ソラニン(Solanin)のネタバレ解説まとめ

浅野いにおによる青年漫画、及びそれを原作とした映画。「週刊ヤングサンデー」にて2005~2006年まで連載。2010年に実写映画化された。退屈なOL生活を送る社会人2年目の芽衣子と、音楽への夢を持ちつつも踏み出すことができないままフリーター生活を続ける恋人種田。二人が夢に向かって歩き出すところから、挫折、そして種田との死別を経て、芽衣子が新たな一歩を踏み出すまでが描かれる。

概要

ソラニン(Solanin)とは、浅野いにおによる青年漫画、及びそれを原作とした映画のことである。「週刊ヤングサンデー」にて2005~2006連載。2010年に実写映画化された。ストレスフルで退屈なOL生活を送る社会人2年目の芽衣子と、音楽への夢を持ちつつも踏み出すことができないままフリーターを続ける恋人種田。二人が夢に向かって歩き出すところから、挫折、そして種田との死別を経て、芽衣子が新たな一歩を踏み出すまでが描かれる。
「大人/若者」という普遍的なテーマ、そして「バンド」という王道の設定を使いながらも、単純な成長物語やサクセスストーリーに回収されないストーリーやキャラクター描写の秀逸さに本作の特徴がある。

あらすじ・ストーリー

導入

説教好きの部長のお約束の小言、勘違い上司からの食事の誘い、おバカな後輩社員のくだらない彼氏自慢…日々の雑多なストレスに不満を抱きつつ退屈なOL生活を送ってきた芽衣子は、なんとなく仕事を辞めることを決意する。
大学の軽音サークルで出会い、交際6年目の同棲相手種田は音楽への想いを抱きつつもデビューを目指すわけでなく、習慣として残った月2回のバンド練習だけこなすフリーター。仕事を辞め時間のできた芽衣子は、久々に種田のバンド練習に顔を出すことに。バンドメンバーの加藤とビリー、そして加藤の恋人小谷を加えたかつてのサークル仲間達と会い、大学時代に戻ったような楽しい気持ちになる芽衣子。将来への不安とぬるま湯のような心地よさに包まれ、芽衣子は新たな生活を送り始める。

決意

同窓会のため東京を訪れた母親に芽衣子は渋々仕事を辞めたことを報告する。
呆れつつ人生を真剣に考えろと叱り付ける母親から逃げ出し、自分の気持ちを再確認する芽衣子。仕事を辞めたのは、別に仕事のストレスに耐えられないからではなく、むしろ疲弊しながらも耐えれてしまう、くたびれた大人に一歩ずつ近づいている自分に嫌気が差したからだ。同時に種田に対する一番の不満の種にも気がついてしまう。才能や本気度を言い訳に音楽への思いを表面的にあきらめ、頑張って大人になろうとしている種田。押し付けかもしれないと危惧しながらも芽衣子はついにその思いをぶつける。「ホントはちゃんと音楽やりたいんでしょ?だったら…やればいいじゃん…ていうか…バンドやってよ!」。
フリーター生活というぬるま湯の心地よさ、後戻りできなくなる恐怖、時間とともに減っていく選択肢。各々の思いを抱えつつ、二人はおそるおそる夢への一歩を歩き出す。

挑戦と挫折

仕事を辞め、退路を断つ種田。芽衣子は真剣にバンド活動をはじめ、これまでとはうって変わって生き生きする種田を微笑ましく見守る。
完成した「ソラニン」の自作CDを方々に売り込み、しばしの反応待ちの末ついに大手のレコード会社から連絡が来る。が、伝えられたのは売出し中のグラビアアイドルのバックバンドとして歌自体には関与しない前提の案件だった。メジャーシーンへのチケットと引き換えにレコード会社がパッケージングした商品としての音楽を高圧的に突きつけるプロデューサーの冴木。「バカみたい」。言葉を失う種田を代弁するように毒づく芽衣子の言葉も冴木に冷たくあしらわれる。自分たちの楽曲が大して評価されていないこと、そしてビジネスとしての割り切りが現実となって現れることで種田のナイーブな音楽への期待は裏切られる。
その後どこからも連絡はなく、挑戦は終わりを告げる。しばしの穏やかで退屈な日々の後、芽衣子に別れを切り出す種田。その場ではいったん和解するものの、種田は散歩に行くといったきり姿を消してしまう。戻ってこない種田を待つ芽衣子が改めて聴いた「ソラニン」は、まるで自分に向けられた別れの曲のようだった。

種田の他界

呆然と悲嘆にくれる芽衣子を心配して付き添う小谷たち。そこに種田から電話がかかってくる。壊れた携帯電話を買い換えてようやく電話できるようになったこと、辞めた職場の社長に土下座し再就職を決めたこと、音楽で世界を変えるような大げさな夢よりも、これから芽衣子と二人で幸せになっていきたいと思っていること、種田は自身の思いを伝え、芽衣子に会いに行こうとバイクを走らせる。
芽衣子や仲間たちがいる自分は幸せだ。幸せのはずだ。ホントに?本当さ。
自問自答が繰り返されるうちに思いが溢れ涙が止まらなくなる種田。種田はそのまま交差点に突っ込んでしまう。種田は穏やかな表情で横たわり、いつもより高い空を見上げていた。

