おやすみプンプン(浅野いにお)のネタバレ解説まとめ

『おやすみプンプン』とは、2007年~2013年に『週刊ヤングサンデー』(~2008年)及び『ビッグコミックスピリッツ』(~2013年)に連載された浅野いにおによる漫画である。少し内気で自意識過剰、どこにでもいる普通の少年「プンプン」が転校してきた同い年の少女・田中愛子に一目惚れするところから、彼女との関係を軸に彼らの人生が導かれるように破綻していく様が叙情的、かつ実験的な手法とともに描かれる。

概要

『おやすみプンプン』とは、2007年~2013年に連載された浅野いにおによる漫画である。当初『週刊ヤングサンデー』にて連載されていたが、2008年の休刊を期に『ビッグコミックスピリッツ』へと移行した。
物語は少し内気で自意識過剰、どこにでもいる普通の少年「プンプン」が、彼のクラスに転校してきた少女・愛子に一目惚れするところから始まる。夫婦喧嘩がエスカレートした末の父(プンプンパパ)の暴力をきっかけに離婚を余儀なくされ、母(プンプンママ)、そして叔父(雄一)と三人で暮らすようになったプンプンと、新興宗教にのめり込みDV癖のある母親と二人で暮らす愛子。ともに家族関係に問題を抱えた二人の関係性を軸に、彼らの人生が導かれるように破綻していく様が叙情的、かつ実験的な手法とともに描かれる。
『ソラニン』で知られる浅野いにお独特の叙情的な世界描写を維持しつつ、プンプンや彼の親族だけはシンプルにデフォルメされた鳩サブレのような造形で描いたり、実写画像と組み合わせたコラージュのようなカットを頻繁に登場させたりするなど、その他にも多数実験的、前衛的な表現手法がとられた作品である。

あらすじ・ストーリー

小学生

内気な少年「プンプン」は、ある日同じクラスに転校してきた少女・田中愛子に一目惚れする。その日のうちに言葉は少ないながらも何とか愛子と会話することに成功し、上機嫌のまま眠りにつくプンプン。けれど翌朝それまでの平和な日常が一変してしまう。階下に降りると昏倒するプンプンママとその傍らにたたずむプンプンパパ。夫婦喧嘩がエスカレートした末の暴力によりプンプンママは入院することになってしまったのだった。プンプンはプンプンママが退院するまで叔父の雄一と二人で暮らすことになる。
そんなごたごたした日々の中、愛子との距離が急接近する出来事が起こる。「夢」がテーマの作文の宿題で父からプレゼントされた天体望遠鏡をきっかけに宇宙を研究する学者になる「夢」を書いたプンプン。しかし作文発表の時、皆の前で口に出してしまうことの恥ずかしさからその場を逃げ出してしまう。放り出された作文を読み、格好いい夢なんだから別に言ったって良いのに、とプンプンの手を取り、皆のところに戻ろうとする愛子。大好きな愛子と手をつなぎ、感極まり愛子に告白するプンプン。愛子はプンプンにキスでこたえ、「…エッチ!!」とはにかむのだった。
有頂天なプンプンだったが、思わぬ偶然から愛子の秘密を知ることになる。その日、雄一は新興宗教団体の訪問販売に手を焼いていた。しつこく購入を迫る子連れの来訪者にイライラが募り声を荒げる雄一。様子を見に来たプンプンが目にしたのは見知らぬおばさんと帽子を目深にかぶった少女、愛子だった。プンプンに見られたことで、クラスの皆に自分が変な宗教に関わっていることを知られてしまう。きっと「あいつんちちょっとおかしい」と変な目で見られてしまう。耐えられず、泣きながら逃げ出す愛子をプンプンは必死に追いかけ話を聞く。愛子は母親と宗教活動に振り回されることにコンプレックスとやりきれないストレスを抱えていること、そんな日々からどこか遠くへ逃げ出したいといつも思っていること、けれど子どもながらに思いつく「遠いところ」は親戚のいる鹿児島くらいであることを涙ながらにうったえた。愛子は1学期の終業式の日に鹿児島へ二人で家出することをプンプンと強引に約束する。けれどプンプンは鹿児島がどこにあるのかさえ知らない子どもだった。
夏休み前、男友達とのEBJ(エロビデオ上映会)の活動に勤しむプンプンたち。けれどAVと思って拾ったビデオにはおかしな男の告白が映っていた。男は家族を殺し、その遺体とともに現金をみそ工場跡地に埋めたという。怯えつつも興味がわいたプンプンたちは、七夕の日に死体と100万円を探しにみそ工場跡地へと向かう。道すがら合流した愛子とともにちょっとした冒険を経験するプンプンたち。結局お金も死体も見つからなかったけれど、帰り道に愛子と手をつなぎながら見た満天の星空に流れる一筋の流れ星はプンプンの心に強烈に印象づくのだった。
迎えた終業式の日。愛子から伝えられた約束の時間が迫る中、プンプンはどうしていいか分からず途方に暮れてしまう。お金も、一人で遠出した経験もないプンプンにとって、鹿児島に二人きりで行くことは愛子との約束を破ってしまうことと同じくらい怖い事だったからだ。そんな折、入院中のプンプンママが階段の踊り場から転落したという一報が届く。雄一とともに乗り込んだタクシーの窓からふと目に入ったのは、道路わきの約束の場所で涙をこぼしながらたたずむ愛子の姿だった。病院からの一報に安堵さえしてしまったプンプンは、押し寄せる罪悪感からそのまま夏休みを抜け殻のように過ごす。夏休み明け、何事もなかったように登校しそれまで通りの学校生活を送る愛子だったがプンプンに対する反応は冷淡で、二人の関係はそれ以降疎遠なものとなってしまう。
この頃正式に両親の離婚が成立し、プンプンは退院したプンプンママと雄一の三人で暮らすことになる。

