北斗の拳(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「北斗の拳」とは1984年から1987年まで放送されたアニメです。この作品は武論尊作の「北斗の拳」を原作としています。この物語は核戦争によって崩壊した世界を舞台としており、暴力が支配する中で北斗神拳の伝承者ケンシロウの生きざまを描いたアニメです。

サウザー(CV:銀河万丈)

出典: dic.nicovideo.jp

南斗鳳凰拳の使い手でラオウに代わって世紀末の世を支配しようとする野心家。
生まれついての帝王の星「将星」の持ち主。
自ら聖帝を名乗って聖帝軍を組織し、広大な領土を支配した。
聖帝十字陵と呼ばれる巨大建造物を完成させることによって権力の拡大をしようとした。
師であるオウガイを自分の手で死に追い込んでしまった悲しき過去を持つ。
ケンシロウに有情拳を受けることで愛の尊さを取り戻し息を引き取った。

ユリア(CV:山本百合子)

北斗の拳のメインヒロインで、ケンシロウの恋人。
南斗の中で正統の血脈で、母性の象徴である慈母星という宿星を持つ。
シンによってサザンクロスに連れさられたが、サザンクロスの崩壊の際に五車星によって保護される。
その後、南斗最後の将として世界の平安を願った。
南斗の都に向かったラオウにさらわれるが、最終話でケンシロウとの再会を果たした。

リハク(CV:青野武)

ユリアに使える南斗五車星の一人で、5人のリーダーである。
通称「海のリハク」。
ユリアの幼き頃からの補佐役である。
かなりの策士として知られている。
五車星の唯一の生き残りでもある。

フドウ(CV:飯塚昭三)

出典: www.geocities.jp

南斗五車星の一人で、ケンシロウをユリアの元に連れるために同行した。
通称「山のフドウ」。
かつては鬼と恐れられていたが、ユリアの優しさに触れ以後は改心した。
最期はラオウから子供たちを守り、壮絶な最期を遂げた。

ジュウザ(CV:安原義人)

南斗五車星の一人で、雲のようにフリーダムな心を持つ拳士。
通称「雲のジュウザ」。
ラオウを倒せると言われているほどの戦闘力の持ち主。
ユリアの幼馴染で、母違いの兄弟でもある。
ラオウに挑み、最期まで将ユリアの正体を明かさずに最期を遂げた。

『北斗の拳』の用語

北斗神拳

一子相伝の暗殺拳で、敵の経絡秘孔をつき敵を内部から倒す拳法。
潜在能力を100%まで上昇させることができるため、普通の人間より拳の威力が高くなる。
さらには一度見た拳法を己の技とすることができる。
この特徴により「地上最強の拳」と呼ばれている。
使い方によって、医療に使えたり、人を思いのままに操ることができる。
ケンシロウなど北斗四兄弟が長き修行で体得した。

南斗聖拳

中国拳法の一種で、手を刃物のように相手を切り裂くことを得意とする。
北斗神拳のように一子相伝の拳ではないため、数多くの流派が存在する。
陰陽の考えにより、「陰」の北斗神拳とは対をなす「陽」の拳。
その中で南斗六聖拳が数々の流派の頂点に立っている。
六聖拳はそれぞれ「義星」、「殉星」、「将星」、「慈母星」、「仁星」、「妖星」と呼ばれている。

北斗七星

七つの恒星から構成されている星座。
北斗神拳のシンボルとして用いられている。
ケンシロウは胸に七つの傷を負っているが、形が北斗七星に似ている。
北斗七星の脇には死兆星と呼ばれる死を到来する星が現れる。
死兆星が見える者は見えた年のうちに亡くなると言われている。

KING

非情さを身に着けたシンがケンシロウからユリアを奪った後に結成した巨大組織。
「ブラッディークロス」を象徴とし、関東一帯を暴力によって支配している。
サザンクロスと呼ばれる都市を拠点地としている。
アニメ版ではスペード、ハート、クラブ、ダイヤなどトランプにちなんだ軍のほかにゴッドアーミーに腹心のジョーカー等多くの部下を抱えている。

Nia666
Nia666
@Nia666

Related Articles関連記事

北斗の拳の必殺技まとめ

北斗の拳の必殺技まとめ

『北斗の拳』とは原作・武論尊、作画・原哲夫による日本の漫画である。アニメや映画など、様々なメディアミックスがなされた。199X年に起きた核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、資源をめぐって争いが繰り返される世紀末が舞台。そんな世界で救世主として現れた伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクションである。今回、誰もが憧れ一度はマネをしたであろう北斗神拳の技の数々を紹介する。

Read Article

北斗の拳の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

北斗の拳の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「北斗の拳(Fist of the North Star)」は、週刊少年ジャンプで連載されていた原作:武論尊、作画:原哲夫によるハードボイルドアクション。描かれる男達の激戦や、熱い友情は連載が終了した今でも尚、高い人気を誇りアニメやゲームなど様々なメディア展開を広げている。 主人公・ケンシロウをはじめとした個性溢れるキャラクター達は名言・迷言ともいえるユニークなセリフを残している。

Read Article

花の慶次の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

花の慶次の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『花の慶次』は、隆慶一郎作の歴史小説「一夢庵風流記」を原作に、原哲夫によって描かれた歴史マンガである。この時代きっての傾奇者である前田慶次が波乱万丈の戦国の世を駆け抜ける。 主人公・前田慶次をはじめとした個性的なキャラクターが多いこの作品には、人間味溢れ、味のある名言が数多く存在している。

Read Article

CYBERブルー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

CYBERブルー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『CYBERブルー』とは、原作・bob、脚本・三井隆一、作画・原哲夫によるSFバイオレンスアクション漫画。集英社の『週刊少年ジャンプ』上で、1988年から1989年にかけて連載された。ジャンプコミックス単行本は全4巻。 荒廃の地、惑星ティノスを舞台としたSF世界の中で、無敵の超人サイバービーイングとなった少年ブルーが元老たち悪を倒すバトル作品。連載終了後もリメイク版が数作発表されており、2013年1月にはパチンコが発売されている。

Read Article

北斗の拳 イチゴ味(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

北斗の拳 イチゴ味(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『北斗の拳 イチゴ味』は、武論尊・原哲夫(原案)、河田雄志(シナリオ)、行徒妹(作画)による漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。『WEBコミックぜにょん』において2013年より配信された。1980年代に一斉風靡した『北斗の拳』を原典とし、南斗六聖拳「将星」の男・聖帝サウザーを主役としたパロディギャグ漫画である。『北斗の拳』に似せた作画でギャグを連発するのが特徴。次第にオリジナルのストーリー展開による群像劇へと移行し、好評を博した。2018年に作画の行徒妹の体調不良により無期限の休載となった。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

【北斗の拳】秀逸すぎる!世紀末にふさわしい「bokete」傑作選

【北斗の拳】秀逸すぎる!世紀末にふさわしい「bokete」傑作選

『北斗の拳』といえば、男たちの熱き戦いを描いた漫画として有名ですよね。作品の時代背景としては暴力が世界を支配する世紀末ということになっているのですが、お笑い要素など皆無なはずの本作も大喜利サイト「bokete」にかかれば一気にコメディへと早変わり!この記事では、そんな「bokete」で生み出されてきた傑作をまとめています。世紀末の笑いはとってもシュールですね!

Read Article

目次 - Contents