走馬灯

「芽衣子さん、ホントに会社員になっちゃうの?」
就職の内定をもらい、引越しすることも決めた芽衣子にポツリとつぶやいた一言が二人の空気を悪くする。それでも種田は思ってしまう。だって、お茶汲んだり、顧客管理するために生まれてきたわけじゃないじゃん…。
前日の軽い喧嘩にも関わらずこっそり種田の卒業ライブに顔を見せる芽衣子。直前にも就職組の同級生と一悶着起こし、もやもやを抱えたままステージに上がった種田は最後の曲で歌詞を飛ばしてしまい、それをきっかけに歌そっちのけで思いをそのまま長台詞で吐き出してしまう。未来には大して希望が持てない平凡な日々の中、飛行機がビルに突っ込んで戦争が始まるとき、不謹慎にもわくわくさえしてしまう自分がいる。退屈にだらっと続く日常を幸せなんて呼んで満たされたふうな格好だけの大人になんてならねぇぞ!
ライブ後、ガラにもなく強気にステージ上で気持ちをぶちまけてしまったことにへこむ種田。どこか微笑ましげに受け入れる芽衣子に、それでも確かに君のことは好きなんだと伝える。
そうだ、恥ずかしくて聴かせられなかったあの日作ったラブソングを芽衣子に聴かせよう。交差点で横たわったまま、なぜか一年半前のことを思い出した種田はそんなことを思いながら息を引き取る。

芽衣子の再起

事故から2ヶ月後、気晴らしに花屋でアルバイトを始める芽衣子だったが、一人で部屋にいるといつもたくさんの「もしも」に苦しんでしまう。もしもあのときすんなり別れていたら、もし会社を辞めたりしなければ、そもそもはじめから付き合っていなければ…。
そんな中、息子の荷物を引き取りに種田の父が芽衣子の家にやってくる。何となく雰囲気が種田に似ている父は、自分を責める芽衣子に一つのお願いをする。もし、どうしても責任を感じてしまうのだったら、と断りを入れた上で、どうか彼のことを忘れないでやってくれ、それが彼がいたことの証明になるから、と。芽衣子は部屋に残された種田のギターを手に取り、歌うことを決意する。
ギターの練習を重ねる芽衣子は、ふと種田の日記帳を見つける。ほとんどが空白の中、新たな決意とともに「ソラニン」の歌詞が走り書きされていたページで手がとまる。もしかすると恋人との別れの曲に思えていたこの曲は、過去の自分との別れの曲なのかもしれない。
そう思えるようになった芽衣子は、加藤、ビリーとともに再始動させたバンドでライブハウスのステージに立ち「ソラニン」を歌うのだった。

エピローグ

ライブから半年。
芽衣子は都内の会社に就職することが決まり、一人には少し広い部屋を引越すことにする。
ライブはそれ以来していないけれど、月2回のバンド練習はどうにか続けている。
少し早く訪れた夏の気配がただよう一日に、この穏やかな景色の中でみんなといっしょにいられればそれでいいかなと思うのだった。

主要登場人物・キャラクター

井上芽衣子(いのうえ めいこ)/宮崎あおい

秋田県から上京し、東京の大学を卒業後OA機器メーカーでOLをしていたが2年目で退職。大学の軽音サークルで出会った恋人種田と同棲している。後に種田の他界をきっかけに、バンド「ロッチ」に加入する。

種田成男(たねだ なるお)/高良健吾

大学の軽音サークル時代に加藤、ビリーとともにバンド「ロッチ」を結成する。ギターボーカル担当。卒業後は新聞社の下請けの会社でアルバイトをしている。井上芽衣子と6年間交際しており、1年前から同棲している。感受性が強く、小谷曰く「頭の中身が青くさい10代のめでたい奴」。バイク事故で他界する。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

鉄コン筋クリート(Tekkon Kinkreet)のネタバレ解説まとめ

『鉄コン筋クリート』とは、1993年から1994年にかけ『ビッグコミックスピリッツ』にて連載された松本大洋による漫画作品。 2006年に劇場アニメ化され、松本大洋の出世作と言われている。 本作品はヤクザやチンピラ絡みの暴力沙汰が絶えない「宝町」という街を舞台に、孤児であるクロとシロが驚異的な身体能力と子供とは思えない破壊的な力を武器に強く逞しく生き抜く姿を描く。

Read Article

おやすみプンプン(Goodnight Punpun)のネタバレ解説まとめ

『おやすみプンプン』とは、2007年~2013年に『週刊ヤングサンデー』(~2008年)及び『ビッグコミックスピリッツ』(~2013年)に連載された浅野いにおによる漫画である。少し内気で自意識過剰、どこにでもいる普通の少年「プンプン」が転校してきた同い年の少女・田中愛子に一目惚れするところから、彼女との関係を軸に彼らの人生が導かれるように破綻していく様が叙情的、かつ実験的な手法とともに描かれる。

Read Article

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション、アジカン)の徹底解説まとめ

「アジカン」の略称で知られる4人組ロックバンド2002年11月、ミニアルバム『崩壊アンプリファー』でデビュー後、2004年10月アルバム『ソルファ』がオリコン初登場1位を記録。一躍有名バンドの仲間入りをする。 『鋼の錬金術師』OPとなった「リライト」や、浅野いにおによる漫画を原作とする映画『ソラニン』の主題歌である「ソラニン」を発表するなど活動の幅を広げ、2016年に結成20周年を迎えた。

Read Article

四畳半神話大系(The Tatami Galaxy)のネタバレ解説まとめ

四畳半神話大系とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

僕だけがいない街(僕街、ERASED)のネタバレ解説まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)の名言・発言まとめ

ASIAN KUNG-FU GENERATIONは後藤正文(Vo&G)、喜多建介(G&Vo)、山田貴洋(B&Vo)、伊地知潔(Dr)からなる4人組ロックバンド。 フロントマンである後藤正文がほとんどの楽曲の作詞作曲を担当、歌詞は比喩的な表現を多様し、曲作りに込められた発言から、音楽のみならず、社会的、政治的発言も数多く残している。

Read Article

目次 - Contents