中学生

二年後、愛子への想いは抱き続けるものの疎遠な関係は変わらずで、遠巻きに眺めることしかできないプンプンは、ある日、愛子がバドミントン部の先輩・矢口と下校中に手をつないでいるところを目撃してしまう。後輩思いでバドミントンの実力も部内トップクラス。尊敬できる先輩として矢口のことは好きだけど、自分の事などさっぱり忘れて矢口にぞっこんかもしれない愛子の気持ちを想像するとプンプンは胸が張り裂けそうになるのだった。
そんな中、プンプンたちはバドミントン部の県北大会へと向かう。到着した会場には愛子の姿が。自分に気持ちが向ききっていない愛子に優勝したら改めて告白することを決めていた矢口が愛子のことを呼び出していたのだった。しかし迎えた決勝戦、矢口は試合中大怪我を負い途中棄権することになってしまう。搬送される矢口を尻目にプンプンに語りかける愛子。スポ根めいた青春の王道らしき展開を突き進もうとする矢口と、日常に圧迫されてどこかへ逃げ出したい愛子は住む世界が違うこと、愛子が求めているのは一緒に逃げ出してくれる人だということを聞いたプンプンは矢口の無念さを慮る気持ちと、彼を出し抜くチャンスとばかりに膨れ上がる高揚感に挟まれながら、ずっと心の中につかえていた言葉を吐き出す。「あの日鹿児島へ一緒に行く約束、…守れなくてごめんなさい」。愛子はそんな謝罪をにっこりと笑って受け入れる。そして、「じゃ…今から行こう?鹿児島!!」。笑顔のまま発せられるその言葉の内から洩れ出てくる言いようのない重たさに恐怖すら感じ、プンプンは愛子の前から逃げ出してしまう。
結局また愛子を傷つけてしまったかもしれないことや、例えそれが愛子の心の闇だとしても受け止めることの出来なかった自分の器の小ささを悔やむプンプンだったが、はっきりしているのは愛子と元通りの関係にはもう戻れないということだった。この頃から婚約した雄一とその相手の翠、そして翠を気に入りはしゃぐプンプンママたち4人の新たな生活が始まり、小野寺家には久しくなかった楽しげな家族の雰囲気が流れていたが、プンプンにはそんな周囲のことがどうでもいいものに映り始める。バドミントン部も辞め、ひたすら自分の殻に閉じこもるようになったプンプンは他に何をするでもなく勉強に打ち込むのだった。

