北斗の拳(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「北斗の拳」とは1984年から1987年まで放送されたアニメです。この作品は武論尊作の「北斗の拳」を原作としています。この物語は核戦争によって崩壊した世界を舞台としており、暴力が支配する中で北斗神拳の伝承者ケンシロウの生きざまを描いたアニメです。

サザンクロス

KINGの長シンがユリアの愛を知るためだけに築きあげられた街。
シンはこの街を作ってユリアを喜ばせようとしたが、最後まで彼女の心を開くことができなかった。
アニメ版では5話から登場するが、部下の反乱から始まった派閥争いにより跡形もなくなくなってしまった。

聖帝十字陵

サウザーが自分の権力を誇示するために作られた巨大なピラミッド型の建物。
実はサウザーの師オウガイを弔うために作られた。
シュウのレジスタンスが崩壊した時はほぼ完成の状態に近づいていた。
最期はサウザーの死と共に崩れ去った。

南斗五車星

南斗最後の将ユリアを長に掲げる5人の拳士の総称。
メンバーはフドウ、ジュウザ、ヒューイ、シュレン、リハクである。
5人とも慈母星の元ユリアを守るためにラオウに挑んだ。
ユリアの居城南斗の城を拠点としている。

南斗の城

南斗最後の将ユリアの居城でリハクによって守られている。
城下町は将の光により強き者弱き者関係なく平等な生活ができる。
ケンシロウはこの地でユリアに再会する決意を固めた。

拳王軍

拳王により建てられた巨大組織で、武力による世の支配を目標とする。
ウイグルやアミバ、リュウガなど強豪の部下たちが多い。
翼の生えた蛇をシンボルとしている。
最終話で長であるラオウが天に旅立ったことにより解散した。

『北斗の拳』の名言・名セリフ

おまえはもう死んでいる

1話より。

ケンシロウが村を襲った暴徒の首領ジードを制裁する時に言ったセリフ。
これはケンシロウが悪党を制裁する時によく使われるセリフである。
計20回使われており、流行語にもなった。

兄より優れた弟なぞ存在しねぇ!

32話より。

ジャギ様の名言中の名言。
このセリフはジャギが足の不自由な兄とよくできた弟に対して言った言葉である。
ジャギの部下に当たった兄が命の危険に晒されるが弟がかばった。
その代わり弟は片足を切り落とされることになった。
すると村の老人が「弟は兄思いのよくできた弟」と発言した。
これが原因でジャギは兄弟に対して激怒するのである。
ケンシロウに対して相当な憎しみを抱いていることを簡単に表したセリフである。

わが生涯に一片の悔いなし!

108話より。

ラオウ最期の言葉で、全身全霊の秘孔をつき天高くこぶしを挙げた時のセリフ。
哀しみの果てに究極奥義、無想転生を習得したケンシロウに敗北してしまった。
このセリフの後、ラオウは昇天し世界に平和が訪れた。
これは、最も有名な名言の一つでもある。

レビュー

声優陣、みんな素晴らしすぎる。

この作品はセリフがかっこよすぎです。
とくにお前はもう死んでいるは、神谷さんの声と合いすぎて痺れる。

出典: sakuhindb.com

村を荒らす狂賊を捕え、「食料がほしければ自分の手で田畑を耕せ」などと言っているシーンは、本当は一番マトモな考えだ。
平和ボケで現代人が忘れがちな事を、過酷な世界観の元で教えているように感じた。

出典: sakuhindb.com

OPとケンシロウの台詞「お前はもう死んでいる」や
「ひでぶ」「あべし」等の敵の断末魔が有名で多少一人歩きしているが、
作画やBGMは多少時代を感じるけど
内容やストーリーは今観ても個人的に面白い。

出典: www.anikore.jp

Nia666
Nia666
@Nia666

Related Articles関連記事

北斗の拳の必殺技まとめ

北斗の拳の必殺技まとめ

『北斗の拳』とは原作・武論尊、作画・原哲夫による日本の漫画である。アニメや映画など、様々なメディアミックスがなされた。199X年に起きた核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、資源をめぐって争いが繰り返される世紀末が舞台。そんな世界で救世主として現れた伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクションである。今回、誰もが憧れ一度はマネをしたであろう北斗神拳の技の数々を紹介する。

Read Article

北斗の拳の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

北斗の拳の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「北斗の拳(Fist of the North Star)」は、週刊少年ジャンプで連載されていた原作:武論尊、作画:原哲夫によるハードボイルドアクション。描かれる男達の激戦や、熱い友情は連載が終了した今でも尚、高い人気を誇りアニメやゲームなど様々なメディア展開を広げている。 主人公・ケンシロウをはじめとした個性溢れるキャラクター達は名言・迷言ともいえるユニークなセリフを残している。

Read Article

花の慶次の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

花の慶次の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『花の慶次』は、隆慶一郎作の歴史小説「一夢庵風流記」を原作に、原哲夫によって描かれた歴史マンガである。この時代きっての傾奇者である前田慶次が波乱万丈の戦国の世を駆け抜ける。 主人公・前田慶次をはじめとした個性的なキャラクターが多いこの作品には、人間味溢れ、味のある名言が数多く存在している。

Read Article

CYBERブルー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

CYBERブルー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『CYBERブルー』とは、原作・bob、脚本・三井隆一、作画・原哲夫によるSFバイオレンスアクション漫画。集英社の『週刊少年ジャンプ』上で、1988年から1989年にかけて連載された。ジャンプコミックス単行本は全4巻。 荒廃の地、惑星ティノスを舞台としたSF世界の中で、無敵の超人サイバービーイングとなった少年ブルーが元老たち悪を倒すバトル作品。連載終了後もリメイク版が数作発表されており、2013年1月にはパチンコが発売されている。

Read Article

北斗の拳 イチゴ味(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

北斗の拳 イチゴ味(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『北斗の拳 イチゴ味』は、武論尊・原哲夫(原案)、河田雄志(シナリオ)、行徒妹(作画)による漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。『WEBコミックぜにょん』において2013年より配信された。1980年代に一斉風靡した『北斗の拳』を原典とし、南斗六聖拳「将星」の男・聖帝サウザーを主役としたパロディギャグ漫画である。『北斗の拳』に似せた作画でギャグを連発するのが特徴。次第にオリジナルのストーリー展開による群像劇へと移行し、好評を博した。2018年に作画の行徒妹の体調不良により無期限の休載となった。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

【北斗の拳】秀逸すぎる!世紀末にふさわしい「bokete」傑作選

【北斗の拳】秀逸すぎる!世紀末にふさわしい「bokete」傑作選

『北斗の拳』といえば、男たちの熱き戦いを描いた漫画として有名ですよね。作品の時代背景としては暴力が世界を支配する世紀末ということになっているのですが、お笑い要素など皆無なはずの本作も大喜利サイト「bokete」にかかれば一気にコメディへと早変わり!この記事では、そんな「bokete」で生み出されてきた傑作をまとめています。世紀末の笑いはとってもシュールですね!

Read Article

目次 - Contents