきが描く恋愛ストーリーだ。2014年13号に読み切りとして、2015年2号から2020年16号まで連載された。多くの女性ファンから愛され、SNSの登録者数は、本作だけで一万を超えるほどの人気がある。イケメンだけど性格が残念な残念大人の高嶺と、考え方や性格が大人顔負けの高校生の花という異名な組み合わせがこの物語の見どころだ。主人公ふたりの掛け合いがのンポの良さも人気の理由のひとつだ。

Read Article

目次 - Contents