高校生

二年後、プンプンは何とはなしに没頭していた勉強の成果から当初の成績よりも大分偏差値の高い高校に合格する。特に明確な目標を立てて達成したわけでもないプンプンは、親たちの祝福ムードや高校デビューを頑張る同級生たちの無意味なハイテンションなどの浮かれた雰囲気に馴染めずぽっかり穴があいたような気分で日々を過ごすことになる。唯一実感するのは際限なく湧き上がってくる思春期特有の性衝動だったが、それも結局どこか他人事のようだった。
そんな春先、翠を含め4人暮らしをしていた小野寺家は転機を迎える。雄一の不倫が発覚し、慰謝料のため家を引き払うことになったのだった。全面的に自分の落ち度を自覚する雄一は、家を売却してまで助けてくれた姉(プンプンママ)や、不倫した雄一を許そうとする翠の優しさにいたたまれなくなりそのまま姿を消してしまう。雄一が去った後も気丈に振舞ってきた翠だったが、引越しも終わりプンプンと二人きりになったところで脱力し感情を溢れさせる。何とか翠を慰めようとするうち、つられて涙をこぼすプンプン。優しさにすがりつくように翠はプンプンの身体に迫り、二人は一度きりのセックスをする。プンプンの初体験だった。
4人暮らしによって保たれていた平穏なバランスは見る間に崩れさっていく。いつの間にか翠の元に戻り入籍までしていた雄一、そんな雄一を受け入れ、一度きりの関係の口止めを有無を言わせぬ態度でプンプンに迫る強かな翠、そしてしばらくの間息を潜めていたプンプンママのヒステリーが再発し、プンプンに当たるようになる。そんな中唐突にプンプンママに癌が宣告される。けれど、もともと折り合いの悪かったプンプンはそれを聞いてもあまり心は動かなかった。
通い始めた高校では、プンプンと同じく新学期の空気に乗り切れない蟹江梓と知り合い話すうち、梓の姉が参加するグループが主催する絵画展に二人で出かけることになる。梓との価値観に微妙なずれを感じつつも何とかデートを楽しいものにしようと頑張る一方で、デートしているという事実に勃起が止まらないプンプン。身体と心のバランスを取れないまま強引にキスを迫り盛大に振られてしまう。プンプンはとりあえずもう人を好きになることはやめようと思うとともに、なるべく目立たぬように高校生活を送ることになる。
二年後。病床のプンプンママは最後までうまく表現することが出来なかった家族を愛する気持ちを口にしながら息を引き取る。けれどプンプンにとっては最後まで母のことを好きになれなかった気持ちを再確認するだけだった。母の死をきっかけに一緒に暮らすことを提案するプンプンパパの誘いも断り、一人暮らしを始めるプンプン。孤独と自由。残り少ない高校生活に対して特に気力もわかないままプンプンは高校を卒業する。

幸との出会い

母と暮らしていた家を引き払い新たなアパートでフリーターとして新生活を始めたプンプン。新居を契約する際、何かとプンプンのことを気にかけてくれた不動産業の宍戸平六につれられて行ったスナックで、梓とのデートで訪れた絵画展で顔を合わせていた梓の姉の友人・南条幸と再会する。感想ノートに残したプンプンの妄想癖がほとばしった感想とも呼べない詩文らしき文章にセンスを感じていた幸は、酒の席で自身が手がけている絵本製作の原作を依頼する。思わぬ提案を当初拒否するものの、幸の押しの強さにほだされたプンプンはこれまで書いたことなどなかった物語の原作を書いてみることにする。初めて書き上げた原案は幸に酷評されるものの、何かしらの手ごたえをつかんだプンプン。そんな折、梓の姉・美雪から幸の本当の夢は漫画家であること、しかし一度は掲載直前まで迫りつつも寸前で破談になった挫折の経験から立ち直れていない事を知る。そうした弱さを普段はまるで感じさせず、水面下で懸命にもがいている幸を手助けしたい気持ちに駆られたプンプンは、幸にマンガを描くようたきつけ、自身も原作を書くことを宣言する。何かに対してここまで力強く働きかけるのはほとんど初めての経験だった。程なくして二人は恋仲になる。幸に対する恋心に決して嘘はなかったけれど、幸にキスをせがまれた瞬間プンプンの頭の中によぎったのは愛子とのファーストキスだった。

愛子との再会

一年後。幸とプンプンは完成した原稿を出版社に持ち込む。「絵も構成もちゃんとしてる」けれど、「雰囲気でゴリ押ししてるだけで中身は薄っぺら」「サブカルというかサブカル風味」「自虐自慢のオナニー漫画」と編集者の酷評に意気消沈するプンプン。自分は一体何の役に立ったのだろうか、幸の足を引っ張っただけではないのか、という無力感、挫折感から幸とも距離を開けるようになってしまう。
そんな中、通い始めた自動車教習所で愛子との再会を果たす。話すうちに愛子のこれまでのことが明らかになる。昔からの夢だったタレント事務所に一時期所属し、いくつか仕事をしたけれど母の猛反対や仕事自体にもなじめなかったことから程なくやめてしまったこと、宗教にはまり込む母が腰を悪くしてからは職場環境の悪い仕事と介護を両立させる暮らしであったこと、そんな苦労の中でも母は宗教活動をやめることはなく、しかも以前にも増してことあるごとに愛子を折檻するようになったこと。暗みを増した表情で愛子はプンプンに言う。「ずっと待っててくれてありがとう」。
一方しばしの空白期間の後幸と顔を合わせたプンプンは、幸が寂しさから関係を持った別の男の子どもを妊娠していることを伝えられる。身勝手さを承知しながら、それでもプンプンと離れたくないという幸に、力なくうなずき中絶手術に立ち合う事を約束するプンプン。けれどその時プンプンが思っていたことは、手術が終わって車の免許が取れたらどこか遠くの街で一人で暮らそうということだった。
幸の手術の日、プンプンの前に愛子が現れる。ただ「君に会いたかった」とだけ言う愛子の顔には母の暴力で付けられた痣が痛々しく残っていた。何も言わず帰ろうとする愛子を引きとめ、言いたい事があるなら言えばいいと迫るプンプン。しかし、一度も本音で話したことがなかったプンプンの頭の中に「お前もな」という自虐する声がこだまする。プンプンが言いたい事。愛子のことを好きであること、愛子のことを守ってやりたいこと、けれどそのときプンプンの頭にまっさきに浮かんだのは愛子とセックスしたいということだった。幸とのこれから、愛子とのこれから、いろんな物事が破綻していく。そんなことをぼんやり予感しながらプンプンは幸との約束をそっちのけで愛子と激しくセックスするのだった。

終末

家を出てどこか遠くで二人で暮らそう。そう提案するプンプンに同意する愛子。そして二人はそのことを伝えに愛子の母の元へ向かう。当初は平静を装い思いとどまるように諭す母だったが、自身の元を離れるという愛子の変わらない決意を見て激高する。包丁を手に愛子に襲いかかる母の狂気を前に呆然と立ち尽くすプンプンだったが、包丁が愛子の腹に浅く刺さった瞬間はじかれたように飛びかかる。揉み合いながらプンプンは力の限り喉を締めあげ母は動きを止める。死体を山中に埋めた後、二人はかつて家出を約束した際に目指すつもりだった鹿児島へと向かうことにする。
鹿児島に到着し、種子島まで足を伸ばした二人。宇宙センターを見て愛子はふとプンプンの宇宙科学者になりたいという昔の夢を思い出す。こんな何もないところであまり人と関わらず静かに暮らしていけたらいいのにと言う愛子。そんな中、山中に埋めた愛子の母の遺体が発見され、事件として報道されていることを知る。人目につかないよう半ば打ち捨てられた空き家だらけの街をさまよう二人だったが、体力も消耗し、いよいよ先が見えなくなったプンプン達は出頭しようと話し合う。並んで座り、昔のことを話す愛子。子供の頃プンプンたちと見た満天の星空のこと、流れ星にプンプンと両想いになれるようにお願いしていたこと、それがちゃんと叶ったこと。そしてもしも離れ離れになっても、七夕の日にはお互いのことを思い出そうと約束し二人は眠りにつく。プンプンが目を覚ましたとき、愛子は既に首を吊り絶命していた。
プンプンはあの星空を見ながら死のうとかつてのみそ工場跡に訪れる。こんな方法しかなかったのか?そんな声が頭の中で繰り返される中、ナイフで左目を一刺しする。七夕の日に降り注ぐ流星群をぼんやり眺めがらプンプンは目を閉じようとする。けれど、そこに現れた幸の救出によりそれも叶わなくなってしまうのだった。

エピローグ

プンプンは夢の中で愛子に語りかける。その後執行猶予期間が終わり宍戸の紹介で就職し何とか頑張っていること、幸の漫画制作に協力していること、日々の生活はそれなりに仲間たちとうまくやっていること、けれど基本的には人知れず泡のように消えて誰の記憶からもいなくなればいいと思っていること。そして愛子と交わした約束は守れそうにないこと。一年経つごとに愛子の姿が、愛子の顔が曖昧になってしまっていっていること。夢の中の愛子は少し悲しそうな顔をして遠ざかっていく。
プンプンは目を覚ましてアラームをとめる。休日を幸や宍戸達皆で過ごすプンプンの表情はどこか悲しげなのだった。

主な登場人物・キャラクター

小野寺プンプン(プン山⇒小野寺)

本作の主人公。作中ではデフォルメされた鳩サブレのような造形で登場したり、セリフも吹き出しではなく独白調で語られたりするなど、特徴的な描かれ方をしている。顔以外の部分は人間のそれとして描かれるシーンも頻繁に登場しており、そうしたデフォルメは表現上の仕様である。性格は内気で自意識過剰気味、夢想癖があり基本的に優柔不断である。

田中愛子

小学生のときプンプンと同じクラスに転校して来た少女。プンプンの一目惚れの相手。幼少期に両親が離婚したため父親はおらず、母親は宗教法人コスモさん健康センターの信者。子供の頃から母親の宗教活動に同行させられており、そのことが常にコンプレックスだった。特に母親が腰を悪くしてからは肉体的・精神的な暴力を伴う束縛が強くなり、愛子の性格にいっそう暗い影を落とすことになる。プンプンとともに母親を殺害し逃避行の末に自殺する。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ソラニン(Solanin)のネタバレ解説まとめ

浅野いにおによる青年漫画、及びそれを原作とした映画。「週刊ヤングサンデー」にて2005~2006年まで連載。2010年に実写映画化された。退屈なOL生活を送る社会人2年目の芽衣子と、音楽への夢を持ちつつも踏み出すことができないままフリーター生活を続ける恋人種田。二人が夢に向かって歩き出すところから、挫折、そして種田との死別を経て、芽衣子が新たな一歩を踏み出すまでが描かれる。

Read Article

目次 - Contents